しおんの気持ち ~ 2009年11月下旬編 その5 ~

Ganbaruneko:

 トムが旅立つ前日か前々日にラックで寝ているトムのところに、
 普段は行かないしおんとみーちゃんが突然上って行ったんです。
 だから具合悪くなるのかなと心配になって、次の日は会社を休んでしまいました^^;
 それからずっと後になって、猫さんを見送る時に同じような経験をした話を聞いたり
 過去に似たような話があったことを思い出して
 あれはお別れの挨拶をしに行ったのかなぁ?と思っていたんです。


コミュニケータさん:

 前から少しずつはトムちゃんが、みんなを用意していって準備させてたけど
 あの時はふたりとも呼ばれてラックに上がったんだって言うんです。
 トムちゃんが、長い時間ではなかったけど、これからGanbarunekoをどうするか
 どう育てていくかって言うことを話して、どういう風にGanbarunekoを
 面倒見ていくかって事を伝えられて、それで降りてきたって言ってますね(笑)


Ganbaruneko:

 ほんと育てられちゃってて・・・そんな感じでしたねぇ


コミュニケータさん:

 『トムはGanbarunekoの事をそんなに心配している感じじゃない』

 ってしおんちゃんが言っています。
 と言うのは

 『Ganbarunekoは自分で結構色んな事を解っていて、
  自分らしい生活をしているみたいだから、あまり僕たちは心配してはいない。
  だ・け・ど!!』

 『ひとつだけ伝えたいことがある』

 と言っています。







コミュニケータさん:

 『それは、Ganbarunekoは明るくて、お友達もいて、それはもちろんいい事なんだけど、
  Ganbarunekoは自分がどれほどいい人間かというところで謙遜しすぎる。
  自分自身をもっと尊重して欲しい、大切にして欲しい。
  素晴らしい人なのに、それを心から受け入れない。もっと自分を信じて欲しい。
  人間関係でも友達も出来やすいし割りと好かれる方だと思う。
  そのお友達のお話も聞いてあげるし、色々優しくしてあげる。
  でも自分のことになると”私は大丈夫、私のことでは迷惑をかけたくない”と言うような
  態度を取ってしまう。』


Ganbaruneko:

 (この事に対する私の思うところを伝えました。
  トムが旅立った日、妹に電話したことや、今まで妹にさえもそんな風に
  助けを求めたことが無かったことなども話しました)


コミュニケータさん:

 しおんちゃんが言うには・・・

 【私も!】

 ってトムちゃんも話してきてます(笑)
 (トムが登場したので、しおんは『』、トムは【】、ふたり一緒なのは《》で書きます)
 ふたりが意味するには”自分のニーズ、自分が自分の思いを伝える必要がある”
 と言うことを尊重していない。結局、他の人の事は聞いてあげるけど
 自分の事を尊重していないから、自分も誰かに聞いてもらうことも大切だということが
 わかっていない、と言うような感じだと思います。

 しおんちゃんば言うには・・・またトムちゃんが

 【私も!】

 って言ってる(笑)
 
 《自分をもっと大切に考えない、そこが大きなポイントだ》

 って言ってます。その点はわかります?



Ganbaruneko:

 なんとなくわかります。
 自分の気持ちをうまく伝えることが出来ないので、いいやって思ってしまう自分もいますし・・・
 最近、会社に入ってきた女の子が、私とは真逆で、自分の感じる事、例えば
 ”私疲れちゃった”とか”眠い~”とか、そういった事でさえも表現できる子なので
 その子が入ってきた時に、お手本が入って来たなぁ~って感じていたんです。


コミュニケータさん:

 トムちゃんが

 【そうだよ!(感じてる通りのお手本だよと言う意味)】

 って言ってます(笑)

 あ~、結局これしおんちゃんとトムちゃん両方、代わる代わる喋ってますね(笑)


Ganbaruneko:

 (笑)
 その子は、ほんっとお父さんに可愛がられたって感じで、何でも誰にでも
 聞いて聞いて~♪って言うような子で、それを見てたら可愛らしいなあ~
 私に足りない部分だなぁ、って感じてたところだったんです。
 私が自分を表現し変化していく上で、お手本になる人だなあって。


コミュニケータさん:

 ふたりとも、その新しい女の子はすごいって言ってます。
 彼女はもう水道の蛇口を捻ったように話せるって言ってます。
 でもGanbarunekoの場合はその蛇口がクーって固く締まってるって言うんですよ(笑)
 だから少しずつでいいからそれをあけていくようにね、と。
 妹さんが来てくれたように、Ganbarunekoがお願いすればみんな聞いてくれるよ!
 って言うんです。
 最初のステップは難しいと思うけど、それを続ければ、良い練習になるよって言うんです。

 ・・・トムちゃんって面白いわ!私が”しおんくんが”って言おうとすると必ず”私も!”って
 彼女が入ってくるんです(笑)
 結局”私もしおんと同じ事を言いたいんだ~”って意味でね(笑)


Ganbaruneko:

 (この後、ブログでもたくさんの人から頼りにしてね、って言われたのに
  うまく頼るって言うことが出来ず、その気持ちに応えられなかったことなどお話しました。
  そして更にしおん+トムちんから、この件についてのアドバイスをた~っぷりもらいました♪
  たぶん今回のセッションで一番時間を取ったと思われます・汗)


コミュニケータさん:

 《Ganbarunekoに教えていたのは頼ること。僕たち猫には精神的に頼ることが出来た。
  その頼れるってことを僕たちと練習して欲しかった。
  理想は人間レベルでも頼れるようになっていって欲しい》

 と言ってます。

 《頼るのは悪いことじゃない。ある人は頼りすぎる人もいるけど、Ganbarunekoの場合は
  性格上頼りすぎる事はないから、もうちょっと頼ってもいい》

 それをふたりとも伝えたかった事だって言ってます。バランスが必要だって。
 人から頼られるのも頼ることもバランスが大切だと。
 それは人を信じる信じないではなくて自分の価値観に関係しているんだって言うんです。
 
 《自分の人生も価値があって意味があるものだ、それで自分の気持ち、感情を
  尊重すべきだと言うところから、誰かに頼る、頼むって言う気持ちが出てくるよ》

 って言うんです。

 《そこまで自分の気持ちを尊重してないから頼れないのだから、他の人たちの気持ちを
  尊重するように、まず自分の気持ちと言うものを大切にしてもらいたい》

 と。


Ganbaruneko:

 がんばります(笑)


コミュニケータさん:

 《(Ganbarunekoが変化するに当たって)死と言うのは終わりでもあるし、
  また新しい命のはじまりでもある、そういう感覚がするよ!》

 って言うんです。

 《最終的には、来て欲しいとか、助けて欲しいと誰かに伝えたときに感じられる感情って言うのは
  本当に純粋な心からきてる、説明なんかしなくても感じられる純粋な感情を感じられるよ。
  Ganbarunekoは他の人を通してそういう感情を感じていくべきだし
  そうすることによって新しい表現方法が見つかるよ》


Ganbaruneko:

 がんばります。



この伝えたいこと、と言うのはとても個人的なことだったので恥ずかしかったのですが
ここに書くことも、私が変わるためのひとつのステップと考えて、思い切って書いてみました。
とは言えさすがに、私自身のコメントは大幅にカットしちゃいましたが^^ゞ

そしてトム子ちん♪
予想はしていたけど、かなり大胆に話に入ってきましたー(笑)
でも、それが彼女らしくてとっても嬉しかった。

私自身もトムの存在を感じてはいたけれど
肉体から抜けたあとも、すっごく元気いっぱいで変わらずいてくれることが
第三者を通して感じることが出来たのことが、何より嬉しかったです。

そして、セッションはようやく、二つ目の質問へと移りま~す。

つづく


※※※しおんの気持ち ~ 2009年11月下旬編 その1 ~
※※※しおんの気持ち ~ 2009年11月下旬編 その2 ~
※※※しおんの気持ち ~ 2009年11月下旬編 その3 ~
※※※しおんの気持ち ~ 2009年11月下旬編 その4 ~
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-04-12 10:08 | 【アニマルコミュニケーション】 | Comments(5)
Commented by プー at 2010-04-13 13:29 x
こんにちは、トムちんはがんばるさんの事をしーくんとみーちゃんに確認してから旅だったんですね。さすが、トム子ちんですね。納得ですよ。
私の知り合いのおっさんなんか、死ぬ間際の言葉が「死んでもいいから、まんじゅう食べさせてくれ」ですよ!糖尿でずいぶん食事制限されてたようですが、それにしてもこのレベルの違い!(トム子ちん、おっさんと比べてゴメンネ)
がんばるさんが今もなおトムちんを近くに感じ、繋がってるってすごいですね。やっぱり二人の魂の絆はとても深く強いものなのですね。
アニマルコミュニケーションの続き、楽しみにしてま~す。
Commented by monkichihaha at 2010-04-13 16:53
こにゃにゃちは。ご無沙汰しております(^_^;)
トムちんもしーくんもがんばるさんの事本当に大好きで
よく理解しているんだなぁって感心してしまいました。
でもそれはやっぱりお互いですよね。
一方通行の理解なんて無理で、がんばるさんもトムちんや
しーくん、みーちゃんの事を理解しようと努力して繋がって来たから
みんなも理解してくれてるんだと思います。
でも自分の事を尊重していないっていうのも少しわかるような気がします。
私が色々相談させてもらった時もお忙しいのに心のこもったお返事を
下さってどれだけ元気づけられたか知れません。
そんな素敵ながんばるさんだからヘコんだ時は助けてくれる人が
きっとたくさんいらっしゃると思います。トムちんやしーくんの言う通り
いっぺん頼っちゃってみて下さ~い(^o^)/ 
うちのももは最近もホメオパシーのみでケアしていますが
とても安定していて、嘔吐はたまにありますが下痢は全くなくて
食欲もありゴキゲンにしてくれています。
娘の受験も終わり少し落ち着いたのでまた近況などボチボチ更新したいと
思っています。またこれからもヨロシクオネガイシマス(^^♪

Commented by nyanmyupurin at 2010-04-14 03:52
「私も!」と言っているトムちゃんが可愛くて、またトムちゃんらしくて、すごく微笑ましくて、Ganbarunekoさんにとっての学びについて真剣な話をしているというのに、笑ってしまいました(汗)。
だって「私も!」って、しおんくんが話し出すと間髪入れず言っていたんだろうなと思うと、可笑しくて。あまりにもトムちゃんらしくて(笑)。
体が存在していたときと何ら変わりのないトムちゃんらしい感じが嬉しいし、本当に可愛い。
Ganbarunekoさんに対する愛が溢れていますね^^。
私も早く、続きが知りたいですーー!
(テープおこし頑張ってください♪)
Commented by Ganbaruneko at 2010-04-15 19:35
☆プーさん、こんばんわ♪
そうなんです、さすがトム子ちんって感じでしょう?^^
このことも色々書きたいと思いつつ、まとめるのが難しくて進まず、です^^ゞ

お知り合いの方、すっごくすっごく我慢していたんでしょうね。
それはそれで切なくなります。反面、トム子には食事制限をしたりしなくて
本当に良かった、とも感じます。
そのおじさん、いっぱいお饅頭をお供えしていただいて満足できてたらいいな。

トムもそうですが、今一緒にいるってことは、やっぱりずっと続いてきた縁があるんだなぁ
って思います。これから先もそういった縁のひとつひとつを大切にしていきたいです。
Commented by Ganbaruneko at 2010-04-15 19:49
☆もんきちさん、こんばんわ♪
どうしているかなーって思っていたので、ももちゃん共々元気そうで良かったです♪
娘さん、受験生だったんですね。新しい生活のはじまりでワクワクしているかな?

今日も優しい言葉をありがとうございます!
実はがんばろうって思えたきっかけのひとつは
もんきちさんのメールもあるんですよ^^
ほんと、ご縁ですね。感謝です♪

>トムちんやしーくんの言う通り
>いっぺん頼っちゃってみて下さ~い(^o^)/ 
はい、少しずつですががんばってみています。
うまく言えないけど、私ががんばれたら、猫達の波動もあがって
ステージアップにつながるのかなーなんて思ってるので
お互いがお互いを成長しあえる、そんな感じでとても楽しいです。

<< 2分早いっ!・・・としおんの耳... お散歩三昧な日曜日♪ >>