このブログを作ったわけ
私は猫たちと暮らしていますが
そのうちの一匹のトムが尿毒症になってしまいました。
なんでもっと早く病院に連れていかなかったんだろう?
なんでもっといっぱい構ってあげなかったんだろう?
なんで?
なんでなんでなんで・・・・
昨日(05/05/18)の朝に病気がわかり
そのまま治療のため、入院しただけなのに
もうトムがいなくなってしまったかのように
自分を責め、ずっと泣いてばかりでした。
でもいろんなサイトで、同じ病気を持った猫たちと
しっかりと前を向き、病気と付き合っていってることを知り
とても励みになったし、病気について知ることもできました。

家族のひとりが病気になったのと同じ。
そんな状態ながら、サイト公開してるってすごいなって。
治療内容、病状、いろいろと知りたい事があります。
その上、とても現実的な問題なのですが
動物は人間と違い、健康保険がないため
どのくらいの費用を要するかも大きなことだと思います。
そんなことから私が他のサイトで感じたように
少しでも同じ飼い主さんにとっても、自分自身にとっても
励みになるなら、そう思いこのブログをはじめることにしました。

泣いてたって病気は治らない。
明るく元気に、みんなでトムの病気と付き合っていくつもりです♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2005-05-19 17:30 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(4)
Commented by NOriring at 2006-01-31 18:37 x
こんにちは。「お手てつなご」ではありがとうございました。
どんなに心強く思ったことか。

うちと状況が似ているのと、トムちゃんの見た目がプーの母親にそっくりなので(つまりトムちゃんの顔はプーの顔にも似ている)参考にさせていただきます。
今のうちの状況はGANBARUNEKOさんちの2005年5月末ぐらいと同じです。
Commented by GANBARUNEKO at 2006-02-01 01:28
☆NOriringさん、いらっしゃいませ♪
お手手の掲示板では、全然本題とそれてしまってすみませんm(__)m
けれど本当に状況が似ていたので書かずにはいられませんでした。
少しずつ状況に慣れていけたらいいな、って思います。
ここでもよければいつでも愚痴ってくださいね。私も過去何度も
ぶつぶつ泣き言いってたくさんの人に励ましてもらってました(^^ゞ

トムがプーちゃんのお母さんに似ているんですか?サビ猫ちゃんなのかしら?ぜひプーちゃんのお顔を見たいです。

NOriringさんのコメントを見て改めて自分で過去のポストを見てみました。今では嘘のように落ち着いたし、あの時はほんっとジタバタしてあたふたしてオロオロしてたなーって再度実感して思い出しました。応援しているのでがんばってくださいね。
Commented by NOriring at 2006-02-01 22:39 x
猫達の写真をアップロードしてみました。
茶色っぽい方がプーで、黒っぽい方がコダマです。
プーの母親はサビ猫でした。
コダマはプーの叔母さんにあたります。

今ではガリガリに痩せちゃって(2kgありません)、食べる量も少ないけれど、なんだか回復している気がします。
量は少しずつですが、今夜はキドニーケアのドロドロにしたものを12mL、鶏レバーをドロドロにしたもの、冷凍エビをゆでてちぎったものを少し、鶏スープに卵の黄身を溶かしたものを少し飲み、納豆を5粒ぐらい食べました。
私はインスタントラーメンを食べました(笑)。
今日は入院以来聞いたことのなかったプーの声が聞けました。
相変わらずトイレ砂を少し食っちまうけど、ケージにも慣れてきたようで安心しています。
週末に、獣医に貧血かもしれない相談と、輸液に行こうと思っています。
トムちゃんの回復力は凄かったんですねぇ・・・順番に読んでいくとわくわくします。
Commented by Ganbaruneko at 2006-02-03 14:08
☆NOriringさん、拝見しましたーとってもかわいいですね♪
プーちゃんもコダマちゃんも毛色が魅力的ですね。お母さん猫が
トムに似ているっていうのがわかった気がしますよ。

プーちゃんも痩せてしまったんですね。トムも最初は1.85kgまで
落ちてしまいましたが、今ではかなり戻りましたし、プーちゃんも
回復している様子ですしおいしいものを食べさせてもらっているよう
ですしきっと戻ってくれると思います。獣医さんとしっかり今後の
治療方法を話し合えるといいですね。プーちゃんも食べるように
なって声も出すようになったってことは治すって気力が戻ってきて
くれたんだと思いますし、輸液もお家でできるようになるとプーちゃん
もNOriringさんも色々な面で楽になると思うので相談されては如何
かな?とおもいます。頑張ってくださいね☆
<< 最初の激ヤセ トムの最初の変化 >>