猫達との帰省(冬)~いよいよ新幹線!
  【猫と旅する(帰省・冬) その1 『猫達との帰省(冬)~出発直前の意気込み』 はコチラ


さて家を出よう、と言う段階になり尻込みしたらしく
急にタワーハウスに潜り込むみーちゃん。
d0053201_13252614.jpg
想定内なので慌てはしなかったものの、このお顔を見ると切ないわけですが
後には引けません。

いっぱい練習したし大丈夫だよ~♪などと励ましても無言のまま。
だけど抱っこするとすんなり抱かれて出てきたので、あとひと押しが必要だったようです^^
が、バッグへ入れると、スルリと出ようとするので多少イライラしてきつつの出発となりました。
d0053201_1534134.jpg
お外に出ても隠れることなく、こんな感じ^^
d0053201_1883367.jpg
しおんはカート下段でこんな感じ。

   買ったカートは2段で、帰省時も春と同じように2段使って・・・と思っていたのですが
   新幹線車内で使用するには2段はあまりにも大きすぎるか・・・と判断して
   大きいしおんだけカート、みーちゃんはトートバッグに入ってもらっての移動となりました。

   ソフトキャリーはあるのだけれど、しおんサイズで選んでるので大きすぎて邪魔だし
   新しく買うのもなぁ、と考えていたのですが、たまたま普段使いに、と思って注文していた
   ウサビッチのトートバッグの存在に気づきました。

   単にウサビッチだー!しかもタイムセールだー!って衝動買いしたものでしたが
   結果的には、中綿のおかげで保温もばっちり、底板もついてるので安定感抜群、
   そしてポリエステル素材なので軽いし汚れもふき取れる~!
   知らず知らずに予知して注文したかのような「みーちゃん用バッグ」なのでした^^





d0053201_189529.jpg
駅構内のエレベータ内。
お外が見たくてネットにおでこがひっついてます^m^
d0053201_189292.jpg
そして初の新幹線『はやて』です~♪
ウキウキの記念撮影。傍からみたら怪しい女^^;←慣れっこだけど(笑)

写真はないけど、しおんが入ってるカートは取り外しが出来るので
新幹線に乗り込むと同時に、カートのフレーム部分を格納するスペースを確保し
バッグを外して座席へ乗り込みました。
このあたりの"カート事情"については、別で記事に出来たらと思っています。

d0053201_1895147.jpg
座席について、バッグごと膝に乗るみーちゃん。
d0053201_18101563.jpg
足元にはしおん。
バッグを縦に置いてちょうどな感じでした。
3列シートの窓際だったのですが、有難いことに隣は6歳の子供&お父さんだったので
スペースありあり♪代わりにお守しましたけどね^^
でもその父子は仙台で下車したので、新青森までは3列まるっと独占できました☆
d0053201_1810473.jpg
床でもおとなしく眠っていてくれたのですが
寒いかと思い、隣のシートに移動。
d0053201_1811331.jpg
寒いわけです、雪景色に突入ですから~
d0053201_18115646.jpg
前回の公園での練習の一件もあってか
しおんは主役の座をみーちゃんに譲っている感じで
いつもは抱っこだなんだ、とはしゃぐのに
この日は本当におとなしくしてくれていました。
でも隣に私が居ると甘えたくなるようで、そっと体を乗り出して甘えてました^^
d0053201_18121963.jpg
相変わらずみーちゃんはお膝の上。
d0053201_18124430.jpg
d0053201_18132512.jpg
時折顔を出して辺りを眺めたりしていましたが
お膝の上なのが安心だったらしく、ほとんど眠っていました^^♪
d0053201_18134070.jpg
d0053201_18142790.jpg
しおんが甘えたいのを我慢しているのがわかったので
短い時間だけですがお膝にケットで包んで敷いて内緒の抱っこ。
d0053201_18144841.jpg
ほんの少しの時間でも、自分の気持ちをわかってもらえるとホッとするみたいです。
人間と一緒ですね^^
d0053201_18152554.jpg
とうとう近くまで来たので、準備に取り掛かります。
みーちゃんは膝から降ろすと冒険に出かけようとするので
おりこうに座っていてくれる?猫さんは外に出しちゃいけないって言うのよー。
と説明すると、こうしてずっと座っていてくれました。
d0053201_18154854.jpg
いつの間にかしおんもみーちゃんも、私の発する言葉を即座に理解してくれるようになり
そのおかげで何もかもスムーズに進みます♪
d0053201_1816967.jpg
d0053201_1814066.jpg
カートのフレームは、座席の後ろにこうして置けました。
事前調査では無理かも?と言う微妙なサイズだったのですが
これも見えない力が働いてくれたようです☆
d0053201_1816255.jpg
組み立てるとこんな。写真左のしおんが入ったバッグをセットします。
d0053201_18164811.jpg
セットはデッキに出てやりましたが
誰も人がいなかったので、少しだけ冒険するみーちゃん。
d0053201_1817823.jpg
しおんはバッグの中に入ったまんま、フレームにセットされました^^;
d0053201_18172769.jpg
ウェットティッシュ、使用済みのペットシーツなどが入ったバッグも装着完了。
思ったより手際よくできました!!5分とかからなかったかな。
d0053201_18174296.jpg
少し動くと開く自動ドアにおっかなびっくりのみーちゃん。
そろそろバッグに戻ってくださーい♪
d0053201_18181843.jpg
ってなわけでバッグに戻ってもらいました。
準備が早く済んだので、寒いデッキから中に戻り新青森到着を待ちます。
d0053201_18183722.jpg
カートを置いてあった座席の後ろに私もすっぽり納まり待ちました。
そうじゃないと私が動くたびにドアが開いてしまうからね^^ゞ
d0053201_1819265.jpg
新青森到着~!
新幹線が止まるとは言え、小さな駅でしたが
3つか4つの自動改札に駅員さんが5,6人。
寒い中、到着する人たちに声をかけてくれていて
私がカートを押しているのを見ると即座にエレベータの場所を教えてくださいました♪
d0053201_18192635.jpg
続いては奥羽本線へ乗り換えです。
d0053201_18194361.jpg
通常の電車だとカートはドアの横に置くと邪魔にならずにいいのですが
なんとステップがついていたので置けず、どどーんと真ん中に居座るハメに^^ゞ
おまけにドアは自動ではなく、ボタンを押さねばならず色々事情が違ってどぎまぎしました。
d0053201_18201089.jpg
無事弘前駅に到着し、お迎えには従兄弟が着てくれました。
しおんがまだ仔猫の頃、従兄弟もまた小学生に行くか行かないかの子供でしたが
24歳の立派な大人になり、こうして再会を果たしました。
当時しつこくして、しおんに目を引っかかれた従兄弟ですが
その記憶だけは今尚残っていたそうですが、その猫とまた再会するとは思ってもみなかったようです。
d0053201_18202916.jpg
こうして1人の子供が大人に成長するまでの長い時間を
毎日一緒に過ごせていただけてることに感謝でした♪

さて到着した2ニャンですが、しおんは新幹線では飲まなかったけど
喉が渇いていたようで、すぐにお水の催促してきました。
d0053201_18205137.jpg
そしてみーちゃんは・・・
机の下に隠れちゃいました。
これがまた不思議で、ご機嫌さんだったのに、新青森到着した途端に不機嫌になり
シャーハーはじまってしまったんです。
とは言え春に帰省した時とはまったく違っていて、怒りながらもおやつは食べるし
甘えた声も出すという、両極端なみーちゃんがそこにいました。
いったいどうするべきかわからなくなったのでしょうか(笑)
d0053201_18211657.jpg
しおんはマイペース。
すぐに暖かい場所を陣取り、のんびりしていました。
d0053201_18213836.jpg
想像していたより寒くなかった弘前ですが
さすがに床は冷えるので、みーちゃんのいる机の下にはカイロとケットを差し入れです。


と言う訳で2ニャンの協力のおかげですんなり新幹線移動もできました!
意外や意外、珍道中って感じにはなりませんでしたが、また続編、楽しみにしていてくださいね~☆
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-01-11 13:28 | 【猫と旅する/帰省2010冬】 | Comments(0)
<< バタバタが続いてまーす 猫達との帰省(冬)~出発直前の... >>