狂おしいほど愛おしい時間
d0053201_224226.jpg
2009年2月6日のお昼頃の写真。
ひとつ前の記事に追加したしおんの写真もそうだけれど
PCに溜まってた画像を外付HDDにコピーしてて
あれこれ見てたら出てきたもの。

トムが母猫で、みーちゃんが仔猫みたい。
こんな写真もあったんだな~。
d0053201_22113691.jpg
このしおんの写真も同じ日の同じ時間帯。
ここをずっと見ててくれた人には
懐かしいショットかも知れない^^

いろんな写真を眺めてて
ほんと素敵な時間を重ねてこれたんだなって
しみじみ感じる。

今もろくとえんちゃんが来てくれて可愛くて愛おしいけど
一緒に過ごした時間が長かったせいか
これ以上愛おしい時間ってあるんだろうかってほど
どの写真も1枚1枚が狂おしいほど愛おしい。

そんな時間を重ねてこれた私はとっても幸せものだ♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-20 22:14 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(6)
Commented by rei at 2013-11-21 10:04 x
あー!なんか懐かしい(*^_^*)
私の記憶では、トムちゃんが一番小さい子ちゃんだったけど
この写真では、トムちゃんの方がみーちゃんより大きくて
そう、ホントお母さんみたいに見えるね。
しおん君は脱走準備?(^o^)
偶然昨日うちもちょっと昔の写真を出したりしていて
猫は人間ほど見た目は年をとらないけど
それでもやっぱり昔の写真と比べると
若いなーとか年取ったなーとかよくわかったし
とらとももはいつもくっついて寝てたなーとか
ゆずとミニは兄貴と弟分の関係で仲良しだったなーとか
いろいろ何だか感慨深かったわ。
Commented by Ganbaruneko at 2013-11-21 10:59
☆reiさん、同じような時間を過ごしてたんだねー^^
B麦さんがコラボしてくれた写真も色々出てきて、あの時は病気のことで
みんな色々悩みながらも情報交換して。ほかにもああやって愉しんでたんだなって。
ついこの前のようだけど、やっぱり長い時間が過ぎたんだなーって感じる。

4ニャンたちの土手も懐かしく思うよ。ウチの猫たちで言う玄関前の状態かな笑
reiさん、よくまかれてたもんね笑 たくさんのクローバーを見るとゆずちゃんを
思い出したり、なんだか病気のことで必死だったけれど
あの時の時間って不思議で特別な時間だったのかなって気がする。
ブログが盛んになりはじめた時期だったからっていうのもあるのかな。
いつかそういう写真展開いてみんなで懐かしい話をしたいなー^^
Commented by kaezzz at 2013-11-21 11:37 x
今はもう取り戻せない時間だけど、確実にソコにあった時間。
本当に狂おしいと表現するのにピッタリですよね。
今その時が積み重なった色々な思い出は、本当に懐かしく
大切な時間だったと今更ながらに切なかったり、暖かかったり....
私個人としてはがんばるたんとアチコチに小さな旅する
凛々しいしおん君が凄く懐かしいですよ(笑)
普通の猫さんとは違った存在感というか、人間に近い次元で
この世を生きてたって感じがして忘れられません。
トムちんは、妙に女っぽくてレディって印象(笑)
あの頃はみぃたんが末っ子で印象が一番薄かったけど
強豪2人がいたから目立たなかっただけなんでしょうね(笑)
Commented by Ganbaruneko at 2013-11-21 12:18
☆kaezzzさん、過ぎ去った時間だからこそ余計に、じっくりと見つめることができて
余計に愛おしい気持ちになるのかもしれないですね。
そのときを過ごしてるときより、後の方が拡大するっていうか、愛おしさが増す気がします^^

しおんはねー、ほんと自分でもACで「ぼくは猫みたいじゃなかった」って話してましたが
何でも食べるしどこでも行くしでかいしで
そういった形で私の人生をより豊かにしてくれた気がします。
そしてトム子ちん、いまだに覚えていてくれる人も多いし、今になって知っても
何かを感じてくれて言葉をかけてくれる方も多いので驚きです。
みーちゃんは、kaezzzさんの言うようにあの2ニャンの個性が強くって
一歩後ろに引いてる感じだったんだって思います。
でも今もやはりあのコたちほどアクが強くないのだけど
自分の時間を積み重ねていってるなーって感じがしてます。
kaezzzさんもこうして色々憶えててくれてるのがとても嬉しいです♪
みんな同じ時間を過ごしながら、いろんな思いで生きてると思うと
この世の中、本当に豊かだなあって感じました^^♪
kaezzzさんチの3ニャンもこれからどんな思い出作ってくれるか愉しみですね^^
Commented by nyanmyupurin at 2013-11-21 17:31
ああ、ほんと!上でrei様が書かれていますが、まるでトムちゃんがママでミチロウちゃんが子どもみたい。
この東京でGanbarunekoさんが住まれていた共用廊下とかいうかアプローチも、なんだか懐かしいです。
しおんくんが覗き込んでいるフェンスも、ここをくぐれる事にしおんくんが気が付いた時のこととこか、懐かしいです。
今でも背黒イワシをみると、トムちゃんの顔がパッと浮かびます。
私の中ではトムちゃんは、背黒イワシ・バスタブ(モデルポーズの)・Ganberunekoさんの作った猫ベッドで寝ている姿・ラック上にいつもいる記憶が印象深いです。
しおんくんはGanbarunekoさんのナイト役を、ずーっとやっているんじゃないかなぁって感じていました。だからGanbarunekoさんに恋人らしき方の存在が出来たときに、役を降りて…、みたいな印象です。
トムちゃんとしおんくんがいた頃はプンスカちゃんだったミチロウちゃん、あの強烈な個性のふたりがいては出番ないもんね(^m^)。そりゃ、ちょっとスネちゃうよねって。あー、本当に懐かしいです。
Commented by Ganbaruneko at 2013-11-23 16:43
☆nmpさん、やっぱりそんな風に見えますよね♪
この時に何を話してたのか気になるけど「どいて」「やだ」とかなのかも笑

nmpさん、未だに背黒いわしを見てトムを思い出してくれてたなんて嬉しいです!
nmpさんをはじめ、古くからこのブログを見守っててくれていた人が
私と同じだったり、はたまた違った記憶を持っていてくれるのが本当に嬉しいです。
ブログってものがなければ、身近な人だけとしか共有できなかったことですよね。
nmpさんには手作りごはんをはじめた時にも色々教えてもらったり
送ってもらったり、お世話になりっぱなしだけれど、とっても暖かくて懐かしい思い出です♪

そうそ、いつの間にか三毛ちゃんお嫁入りしたんですね!
リンク先からお顔を見に行ったら、大きくなっちゃってー。
無事に里親さんが見つかって良かったですね♪
<< 智通の摂らせ方(猫&セキセイインコ) 猫の舌(写真追加あり) >>