ペットチニック
ペットチニック(Pet-Tinic)
犬猫用鉄・銅・ビタミンB群とリート

▲特長
ペットチニックは鉄、銅、ビタミンB群をバランスよく補給できるリキッドタイプの
ビタミン・ミネラルトリートです。

2007/3/26 追記あり
2008/7/30 追記あり



▲内容量
30ml

▲原材料(1ml中)
鉄2.5mg、銅40ug、チアミン400ug、リボフラビン200ug、ピリドキシン200ug、
ビタミンB12 0.42ug、ニコチン酸アミド2mg


▲使い方
通常以下の量を1日2回口内に給与するか、食餌に振りかけ給与してください。
子犬・仔猫:体重2.3kgあたり、0.5ml(1/2ドロッパー)
成犬・成猫:体重4.5kgあたり、1ml(1ドロッパー)

▲評価
トムは最初は、スポイトであげるとそのまま嬉しそうに舐めてくれました。
チニックよーと持ってくと、ニャオンって感じで。
でも体重が増えて、エリスロポエチンの注射も終わってしばらくしたころからは
そんなん、いらん!!って顔を背けるようになり・・・そのあたりにはPCVも基準値内に
なってたので、体が必要としなくなったのかもしれません。
無くなるまで続けてくださいと主治医に言われましたが、もうそのままでは飲んでくれない
ので、無理することもないと思い、私が思い出した時にウェットに混ぜてあげる程度です。

d0053201_0303058.jpgd0053201_031588.jpg

クリックで大きくなります。

2007/3/26追記
ご存知の方も多いかと思いますが、ペットチニックは自ら飲んでくれる子が
あまり居ないようです。ですが腎不全による食欲低下で血液の元になる材料が
ないため貧血になってしまったり(鉄欠乏性貧血)、またエリスロポエチンが
作られない状態(腎性貧血)になり、エリスロポエチン製剤を投与している場合でも
せっかくエリスロポエチン製剤で"赤血球を作って!"とお願いしていても
材料となる栄養が足りないことで無意味になってしまう場合がありますから
ペットチニックがダメな場合は、主治医の先生と相談して、錠剤や注射など別の方法で
鉄やビタミンB群などの血液をつくるために必要な栄養を摂ることが大切だと思います。

2008/7/30追記
鉄は蓄積されるため、過剰投与投与には注意が必要です。
腎臓病の猫の場合、心・肝疾患などを伴う場合もあるので
投与量については、しっかり主治医と相談するべきだと思います。
以下、メルクマニュアル家庭版より抜粋です。
鉄の蓄積は、脳、肝臓、膵臓、肺、心臓など全身に損傷を与えるため、症状はさまざまです。肝臓と膵臓が最初に損傷することが多く、肝硬変または糖尿病の症状が生じます。あるいは、初期症状が明確でなく、疲労など全身的な症状が出る場合もあります。その後、皮膚が黒っぽくなります。

[PR]
by GANBARUNEKO | 2005-08-08 00:33 | 【サプリメント等】 | Comments(4)
Commented by なーやん at 2010-01-02 14:23 x
うちの子の場合は、スポイトで口内へ無理矢理に流し入れていました。
でも案外と嫌がらなかったです。美味しいのかな?と思ったりもしましたが(笑)
Commented by Ganbaruneko at 2010-01-06 19:08
☆なーやんさん、はじめまして(で、いいのかしら・・・汗)
人も動物も体が正常な働きをしていれば、必要なものを欲するし
不必要なものは受け付けないようですよ。
なーやんさんの猫さんも欲していたのでしょうね。
トムの場合は、それが顕著に現れていたのでこのときはあげるのを
止めましたが、後日の検査結果でPCVが上がっていました♪
結果的に腎性貧血は起こしませんでしたが、よい勉強になりました。
Commented by やお at 2013-08-30 19:51 x
はじめまして。うちの猫にも必要を感じた際にペット・チニック飲ませています。
総合栄養食の養分が取れないウエットフードを与える際に、どうしてもB12が必要な子なので強制給餌(口に流し込む)しますが、その後に好物が食べられると覚えたようで(?)反抗しなくなりました。
いろいろ楽しいものが食べられない子には使えない「手」ですが、どなたかの参考になればと思い、書き込ませていただきます。
Commented by Ganbaruneko at 2013-08-30 20:32
☆やおさん、はじめまして。コメントありがとうございます♪

やおさんの猫さんは、ペットチニックの後の好物のために
おりこうに飲んでくれるんですね~♪
そのコそのコの性格や環境、そしてそれに合わせたご家族の愛ある工夫が
嫌なことを愉しいことに変えてしまうんですよね^^
貴重な体験談をありがとうございます。シェアしていただけてとても嬉しいです♪
<< コエンザイムQ10 ネフガード協和 粒 >>