トムの気持ち ~ 2007年9月中旬編 ~

ほぼ1年ぶりですが、トムとお話していただきました。
今回は載せるか載せないか、とても迷いましたが
悩んだ結果、思うところがあって載せることにしました。
(お話していただいたのは、1ヶ月ほど前です)


まずは質問と補足説明は・・・
【トムが私に話してくれる事を上手に受け取るにはどうしたらいいと思う?】
 アニマルコミュニケーションを知ってから、自分なりに地味に練習を
 続けていて、感覚としてはわかるんだけどもっともっと具体的に
 受け取れたらと思い、こんな質問してみました。

【最近生肉やカリカリをあんまり食べないけど、食欲がないの?気持ち悪いの?】
 一番最近の検査結果の記事でも書いたように
 気のせいかも知れないけど時々足元がふらついているように見えたり
 食欲が少し落ちていたり、排便のリズムも以前に比べると良くないので
 今現在の体の状態、違和感があったりしないか
 だるかったりしないか、食欲がなかったり、もしくは食べたいものが
 出てこないだけなのか、が知りたくて質問しました。

【雑誌の取材を受けてよかったかどうか?】
 これも記事として載せましたが、猫雑誌の取材の申込みがありました。
 即座にトムには相談して、快く受けると言ってくれたように感じたので
 取材を受けたのですが、トムの腎不全の話がメインだったのと
 トム本人の前で、おおっぴらに病気について話したことが無かったので
 もしも何かショックだったりするかな?と思い質問してみました。
 取材に関しては私の受けた感じでは、張り切ってたな、と言う状態では
 あったのですが。

以下、コミュニケートしていただいた結果です。
【】内は質問内容、()内はコミュニケータさんの言葉、それ以外がトムの言葉です。


--------------------

【トムが私に話してくれる事を上手に受け取るにはどうしたらいいと思う?】

Ganbarunekoはまっすぐ目をみて話してくれる。
(ストレートにGanbarunekoの気持ちなどが伝わっている感じです)

(今まで以上にうまく受け取るにはどうしたらいいと思う?と聞きましたら)
難しいと思う。Ganbarunekoはいろいろなことを考えすぎている。
(いろんな思考がトムちゃんからのメッセージを邪魔しているイメージです)
直感を信じて。
(個人的に直感を養うワークをやっていまして、それを
Ganbarunekoにも言おうかな、と言ったんですが)
それはダメ。それはあなたのワークでGanbarunekoはまた違う。
(と強く反対されてしまいました)
でもわたしと話そうとしてくれるのはとてもうれしい。うれしすぎて涙が出るほど。
わたしたち(猫たち)にとって何よりうれしいのはわたしたちの気持ちをわかろうとしてくれること。
同じラインに立ち先入観もなくまっしろなところでお互い向き合えば言葉はなくとも
気持ちは通じ合える。
(トムちゃんはGanbarunekoのことが大好きなんだね、と言いましたら)
うん。
(またゴロゴロ喉を鳴らしていました)



【最近生肉やカリカリをあんまり食べないけど、食欲がないの?気持ち悪いの?】
体調はすこしおなかが気持ち悪いときがある。
時々だけど。
(おなかに少し影が見えましたのでトムちゃんの了解を得てヒーリングしました)
(吐き気もあったようですが)最近はまし。
(この暑さと湿気、クーラーかな…そういう気温の変化でちょっと疲れが出ていた感じもします)
だるかったりもした。でも最近はまし。
最近はご飯もおいしい。
たくさんは食べたいとか思わないけど。


【雑誌の取材を受けてよかったかどうか?】
取材、うけたんだって?と聞きましたら
(すごく得意げな感じです)
わたしが一番(えらかったという認識です)
Ganbarunekoが取材を受けることはなしてくれた。
(トムちゃんが一番に、という感じで。取材を受ける目的も取材のことを話したのも
トムちゃんが1番だったのでしょうか)
(取材中は)わたしはずっとそこでふたりの話を聞いて時々うんうん、という感じで
うなずいて聞いていた。
(すごく得意げ。取材をしたひとに見られている感じです。
女王といった感じで自分が中心という感じがしました)
(取材中、Ganbarunekoのトムちゃんに対する話はどうだった?と聞きましたら)
Ganbarunekoは(病気のことなど)よく調べてるから。
(Ganbarunekoのことを自慢している感じです)
(Ganbarunekoのこと、大好きなんだね、と言いましたら)
うん、大好き。わたしは病気だけどGanbarunekoのために(役に立っているかと思うと)
なっているかと思うとうれしい。わたしが病気じゃなかったら取材も受けなかったわけだし。
(と言われましたので、じゃあ病気にもありがとうだね、と言いましたら)
うん
(とゴロゴロ喉をならすイメージが伝わってきました)
(トムちゃんはGanbarunekoがいろいろな知識を学ぶのはとてもよいことだと
思っているようです)
(取材後はえらかったね、ってほめてもらったのでしょうか、それもまたうれしかったようです。
トムちゃんが光り輝いているように見えました^^)
取材中、ほんとは眠たくなったんだけど(難しい話をしてるから)でもがんばって参加してた。
病気は病気だから(病気のことを)言われるのは平気。
これ以上悪くならないようにGanbarunekoとふたりでがんばっているし。
(Ganbarunekoみたいないいひとがママでよかったね、と言いましたら)
うん!
(またゴロゴロ喉をならすイメージが伝わってきました。もうこれ以上ないっていうぐらい
得意げな様子でした)。


Ganbarunekoに何かメッセージはある?と聞きましたら
自分を信じて。
わたしは待ってる。
(どうもさっきから哲学っぽいことを言っているのでそう言いましたら照れたように
笑っているイメージが伝わってきました)
Ganbarunekoはもう受け取っている。いろいろなメッセージを。
でもそれに気がついていないだけ。
枠にはまりすぎている。
自分の枠を取り払ってもっと自由に。
Ganbarunekoにならできる(と、ゴロゴロ喉をならしていました)。

あと、これは何についてのことなのか意味がわからなかったのですが、
あまり心配しないで。
心配はわたしたちにうつる。そして不安になる。
心配にならなくても大丈夫。
みんな一緒だから。
みんな一緒に乗り越えていける。
と言っていました。



--------------------




>難しいと思う。Ganbarunekoはいろいろなことを考えすぎている。
>(いろんな思考がトムちゃんからのメッセージを邪魔しているイメージです)
これはほんとびっくり。
私は映画やテレビ、本を見ていても、人と話す時でも
自分でも自分の思考回路はどうなってんのかしら?
と言うくらいにグルグルと多くの考えが一度に駆け巡ります。
だからトムとお話するときも、色んな思考が駆け巡っていて
それが邪魔だわ、って思っていました。
トムにはそんな私の思考状態まで伝わってるなんてびっくり。
ワーク(勉強方法)に関しても、今は日本でも多くのコミュニケータさんが
やっていたりするのに、どうしても人のが私に通用するとは思えずにいたので
分かり合えてる気がして嬉しかったです。

私が猫たちと話そうとしてくれる事を、とても喜んでもらえていて嬉しいし
>同じラインに立ち先入観もなくまっしろなところでお互い向き合えば言葉はなくとも気持ちは通じ合える。
こういう考えも私と同じだったので、トムにこう言ってもらえて本当に嬉しかったです。

待っていてくれる、できると言ってくれたし、アドバイス通り
枠を取り去る努力をしようと思いました。


体調については、やっぱりすっきりしてなかったんだな、と思いました。
軟便もしていたりしたので、お腹の調子も良くなかったのも事実ですし。
後でまたコミュニケータさんに確認したのですが
足がふらつく感じは感じられず、腎臓から来る具合の悪さと言うものではなく
やはり夏バテのようなものだと教えて頂き、安心しました。


取材に関しては、やっぱり相当張り切っていてくれたのね!と感激でした。
取材以来のメールを見たとき、嬉しかった反面、正直戸惑いました。
でも即座に隣にいたトムに相談して決めよう!と思い、話たのですが
意思の疎通が出来ていたようで、安心しました。
おまけに光り輝いているように見えた!なんて本当に嬉しいです。

うんうん、と聞いていた、と言う感じも納得です。
いつもいない場所に陣取って、自分が取材されてるというのが
しっかりわかっていたように思えるし、実際に一緒の写真を撮りたいという
話の少し後に、急に膝に乗ってきたりしていましたし。
笑えたのは、これも前に記事書いたけど、やっぱり眠かったんだねー、って事。
一生懸命に役割を果たそうとしていたのでしょうね、キュンとなります。
取材後も当然のことながら、トムだけじゃなくしおんもみーちゃんも
いっぱいいっぱい褒めました。
それもとても嬉しかったと聞いて、私もテンションあがります。
そして何より嬉しいのは、病気に関して初めからとても前向きでしたが
普段の行動どおり、今もその気持ちは変わらずいてくれてることです。

そして最後に、私の心配事がなんなのか私自身もピンとは来ないのですが
「一緒に乗り越えて行ける」と言う言葉通り、前向きにみんなで
生きて行こうと思いました。

あ、最後に。
文中にあった、ママですが
私はママって言う意識は皆無ですのであしからず。
[PR]
by Ganbaruneko | 2007-10-04 23:58 | 【アニマルコミュニケーション】 | Comments(4)
Commented by nahneko at 2007-10-05 23:32
何だか、とってもステキな関係ですね
いつもいつもそう思っていたけども、トムちゃんとがんばるさんの関係は、飼い主とペットでも、親友でも親子でも姉妹でも無くて、
でもそのどの関係の良いところを持ってる気がして
ものすごく良いなぁ~~
そしてがんばるさんとコミュニケーターさん、コミュニケーターさんとトムちゃんの間にしっかりとした信頼があるのもよくわかります
やっぱり、日々話しかけることは大事だし、あまり心配なことや悪い事を言うのも良くないし・・・
ただご飯食べて寝てるだけではないんですもんね
生命って感じがしました 眠かったのに頑張って取材を受けてたトムちゃん
とても偉かったですね!
なんだか読んでてジ~~ンとしてしまいました
これだけの関係、私はチョコやカリンと築けているかしら?と考えたらまだまだ・・・自信が持てないのが情けないです
Commented by nyanmyupurin at 2007-10-06 15:37
ああ、やっぱりトムちゃんだなって。いかにもトムちゃんらしいなって今回の結果でも思いました。
取材中のトムちゃん、その場に私が居たわけではないけれど、女王様のようになっている姿が私にも想像ができました。やっぱり~って、このACの結果読んで思いました(^m^)。
トムちゃんは、前向きだし、向上心の塊みたいな猫ちゃんで、Ganbarunekoさんの魂の向上のために存在している生命体って感じを受けます。
対等な関係というより、トムちゃんの方が実は上の方に位置があって、いつもGanbarunekoさんを導こうとしている感じ。
次に起こるであろう問題やGanbarunekoさんの悩みも、トムちゃんには既に分かってしまっているみたいにも見えますね。
トムちゃんの頑張りは、Ganbarunekoさんの頑張る素ですね(*^_^*)。
Commented by Ganbaruneko at 2007-10-07 00:37
☆なーネコさん、そういって頂けて嬉しいです。
トムちんは昔から特に勘が鋭いというか、なんだか敏感な子で
腎不全になり、わたしとの距離が縮まったところで
アニマルコミュニケーションをしてもらったので、余計にその敏感さが
増した気がします。
>ただご飯食べて寝てるだけではないんですもんね
ほんとそうなんですよね。ちゃーんと生きてるし考えてるし感じてるし
人間となんら変わらないって思います。
眠たいのを我慢していたのは、ほんと可愛かったです。
日ごろ、しおんやみーちゃんはネムネムの顔をしてお迎えにきたり
夜中に起きてきたりするのに、トムは全然ないんです。
でもこの時はウツラウツラとしちゃってたんですよ^^

ウチの猫たちがチョコちゃんたちくらいの時はどうだったかなぁ?
今ほど仲良しじゃなかったとは思います。
ゆっくりじっくり、なーネコさんたちの形、唯一の形で築いていけたら
いいですね!私も引き続きがんばりまーす(*^^)v
Commented by Ganbaruneko at 2007-10-07 01:30
☆nmpさん、トムだなって感じました?
この日のトムはいつもいない場所(と言っても私のベッドの上での
位置なんですけど)にいて、参加している感が強かったんです。
いつもお客さんが来るときは、しおんがホスト役を勤めてくれるんですが
しおんも今日は僕じゃないよね?って感じで寝ていたし。
3ニャン揃ってわかっていたのだと思います。
しおんもそうですが、トムの言う事は、私が考えていることや
言ってることとかぶってる事が多かったりして、あれれ?考えを
全て読まれてる?って感じました。なのでコミュニケータさんに
聞いてみたら、それは無いって言われちゃいました。
でも私が日ごろ強く思っている事は伝わるんだそうです。
だからどこのうちでも採尿した日に限って出来ないんでしょうね(笑)
<< 今日の治療と食事~アニマルコミ... 今日の治療と食事~入浴後 >>