「ほっ」と。キャンペーン



しおん毛
d0053201_11134731.jpg





久しぶりの投稿です。




あお、そしてろくも4歳の誕生日を迎え

みーちゃんもあっという間に4ヶ月経ってたり

いろいろ他にも書きたい事はあるのだけれど今朝のことを。



今朝、何気に来たカットソー。

弘前に来てから買って何度も着ているもの。

それになぜかしおんの毛が1本くっついてた。

何年経ってもどっかに絡まってたりして

どこかからついたんだろうけれど、5年半も経ってから

ふいにしおんの毛を見るなんて不思議な気持ちだった。


・・・捨てたけど^^;


だって他にフェルト化したのとか

フェルト化させるのに取ってあってそのままだから。



お昼前になって、たまたま寄ったブログで

旅立った犬さんの記事を読んで。

食いしん坊だったのに食べられなくなっていったと綴っていて。



そう考えたら、しおんってば

あーんなに具合が悪かったのに、最後まで食べてたなあって。

寝たきりで、ほんの少ししか食べられないのに

とっても嬉しそうに食べてくれてたなあって思いだしたら涙がでて。

最期まで食いしん坊を貫き通したんだもん。



しおんもだし、彼より先に旅立ったトム子ちんも、そしてみーちゃんも

みーんなみんな、私がペットロスにならないために

最善の努力をしてくれていたようで

その想いが嬉しくてありがたくて、涙がボロボロ。




でもね、私、しおんはろくじゃないかって思うの。

しおん100%のとはちょっと違って説明が簡単じゃないから省くけど。

ここでは前から似ているって書いていたけれど

そう感じることが多くて。

何より、みーちゃんを見送ってからは

しおんを感じることが強くなって、それがケージの中からで。



外出して遅くなって帰宅するときもなぜか

「しーが待ってるから早く帰らなきゃ」

って思ってしまう自分がいて。

みーちゃんじゃなく、しおんが待っている感じが強かった。



それで今朝も、ろくってしおんみたいだなあ、と強く感じた出来事があって。

その直後にしおんの毛が1本、私の洋服のお腹んとこにくっついてて。



最近ずっと朝起きられなくて

今朝は私はベッドに入ったまんまで

ろくだけ先にケージから出したの。

目が覚めるかなーなんて思って。

そしたら、出して2分もしないうちに

ろくたちの陶器製のごはん入れを落とそうとしだし

私は飛び起きざるを得なくて。

その時に、ふいにしおんがいつも積み重なった郵便物を

1枚、また1枚と床に落として私を起こしていたことを思い出して。



私の妄想なのかもしれないけれど

いつもいつも

「しおんがポケットに入る小ささだったら、いつでも一緒におでかけできるのにね♪」

なんて言ってたからなのかな、とも思ったり。

そして、えんちゃんはトムのエッセンスをすっごく持っているコ。

ろくもえんも鳥だけど、みーちゃんの猫缶が大好きだったし。

(もちろん食べさせなかったけど)

しおんとトムは兄妹だったから、無理だったけど

あのコたちの子どもが生まれたらどんなだったかなってことも

ずっと思っていたから、ろくとえんとして生まれ変わって

そして目立ちたがりトムの命日に、はじめてのコ、よしが誕生したのかな、なんて。




あー、やっと書けた^^


なんか今日は不思議な朝でしたが

実はもーっというと、あおはウチに通ってきてた猫さんの生まれ変わりだと思う。

目がおんなじで驚いたもん。

そして発するエネルギーがまたすっごく似ているし。



また、がんばるたん、変なこと言い出した~って思ってくれて構いません笑

でも確かに感じるのだから仕方ない。

それに生まれ変わりであっても無くても、彼らが大好きなことに変わりないからね。

しおんはしおん、ろくはろく。

私はそれでいいの♪

ただ、今朝の不思議な話をちょっと記録しときたかっただけでした♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-10-25 11:16 |  ├(しおん♂17歳) | Comments(8)
Commented by プー at 2016-10-26 09:36 x
「しーが待ってるから早く帰らなきゃ」
そんな輝く気持ちにさせてもらえるのは幸せですよね。トム子ちんもしーくんもみーちゃんも精一杯がんばるさんを支えてくれたんですよね、それがあの子たちの使命だったんではないでしょうか。みんなホント立派な猫さんでした。
しーくんの1本の毛もがんばるさんへのあいさつだったのかもしれませんよね。
ろくちゃん=しーくん。がんばるさんが感じるならそうなのではないでしょうか。いつも小さかったらポッケに入れてどこでも一緒って言ってたから、願いにこたえてくれたように思います。あー、junちゃんボクだと分かってくれた!と今はろくちゃんのしーくんも思ってるんじゃないでしょうか。
私もうちの亡くなった猫が、今は勤務先の建物の方が飼われてるワンちゃんのような気がしてならないんです。出勤の時にお散歩姿を見かけたりすると、とても嬉しくなります。


Commented by Leyna at 2016-10-26 19:42 x
なんだか頷いちゃった
今日は私も調子が悪くてあまり家事も出来なかったのだけれど
ずっとずっと一日中、猫さんの影が出たり入ったりして
あれ??ニャオン??ミルクかなぁ(前にいた猫さん)
足元にいる気配
心配してくれなくても大丈夫だよって言っても
ずっといました
生まれ変わってポケットに入るサイズってなんだか
しおん君らしいな~と思って微笑ましい
がんばるさんのことが大好きでしたからね~
誰の生まれ変わりって判ると良いなぁって思います
しー君に一度でも会いたかったな~
Commented by GANBARUNEKO at 2016-10-29 15:08
☆プーさん、いつもありがとうございます。
みーちゃんがいなくなって、めっきり猫の毛もみかけなくなってたから
しおんの毛が出てきてびっくりしました。

プーさんも生まれ変わりを感じる存在がいるんですねー。
動物さんと暮らすいろんな方とお話する機会に恵まれていますが
同じように別の種だけど、見送ったコを強く感じてしまって
迎えたコがいる、という話は少くないんです。
人が望んで動物に転生したって話もありますから、見えない世界は奥深いです。
Commented by GANBARUNEKO at 2016-10-29 15:14
☆Leynaさん、体調は大丈夫ですか?
ブログにコメントしようかと悩みつつ、しないままだったので
こうしてコメント頂けて嬉しいです。お大事になさってくださいね。

ニャオンちゃんかミルクちゃんが来てくれていたんでしょうかねー♪
この記事をアップした夜、ベッドに入って寝ようとしていたら
ふんわりみーちゃんの匂いがしました。
初めてのことだったのですが、こうしてしおんのことを書いていたから
私もきたよー♪ってこと?でもトムじゃあるまいし(笑)
しおんがろくだよ、と教えにきてくれたのかな、とか思いました。
でも単純にみーちゃんの匂いを4ヶ月ぶりにかげたのは嬉しかったです♪

しおんに会ってもらうことは叶わなかったけれど
しおんを大好きでいてくれたLeynaさんには
是非ろくの様子を見てみて欲しいです~^^
ほとんどTwitterのみですけど、しおんみたいに人気で
可愛がってくれる人が多いキャラなんですよ笑
アカウントは @gstmAjun です。よかったらどうそ♪
Commented by 通行人 at 2016-11-12 14:35 x
がんばるさん、こんにちは。記事を拝見してから、コメントするまでに時間がかかってしまいました。
…つながりって、それを感じられるって、すごいことだなぁ、と。初めてがんばるさんのブログの読者になった時のことを思い出していました。初めての時は、衝撃を受けました。猫が不調でも家族としてケアすることができるのだ、という事実に愕然。(病院の薬しかケアできない、と思っていたからです。)
うちの猫が亡くなってもう20年以上経ちますが、やはり可愛い眼差しを覚えていますし、どこかで楽しく過ごしているのなら、嬉しいことです。いつもありがとうございます。
Commented by GANBARUNEKO at 2016-11-13 15:01
☆通行人さん、こんにちは♪
いつもコメントありがとうございます。

このブログをそんな風に読んで感じてくださっていたんですね。
人の数だけいろんな感じ方、考え方があるので
こうして通行人さんの気持ちを教えて頂いて私も勉強になりました。
こちらこそありがとうございます^^
これも通行人さんの猫さんやウチの猫達の繋いでくれたご縁なのでしょうね♪
嬉しいです♡
Commented by rei at 2016-11-15 10:56 x
うちの猫たちもペットロスにならないために
できるだけのことをしてくれたのかなって
思うことが確かにあるの。
仕事等で留守の時間も長かったのに、みんな
お別れできるよう私がいる時間帯に旅立っていって。
うちもたまに猫の毛がふと出てくることがあるけど
誰の毛かは分からない(^_^;)
この間、写真の整理していたら、しおんくんたちの写真や
がんばるたんがミニを抱っこしてる写真も出てきて
懐かしかったなぁ。
Commented by GANBARUNEKO at 2016-11-18 22:41
☆reiさん、うんうん、やっぱりあるよね。
猫達なりにできる最大限のことを
精一杯私たちにしてくれてるんだなって思うよ。
あまりに悲しみが大き過ぎるとそれに気づきにくいだろうけど
どこんチのコたちもしてくれていると思うな。

この前、古いウールの黒いスカートを出したら
3ニャン分のがいっぱいくっついてて
嬉しい反面、我ながら自分の無精さに苦笑い^^;

どんな写真だったのかなあー。
私もHDDとか見たり、ひょんなところから
猫友さんチの猫達の写真が出てきたりして
懐かしくなる。
一瞬にして色んなことを思い出しちゃうよ。

猫の病気つながりでのご縁だけど
それだけに親密度が違ったのかなって気もするな。
旅立ったコたちみんなで何してるかねー。
<< みーちゃんの匂い お彼岸だから? >>