今日の治療と食事~しおん、ぶらりぶらりと病院まで
07年10月30日(火)


d0053201_23135277.jpg
決してハロウィンの仮装じゃありません


朝しおんのゲボ音で飛び起きた。
寝起きだったので、確定はできないけど
雰囲気と言うか状況からは
また突然ゲボった様子。
これはもう病院へ行くことに。
誕生日健診もタイミング逃したままだたし
歯肉炎も診てもらいたかったので
ちょうどいいかな、と。

d0053201_2313599.jpg
診察待ちのしおんです
お外を見ています


とは言え、先日のアニマルコミュニケーション
病院は嫌だな、ぎゅっとしないといいけど。
なんて言ってたしおんなので
病院へ行くこと、しかも採血するには多少ぎゅっとすることを
伝えてからでなければ行けません。
なので、ペラペラ~っと話して抱っこすると
すんなり抱かれたので、そのまま玄関へ。
が、靴を履いていると、やっぱり嫌だぁぁぁ~
と逃げました(>_<)

そこで、しおんの意思に任せようと思い
私はだまーって玄関で待つことに。
するとすぐにやってきました。
が、やっぱりダメだ、と走り去りました。
普段から散歩に行こうとしても
気分じゃないときは逃げます。
完全に行かない!とベッドへ逃げたり
タワーに登ったり。
でも今日は考えてる様子で
人間用ベッドにも猫用ベッドにも
タワーにも行かず、じーっとしてました。
なのでまた引き続き待ちました。
今度は多少説得を加えつつ。
まるでネゴシエーターのようです。


d0053201_2314767.jpg
人が来たのでストールをかぶされながらも
お外をキョロキョロしています


そしたらどうでしょう。
多少文句もあるのでしょう。
ブツブツウニャウニャいいながらも
玄関まで来ました。
とってもいい子ちゃん、いとおしいです。

そんなしおんを抱っこしてテクテクテク。
最近私の体力が落ちたらしくて
重いこと、重いこと。

平日ではあるものの、混んでたら嫌だなぁと
思ったけれども、誰もおらず
途中で手首を傷めたという猫さんの
お迎えに来たおじさんがやってきただけ。


d0053201_23141516.jpg
診察が終わりました
あとは結果を聞いて帰るばかりです


なのですぐに呼ばれましたが
しおんは、うなりだしました。
きっと病院に来た事を後悔したんでしょう。
でも口を見せるのはとても嫌がっていたし

 「ぼくがクチを開けてる時にクチの中を見られるのはいいんだけど」

なんて言ってたしおんなので
何度か開ける練習をさせてみたんですが
当然あけるわけはなく。
が、なんとびっくりしたことに
いつもは嫌がってなかなか見せないのに
怒ってるわりにはすんなり口を開けて見せてくれて。
怒っていても爪を出したり、噛んだりはしないので
ほんとにほんとにおりこうちゃん。


d0053201_23142289.jpg
すっかりリラックスしちゃってます


主治医の先生にも、しおんが言ってたことを
伝えたり、ぎゅっと抑えられるのが嫌だって話しながら
だったので、採血も色々思案してくださいました。
いつもは左後ろ足からなのだけど
寝せられた上に押さえられるのが嫌なので凄く抵抗しました。

それにいつも保定してくれるかわいい看護士さんが
お休みだったのか居なくて、代わりに女医さんだったので
いつもはしないカラーも用意されました。
カラー自体そんなに嫌がらないので
私がつけて、向きを変えるのも私がやりましたが
そこまではスムーズに行きました。

が、後ろ足は無理なので首はどうか?と提案したものの
顔を動かされると危ないし、しおんも嫌だったみたいなので
右腕にしましょう、とのことで変更しました。
が、位置的に肥満細胞腫がある側の腕だったので
これまた至難。でも女医さんが上手に保定してくださり
しおんを凄く褒めてくれたら、途端におとなしくなり
手を引き抜くことなく、おりこうに採血終了。
女医さんってば、私以上にすっごーく褒めてくれたし
しおんみたいな大きなコは獣医さんの方が
怖がってしまうこともあるんだけど
なるべく怖がらないように怖がらないようにと
してくださって、一瞬だけ「取りやめ、鎮静剤」って
ワードが頭に浮かんだだけにありがたかった。
主治医と女医さんの見事な連携プレーでした^^


d0053201_23142974.jpg
ガラス張りなのでウチの猫たちには楽しいみたい


肥満細胞腫も問題ないとの事だったし
歯肉炎も酷いわけじゃないけど、治すならば
しおんの場合はやっぱり歯石除去しないといけないそう。
それと肝心のゲボの方は、きっちり診断するには
内視鏡を使ったりしないといけないとの事だった。
私もそこまでする気はないけれど
ここ最近続いているという事を話すと
考えられることとして

 ・胃腸の働きが落ちてるかも知れない
 ・(しおんの場合は)毛玉を上手に吐き出せないため溜まっている

なのでプリンペラン、またはラキサトーンなどを飲ませてみて
状況が改善されるか、様子を見るのはどうか?
との事でした。
どっちも薬か、と思ったので、も少し様子を見てから、と
一度は断ったのだけど、またゲボしたらすぐ飲ませたくなるかも?
と思い、プリンペランを処方してもらうことに。

もちろん上の2つ以外にも
腫瘍が出来た、とか考えられる事はあるそうなのだけど
ひとまずはこれで様子見です。
ってか、ほんといつも腫瘍って単語を出す先生だわ^^;


d0053201_23153693.jpg


トムちんですが、おかげさまで今日も大丈夫です。
今日病院でも聞いてみたのですが
瞳孔はやはり自律神経が関連しているものだし
片眼だと脳の病気だったり、色々と考えれらるけど
両眼だし、ずっと続くものでなければ大丈夫だとのことでした。

なーネコさんとこのチョコちゃんが
頻尿で踏ん張っていたときも同じことがあったようなので
踏ん張ることで一時的にバランスが崩れるのか
なんなのか、理由ははっきりしないけど
ありえる事なのかも知れません。
特にウンチで踏ん張ったと、ゲボでも力を使うわけだし。
とにかくまた同じ状況になったときには
注意してみてみようと思いました。
色々調べてくださったり、ご心配頂いてありがとうございました。


d0053201_2316475.jpg


そうそう、受付してすぐに女医さんが
雑誌の事を褒めてくださり嬉しかったです。
先生たちが想像していたよりも
大きく掲載されていたのでびっくりされてましたが
写真を褒めてもらえたのが何より嬉しかったです^^

検査結果等は、後ほど記載します。




治療
◆トム◆
 ウルトラ ポタシウム × 適量(猫缶に混ぜて)
 クリーンハーブ #2カプセル × 2
◆しおん◆
 プリンペラン 1/2錠 × 1

食事
■トム■
 イノーバキャットRF
 金缶 かつお
 MiawMiaw フレークタイプ しらす節入り まぐろの白身100%
 ○水郷とり端肉(生)
■しおん■
 イノーバキャットRF
 金缶 かつお
 MiawMiaw フレークタイプ しらす節入り まぐろの白身100%
 ○水郷とり端肉(生)
■ミチロウ■
 イノーバキャットRF
 金缶 かつお
 MiawMiaw フレークタイプ しらす節入り まぐろの白身100%


今日の治療費
 診察料      700円  
 血液検査   4,000円 血球計算等7種+生化学6種
 内用薬      600円 プリンペラン 4日分(1日3回)
 消費税      265円 
---------------------------
 計       5,565円


ウンチ情報:みーちゃん

ゲボ情報:しおん、みーちゃん

pH情報:-

呼吸数(回/15秒):-

その他:なし

※誤解されるような記述ですが、治療、食事ともにトムの分です。
他のしおんやみーちゃんに投薬等があった場合は、名前も記述します。。
[PR]
by Ganbaruneko | 2007-10-30 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(19)
Commented by マホ at 2007-10-31 08:44 x
しー君、病院お疲れ様でした。
お利口にしていたね。

この時季、結構体調崩している子多いのかな。
多頭飼いだと本当に「続くなー」って思うこともあるよね。
うちは将也がずっと調子ワル状態だし今は勘弁って思う^^;

腫瘍・・
私が最初に行ってた病院は腫瘍ではなく「悪性の腫瘍」という
言い方をする病院で何度もびびらされた。
あーちゃんも2回言われたかな。口の時と背中にデキモノが
出来た時。

そして、瞳孔のこと。
今は「北斗は脳の病気だったかも」って思う。
顔面片側が全部麻痺したことからもそうかなーって。

しーくんもトムちんも早く元に戻りますように。
Commented by akikochocochoco at 2007-10-31 15:26 x
Ganbarunekoさんへ
しおんちゃん、病院の待合室で大人しくお膝の上にいるんですか?
すごいな。
しおんちゃんってとっても聞き分けが良くていい子ですね。
私は診察室でもちょこをキャリーの中に入れっぱなしでした。
患者さんに犬が多い病院だったので。
そこの病院はある理由でやめて、
新しい病院に10月初めに健康診断に行きました。
採血って大変ですよね。
ちょこも3月に初めて血を採りましたが、
中々採れずちょこを押さえている私がつらかったです。
もう二度と嫌です。採血は嫌です・・・
頑張る猫さんの記事を読んでいると、
今のところちょこは健康に問題がなくて本当に幸せです。
ちょこには「病気になっても自分で治してねえ〜。自分で自然治癒するよう頑張ってねえ〜」と言っています。
獣医さん、わたしが怖いんだもん。
ところでアニマルコミュニケーションってなんでしょう?
カテゴリから過去の記事を探っていってもややわからず。
時間のある時でけっこうですので、教えてくださいね。
ちょこのお姉ちゃんでした。
Commented by ガラピニャダーコ at 2007-10-31 16:31 x
キョロキョロしーくん、超カワイイ!!
思わず文章読む前に、全部の写真を舐め回すように見ちゃったわっ。
病院、お疲れさま。
ネゴシエーターに説得されて、
ウニャウニャ言いながらも協力してくれたのね。
ほーんとイイコのおりこうちゃん♪
主治医の先生もいろいろ考えてくれたのね!
嬉しいね。ありがたいね。

トムちんのメメたんも落ち着いてくれてるんだね。
ヨカッター。土曜に病院行くから、聞いてみるね。
Commented by 猫ピカイア at 2007-10-31 19:14 x
よかったね~
言うこと聞いてくれて、なんでも良く話すって必要ですね。

うちの獣医さんは、いつも腕から採血します。
足からも採血が出来るんですね。
色々、勉強になります。

ビタミンB群は神経のビタミンとも言われるから
忘れずにね。

吐き気が酷い時は、食欲がない時
昆布水などゆっくり少しづつ
回数多く飲ませて、体のミネラルを補って
あげて下さいね。
下痢も同じようにね。

尿毒症だと大変になるので、獣医さんに
いつも、「これって、尿毒症?」って聞いてね。

去年の今頃、うちの猫も1日3回吐いて
食欲不振になったから、秋って気をつける時期ですね。

そうそう、雑誌を教えてもらいたいから
mixiメールしますね。
よろしく・・・

Commented by まーにゃ at 2007-10-31 20:01 x
こんばんは、通院お疲れ様でした!!
とりあえず、診ていただくと安心することもありますよねっ
トムちんも大丈夫そうでっ^^
うちはというと、な・なんと
こないだエーちゃんの左目の下(頬のあたり)が
段々腫れぼったくなってきて、診察に行きました。
やはり、というか”歯槽膿漏”・・・・・・
あの白血球の数は・・

うわあ~@@どうしよう・・
先生がおっしゃるには、抜歯が一番効果がある、とのことで
ただ、私たちは、この子の年齢・慢性腎不全のことで
とても心配なのだと言うと、最近の麻酔はとても
良くなっていて、腎臓に負担のかからない種類のものも
あるし、まず点滴で充分水分を補いながら行うので
大丈夫だろう、と。
け・けど・・・・・・
とりあえず、抗生剤を打ってもらって様子を見ることに・・
その目元を見ると、ホントにたまりません。
麻酔・・すごく悩んでいます。
抗生剤で、ある程度おさえられないものなのでしょうか?

とってもありがたいことに、食欲が結構出てきて
腎臓サポートとかいっぱい食べてくれるようになっています。

うちのエーちゃんの、柄は三毛猫ちゃんですう

Commented by kaezzz at 2007-10-31 21:37
うわ〜診察待ちして覗き見してるしおん君すっごく可愛い!
お目目がま〜んまるで好奇心一杯って感じですよ(笑)
嫌な病院だけど、なんとか頑張って行って来たのですね。
がんばるたんが玄関で待ち続けてる光景が見える様です。
コミュニケーションが取れてる成果がちゃんと形になるって
素晴らしい事ですよね〜しおん君の心の中の葛藤も
ちゃんと分かって待ってあげられるって感動物です!!
病院の結果も悪く無かった様だし安心しました。
トムちんの目も大丈夫そうですね〜良かった良かった!
年齢的な物で自律神経が乱れたりする事もあるだろうし
気になる事のチェックをしつつ、様子を見てる事も
大切ですよね〜うちも見習わなきゃいけませんね(笑)
Commented by nyanmyupurin at 2007-11-01 00:49
しおんくん、まん丸お目目ときゅっと結んだお口が、すごく可愛い!
Ganbarunekoさんの言葉を完全に理解しているしおんくん、とってもいい子だし、ほんとお利口さんです。
ブツブツウニャウニャ文句を言う姿、こっそり見てみたい(笑)。説得をされてみるものの、だまーってじゃないところが、ミソ。こうゆうところが、たまらなく可愛いです。
トムちゃんのお目目も、心配なさそうとのことでよかったです。
あらっ、トムちゃん、片足だけ靴下履いていたのね(*^.^*)。
Commented by はいちゃんこ at 2007-11-01 12:26 x
しおんちゃんて、なんていい子なんでしょう!
Ganbaru家の三ニャンとGanbarunekoさんの強い信頼関係も
すごいな~といつも感心しています
なんかね~前世から、何かのご縁があった関係ではないかしら
言葉で人間は騙せても、動物は簡単には騙せませんよね
だから、ちゃんと、Ganbaruさんは説明するんですよね
心をこめて・・・
私も見習っています
ちゃんと聞いてくれていることを信じて
自分を信じて欲しければ、まず相手を信じることだと思うから
老猫と暮らすと、いろいろ心配なことも多いけれど、
それも丸ごと受け止めよう、と今は思うことができます
Commented by のんぼう猫のママchan at 2007-11-01 16:25 x
やっぱり、猫を病院に連れて行くのは大変ですよね~
聞き分けがよくていいな~しおん君
家は、車でしか連れて行けないので
車の中で、たくさん説明してあげるけど、『何で~』と
鳴きどおしだわ~
とりあえず、様子をみるということで、しおん君よかったね
そして、トムちんのお目目も大丈夫みたいで!


サビ猫さんの仔猫出現!
本当にGANNBARUたんのお家の塀は
通い猫さんが多いわね~フフフ・・楽しいね!
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:10
☆マホさん、待合室であった猫をお迎えに来たおじさんは
10匹くらいの半野良ちゃんをお世話しているらしいのだけど
ほんっと続くときは次から次へとなんだよー、猫に振り回されてる
って言ってた(笑)
なんだろね、あれって。同じ病気がうつるならわかるんだけどさ。
将也君、心配してたんだけどまだ安定しないのね。
はっきりしない気候だし、気圧も安定しないから、ちゃんと寒い日が続くまでって体調崩すコも多いのかもね。
↓の記事で書いたんだけど、肺にも影響しやすい時期だって言うから
加湿、保温することで、少しは楽になってくれるといいんだけど。

腫瘍って言われるだけで、ドキってするのに悪性までつけるなんて・・・。
なんか良かれと思ってるのかも知れないけど、余命宣告する獣医さんも
少なく無いみたいで、嫌になっちゃう。
誰にもそんなことわかるわけが無いのにさ。

瞳孔、北斗君も異変あったんだね。
今となっては知る術はないけれども、そうなのかも知れないね。
人でも確定診断するのって難しいし、原因不明って多いから
検査にいちいち麻酔が必要になったりする猫には、更に難しいよね。
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:19
☆ちょこのお姉ちゃんさん、本来ならキャリーに入れるべきなのでしょうが
ウチの猫たちは犬や他の猫さんを見ても変わらないのです。
ただ、逆に他の子が怖がらないように混んでるときは、外にいたり
毛布やなんかで包んで見えないようにしていますが。
この後も犬さんが来たんですけど、しおんは外が見たくて
うろうろしていました(^^ゞ

ちょこちゃん、採血上手く行かなかったなんてかわいそうに。
ウチは今までそういう経験がないのですが、酷いと3回もやり直したりって
あるらしいですよね。この時も主治医はしおんに「1回で済ませたいでしょう?」って
言いながら採血してました。
病気は心と体のバランスが安定していれば、免疫能力が備わって
いるのですから、ならないって思うんです。
ちょこのお姉ちゃんさんが仰るように、なったとしても自然治癒能力が
働いてくれると思いますし、病気は獣医さんも私たちもサポートして
あげるだけで、実際は本猫が治そうと思わないと治らないって思います。つづく
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:19
☆ちょこのお姉ちゃんさん、つづき
>ところでアニマルコミュニケーションってなんでしょう?
そうですね、基本的な部分ってどこにも書いてないですもんね^^;
ええと、私が説明するより↓のサイトを見てもらった方が
わかりやすいかも知れません。要は言葉以外の手段で言語を持たない
生命とお話するってところでしょうか。
http://www.animalcommunicate.com/modules/xfsection/article.php?articleid=2
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:23
☆ガラピニャダダダダーコりん、かわいいでしょ、かわいいでしょ。
画面見ないで撮ったんだけど、上手に撮れてて、私も何度も何度も
見入ってニンマリしちゃったわ^^;
ウチの先生、またアニマルコミュニケーションですかぁ。って
思ったかも知れないけど、先生なりに一生懸命に接してくれたから
本当にありがたいわ。

土曜日行くのに、今日もG&Bにお話しているニャダちんが目に
浮かぶわー^^
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:29
☆猫ピカイアさん、足以外にも首からもしますよ。
手足は血管が細いので、首が一番しやすいみたいです。
ただ危険なので動かない猫さんに限るようですが。

>ビタミンB群は神経のビタミンとも言われるから
ありがとうございます、ミネラルとあわせて気をつけますね♪

尿毒症に関しては、一応BUNである程度見極めると思うのですが
トムは発覚当初BUN>140で、すでにそうだったのですが
吐くことは1度もなかったんですよ。
低い数値でも吐いちゃうコと、かなり高い数値でも最後まで
吐くことはなく過ごすコといるようですね。
猫ピカイアさんの猫さんはもう落ち着かれましたか?
春先と今はほんと体調崩すコが多いので、お互い気をつけたいですね。

メールお待ちしていますね♪
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:38
☆まーにゃさん、歯槽膿漏で腫れちゃうなんて、ああ、見ていても辛いですよね。
抜歯が確かに1番だとは思うけれど、腎臓を考えると躊躇する気持ちは
とっても良くわかります。ですがウチの主治医も以前にCREが高くても
静脈点滴をしながら、腎臓への血流を保つことで可能です。って
言ってました。
とは言え・・ですよね。わかります、わかります。
でも抗生剤も一時的には良いのかなとは思いますが
続ける事は負担になる訳ですし、セカンドオピニオンも取りつつ
抜歯を考えてみるのも良いかもしれませんね。
人間の歯槽膿漏の場合は抜かずともマメなブラッシングなどで
かなり良くなる場合もあるような気はしますが、歯ブラシは
難しいですもんね。でもサンクロンは歯槽膿漏にも良いと言うから
少し薄めて清潔にした指で歯茎に塗ってあげたりできれば
少しは違うのかも。しおんも歯肉炎にまた今日からサンクロンと
乳酸菌再開です。
エーちゃん、三毛さんなのですね!!
右目の周りが黒い三毛ちゃんが浮かびました^^
歯槽膿漏に負けず、腎臓サポをいっぱい食べてくれていて
良かったです♪自分でちゃんとわかってるのかもですね。
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:41
☆kaezzzさん、そうでしょう?かわいいでしょう?
私もね、もうたまらんです(笑)
玄関で待つのは、私のカケでもあったというか、どうしても行きたくないなら
仕方ないな、諦めようと思ったんです。
でもとぼとぼながら来てくれたし、帰ってきてからは
僕がんばったでしょう?といわんばかりに甘えん坊になってるので
これまた良かったな、って思っています。
トムに関しては昨日、今日も平気だし、安心しています。
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:44
☆nmpさん、そうなの、何度見ても、何度かわいいって言っても
足りないくらいにかわいいの(笑)
しおんの文句言う姿はこれまたかわいいのですよー。
僕は本当は行きたくないんだからね、って念押しの文句なのだと
思うのだけど。
トムの毛色、把握できてないのだけど、足も確か片方だけだったような・・(^^ゞ
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:49
☆はいちゃんこさん、今回の通院では私もまた改めてしおんが
とても信頼してくれてるんだなって感じることが出来ました。
ゆえに嘘をついたり、彼の意思を無視するようなことは決して出来ないな
って思えました。ほんと表面ではいい事言っていても、胸の内が
別な考えだったりすると彼らにはきっちり伝わってしまうと思うし。
>自分を信じて欲しければ、まず相手を信じることだと思うから
本当に大切なことですよね、自分が信じられないのに信じて
もらえるわけがないですものね。

ホントですよね、しんちゃんに限らず、猫に限らず、歳を取ってくると
確かに心配も増えるし、自分も歳を取って物を覚えれば覚えるだけ
不安も増したりするとは思うけれど、前を向いて生きたいですよね!
それにはいちゃんこさんんいとっては、今しんちゃんと暮らすことになったことにも意味があるのですもんね♪
何よりはいちゃんこさんが楽しそうなのが私は嬉しいです♪
Commented by Ganbaruneko at 2007-11-01 17:54
☆ママchan、しおんは重いのでそういう意味でも大変です(笑)
ある意味車だったら寒い時も雨の日も平気だし・・・とも思うけれど
行く道すがらも色々と発見があったり、踏怖がって震えるのがわかる
ことで何が怖いかがわかったりするので、重いけどがんばるのも
良しかな?って思います^^

ごはん食べに来る猫さん、最近では隣のシロちゃんとチビ猫ちゃんと
通い猫さんだけになったんですよ。
隣にいたクロちゃんが夏頃から姿を見せなくなり、別な小さめシロちゃんも
顔でかクロちゃんも見て無いです。
たぶん別なところで貰ってるんだと思うんですけどね。
チビ猫ちゃんは、さっきシロちゃんと一緒に別なおばさんからもらった
カリカリを食べてました♪
<< 血液検査(しおん2007年度) 今日の治療と食事~秋には肺を大... >>