今日の治療と食事~雨でわかる性格の違い
08年10月8日(水)

d0053201_22132563.jpg
d0053201_22133047.jpg
d0053201_22133591.jpg
、起きてごはんを食べ終わると
玄関に陣取るしおん。
私を見上げる瞳が全てを物語ってる。

でもね、外は雨なのよ。

ドアを開けて外を見せていると
その音にトムが急ぎ足でやってきて。
直後にみーちゃんもやってきて。
まるで

雨だよ、出られないよ。

とみーちゃんに言ったかのように
しおんと場所を変わるみーちゃん。
でも・・・。
雨だって関係ないじゃん♪
とばかりに普通出て行こうとするみーちゃん。
性格の違いがこんなところでも見られます(笑)





形拳さん肝臓破裂しても死直前まで会話
ファンと言う程じゃなかったけど、ショックでした。
でも同時にこの最後の最期まで、生き抜いた人間として
とても素晴らしいと感じました。

8年前に肝炎、そこから肝硬変、肝臓がんと移行しても
仕事を頑張ってこれたのは、自宅療法だったからなのでは?と思えた。
医者に罹った人たちの話を耳にしても
病気になり辛いところへ、辛い治療に重い副作用。
なにより病院へ罹ることでの自他からの
「病気です」と言うレッテルが治癒への道を阻害するように感じる。
阻害だけならまだしも、進行を早めるようにも思う。

身内が同じように肝臓がんで、最期は脳溢血で亡くなったのだが
ずっと自宅療養だった。
最期まで私を色々気にかけて電話をかけてきては
口うるさく説教してくれたし、大好きなお酒も止めなかった。
病院は好きじゃなくて、立場柄かなのか
病院の裏事情にも詳しかったからこそ
病院に行くと殺される、と言って行かなかった。
実際に1度、腹痛で病院に入ったらしいのだけど

腸捻転なので今すぐ開腹手術を!
そうじゃないと死にますよ!

と言われ、強引に手術しようとしたそう。
でも絶対違うと感じたので医者を押し切り帰宅。
やっぱり腸捻転ではなかったのです。
そういった経験からも、行かなかったのだけど
行って入院していたらばもっと早く旅立ったと思う。
脳溢血になったときは、冷やし中華を食べていたところだったそう。
まずい病院療法食ではなく、美味しいものを食べて旅立った。

病気云々ではなく、いかに人間らしい生活を送れたか
家族や周りの想いだけで、薬や機械で生かされて
自分以外の誰かのためにだけ、諦めの気持ちで生きるのではなく
自分の意思で、最期の最期まで気持ちよく生き抜く、自らの意思で。
それが大切だと私は思うし、そんな風に生きたいと
緒方拳さんの事を知って感じました。

そうそう、先日の川嶋先生の講演会での話。
とある県の100歳以上の老人は500名だそう。
500名中、会話が出来るのは50名。
50名中、動けるのは5名だそう。
川嶋先生は「それでも長生きしたいですか?」
と仰ってましたが、どう感じますか?




治療
◆トム◆
 風化カルシウム × 適量(手作りごはん混ぜて)
 乳酸菌生成エキス × 0(水、手作りごはんに混ぜて)

食事
■トム■
 ◎ひじき、小松菜入り根菜ごはん
 ◎焼干入りごはん
■しおん■
 ◎ひじき、小松菜入り根菜ごはん
 ◎焼干入りごはん
■ミチロウ■
 ◎焼干入りごはん+やわらか鰹厚削り


【今日のカリカリ】
 イノーバキャットRF ドライ
 ※日中留守にする時間が長いので、少量を出しっぱなしにしているため
 まとめて書いていますが、トムはほとんど食べません。



ウンチ情報:しおん、トム、みーちゃん

ゲボ情報:みーちゃん(草ゲボ)

pH情報:-

呼吸数(回/15秒):-

その他:なし
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-10-08 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(7)
Commented by タピアン at 2008-10-11 22:43 x
こんばんは。
緒形さんのニュースにはショックと同時に驚く方が大きかったです。特に大好きな俳優さんというのではありませんでしたが、いい役者さんだな、と思ってはいました。
何かの番組に出ていて「何だかずいぶん年取ったな…」とは感じた事あったものの、まさか肝臓ガンだったとは思いませんでした。しかも最期まで…本当の意味で名優だったと私は思います。素晴らしい生き様でしたね…。
自らの意思で生き抜く、それが今はできなくなっているのかもしれませんね。私も出来ればそんな風に生きていきたいです。

我が家の猫も7歳。トムちゃんと同じような模様の子ですが、昨日の健康診断で全て正常値ながらも腎臓、膵臓疾患リスクがやや高く、これからは注意しないといけないとわかりました。まだ中年猫、縁あっていっしょに暮らすようになったのだから、ストレスかけないよう、それでも健康に気をつけながらいっしょに過ごしていきたいです。
Commented by NOriring at 2008-10-12 12:09 x
私はコダマにも親にも自分にも上司にも「ピンピンコロリ」を推奨しております。
Commented by Ganbaruneko at 2008-10-13 13:42
☆タピアンさん、本当に仰るとおりですね。
肝臓ガンはとてつもなくダルくてしんどいそうですから
そんな中で、俳優のお仕事を続けたことって凄いなぁ、真似できないなぁって思います。
それに身内がそうだったのですが、やはり解毒器官が機能しなくなるのですから
肌やなんかがボロボロになり、変色し、外を歩くと気味悪がられたくらいなんです。
でも緒方さんは、そんな風にも見られずびっくりです。
私はドラマはほとんど見ないのですが、風のガーデンは緒方さんが
亡くなる前から久々に見たいと思っていたドラマだったので不思議なご縁も感じます。つづく
Commented by Ganbaruneko at 2008-10-13 13:43
☆タピアンさん、つづき
ごろにゃんちゃん、数値の上限に近いとのことでしたが
私の経験から言えば、数値はその時々で上下したりしやすいし
あまり気を遣いすぎない程度で良いんじゃないかなって思います。
健康って、常日頃からの積み重ねですもんね^^♪
きっとタピアンさんのゆるゆるいい加減な感じの性格のまんま
毎日楽しく暮らしてたら上限を超える事はないんじゃないかなーって
気がしますよ♪きっと猫さんにとって一番のストレスは一緒に暮らす人間が
ストレスいっぱい抱えてることだって思えますし。
赤ちゃんが生まれた後のごろにゃんちゃんとの絡み、今から勝手に
楽しみにしていまーす♪
Commented by Ganbaruneko at 2008-10-13 13:48
☆NOriringさん、私も両親にそう言ってるよ。
寝込まれたりしたら迷惑なんだからね!健康管理をしっかりして
お互いぽっくり行きましょうって。
父は最初誤解して、私が面倒見たくない!!って言ったのだと
思ったらしくショボンってなってたけど、健康でいて欲しいと言う願いだと
わかったら急に元気になってた(笑)
Commented by NOriring at 2008-10-13 15:48 x
うちの実家は長野県にあるのさ。
県ぐるみで推奨してんの「ピンピンコロリ」。
だから言いやすいのよーうっしっしっ。
ずっと畑仕事をしている人なんかがこういう死に方をするんだと。
理想だよね。
Commented by Ganbaruneko at 2008-10-16 23:28
☆NOriringさん、へー、県で推奨してるんだ、面白いねー。
確かに畑仕事している人って、80とか90歳になっても
体が動くしボケてないし凄いよね。
やっぱり頭だけしっかりしてて、体が動かないのって辛いわ。
<< 今日の治療と食事~トムの持つ自... 今日の治療と食事~自慢のしおん >>