今日の治療と食事~皮下輸液で冷えたかも
08年9月20日(土)

d0053201_23191497.jpg
風も去り、雨も上がってちょっと暑い位。
昨日から待ちくたびれたしおんは
朝からお外、お外と無言で玄関を陣取っていて^▽^;
地面が生渇きだったし、温かくなるのを待って開放。
d0053201_23193055.jpg
トムは食べてるせいか
昨日の朝のようにまた脱水状態に戻ってない。
今朝はいい感じ♪
d0053201_23194432.jpg
お魚よりもなぜかラム肉を好むから
自分でリン制限しているのかしら?
また軟便になってるのがちょっと悩ましいけど
輸液でお腹が冷えちゃったのかなぁ?
ちょっと輸液の温めが足りなかったもんな。
d0053201_23204659.jpg
と夜。
ラム肉もこまめに自分から要求して食べてくれて
お散歩もしたり、タワーの上に置いたみーちゃんの
ごはんを物色しに行ったり。
タワーに登ったのは久しぶり。
ってかみーちゃんがいつもタワーにいるから
上らないだけだと思うけど。
d0053201_23312249.jpg
1日で6~70gのラム肉を食べて
他にも少しずつ色々食べてたし
今までより動き回ったり
退屈だと言ってきたりと
調子よくなってきたなぁ、と思ったら
22:30頃に軟便(б▽б;;)
粘液混じりの若干血も混じってるかしら?
ってやつ。でもって踏ん張りゲボ付。
d0053201_2321180.jpg
10g弱のラム肉が出ちゃったし
踏ん張りとゲボで疲れたらしくコテンっと。
でも元気消失な感じではないのでホッ。
とは言えお腹が渋ってるみたいなので
ひとまず温めて様子見。
d0053201_23211591.jpg
トムも私も力を合わせて
ちょびっとずつ調整して行こう♪




治療
◆トム◆
 皮下輸液 × なし
 ウルトラ ポタシウム × 0(手作りごはん混ぜて)
 乳酸菌生成エキス × 適量(水、手作りごはんに混ぜて)

食事
■トム■
 ○ラム肉
 ◎焼津産キハダマグロと野菜(トマト、ホウレン草、エノキ茸、オクラ、炊いた玄米)の煮たの
 (↑ほんのちょっとだけ)
■しおん■
 ○ラム肉
 ◎焼津産キハダマグロと野菜(トマト、ホウレン草、エノキ茸、オクラ、炊いた玄米)の煮たの
■ミチロウ■
 ○なし

【今日のカリカリ】
 イノーバキャットRF ドライ
 ※日中留守にする時間が長いので、少量を出しっぱなしにしているため
 まとめて書いていますが、トムはほとんど食べません。



ウンチ情報:トム×4(全部軟便だけど、内3回は同じ時にしたから1回としてカウントでもいいかも)

ゲボ情報:トム×2(踏ん張りゲボ 1回目:中身なし、2回目:消化しかけラム肉入)

pH情報:-

呼吸数(回/15秒):-

その他:なし
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-09-20 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(10)
Commented by はるぞう at 2008-09-22 23:49 x
Ganbarunekoさん、こんばんは。

トムちゃん、心配しておりましたが、輸液の力も借りて
食欲復活みたいで何よりです!
よかった、よかった!!!

トムちゃん、自らご飯も食べてくれているようですし、
ひとまず安心というところですね。

Ganbaruさんとトムちゃん、しおんくん、みーちゃんの頑張りは
いつも励みになります!

トムちゃん、頑張れ~!

うーちんと私も一歩ずつ前に進んで頑張ってます!
Commented by ぴか at 2008-09-23 02:05 x
猫さんにもよるのでしょうけど、体調に合う食べ物を食べようとする気がします??
監督も、急性腎不全退院後はかなり療法食を食べてくれていたし・・・
(今は、もうウエットのは全く食べることもないですが^o^;)
トムちゃんはきっと自分の体調をしっかりわかっているのでしょうね。
輸液の効果も出ているようで、何よりですね。
早くストップできるといいですね。
おいしいもの、いっぱいの季節♪
いっぱい食べて飲んで、出して、たくさん眠ってね。

白子は、網焼きがベストですかー。
いや、人間2人で食べたとしても多いよね??な量で売っているのです。
なんかすごい量で~1回で食べてしまいたいような品だし、見るたびに怯んでいましたー。
でも今度買って見ます。
教えてもらった食べ方でいってみますです。
ちなみに、ウチの網は針金でテキトーに作りました~。
好きな大きさに作れるので、けっこうオススメです。
たとえば、サンマ1匹用の網とかも作れます。
Commented by nyanmyupurin at 2008-09-23 13:52
トムちゃん、食欲もあるみたいでホッとしました。
写真でトムちゃんの様子を見る限りでは、相変わらず目力もあるし、そばでいつも見ているわけではない私が言うのも変だけど、大丈夫って気がしちゃいます^^;。
なによりトムちゃんの気持ちを優先して、輸液もするかしないか判断されて、一番トムちゃんの状態のこと分かっている感じ取って上げられるGanbarunekoさんがそばにいるから大丈夫って。上手く言えないけれど、今までの15年の毎日が、トムちゃんが何を望んでいるとか状態がどうとかってことを判断できる見立てることができるものを作ってくれているはずっていうか。
あと、Ganbarunekoさんの体調不良が戻れば、トムちゃんも良くなるような気も…。Ganbarunekoさん大好きなトムちゃんだから、そういうこともあるかなーって。
Commented by rambling_rose at 2008-09-23 15:29
トムちゃん心配ですね。。。
うちの部長は脱水が常に付いて回ってて自宅輸液をはじめてからは欠かすことなく毎日定期的に輸液できるようになってとても状態が安定しました。毎朝輸液前に計って2.8キロの体重も減ることなく(お口にも問題があって全く食べなくなってたから強制給餌で可哀想だったけど)体調的にはずいぶん楽になって動きも良くなりました。輸液を嫌がることもなくさせてくれてたので自分でもこれをやれば楽になるって分かってたみたいでした。500入りのパックを3日で終わらせてました。自宅輸液を始める前は通いだったのでどうしても脱水になってしまう期間をつくってしまうので病状も悪化して入院(静脈点滴)を3回繰り返しました。私的には(自分が猫なら)ひとりぽっちで何日も針をさしたまま入院するくらいなら大好きな飼い主に毎日約10分間皮下点滴してもらう方がきっと痛みも無くかかるストレスも全然軽いと思いました。自宅輸液を始めてからは旅立つまで1度も入院もせず前日までお散歩できトイレも自力でできてました。
Commented by rambling_rose at 2008-09-23 15:31
続き・・・

全てはうちの場合での事で、100匹いたら100通りの選択があると思いますが少しでも参考になればと思い書かせて頂きました。
Ganbarunekoさんがこれだけ思ってやってるんですもん、きっとトムくんもGanbarunekoさんと同じだと思います。
ただし、何をやってもGanbarunekoさんが元気であればこそです。
健康にだけは充分に注意してくださいね。
Ganbarunekoさんだけの体じゃないんですから。。。

長々と書いてしまってすみせん…
今日でうちの部長が旅立ってちょうど1ヶ月で、どうしてもトムくんが気になって気になって。。。

遠くから見守っています。
Commented by Ganbaruneko at 2008-09-23 17:45
☆はるぞうさん、おかげさまで輸液のサポートでトムちんは
ガンガン食べています♪
私の記事の書き方が悪かったのですが、じんわりじわじわと
不調かなぁ?って感じだったのですが、それをここで書かずに
急に皮下輸液って書いたので皆さんびっくりされたようで
申し訳なく思ってます。
うちゅたん、数値も下がってばんざーい!ですね♪
数値は数値だけど、されど数値、安心材料ではありますよね。
もちろん何よりなのは本猫も元気♪
お互いがお互いのペースでゆったーりと過ごして行きましょうね!
3日間寂しいかも知れませんが、出張乗り切ってくださいね♪
Commented by Ganbaruneko at 2008-09-23 17:53
☆ぴかさん、マウス実験だとアミノ酸レベルまで食べ分けが
出来るそうですよ。人間も絶食したり体をリセットしたりすることで
そういう事が可能だそうですから、きちんと本能として備わっている機能
なんだって思います。つくづく体って凄いなぁって感じます。
監督も一生懸命療法食食べて治そうとしてたんでしょうね♪
本当に人間よりも強さを持っているな、って感じます。

白子、そんなに大量なんですねー!!
も少し少ない量で売ってくれたらいいのにー。
針金で作ってるなんてさすが監督んチですね!
私もぜひともそうしたいところだけれど、ワイヤーワークの細い針金しか
ないのだけど、工具は色々あるから、今度やってみたいなー^^♪
Commented by Ganbaruneko at 2008-09-24 18:39
☆nmpさん、ご心配頂きありがとうです♪
腎不全は本来波のある病気で、トムが今まで輸液もなしで安定して
これている方が不思議なんですけれどね。
他の人たちは数値が徐々にでも上がってたりやせたりしたら安定と呼ばないのかも
知れないけれど^^ゞ
私も最初はトムとシンクロして体調が悪いのかな?とも思ったのです。
私は始まりは生理でダルいってのだったのだけれど、その後お腹壊すタイミングが
一緒だったから。でもトムの方が賢くて、お腹壊したこのときは、その後は
ごはん食べなかったんです。でも私は食べて・・・ふふ、翌日そこに違いが出ましたよ。
今度はトムを見習う、または相談することにします^^;;
Commented by Ganbaruneko at 2008-09-24 18:53
☆rambling_roseさん、ご心配頂きありがとうございます。部長、もう1ヶ月も経つんですね。今頃おばあちゃんと仲良く寄り添っているのでしょうね♪そして3回も静脈点滴での入院、本当に頑張ったんですね。大切な経験をお話してくださってありがとうございます。お家を嫌な場所にしないために敢えて通院での輸液を選ぶ方もいますが、部長はお家でゆったり過ごしながらのケアで頑張ってこれたんですね♪あのお散歩する姿も穏やかで優しい時間が流れているのが伝わってきましたもん^^トムの場合は病気がわかった時点で、かなり数値が高かったので即入院で3日間の静脈点滴で、その後はすぐ自宅輸液でした。でも経過がよく体重も食欲も戻ったので主治医の考えで輸液を徐々に減らしました。つづく
Commented by Ganbaruneko at 2008-09-24 18:54
☆rambling_roseさん、つづき
そこからトムにがんばりと気持ちを尊重して2年半、輸液なしで来たんです。今回もトムに任せようと思ったのですが、何度か輸液した方が軌道修正しやすいと判断して今回は輸液のサポートを受けた、と言うわけです。前の記事にも書いたのですが、ほんと猫の数とそれをサポートする人間の数だけ方法があるのだと思いますが、トムと私の場合には自己治癒力を維持したいと言う考えもあって一切の治療をせずに暮らしているのです。輸液も本当におとなしくさせてくれるし、最初の1年はACE阻害剤もおとなしく飲んできて、実は療法食も食べてくれるんです。でも敢えて違う道を選んだと言うわけです。ですから本当にもどかしいかも知れませんが、これからもこんなコンビ(笑)を見守っていてくださいね♪
<< 今日の治療と食事~地震と今日の... 今日の治療と食事~カルシウムを... >>