シロちゃん。
d0053201_1222672.jpg
2007年5月27日のシロちゃん

d0053201_0104036.jpg
2008年11月10日のシロちゃん

d0053201_091647.jpg
2008年11月13日のシロちゃん

d0053201_094954.jpg
2008年11月23日のシロちゃん

d0053201_23581619.jpg
2008年12月2日のシロちゃん

d0053201_23583029.jpg
2008年12月5日のシロちゃん
d0053201_0414243.jpg
2008年12月6日のシロちゃん

d0053201_0433790.jpg

しおんに柵の下をくぐったら
脱走できるよ!
って教えてくれたシロちゃん。

d0053201_0443543.jpg
2008年12月22日のシロちゃん

d0053201_04643.jpg

d0053201_0472650.jpg
2008年12月29日のシロちゃん

缶詰パッカンの音に
僕も~って走ってきちゃたこともあった。

前に載せた動画だけど、去年の秋頃から
急にウチに通ってきてて
シロちゃんの存在は増幅。


シロちゃんは、いつでも優しかった。
どこからかともなく現れた新入り猫さんは
いつの間にかシロちゃんと一緒にいるようになって。
たぶんあっちに行けば缶詰がもらえるし
カリカリならあっちが美味しいよ。
そこには犬がいるからね。
とか色々教えてたんだと思う。

しおんとシロちゃんの関係も
今のこの家に越してきた当時に始まって
それ以来不思議な関係の2にゃんだった。

そんなシロちゃんだけれど
この日から見なくなった。

最初にブログで紹介した時のシロちゃん。
こんな夜もあった。
時々ヨダレ垂らしてたときもあったけれど
ご近所の猫のお世話を続けてる女性にも
褒められるほど、とっても強くって
ここ数ヶ月は一段と甘え上手になったのか
あちこちでごはんをもらって丸々っとしていて
居なくなるなんて思いもしなかった。

シロちゃんを見つけてくれたのは
このおばさんでした。
このおばさんもシロちゃんに甘えられて
笑顔を見せるようになりました。
この日はあんなに嬉しそうなスキップも見せてくれて。
おじさんが大好きだったんだよね。
愛をもらうことが満足ってんじゃなくって
たっくさんの愛を、おじさんにも
そしてご近所のたくさんの人や猫に注いで。
だからこそシロちゃんの中は愛に満ちてたんだよね。

d0053201_0502077.jpg
2009年1月2日のシロちゃん
これが最期のシロちゃんの写真となりましたが
でもまたいつか会えると信じてるね。
だから今度会った時はナデナデ~ってさせてね。

シロちゃん、たくさんたくさんありがとう。
ずっとずっと大好きだからね!




17日にご近所の猫おばさんから
シロちゃんの旅立ちを聞きました。
信じられなくて発見したおばさんが
嘘言ってるんじゃないかって思いました。
けど10月くらいから話してなかったそのおばさんの
洗濯物がウチの鉢植えに落ちてきていて。
そして18日にお話でき、少しだけ聞けました。
嘘じゃなかったんだなって。
細かい事は聞けなかったけれども
1枚目の写真のように、いつもいつだって
お家の前で座って、まるで守ってるように
座ってたシロちゃんが、まだそこに居るようです。
[PR]
by Ganbaruneko | 2009-03-20 00:07 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(6)
Commented by nyanparapara at 2009-03-25 01:20
あっ!私がここへ越した時に前のおうちの方が餌付けしてた白にゃんこに似てる^^
網戸だけにしておくとカラカラってあけて家の中に入ってきちゃったことがあって2にゃんこ達はびっくりして逃げ惑うし、私もびっくりした。
懐かしいなぁ・・
Commented by apr12pixtupi at 2009-03-25 20:17
GANNBARUたん、こんばんは
4ニャンの揃った写真はとっても良いです
み~ちゃんがトップきって近寄っている
そして、3ニャンの後頭部、とってもかわいいです~

シロちゃん、とっても良い子だったのね
みんなに愛されて、Gannbaruたん家のニャンたちとも仲良しで
きっと、GANNBARUたんに撫でて欲しかったよ思うよ
どんべい村の春の庭でも待ってるから
シロちゃん、来てね~
Commented by nyanmyupurin at 2009-03-25 22:33
シロちゃん、お星様になっていたのですね(;_;)
Ganbarunekoさんの記事を通して知っているだけなのに
にゃんと同じ白猫つながりで、なんか気になる存在の猫ちゃんだったので、Ganbarunekoさんの記事でシロちゃんのこと読めたり見たりできるのが嬉しかった。
寒い冬に、お外でおじさんを辛抱強く待っていたシロちゃん、
スキップしておじさんに駆け寄って行ったシロちゃん、
新入りの野良猫ちゃん達に、色んな情報も教えたりしていたり、
やさしいシロちゃん、愛をヒトにもネコにも、いっぱい、いっぱい与えることで、自分自身が愛に溢れていたのですね(T_T)。
最後が苦しさとか、寂しさとかなく旅立ってくれていたならいいな…。
Commented by Ganbaruneko at 2009-03-26 16:24
☆ぴえままさん、ご近所にシロちゃん似のコがいたんですねー^^
網戸開けて入ってきちゃったってことは、お家があった猫さんなのかな。
けど2にゃんとケンカにならず良かったですね^^
しおんが三毛猫さんを追いかけたの、シロちゃんチにいたからかなぁ?
なんて今更感じてます。今までもお散歩で三毛猫さんには
会ったことがあったしね。
Commented by Ganbaruneko at 2009-03-26 16:36
☆ママchan、私もこの1枚は気に入ってます。
いつも家の中にいて塀の上のシロちゃんと網戸越しに
ご対面する時もこんな感じでした^^
シロちゃんね、ほんっと臆病で近づくといやんって逃げてて。
もう7年も挨拶してたのに^^ゞ
でも近づいても平気になったのは去年の秋くらいからだったの。
ある日突然急に。何か噂でも聞いたのかも(笑)
今度会うまでなでなで~って出来ないから写真を撫でてます♪
どんべい村はかわいこちゃん達がたくさんだからウキウキっと
浮かれて遊びに行くかもねー^^その時はよろしくです♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-03-26 16:40
☆nmpさん、そうだよね、にゃんちんと同じ白猫さんって理由で
そんな風に見てくれていて嬉しいです。
私もこの記事書くのに写真や過去記事みていて
こんなにたくさん書いてたんだって驚きました^^;
玄関前で過ごすようになってから、通りかかる人たちが
ほんっとみんなウチの猫達に優しくて、そしてシロちゃんにも
いつも声をかけてたり、しゃがんで話し込んだりする人たちが
たくさんいたんです。私が知るだけでそんなにいたから、もっともっと
たくさんの人たちに愛を与えていたんでしょうね。
そんなシロちゃんだから、きっと穏やかで優しい光の中で笑顔で
旅立って行けたと信じてます。
<< 今日の治療と食事~しおんと三毛猫さん 今日の治療と食事~ただよう香り >>