東レ、猫の腎臓病治療薬を開発
ネット版の日経新聞で

東レが1月23日に猫の慢性腎臓病の治療薬を開発して
それが農水省から承認をもらったと発表したとありました。

腎機能低下を防ぐ薬として世界初。
4月から共立製薬が販売するんだって。

錠剤タイプのお薬で、名前は「ラプロス」だとか。
1日2回経口投与。
東レがヒト用に販売する血管拡張作用のある薬の
有効成分を応用したものなんだって。



ヒト用腎不全薬の販売を前に猫達が実験台にされてないよね?



腎不全の治療薬ができるらしいよ!
って言われてどれくらい経ったろう?

10年前の私だったら試していたかも知れない。
でも今の私は抑圧するための薬は選ばない。
西洋医学に東洋医学、そして自然療法に心の在り方
多くを学んでそう思う。

そして何よりトムの慢性腎不全での経験や
そしてしおんやみーちゃんと暮らしてきて
特にプラセボが通じない動物たちにとっては
お薬っていいように感じない。

動物たちにとっては
一緒に暮らす私自身が心身ともに健康でいることが
何よりのお薬だと心から感じてるよ♪




ところで。


記事の最後にはペット用医薬品の国内市場が400億円程度で
ペットの長寿化で増加傾向にあるってことが書かれていて。
でもってその中でも猫向けの腎臓病治療薬の市場は6億円程度なんだって。
そして東レは3年後までに年間3億~5億円の売り上げを目指すらしい。
ライセンス契約などで海外展開も検討する・・・ってさ。



本当は物事の素敵な局面だけ見ていたいけど
なんだかなあ、って気がするよ。
[PR]
# by GANBARUNEKO | 2017-01-24 10:57 |  ├慢性腎不全 | Comments(0)
7ヶ月だって
d0053201_22453050.jpg


みーちゃんが旅立って今日で7ヶ月。

早いなあ。

毎日、普通に暮らしているよ。

d0053201_22463938.jpg


ときどき愛おしくて恋しくて

逢いたいなあって思ったり

みーちゃんが私に与えてくれたことの

大きさや重さが嬉しくてありがたくて

泣くこともあるけど平気だからね。

d0053201_22455485.jpg


知ってると思うけど

ろくもえんも、よしもあきもゆいも

そしてあおも晴くんもみんな賑やかにしてくれてるから

毎日笑って幸せに過ごせてるからね♪




写真は去年の今日のみーちゃん。

いつ見てもやっぱり可愛い
[PR]
# by GANBARUNEKO | 2017-01-18 22:50 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
安保 徹 先生
d0053201_127771.jpg


このブログでも度々登場している

免疫学の安保先生が、一昨日亡くなられたそうです。


・・・なんというか、とてもショックでした。



去年の暮れに父が亡くなった時もそうだったけれど

先導してくれ、守ってくれる安心できる存在がいなくなったような

そんな気持ちです。



安保先生とは何の面識もないし

父の存在とは当然ながら全然違うけれど

なんとも言えない切ない気持ちになりました。



いつ頃から安保先生を知ったのかな?

と、このブログを検索してみたらありました。


今日の治療と食事~『がんばる猫』も3年、と免疫学セミナー


この記事にもあるように

しおんの肥満細胞腫が見つかった時にも

安保先生の研究結果と、その言葉にとても励まされたし

2日間飲まず食わずになって旅立ったトムを見送った後にも

私はそれが最善と思っていたものの

本当に無理にでも食べさせないままで良かったんだろうか?

と、少しの後悔が湧き出た時にも

この日のセミナーでの言葉を思い出して救われた思いでした。


d0053201_1271128.jpg



きっと多くの方々の光となった研究をされたと思います。

免疫学を愛してやまない安保先生の言葉だからこそ

嬉しそうなワクワクしたような気持ちが伝わってくるからこそ

免疫学の知識なんてなんにもない私でも

すんなりと興味が持て、そして学ぶことができたと思ってます。




きっとこれから先も安保先生の遺したものは

多くの人や動物たちの光となることと思います。

安保先生、ありがとうございました。
[PR]
# by GANBARUNEKO | 2016-12-09 12:08 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(4)