今日の治療と食事~漢方勉強会(急性腎炎・慢性腎炎 ほか)
08年6月15日(日)

雨の合間の漢方勉強会(意味不明)。

今日のテーマは
 
 ・「急性腎炎・慢性腎炎・ネフローゼ症候群」
 ・「腎臓結石・尿路結石」


年季の入った人体図鑑のようなものを出してきて
腎臓の図を見せてもらいながらのお勉強。
トムが腎不全になるまで、自分の体のどこに
腎臓があるかさえもわからなかった事を知り
長年お世話になった体に申し訳なく
また自分の無知さに愕然としたことを思い出しました。

今日もいつものようにテーマに沿った処方の解説でしたが
それに加え、なぜか出題魔の漢方先生。

 「嘔吐に効く処方は?」
 「腹痛に効く処方は?」

などなど。
生薬名は浮かんでも、方剤名は思い出せなかったりで
何度も何度も教えてもらってたはずなのに┐('~`;)┌
(二日酔いの処方は即座に出てきたNさん、可笑しかったです^m^)

今回印象に残ったのは病気になったときは
必ず新病から治すと言うこと。
新病・旧病というのは説明するまでもなく
その名の通りなのだけれど、例えば腎臓病。
腎臓が悪いのが根底にあり
後に胃炎や口内炎などが出てきた場合は
胃炎・口内炎を先に治さなければいけないそう。
何かの症状を治そうとして良くならない場合は
こういった新旧の絡みもあるのかな、と感じました。

d0053201_9594758.jpg
看板犬のポールちゃんです


続いて印象に残ったのが証。
実証の人が、虚証の処方を使っても効かないし
逆は絶対に使ってはならないとのこと。

これは私も自分で買って失敗した経験があります。
しかも弱ってたからでしょうが、実証と虚証の間の
中間証の処方を飲んでの失敗でした;;

んで、この『証』。
以前にも少し書いたのだけれど
猫をはじめ動物はより証の判断がしづらいと思う。
でも証というのが大切な漢方だけに
その証をしっかり把握しなければ
せっかくのものも、効かなかったり
はたまた逆効果を招いてしまうわけだと思うのです。
ここが専門知識が無いと、漢方は効かないだとか
なんだとか誤解を招く所以なのでしょう。

そんな訳で漢方を処方している動物病院は
一体どうやって証を決めているのだろう?
と思っていたのだけれど
ホメオパシーや鍼治療で有名な
ア○シア動物病院の先生がOリングテストを
使い始めたきっかけは、証を見極めるためだそう。
でも今はサイトを見る限り漢方はやってなさそうなので
やはり動物へ漢方を処方するのは
そう簡単なものではなくて止めたのかな?と思えました。

ところでこのOリングテスト。
もしもトムの8月のお誕生日健診で
また肝数値が改善されてなければ
漢方を使ってみようかな、とは思ってるので
ぜひ試してみたいところ。
でもこのテスト、ひとりじゃ出来ないから
ペンデュラムに置き換えてみようかな、と思ったり。
そのためにはちょっとペンデュラムに慣れておかなきゃです。

d0053201_102381.jpg

帰宅すると、あやや・・・洗濯機が脱水開始寸前。
誰かが帰りの遅い私のお手伝いをしてくれた模様で^_^;
バケツも一緒に洗ってくれてました。
なんていい子ちゃんたちなんでしょー(笑)


すでに暑いのか、べろろーんとヘソ天してたので
ペットボトル並べてみました^^
しおんがこんなにそこかしこを伸ばして寝るのは珍しいです。




治療
◆トム◆
 ウルトラ ポタシウム × 0(手作りごはん混ぜて)
 乳酸菌生成エキス × 適量(手作りごはん混ぜて)

食事
■トム■
 カントリーロード フィーラインダイエット
 ○地養鶏ささみ(ボイル)
 ○地養鶏ささみ(半生)
 ヒルズ i/d缶
■しおん■
 カントリーロード フィーラインダイエット
 ○地養鶏ささみ(ボイル)
 ○地養鶏ささみ(半生)
 ヒルズ i/d缶
■ミチロウ■
 カントリーロード


ウンチ情報:しおん×2、トム、みーちゃん

ゲボ情報:なし

pH情報:-

呼吸数(回/15秒):-

その他:なし

※誤解されるような記述ですが、治療、食事ともにトムの分です。
他のしおんやみーちゃんに投薬等があった場合は、名前も記述します。
またトムのところにカリカリも書いてますが、ほとんど食べません。
日中留守にする時間が長いので、出しっぱなしにしているため
食べたかも?って事で記載してあります。

[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-15 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(4)
Commented by kaezzz at 2008-06-18 20:37 x
ホメでも漢方でも見極めが凄く大事なんですよね。
効果をきちんと得るにはそこをシッカリ押さえておかないと
折角の妙薬も台無しになっちゃうんですよね。
でもこれがまた凄く大変でもあるんですよね〜(笑)
私もホメを自分なりに色々試していますが、速攻で効いたのは
たった一回だけですからまだまだ勉強が足りてません(爆)
漢方も奥が深そうで興味だけは持っているのですが
二兎を追うもの一兎も得ずにならない様に今はホメを
自分なりに学んでいる所です。
ノビノビのしおん君、シッポだけがピコピコ動いてて
微動だにしないなんて可愛いですね〜暑くて伸びてたのかな?
お洗濯まで手伝ってくれるなんて優しい皆にゃんです(笑)
Commented by tieta4u at 2008-06-19 00:23 x
そうなんですか!
証というのは全然知りませんでした。
ティエタの獣医さんもホメオパスで鍼灸などもなさるようですが、証ってどうやって見ているんでしょうね・・・
まっティエタを見ればどう間違っても実証のほうだと誰でも思いますよね、ははは。
Commented by Ganbaruneko at 2008-06-20 01:30
☆kaezzzさん、前に何かで見たのだけれどホメオパシーも漢方も
処方してくれる人に自分の全てをさらし出すことが大切とありました。
病気って表面に出てきただけの合図のようなものだから
その根底にあることを含めて処方してくれる相手に知ってもらわないと
ダメってことなんですよね。勉強会に行くほどにそういう事が理解できて
いる感じです。漢方も生薬の数、その組み合わせがあるように
ホメも同じように(マテリアメディカ、3000くらいでしたっけ?)凄い数から
ですから、本当に大変だと思います。おまけにホメオパスさんも少ないから
余計にそう感じます。
ホメのこと、色々教えてくださいね♪
Commented by Ganbaruneko at 2008-06-20 01:33
☆tieta4uさん、おお、ティエタちゃんの主治医の先生も
鍼灸までなさるんですね♪心強いですねー☆
不思議ですけれど日本の獣医さんって漢方勉強しにアメリカ行ったり
なんだか不思議な話です。

証、意外と見た目ではわからなかったりするんですよー。
私の見解ではしおんは割りと虚?と思えることも。
でもティエタちゃんの場合は毎日お散歩したり、あんな大きな木に
登ってるから実証かなって感じですね^m^
<< 今日の治療と食事~「そうそう、... 今日の治療と食事~心地よい土曜日 >>