今日の治療と食事~病理検査の結果
06年7月2日(日)

d0053201_23513085.jpg

午後の診察開始を狙って、病理検査の結果を聞きに行ってきた。
昨日ほどドキドキもせず。でも猫を連れて行かないのに待合室で待つのはなんとも
言えない複雑な気分・・・。

名前を呼ばれ、診察室へ。
「まぁ・・・肥満細胞腫でした。」との事。ですよね・・・だよね・・。

皮膚にできた肥満細胞腫の治療法としてはいろいろあるが
まず最初に考えられるのは切除。
ただ、この切除は基本的にマージン3cmを取らないといけない。
取れない場合は放射線治療したり、抗がん剤投与したり、はたまたステロイドを使ったり。

しおんの今後の治療と言うことで切除の話になったのだけれど
そのマージン3cm取るわけで、そうなると完全に切除しようとなると前足切断となる。
そんな恐ろしいことは私にはできない。それでも切ったら生きれる、切らないと余命無い
だったら話は別だけれど、そうでは無いわけで。
やっぱり主治医が調べた上でも猫の皮膚にできた肥満細胞腫はそうそう悪さしないらしい。
だからマージン3cm取れないにしても、切除してしまえば再発しない場合もあるらしい。
ただ今、皮膚にできただけで内臓にできたものの転移である可能性もあるわけだし。
あくまで、完治が望めるのは今できたのが最初の1個であって
マージンを取って切除できたら・・・って事だと私は解釈している。

そういう事を踏まえて考えると、もしも切除を選べば、細胞診してないおなかの1個
(多分ぜんぜん違うものだと思うけど)も、きっと一緒に取ることになると思う。
それにこのマージン、結局3cmって事は平面的に見ても、腫瘍が1cmなら直径7cmも
切除なわけで・・・。切除のことも本当に迷って考えたけれど、やっぱりやめる事にした。
前にも書いたように、漢方やなんかで免疫を上げて行こうと思う。

主治医にそのことも伝えた。たぶん主治医は切除した方が安心だと思っていたとは
思うけれど、私が漢方や免疫アップの健康食品等でサポートしていくことに
快く賛成してくれ、今は何も処置をしないことになった。
もちろん免疫アップの健康補助食品はいまや恐ろしい数があることや
ステロイドで小さくなったり消えたりしても結局は肥満細胞腫が消えた訳じゃないことなども
いろいろと話せた。もちろん、それでもステロイドは元々体に持っているものなので
ほかの薬なんかよりも臓器への負担が少ない事も話してくれた。
だから、今は「デキモノがある」ってだけでほかに困ることが無いけれど
これから先、なにか症状が出てきてた場合は対応してもらえるようにお願いした。
もちろん快く受けてくださってよかった。自分の治療方針と合わない場合、そういった対応を
嫌がる獣医さんもいるらしいから、ほんとほっとした。
そして帰り際にあんまり気にしすぎないようにね。って言ってもらえてさらに安心した。
なんというか、肥満細胞腫は消えてなくなってないけれど、消えてなくなったような
うーん、私の心の中にできちゃった肥満細胞腫は消滅したって感じかな。
改めてこの先生でよかったって思えた。
d0053201_23502848.jpg

ついでにトムの薬も貰うことになってたので、受付でお金を払ってると
「トムちゃんはどうですか?」って聞いてくれて。「トムはキャットタワーで大騒ぎするくらいに
元気だし、重みも出てきて安定してると思います。」と伝えた。
先生はキャットタワーの存在をあんまり知らなくて笑えた。
基準値の違いのことをまた聞いてみたのだけれど、たとえCreが1.5でも痩せてしまって
いたら状態は良くないとの事。やっぱり見た目、普段の様子が一番だって。
トムがもう3ヶ月半も輸液してない事も伝えたら、それが一番いいし、無理に血液検査を
する必要はないからって。私もそう思っていながらもやっぱり気になって今日もつれて
行こうかなって思ってたくらいだったから、きっと連れてきてたら「どうかしましたか?」って
言われていただろう(笑) トムは今日はキャットタワーの一番上についてるハウスの
上まで上ってた。いったいどうやって上ったのかわからないが、とっても元気だけれど
きっとまたACで「体調はどう?」って聞いてもらったら「まあまあ」って答えるんだろうな(笑)




治療
◆トム◆
 皮下輸液 なし
 飲み薬   23:05 血圧を下げる薬(エースワーカー錠)
 ネフガード 0粒
 CoQ10  適宜
 コモンジュニパー
◆しおん◆
 VC 350mg ×0
 ネフガード 0粒
 コモンジュニパー


食事
■トム■
 メディファス 高齢猫用
 ヒルズ サイエンスダイエットプロ シニア
 ◎キノコと野菜としこいわし煮+ダチョウ生肉
 (しいたけ、まいたけ、葉付セロリ、おかひじき、さやいんげん)
■しおん■
 メディファス 高齢猫用
 ヒルズ サイエンスダイエットプロ シニア
 ◎キノコと野菜としこいわし煮+ダチョウ生肉
 (しいたけ、まいたけ、葉付セロリ、おかひじき、さやいんげん)
■みーちゃん■
 メディファス 高齢猫用
 ヒルズ サイエンスダイエットプロ シニア
 ◎ダシを取ったあとのサカモトの煮干

今日の治療費
 内用薬    1,600円 エースワーカー20日分
 消費税       80円 
---------------------------
 計       1,680円


ウンチ情報:しおん、ミチロウ

ゲボ情報:ミチロウ(食べすぎ&毛玉Mix)

pH情報:-

※誤解されるような記述ですが、治療、食事ともにトムの分です。
他のしおんやみーちゃんに投薬等があった場合は、名前も記述します。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2006-07-02 21:50 | 【治療内容/治療費】 | Comments(24)
Commented by nekojiiya at 2006-07-03 01:02
結果聞くの、緊張しましたよね。ホントにお疲れ様でした。
現状維持で漢方…いいと思います。てか手術、即決できませんよ、普通。
デブたんの肝臓のできものは、肥満細胞腫とは言われなかったんですよね。癌か、体が大きくなるときにできた、細胞の残り…みたいな説明で、これが肥満細胞腫なのかしら…。今度聞いてみます。
漢方のこと、ちょうどいろいろと学んでいるときでよかったですね!
GANBERUNEKOさんなら、しおんちゃんなら、きっとうまく付き合っていけると思います。頑張れ〜。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-03 01:12
☆じいやさん、オンタイムでしたね(笑)
デブちゃんの肝臓のはもしも肥満細胞腫だったとしたら、もっともっと悪さしてると思いますよ。と言うか悪性だったらもっとなんかしら症状が出ているのでは?って思えるけれど・・・なんでもない邪魔にもならないものである事を願っています。
漢方のこと、最初はしおんの膀胱炎にって思ったのだけれど膀胱炎の原因がストルバイトだったから漢方は必要なくなったんだけど、なぜかすごく惹かれて。デキモノに気づいたのも勉強会の日だったしまるで導かれたようです。がんばって勉強するよ、ありがとうです♪

チャーってカタカナで書くとダサいね^_^;
つい2,3日前にテレビに出てたの見た?
混浴、叶った時のじいやさんを物陰から見てみたいー。
胸やあっちは隠すのだろうか?とか気になる(笑)
Commented by 白雪 at 2006-07-03 02:15 x
今日昼間きた時、まだ結果(?)待ちの様だったので、そのまま帰りました。で、また来てみたんですけど(笑)
どうだろ・・・。そんなに深刻な状況ではなかった!!・・・と思ってイイのですよね??
とりあえずヨカッタです。イイ方法かもしれないけど、前足切断とかは怖いですよね★
交通事故か何かでだったら仕方ないかもだし、そおしないと命が危ない☆彡だったらアレだけど。
トムさんを元気にしたGANBARUNEKOサンだから、きっと大丈夫です♪
Commented by myamo32 at 2006-07-03 03:34
なんて言ったらいいかわからなくて、結果が出るまではと書き込みを控えていたのですが…。
肥満細胞腫のことは勉強不足でよくわからないのですけど、そんなにマージンが必要なものだと知って驚きました。
いろいろ見たところ大多数の先生は切除を勧められるようですが、部位によってはそうできないこともありますよね。
漢方、NEKOさんが惹かれたからには何某かの理由があると思います。
どうかしおんくんに合いますように!
Commented by マホ at 2006-07-03 06:08 x
結果を聞くまでのあの恐怖…もう痛いほどにわかります。
あとでメールもしようと思っているんだけど
前の獣医は説明不足なうえに私のその頃は知識がなく
ネットで調べる事も出来ずでわからなかったんだけど
今思うとあーちゃんは肥満細胞腫の切除手術をしていました。
ただそれが実際そうだったのかも不明。

とにかく、漢方の事で話もあるしメールします。

GANBARUNEKOさん、検査結果聞きに行くの頑張ったね。
聞かずにすむ事ではないけれど怖かったでしょう。
お疲れ様。
Commented by nyanmyupurin at 2006-07-03 11:57
GANBARUNEKOさんの通われている病院の先生は、猫ちゃんだけでなく飼い主さんの気持ちも大切にしてくれる先生みたいで、読んでいると、なんか気持ちが救われるところがあります。
漢方との出会いも偶然では無かったのだろうし、また頑張ることが増えてしまったけど、愛するしおんくんのためにやらなきゃですよね。
GANBARUNEKOさんをサポートしてくれるお友達もいっぱいついているし、近くに住んでいる猫友さん達もいっぱいいるし、頑張ってくださいね。
トムちゃんが調子いいのは、これまた救われますね。
このタワー、トムちゃんの気分転換にすごくいい様子、画面から伝わってきますよ。
Commented by ボンゴレーノきんた at 2006-07-03 12:06 x
私のことを心配して下さってたその時に、
ganbarunekoさんはもっと大変だったんですね・・・。
なのに励ましの言葉をいただいて、ありがとうございました。

今回、私が実感したのは、
人の祈りや願いのパワーって、ほんとに届くんだなあ、ということです。
私の術後の痛みがものすごく軽かったのも、
留守番するキンタが元気を維持できたのも
きっとみんなが祈ってくれたり、レイキを送ってくれたりしたからなんじゃないかと思いました。

なので、私も微力だと思うけど、
しおんくんがその腫瘍に打ち勝てますようにお祈りしています。
Commented by rei at 2006-07-03 13:20 x
しおん君のいぼンヌちゃん、きっと漢方で暴れることなくおとなしくしていてくれると思います。
ganbarunekoさんが書いているとおり、あの漢方の先生に巡りあったのは何かの縁というか、導かれたものなのかもしれません。
漢方先生、腫瘍得意だもの。
しおん君にピッタリの処方が見つかるはず。
獣医の先生も良い先生だし、大丈夫!
しおん君は、いぼンヌなんかに負けません。
トムちゃんもミーちゃんもganbarunekoさんもついてるもの。
ファイトー!
Commented by こだま at 2006-07-03 22:04 x
代替療法に理解のある先生でよかったですね。
漢方先生と獣医さん、両方の先生がしっかりしおんくんとganbarunekoさんをサポートしてくれるから、きっといぼンヌちゃんは手も足も出せずに大人しくしててくれると思います。
しおんくんにベストな選択ができるように私も微力ながら応援しています。
Commented by megmeg at 2006-07-03 22:33 x
GANBARUNEKOさんの
「心の中にできちゃった肥満細胞腫は消滅したって感じ」
この言葉に何よりホッとしました。

ここ数日・・・いっぱい悩んで、いっぱい勉強して、いっぱい頑張ったであろうGANBARUNEKOさん。
しおんくんへの愛が、希望を見つけてくれた気がしました。

何にも力にはなれないけど、
しおん君・トムちゃん・みーちゃんの元気を祈ってます。
Commented by kei_shimada at 2006-07-04 02:58
腫瘍は治療方針の決断が迷いますよね。
転移というものがあるために、『これをこうしたら直ります』と絶対言い切れるわけではないところが……。
うちのかりんの時も、GANBARUNEKOさんの先生と同じく治療法の種類・今後の可能性等色々説明された上で、飼主さん自身が決断して下さいと言われました。

先生の説明を聞きながら、頭の中で状況・可能性を検討してぐるぐるしつつ、「どうされますか?」という先生の問いに答えを出して……。頭の中フル稼働ですよね。お疲れ様でした。
しおんくんが良い方向に向かいますように。
Commented by oshare40 at 2006-07-04 11:53
ganbarunekoさん、bright sideで考えたら、よい方向なのですね。だって、足を切断しなかったら、余命わずかですよって結果で、足をなくした猫ちゃん、結構いますもん。その場合、飼い主にとっては、決断は簡単だけど、猫ちゃんにとっては、果たしていい検査結果なのかどうか・・・
最悪、そうなっても、私の猫友の3本足の猫ちゃんは、もう何年も普通に幸福そうに生きてますよん。だから、もしそういう決断することになっても、大丈夫だからね。
人も猫も病気の結果なんて、個体差ですよね。同じ治療しても、治る子もいれば、全然効果がない子もいます。うちの腫瘍専門医の先生は、いつもそういいますし、代替医療の先生も、絶対効く子も絶対効かない子もいないって言ってます。だから、ぼちぼち、がんばりすぎないように、のんびりね。ganbarunekoさん、ご自分の体も大切に。
Commented by sou-shun at 2006-07-04 12:02
ganbarunekoさん、本当に偉いなと思います。
しおんくんも、きっと一緒に頑張ってくれると思います。
みーちゃんやトムちゃんも、喜んで協力してくれるはず。

ネコちゃんたちのこと、気学的な方向で協力できないかな?
大体のお誕生月が分かっているようなので、ネコちゃんにも当てはめて、病気を良い方向に持っていくことは出来ると思うんです。
もし、良かったらメールさせてください。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 15:48
☆白雪さん、何度も見てくださってありがとうございます。
猫の肥満細胞腫ってもしかしたら実際のところ犬ほどわかってないのかも知れません。と言うか悪さもあまりしないから、気づかないままイボができたって位で放置してることが多いのかも?と思います。しおんの場合も肥満細胞腫自体のグレードで言うと一番悪さしないものらしいので、今すぐどうこうって事ではないと思います。(猫の場合はグレード分けしないって書いてるところもありましたが)あとは毎日免疫アップでしおんに自力で悪い細胞を打ちのめしてもらおうと思っています。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 15:50
☆myamo32さん、ご心配おかけしてすみません。私もこれほどマージンが必要だと知ったのは、みーちゃんの耳のポツを検査してもらったときでした。でも猫の場合はそこまでマージンとらなくても良いって説もあるみたいで、私もよくわかってません。犬の場合だと悪さする場合が少なくないらしく、きっちりマージン取らないといけないみたいですが。漢方と免疫療法、両面からサポートできたらいいなって思っています。本当にご心配戴いてありがとうです。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 16:05
☆マホさん、メールありがとうです。本当に嬉しかったです。
あーちゃんやゆうちゃんのことも、ぜんぜん知らなかったからいろいろあるんだなってびっくりしました。うちは去年取ったしおんの脂肪腫をなんかあったときのため、ってことでホルマリン漬けでもらってあるのだけれど、いまさらそれを病理検査する気にもなれないから、実際はあーちゃんがどうだったか、って言うのも肥満細胞腫由来の何かが起こらなかったら不明でも気にならなかったかもですね。ただ今書いていてふと思ったのが肥満細胞腫って脾臓にできる場合も多いらしいんだ、あーちゃんって脾臓が肥大してたりしたんだよね?多分腫れるのと、腫瘍は違うと思うけれど・・・。勝手な解釈のようなことを書いてしまって気分を悪くしちゃったらごめんね。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 16:11
☆NMPさん、そうなんです。特にトムのことで長い付き合いになりつつあるから、余計に配慮してくれるので救われています。そして本当にトムが調子が良いのがとっても助かります。これでトムも毎日多くの投薬したり、食べさせることに苦労していたとしたら、実際しおんに何かケアすることがないにしても頭がパンク状態だったろうなって思います。実際去年の今頃はしおんの脂肪腫を取ったあとのケアとトムのケアでグルグルでしたから^_^;そして本当にたくさんの方たちに支えられていて、私も猫たちも幸せです。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 16:15
☆ボンゴレーノきんたさん、お体は大丈夫ですか?こんなときにご心配戴いてこちらこそありがとうございます♪
>今回、私が実感したのは、
>人の祈りや願いのパワーって、ほんとに届くんだなあ、ということです。
本当にそうですよね。心から願うことは必ず届くんですよね。
術後の痛みも少なくてよかったです。そしてキンタちゃんが元気で待っていてくれて本当に良かったです。1日留守にするのだって不安ですもの。
ボンゴレーノきんたさんの祈りもしっかりしおんに届いてるはずです。本当にありがとうございます!
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 16:25
☆reiさん、ありがとうです~!
あの勉強会でがんの話を聞いたことや、精神的な話、そしてその日にデキモノに気づいたことや、トムが好調なのに免疫学の勉強をしてたこと、諸々がつながって驚いています。何を学べと言われてるのかまだわからないけど、手探り状態ではあるけれどもがんばります!
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 17:57
☆こだまさん、ありがとうです。本当に今の獣医さんには助けられて
ます。そして今後は漢方先生にも助けてもらって、がんばりますね!
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 18:01
☆megmegさん、ありがとうです。
私が短期間で気持ちを切り替えられたのもこれも、多くの方々が
さまざまな病気の猫たちと前向きにがんばってるのを知っているから
こそですね。また違った形で他の方ががんばれるきっかけになれる
ように、私もがんばります!
本当にいつもありがとうです♪
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 18:05
☆keiさん、keiさんもかりんちゃんの時にすっごく悩んだのだろうなって改めて感じました。私は一度みーちゃんの耳の時にグルグルしていたし、いろいろ調べたりしていたのも、今回決断を早くできたんだって思います。かりんちゃんはもうすっかり今は元気だし、本当に良かったって思います。私も前向きにがんばりますね。本当にありがとうです♪
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 18:21
☆oshareさん、そうですね、良い方向だと思います。なってしまったものは仕方ないけれど、その中で光が指す方向を見て行きたいって思っています。本当に人だって猫だって同じ病気だって治療法が合う合わないもあるし、10人10色、10猫10色だと思います。その時々で悩みながらもベストを尽くせたらって思います。それとメルマガの件、気になさらないでくださいね。逆にありがたかったです♪メルマガは知らなかったのだけれど、管理人さんのサイトは見ていましたので♪
Commented by GANBARUNEKO at 2006-07-04 18:26
☆宗春さん、いつもありがとうです。
全然えらくなんてないですよ。きっと誰しもが大切な命に何かあれば
形は違えど同じように動かされてしまうんだって思います。

>ネコちゃんたちのこと、気学的な方向で協力できないかな?
ひゃー、そんな事可能なんですか?
実際に移動させたりとかできないかもなんだけれど・・そういう問題では無いのかしら?
まだ気学のことがちゃんとわかってなくて^_^;
<< 今日の治療と食事~しおん1人でお散歩 今日の治療と食事~結果を聞くのは怖い >>