最後だとわかっていたなら
ネットで調べ物をしていたら
先日の記事の中と関連することで
上手く表現できず
伝えきれないでいたことが
詩になっているのを見つけました。

すでにとても有名な詩のようで
知っている方も多いかもしれません。
(も販売されているようです)


最後だとわかっていたなら

あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう

確かに いつも明日は やってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがったことも
やり直す機会が いつでも与えられている

「あなたを愛してる」と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」と声をかけることも
いつだってできる

でも もしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい

若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを

明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから

微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと

だから 今日
あなたの大切な人たちを しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことを
そっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」
を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから



http://www.sanctuarybooks.jp/saigodato/




これもまたタイムリーなのですが
おととい、ひょんな事からある方に

あなたの過去世で恋人だった相手が
救いを求めにきていますよ。


って教えられた。

今まで、いつもどこかで
なんで私は物事を先延ばしに出来ないんだろう?
どうして「今」って思ったら今じゃなきゃいけないんだろう?
って感じていました。
小さな頃から母親にも
あんたは今って言ったら今じゃなきゃダメなコで
我慢が出来ないって言われていました。
猫たちのことも、夜中に散歩なんて危険よ。
って言われても、やっぱり行ってしまってた。
今じゃないと、って。

↑に書いた過去世の恋人は
10代と言う若さで亡くなったそうなのです。
詳しいことは聞いていませんが
それが私のこの性格の理由なのかな?
って少し思いました。
と同時に、以前ここにも書いたこともあるのですが
ある日突然この世からいなくなった身内や
友達がいるので、なおさら「今を生きる」って気持ちが
強くなったのかも知れません。

こう書くと聞こえがいいかも知れませんが
明日でいいや、って思うこともたくさんあるし
捕らえ方によっては「堪え性がない」とか
母のようにイライラするって場合もあるのです。
要はタイミングなのでしょうね^^;
[PR]
by Ganbaruneko | 2007-12-14 17:28 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(16)
Commented by ガラピニャダコ at 2007-12-14 17:48 x
『明日』という日は絶対に来ないんだよ。
だって明日になったら、その日はもう『今日』なんだもん。
所ジョージさんが昔なんかで言ってたな。
元になった言葉も確かあったけど忘れた(^^;

ホラティウスという古代ローマのイタリアの詩人の言葉
- 未来がどうなるか、あれこれと詮索するのをやめよ。     -
- そして、時がもたらすものが何であれ、贈り物として受けよ。 -

臆病だったり、ムチャしいだったり、
弱虫だったり、強気だったり、
怠惰だったり、がんばっちゃったり、
それらで出来てるのが『わたし』なんだよね。
だけど今日は今日で、二度とない一日。
わたしも今日を後悔しないようがんばろう。

がんばるたんの思いが届きますように。
Commented by kaezzz at 2007-12-14 17:59 x
この詩、私の義理の母が教えてくれました。
読んでいると凄く心にしみるし、理解出来るけど
当たり前の事なのになかなか出来ず、忘れてしまう。
人間って感動や感激のような心の高揚が長持ちしないんですよね。
単純に感謝の気持ちさえ持ち続ける事が出来なかったりする...。
日常はあまりに早く流れていき、いつの間にか
時間に流されている事にさえ気がつかない様な生活を送ってしまう。
こういう詩を自分の手元に置いて、感謝を忘れず
愛情を伝える事をいとわず、精一杯の毎日を送りたいですね。
Commented by ゆかりん at 2007-12-14 20:35 x
身辺が落ち着かず、すっかりご無沙汰してしまってすみませんでした。

Ganbaruさんの「今じゃなきゃだめ!」って気持ちよーくわかります。
私にもそういう所が少なからずあるから…もちろんなんでもかんでもって
わけではないので、直感的に「今」と思うことには出来るだけ従った方が
いいのかな?なんて思ってます。そう思う時は、きっと何かそれなりの
理由があるように思うので・・・

大したことじゃなければ簡単に諦めもつくけれど、突然の別れなどに対し
ては、きっと「なんであのとき」って後悔してもしきれない気持ちになって
しまうと思います。私も若い頃何度か突然友人を亡くしたことがあった
ので、その影響が強いのかもしれません。
Commented by シマ助 at 2007-12-14 21:04 x
GANBARUたん、お元気~?
私はすっかり風邪引きさん&20年ぶりのシモヤケさんです(爆
先日の上京ではお仕事が忙しいとの事で会えなかったけど、
また機会があればGANBARUにゃんずに会いに行くね~!

「時は金なり」、て昔の人は上手いこと考えたな、て思う。
皆さんもおっしゃる通り、「今」はやっぱり「今」しかないんだよね。
今やらなきゃ、て思うことは、生き急いでるってことでなくて、
「今」しかない時間を大事に使ってるのだと思うよ。
たまにはのんびり。でもそれもその時の「今」だものね。

人間も。猫も。みーんな限られた時間だもの。
GANBARUたんみたいに「今」を大事に、
人生を濃密に生きる選択があっても良いと思うよ。
私も深く短い(いやいや、程よく長い(笑))人生を送りたいと思うモン。

Commented by NOriring at 2007-12-14 21:24 x
明日が来るのは奇跡だ、って24歳で癌で死んだ人が言っていたと今朝見たTVが伝えていたよ。
なんでもない日常を大切に思わないとね。
今日コダマの水がとっても減っていたので、余計にそう思います。
Commented by TAMI at 2007-12-15 02:18 x
とても心に響く詩だね。
涙が出ちゃった。
そうだね。本当に「今」が大事だよね。
たくさんの大切な「今」が積み重なって「明日」に続いていくんだから、その「今」をたくさんのしあわせで満たしていたいなって思う。
凹む事もたくさんあるし、心配な事もたくさんあるけど、でも今、大切な存在が傍に居てくれるだけで嬉しいもんね。
それだけで「今」は薔薇色に輝いてるわ(笑)
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-15 23:41
☆ニャダちん、所さんの屁理屈っぽくて可笑しいね(笑)
この詩を読んですぐにね、ニャダちんとがらぴんが思い浮かんだの。
たぶん「キラキラの日常」が私の脳回路で繋がったんだろうね。
そしたら別記事のレスもまだなのにニャダちんからの
コメントがあったからびっくり^^
最近また不思議なことが増えてね、面白いよん。

みんなが大きな後悔しないように、1日1日を大切に生きれるといいよね。
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-15 23:49
☆kaezzzさん、お義母さまに教えてもらったのですね。
感動や感激よりも恨みに思う気持ちを持続させる方が
多いのでしょうかね?
私は逆に楽しかったことの方が忘れられず、大変ですが^^;
感謝の気持ちも、人生の奥行きと言うか経験によりけりって
事もあるし、教育もあると思うんですよね。
牛乳1杯飲むまでに、どんな経過を辿っているかを知って飲むのと
知らずに飲むのとでは大きな違いですもんね。
物に溢れ、それが当たり前になっているけれど、そうじゃないって
事を知ってる人が伝えることも大切かなって思います。
知らないことって無くならないですしね。
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-16 00:06
☆ゆかりんさん、どうしているかと思っていました。
元気そうでなによりです♪
直感的にって大事ですよね、私もそうすることが多いです。
ただ瞬時の判断じゃなく、感情が入り込んでしまって
考えすぎると結局わからなくなってしまいますが^^;
ゆかりんさんもお友達を亡くされたことがあるんですね。
仮に疎遠になっていた相手でも、ずっとなんだか引っかかったり
気になっていた人だったりすると連絡しておけば、とか
思うと思うから、ほんとそういう後悔のないように生きたいですね。
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-16 00:09
☆シマ助さん、風邪引きやすい?なんだかいっつも風邪を
引いてるって書いてる気がするよ(笑)
しかもしもやけ付とは、何をしたのかしら?
この前は残念だったけど、ぜひまた遊びに来てね。
あ、できれば午後に(^_^;)

私は自分でもなんで今じゃなきゃなのかな?って思うことも
多々あるけれど、色々考えるよりその時に感じた感覚を大事に
しているかな。とにかくいつからなのか後悔だけはしたくないって
気持ちが強くてね。
のんびりするのも、愉しむのも、がんばるのも、その時々で
一生懸命できたらいいんだよね、って思う。
あ、手抜きも一生懸命(笑)
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-16 01:06
☆NOriringさん、ほんとにそうなんだよね。
生まれてくることだって奇跡、今生きてることだって奇跡なんだよね。
この記事書いた後にスポーツジムで銃乱射事件があって
若い女性が亡くなったでしょう。
誰一人としてまさか銃で死ぬなんて思ってなかっただろうし
ほんと悲しい出来事でした。

コダマちゃん、水の量増えたの?
なんか最近あちこちで聞くよ、飲む量が増えたって。
なんでもないといいね。
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-16 01:14
☆TAMIさん、そうなんだよね、この人がどんな気持ちで書いたのか
って思うと涙出ちゃうよね。
いい事も悪いことも積み重ねで、その小さなひとつひとつが
大きなことに繋がっていくのよね。
TAMIさんもハル様がそばにいるだけで
毎日薔薇色(!)で、ハッピーだね♪
Commented by hiroko_wada at 2007-12-17 19:30
私は自身がもー終わりかもしれないという状況になったこともあって、これ、よく分かります。
あれからいつだって、明日はフツーにあるものではない、今がいかに貴重な時間か、というのを言い聞かせつつ過ごしてるつもりですが・・・
やはり忘れちゃうんですよね・・・

しかしこだわりすぎて焦りすぎちゃうのもしんどいもんです。
まま、緩むときは緩みましょうぞ^^
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-18 15:13
☆hirokoさん、そうですよね、あまりにこだわるのも逆にしんどいでしょうね。
人間は忘れる生き物って言うだけあって、時には忘れることも
大事なんですよね♪
なんでもほどほど、ですね^^
Commented at 2007-12-19 22:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Ganbaruneko at 2007-12-20 00:20
☆鍵さん、コメントありがとうございます。
作者は未来がわからなかったからこそ、亡くしてしまった息子さんへと
この詩を書いたのだと思います。
<< 今日の治療と食事~今年の冬はサ... 今日の治療と食事~みんなでお留守番 >>