「あたしの一生」
reiさんところで知った本「あたしの一生」。

トムとリンクしちゃって、危うく電車の中で泣いちゃうとこだった。
泣く話なのはわかっていたので、あんまし家で読みたくなかったんだけど
トムのような子と暮らしていなければ、泣かないとこでもウルっときちゃうから
こりゃ家で読むしかないと。なぜかラストシーン近でトムが私の胸の上にいた。
けどトムが居るから涙は堪えて本も中断・・・そしたらトムがしおんのとこに寝に行って。
最後まで読んで涙が止まらなかったー。
けれど悲しいわけじゃなく前向きな気持ちになったよ。

reiさん、素敵な本を紹介してくれてどうもありがとう。
実は私は猫グッズやら猫が題材の本とかにはほとんど興味がなかったから
猫好きなら知ってるでしょう?って事も知らないことが多いのよねん^^;
[PR]
by Ganbaruneko | 2006-01-13 18:04 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(10)
Commented by oshare40 at 2006-01-13 18:31
私も読んで大泣きした本です。私の好きな猫本の中では、ベスト1ではないけれど、ベスト3にはいります。我が家では貸し出し禁止の本の一つです(笑)原書も入手したので、何回読んだかわからないくらい。絵もいいですよね
Commented by minako at 2006-01-14 02:59 x
むむむ???
読んでみます。

タイトル見て、やっとGANBARUNEKOさん本人のことを知れる!
と思ってきてみたら、そーですかー、本ですかー。

興味深いので早速本屋さんにいってきます。
Commented by りか at 2006-01-14 20:22 x
どんな本なのか気になって検索してみました。
うーん、これは是非読んでみたい!
近所の図書館にあるみたいだし早速明日行ってみまーす。
Commented at 2006-01-14 21:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-01-14 23:58
☆oshareさんも大泣きしたのですね。原作までGETしてるなんて
凄いです。原作と比べて江國さんの翻訳はどうですか?
挿絵とっても素敵ですよね!!
oshareさんのベスト1,2が知りたいです~
Commented by GANBARUNEKO at 2006-01-15 00:00
☆美奈子さん、誤解を招いてしまいましたねー。
私自身の一生は人並みな感じに波乱万丈ですよ~
なーんてたいした事がない人生かなー。聞き手によりますね(^^ゞ
Commented by GANBARUNEKO at 2006-01-15 00:23
☆りかさん、良い本だったのでぜひ♪感想聞かせてくださいね。
それとメール少し待ってくださいねー
Commented by GANBARUNEKO at 2006-01-15 00:24
☆鍵さん、届きましたかー急いでつめたのでぐちゃぐちゃで
恥ずかしいですが気に入っていただけて良かったです。早めに
メールお返事しますね!
Commented by rei at 2006-01-15 10:37 x
「あたしの一生」はやっぱり涙なしでは読めませんよね。
ダルシーの飼い主を思いやる気持ちにもう涙涙です。
「猫語の教科書」もいいですよ。
これは、猫による猫のための人間の家をのっとる方法を書いたもの。笑えるし可愛いしお勧めです(^^)
Commented by GANBARUNEKO at 2006-01-15 23:22
☆reiさん、この本を教えて頂いたおかげでまた猫たちへの接し方や
なんかも変わりそうです、いい意味でも悪い意味でも。中でも
「沈黙」には一番笑え、やられたーって感じましたよ。
「猫語の教科書」タイトルからしておもしろそうですね。早速探して
みます♪ありがとうです☆
<< Natural Balance... 羽毛ハーフケット >>