安保 徹 先生
d0053201_127771.jpg


このブログでも度々登場している

免疫学の安保先生が、一昨日亡くなられたそうです。


・・・なんというか、とてもショックでした。



去年の暮れに父が亡くなった時もそうだったけれど

先導してくれ、守ってくれる安心できる存在がいなくなったような

そんな気持ちです。



安保先生とは何の面識もないし

父の存在とは当然ながら全然違うけれど

なんとも言えない切ない気持ちになりました。



いつ頃から安保先生を知ったのかな?

と、このブログを検索してみたらありました。


今日の治療と食事~『がんばる猫』も3年、と免疫学セミナー


この記事にもあるように

しおんの肥満細胞腫が見つかった時にも

安保先生の研究結果と、その言葉にとても励まされたし

2日間飲まず食わずになって旅立ったトムを見送った後にも

私はそれが最善と思っていたものの

本当に無理にでも食べさせないままで良かったんだろうか?

と、少しの後悔が湧き出た時にも

この日のセミナーでの言葉を思い出して救われた思いでした。


d0053201_1271128.jpg



きっと多くの方々の光となった研究をされたと思います。

免疫学を愛してやまない安保先生の言葉だからこそ

嬉しそうなワクワクしたような気持ちが伝わってくるからこそ

免疫学の知識なんてなんにもない私でも

すんなりと興味が持て、そして学ぶことができたと思ってます。




きっとこれから先も安保先生の遺したものは

多くの人や動物たちの光となることと思います。

安保先生、ありがとうございました。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-12-09 12:08 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(4)
Commented by プー at 2016-12-10 09:45 x
とても残念です。。。がんばるさんを通して知った安保先生でした。知った時は衝撃的で先生の本はほぼすべて読み、私の生き方にも大きな影響を与えてくれました。
先生の遺されたものが、多くの人や動物たちの光となることは
間違いないと思います。
私からも、先生ありがとうございました。
Commented by GANBARUNEKO at 2016-12-13 07:35
☆プーさん、本当に残念ですよね。
いい感じにゆるくて、でもパワー溢れる方だったので
まだまだ免疫学を通して人の在り方を伝えてくれるかと
勝手に思っていたことに気づきました。

安保先生の遺したものを自らが形にしていく方々が
増えていくことを願います。もちろん私自身も。
そんな人が増えたら先生もきっとにっこり笑ってくれるでしょうね^^
Commented by 通行人 at 2016-12-27 18:57 x
がんばるさん、こんばんは。時間が経ってからお邪魔いたします。亡くなられたことを、この記事で知りました。何だか、こころもとない気持ちになりました。私は、家族の病気で色々悩み、安保先生の本を読むきっかけを得ました。図解入りで、わかりやすく解説してあるのでとても助かった記憶があります。理解ができるように、ことばを選んで本にまとめてくださってありがとうございました。本屋に立ち寄れば必ず先生の本があり、情報を発信し続けてくださりありがとうございました。これからもお世話になります。
…と、勝手に、がんばるさんのところで伝えさせていただきました。すみません。失礼しました。
Commented by GANBARUNEKO at 2017-01-18 22:52
☆通行人さん、お返事遅くなってしまってごめんなさい。

安保先生、本当に残念ですよね。
でも通行人さんが書いている通り、これからも多くの本や
安保先生を引き継ぐ人たちを通して
安保先生からのメッセージは続くと思います。

この先もお世話になりましょうね^^
<< 7ヶ月だって 5ヶ月、そしてCAT展 >>