皮下輸液の手順、かかる時間
私はカーテンレールにS字フックをつけ、そこに輸液バックを下げている。
でそこからチューブが出ていて、21Gの針がついてる。
d0053201_21104269.jpg
d0053201_2111372.jpg
トムの病院での価格
ヴィーンF注 1,300円
チューブ 500円
針21G 1本30円





***皮下輸液手順***

 ①輸液量がわかるように、輸液バックにマジックでラインを引く。
 ②針をセット。(だいたいここでトムが怪訝そうな顔で私の様子を伺う)
 ③消毒をコットンに含ませる。(トムがそろ~りと私の視界から姿を消す)
 ④トムをひざに乗せ、なだめながら体の力を抜いてくれるまでしばらく撫でる。
 ⑤力が抜けてきた(ってか観念した?)ところで、皮膚をつまみあげ消毒する。
 ⑥「ごめんねぇ~ちょ~っとチクって痛いよ。」って言いつつプスリと針を刺し開始。
 ⑦輸液が終わったら、消毒綿で軽く刺したところを再度消毒して終了。
  
トムの場合は1回に50mlで約3分なのだけれど、輸液の残量により(水圧の関係)
だいぶ違うように思える。今回は残量350mlから300mlまでで計った結果。
針を19Gとか太いのに変えれば、もっと早く落ちるだろうけれど私にはあの針は
どうしても使えない。試してみたことはあるんだけれど定期的に使うには太すぎる。
とはいえ、トムはおとなしく輸液させてくれている上に、1回の量も少ないから
そんなことを言っていられるけれど、輸液量が増え長い時間の輸液がストレスになったり
おとなしくできない場合は、太い針の針がいいと思う。または加圧器を使ってみたり。

※寒い時期は、上記の手順の一番最初に輸液を温めることが加わります。
真夏以外は輸液が冷えていて、トムも嫌がるしとにかく体が冷えてしまうので
湯煎して温めています。
ただし熱湯で温めると輸液バッグからなにかが出てきそうな気がするし
出てこないとも言いきれないので、手を入れてアチってなる程度のお湯で
時間をかけて温めてます。
輸液バッグだけがかなり熱くなっていても実際の中身が冷たかったり
冷たいのはいいけど熱すぎるのはとても危険なので
必ず赤ちゃんのミルクの温度をみるように、自分の手首の内側で確認してから。

***皮下輸液終了後***
手や足を握ってみて、冷たくなってないか確認して、冷たかったらフリース等で
くるんであげる。そして輸液が体になじむように、軽くマッサージをしてあげる。
といってもさすってあげるという感じかな?それが落ち着いたら皮下輸液後には
良いことがあるんだよ♪と思わせる作戦として何かしらおやつをあげる。
トムの場合はお刺身が多いかな。でもあくまでも少し・・・ね。

以上がトムの場合の皮下輸液パターンです。
あくまでもトムの3日おきに1日1回50mlというパターンの場合なので
参考程度にお願いします。輸液後のおやつもできれば主治医とご相談を。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2005-08-13 21:30 | 【皮下輸液】 | Comments(15)
Commented by りか at 2005-08-13 22:42 x
わぁ~、わかりやすい説明嬉しいー。
うちもいつか必要になるかもしれないことだし
自宅での補液の事を凄く知りたかったところなの。
写真の点滴パックで何回出来るのかな?
この辺の動物病院はちょっと高めで、自宅で補液を
させてくれる病院(1軒見つけたんです)は
診察代も検査代も今の病院より高めだったんで
パック等を買うのもGANBARUNEKOさんが行っている病院よりも
高そうだけど・・でも通いで行くよりは安くなりますよねー。
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-13 23:57
☆りかさん、そういって頂けると嬉しいです。でもぎゃおす王国だと
動画でもっと丁寧に色々な方の意見も集まって、分かりやすいです。
私もそこで最初に見て、ほんとにできるか?とドッキドキしてましたよ。

この輸液は500mlなのでトムの場合は1回50mlなので10回分
ですね。で3日に1回なのでちょうど1か月分です。
輸液もたくさん種類があるのでさまざまあるのでしょうが他のサイトで
よく見かけるのが500mlですね。
皮下輸液自体、猫達にとっていやなものだろうから、病院に通うストレス
が取れる分、自宅で輸液ができればいいですね。経済的にもかなり
助かると思うし。声色変えてその病院に値段を聞いてみるのも良いかも
知れませんね。
Commented by りか at 2005-08-14 00:12 x
一ヶ月もつんですねー。
今、抗生剤、ステロイド、胃薬込みの補液で2100円なので
自宅でさせてくれる病院でその薬も売ってもらえれば自宅でしたいなー。
トムちゃんって皮下に一緒に薬は入れてないんでしたっけ?
あーがそれが必要なので、その薬も貰えるかが問題です・・。
経口投薬するとご飯を食べなくなっちゃうんですよー><
自宅でさせてくれる病院には親友が電話をして聞いてくれるらしいので
お任せしちゃうつもり(笑)

そうそう。ささみのたたき、美味しいですよー。
生肉が苦手な私でも大丈夫でした。
また買って猫たちにも少しだけあげようかな~。
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-14 00:46
☆りかさん、ゆうちゃんやあーちゃんは1回の量ってどれくらいですか?
それによってかなり違ってきますよね。
もしかなり高かったら値下げ交渉してみるのも手かも知れませんよ。
経口投与だと食欲がなくなることや、経済的なことも伝えて。
お友達についで♪とお願いしちゃうのもいいかも?
トムは今のとこ輸液には何も入れてないですが、お薬とかビタミンも
入れて自宅でされてる方もいますし、自宅では入れてない代わりに
定期的に通院したときは、入れてる方もいらっしゃいますよ。
それと自宅輸液を許してくれてない病院で、無理を言ってお願いして
許可してもらった方もいらっしゃるので、口頭で言いにくかったら
お手紙を出してみるのも手かも知れませんね。
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-14 00:46
りかさんへ つづきー

・・・私も言えない性質なのですが最近は
「ネットで同じ腎不全の猫ちゃんの飼い主さんに聞かれて・・・」を理由に
色々聞きにくいことも聞いたりしています。相手がインターネットとなると
獣医さんもドキドキだと思うのですが(笑

ささみのたたき、さらに楽しみ♪

http://www.gyaos-kingdom.com/info_fra.html
知ってるかもしれませんが、このぎゃおす王国のサイト心強いです!
「皮下輸液」ってところがとっても参考になると思いますよ♪
Commented by りか at 2005-08-14 01:19 x
輸液量、聞いたけど忘れてしまいましたー><
あーちゃんはぶっとい注射器1本、ゆうは2本です。今度また聞いてみよう・・・。
今の病院は皮下補液は絶対に無理なんですよー。
しつこくこの間も聞いたんだけど、やはり駄目でした。
インターネットでとか、お友達が・・とか言ったんだけど
今後も自宅補液を認めることはないとキッパリ言われました^^;
無理をいったり、しつこく聞いたりという事をしやすい先生ではないので
これ以上聞いて関係を悪くしたくはないので自宅でしようと思ったときは
転院します。親友には、薬の事も聞いてもらいまーす^^

ぎゃおす王国、ゆうが腎不全と言われた時に結構みていたんですが
自宅輸液のページは見ていません。あとで見てみます。
Commented by oshare40 at 2005-08-14 11:01
輸液を自宅でさせてくれる獣医さんって少ないですよね。
6年前には、ほとんどだめだったので、東京の私の友人は、ネットで
知った地方の獣医さんからわけてもらってました。コストもだけど、猫の
負担が全然違うんですよね。
私の場合、ある獣医さんの掲示板で相談したら、獣医なんて五万といるんだから、だめなら獣医を変えればいいだけですよと言われ、その覚悟でお願いしましたら、幸いうちの獣医はOKでした。
輸液はその獣医さんだけど、病気によって別の動物病院にも通院して
いるので、お中元が3件になり、ちと大変だけど、動物病院によっても先生によっても得手不得手はあるので、猫にはいいみたいですよ。
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-14 20:31
☆りかさん、そっかー言いやすい先生だったらいいけど、あんまり言って
しまうと先生が気にしてないとしても、こっちが気にしてしまいますもんね。
ぶっとい注射器って言葉でひるんでしまう^_^;
うまいこと新しい病院で色々情報が得られるといいですね♪
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-14 20:37
☆oshare40さん、自宅輸液ってやはり少ないんですかね。
私は、自宅輸液って言葉を知る以前に言われたから当たり前なの?
大丈夫なの?って逆に思ってましたから。
6年前だと、薬から療法食から色々と事情が違ったでしょうね。
でもネットで分けてもらえてよかったですね。
獣医さんってやっぱりどう考えても大変な職業だと思うから
こちら側が、行く先を選んだ方が良さそうですよね。

お中元をちゃんとしてるんですね。私自身そういう習慣がまるでなくて^^;
Commented by oshare40 at 2005-08-14 20:54
ganbarunekoさん、このお中元を書いてから追加しないといけないなと思いつつ、今になってしまいました。えらそうに書いたのですが、今年は
特別です。牛尾が癌になり、深夜の緊急入院、元気になってからも断固通院拒否し、時間外往診をしてもらったり、かなり手間のかかる患者でしたので、お礼も兼ねて送りました。空太の動物歯科医の先生も、休診日に無理を言って手術してもらったの。もう一軒は、牛尾のセカンドオピニオンを聞くために、これまた休診日に往診してもらった上に、よその獣医さんから買った輸液セットを使って点滴してもらいました。めちゃくちゃ、やっかいな患者なので、全部迷惑料として送ったの。優秀な患者だったら、診察料金だけでいいと思います・・が、使用する薬にまで文句をつける患者だったので・・・(汗)
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-15 08:13
☆oshare40さん、たくさん大変なことが重なった1年だったんですね。
だけど猫達を思えばこそだし、猫ってそうじゃなくても繊細だから
きっと獣医さんも分かってくれてるでしょうね。それにそういう飼い主さん
がいて、また獣医さんも勉強になりますよね。
私もお中元やお歳暮という形ではなくとも、時々サービスしてもらったり
電話応対してもらったりしてるので、軽くおやつ程度に持って行きたいな
とは思いつつも何がいいか分からず先延ばしになってます^^;
Commented by りか at 2005-08-17 17:47 x
自宅での補液、必要がなくなってしまったけど・・
お話聞けて良かったです。
ブログの方へのコメントもありがとう。
暫くはグチャグチャと書きそうなので、コメントははずします^^;
またいつかコソっと復活させるのでその時はまたお話してください。
あ、私からはこっちに来ますが(笑)
本当にありがとう。大好きといってもらえてあーちゃんも幸せです。
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-18 18:35
☆りかさん、コメントありがとうね。
ゆっくりゆっくり、りかさんのペースで復活してくださいね。待ってます。
Commented by minako at 2005-08-19 01:04 x
輸液ってこうやるんですね。
GANBARUNEKOさんの愛のパワーが伝わってくる。
トムちゃん、絶対よくなるよくなるもっとよくなる~。
Commented by GANBARUNEKO at 2005-08-19 07:35
☆ミナコさん、おはようございます。
いつもミナコさんからはパワーを送っていただいてるような気がして
嬉しいです!ちーちゃんの相棒は見つかりましたか?
<< 今日と昨日の治療と食事~皮下輸... たまごちゃん >>