今日の治療と食事~丸4年
09年5月18日(月)

d0053201_0181941.jpg
朝に診察時間前の動物病院の前で
トムを抱きしめしゃがみ込み
シャッターが開くのを、今か今かと待ったあの日から
今日で丸4年となりました。
(※お祝いしてくれたかのようにアイスバーグが開花♪)

d0053201_0424228.jpg
2005/05/28のトムちん

3日半の静脈点滴を経て退院。
ガリガリで骨格がどうなってるかひと目でわかるし
いったい内蔵はどこへ?ってほど痩せていました。
でも気持ちだけはすっごく元気で
私を独占できることが嬉しかったらしく
お見舞いに行ったときも大声で鳴いて
診察台の上で静脈点滴の針さしつつも
クネクネ甘えてたし、退院した日も
家についた途端にすぐ爪とぎしてたのを覚えてます。

d0053201_0425946.jpg
2006/05/12のトムちん

なんだか凄く遠い日のような、そうでもないような
とっても不思議な気持ちです。
この4年のことをひとつひとつ思い起こせば
本当に感慨深くはあるけれど
なんというか、ただただ、その瞬間、瞬間を
それなりに時々に合わせて
トムとお話して少しずつ歩んできたように思います。
もちろん、しおん、みーちゃんにも協力してもらいました。

d0053201_0431670.jpg
2007/05/07のトムちん

そんなこんなの4年の中で
本当に多くのことを教えてもらったけれど
最近強く感じるのは、ちゃんと愛する力が私にもあることを
しっかり叩き込んでくれたなって気がしています。
自分がちゃんと愛せたことで始まることがあるんだなって。
私が認識していたより、愛って偉大、そしてシンプルなんだなって。
なんだかそんな事を教えこまれた感じがしています。
もちろん愛し方には正解とか間違いとか
そんなマニュアルは無いのだけれども
私の心の穏やかさが”OK♪”と教えてくれるような気がします。

d0053201_0433087.jpg
2008/05/10のトムちん

去年秋に具合が悪くなってしまってからも
また上向いてくれ、体重も戻ってきてくれているし
この先も、こんなペースでゆったりのんびりと
瞬間、瞬間を大切に歩んで行こうと思います。

d0053201_0182531.jpg
今日のトムちん(1)

d0053201_0184284.jpg
今日のトムちん(2)


全てに感謝です♪




治療
◆トム◆
 風化カルシウム × 0(ごはん混ぜて)
 乳酸菌生成エキス(智通) × 適量(水、ごはんに混ぜて)

食事
■トム■
 ◎ラム肉、エリンギ、無農薬チンゲン菜+フィールグリーン 鶏肉

■しおん■
 ◎ラム肉、エリンギ、無農薬チンゲン菜+フィールグリーン 鶏肉

■ミチロウ■
 フィールグリーン 鶏肉

【今日のカリカリ】
  カントリーロード フィーラインダイエット


ウンチ情報:しおん×2(たっぷり)、みーちゃん

ゲボ情報:なし

pH情報:-

呼吸数(回/15秒):-

その他:昨日出てないと書きましたがしおんのウンチくんたっぷり出ました♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2009-05-18 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(32)
Commented by 猫の世話人 at 2009-06-05 23:04 x
以前に輸液の回数の事で質問させていただいた、猫の世話人です。

トムちゃん、4年を無事過ごされて、良かったですね。
Ganbarunekoさんの、愛情深いお世話の賜物だと思います。

トムちゃん似のうちののんのんも、腎不全発覚から無事1年を経過いたしました。数日に1回の自宅輸液で、BUNも大体30台を維持しています。Ganbarunekoさんとトムちゃんを目指して頑張りますね。

でも、もう一匹、のんのんと同年の雄猫がやはり腎不全が急激に悪化して、BUN70とかになってしまいました。数年来の口内炎で餌が全く食べられなくなり、ステロイドによる糖尿も出ていたので、思い切って全抜歯手術をしたのですが、やはりその影響が出てしまったようです。心臓に雑音も出ていて、そちらの方も心配なのですが、今のところなすすべもなく、自宅でなるだけ安静にすごしてもらっています。
トムちゃんみたいに頑張って、乗り切ってくれるといいなぁ。
Commented by メル at 2009-06-05 23:19 x
ほんとに2005年のトムちんみてたら、よくここまで元気に復活できたよね。(^-^) うちのメルモのことおもいだしちゃうなあ。私なりにがんばったけど、発病から3年半ぐらいしか生きてもらえなかったけど、私もほんとこの子たちには、感謝という言葉しかでてきません。
いつまでも長く過ごしたい、でもたとえ、もみじのように短い出会いから別れの時間であったとしても、その子との幸せな時間は言葉にできませんよね。

これからも、がんばる猫さんと三にゃんの幸せな時間を毎日たっぷり楽しんでくださいね。私も楽しませていただいてます!( ^^)

Commented by nyanmyupurin at 2009-06-06 15:36
トムちゃんの、このミラクルなパワーの源はGanbarunekoさんの愛なのですね。
楽しく、気持ちよくが一番のお薬であり治癒方法ですものね。
これからもGanbarunekoさんが穏やかに過ごせることが、結果トムちゃんの元気になるのかな(*^_^*)。
また今日から、のんびり、ゆっくり、トムちゃんとGanbarunekoさんのペースで。しおんくんミチロウちゃんと4人(3匹と一人)の生活を楽しんで、皆ニャンのかわいい写真をいっぱい見せてくださいね(^-^)。
Commented by はな at 2009-06-06 16:03 x
はじめまして、ganbarunekoさん。
「逆くしゃみ症候群」を検索してましたら
こちらのブログに辿りつきました。

うちでは6猫おりまして、13歳を筆頭に
なんとか大きな病気もせず今まで過ごしております。
こちらのトムちゃんや、猫友達の中にも持病を抱えた
猫ちゃんがいますが、みんながんばってますよね。
飼い主さんのご苦労も身に沁みますが、やはり
懸命に生きようとする猫たちのことを思うと胸が痛みます。
ganbarunekoさんや猫ちゃんたちが
出来る限り穏やかな日々を過ごせますように。
Commented by 露里 at 2009-06-07 11:29 x
トムちん。。。4年目クリアおめでとう♪
Ganbarunekoさんの愛情をたっぷり受けて
これからもご機嫌・ウマウマ生活続けて下さいね。
いつも可愛いおすまし顔、素敵だね!
Commented by calintmi at 2009-06-08 17:46
2回目の訪問です。(前回はトムくんと書いてしまいました。トムちんごめんなさい)
トムちんを見ていると私にもまだやることがあると思いコメントしました。
うちのラディ(9歳)は1年前ペルシャ猫に多い病気、多発性腎のう胞と
診断され、その後腎臓ケアするご飯(アニモンダニーレン・K/Dなど)で
食餌療法してきましたが、現在2.1キロ。
3週間前に口内炎ができ1週間の抗生剤で何とか落ち着きましたが
腎臓に負担もかけたようで、本当にヨレヨレです。
週に2回、病院にて輸液。唾液もネバネバしてよだれがでます。
ここ1週間は好きなご飯(普通食の缶詰め)をスプーン2杯程度を
食べ(ガツガツ食べるので食欲はあります)そのあとK/Dを溶かして
注射器で口に流し込んで食べさせています。幸いなことに嫌がらず
吐くこともしないので1日2回少量ですが、あげてます。
それとアイフローラという乳酸菌も水に溶かして飲ませてます。
もっと愛情を(今でも愛情ありますが)かければ、一時でも回復
してほしいです。藁にもすがる思いです。
何かアドバイスあったらどうぞ教えてください。よろしくお願いします。

Commented by gavi_photo at 2009-06-08 21:23
トムちゃんもGanbarunekoおねえちやんもしおんくんもミチロウちゃんもみんにゃでがんばって、でもがんばりすぎないで(* ̄m ̄)、楽しくお話ししあいこっしたりの4年だったんですねー。
アタシもトムちゃんたちとお友達になれて、いろいろ教えてもらえてゆるゆる楽しむこと教えてもらったような気がするよ♪
そんな4年があるから、また1年、また1年って生きること楽しめるんですね・・・
アタシもうんと楽しくなるにゃあ♪
Commented by 猫の世話人 at 2009-06-08 23:46 x
calintmi さん。(私も2回目です)

ラディちゃん、多発性腎のう胞ですか。
うちののんのんもそうなんです。
若い頃から原因不明の血尿があったりしたのですが、昨年初期の腎不全が発覚し、その際の検査で腎のう胞と診断されました。

口内炎、辛いですね。
うちのコも数年来苦しんできて(腎のう胞のコとは別のコです)、思い切って全抜歯手術をしたら、ぴたりと痛みも酷い涎も止まりました。
やれやれと喜んでいたら、やはり高齢手術の影響か腎臓が悪化し、今は重篤な状態です。
でも、まだ給餌はできるので(吐いたりはしない)、毎日頑張って食べてもらってます。

トムちゃんたちを見習って、ゆっくり、前向きに生きていきましょうね。
Commented by ちょこのお姉ちゃん at 2009-06-09 14:41 x
トムちゃん、4年目経過しておめでとう〜
がんばる猫さんのたっぷりの愛情を受けて、
毎日楽しく暮らして下さいね。
梅雨はトムちゃんにはつらくないのかな?
ちょこは雨の日は寝てばかりいますが、
トムちゃんもそうかしら?
トムちゃんとしおんクンの写真、何時見ても和みます。

Commented by 小熊太郎 at 2009-06-09 17:19 x
トムちんをはじめ、Ganbarunekoさんもみ~んな4年頑張ったね!
最初訪問した時は、全く病気だなんて思えなかったです。
そして誰が誰かもわかんなかった(笑)
今は通い詰めたのでわかるようになりました(^▽^)v笑

手づくりごはんがきっかけになり、こちらへお邪魔するようになって・・・と不思議なご縁に感謝しています。
猫達はこーゆうご縁のこともきっと知っててくれてるんだろうなぁ、って思います。
ありがと!トムちん、しおんくん、ミチロウちゃん&チビ(*^∀^*)

私も愛する事と今この瞬間の大切さを教えてもらいました。
振り返ればアッと言う間だけど、今をゆっくり大切に生きましょ!
Commented by apr12pixtupi at 2009-06-09 21:04
gannbaruたん、こんばんは~
本当に、トムちんは4年前の写真と比べても
毛並みや目の輝きが今の方がとっても良いです
みんなで頑張ってるんだもんね!
クロロンも昨年の夏に少し体調崩して
静脈点滴を受けたけど、(今年も暑くなると・・・と心配してます)
他の猫達がいたから、頑張れたような気がします。
益々、美人に磨きをかけたトムちゃんを見せてください
(^_^;)み~ちゃんもね!!
Commented by tieta4u at 2009-06-12 04:15
4年間ほんとにがんばりましたね
トムちん、毛つやもよくなっているような気がします。
愛の力ってすごいですよね
話しかけ、なでてあげるだけで、ずいぶん違うって読んだことがあります。
自然の回復力には心も大切なんだなぁと実感しました。
Commented by まめぞう at 2009-06-13 17:17 x
トムちゃん、4年前はそんなに大変な状態だったんですね。
トムちゃん自身の頑張りももちろんあっただろうと思いますが、
Ganbarunekoさんの深い愛情にも、頭が下がります。

我が家のまめも、もうすぐ5歳になるんですが
これまで病歴のないまめでも、5年の間にはそれなりに
いろいろあったので。
持病のあるトムちゃんの場合は、本当にいろんなことが
あったんだろうなと思います。

「瞬間、瞬間を大切に」って、とっても良い言葉ですよね。
これからも、猫ちゃんたちのかわいい姿が見られるのを
楽しみにしています!





Commented by kaezzz at 2009-06-13 22:45 x
体調も心も波はある物だけど、大きく波立つ事の無い様に
うまくコントロールして行ければいいですよね。
トラブルや急な体調不良が起きると、その場では
パニ食ったり落ち込んだりしてしまうけど、全て経験になる。
そうやってニャンズとの時間を紡いで、より深い関係になって
色々な時間を過ごして行けたらいいですよね。
うちの三人もまだまだですが、少しずつ距離感がなくなって
優しい関係になって行っている様な...(笑)
そんな小さな事を喜べる時が一番幸せですよね。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 03:04
☆猫の世話人さん、お返事が遅くなってごめんなさい。
おかげさまで4年を迎えることができました!
のんのんちゃんも1年が過ぎたんですね。多発性腎のう胞の事は
全然詳しくないのですが、今は維持できているとのこと、嬉しいですね♪
とは言え、もう1ニャンのコ(お名前はなんと仰るのですか?)の方は
重篤な状態とのこと、心配ですね。今はどんな感じですか?
すでにしているとは思うのですが、あまり神経質になり過ぎないって
ことだけ気をつけて、そのコの感じ、を受け取ってみてくださいね。
私にとってもそこがやっぱりとっても重要です。
その感じがつかめれば、次の手、と言うか日々のサポートも
降って湧いてくる気がしています。
代替療法もたくさんありますし、なにより猫の世話人さんの思いが
一番の薬になる気がします。
よりよい状態に落ち着いてくれるように祈ってます。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 03:11
☆メルさん、お返事遅くなってごめんなさい。
ほんっと私もね、この写真を見つけたときに、あの時のことが
ぐわーっとよみがえってきて、ほんっとよくここまで・・・と感じたよ。
メルモちゃんも3年半もがんばったんだね。
けどほんと時間じゃないよね。うまく言えないけれどギュっと濃い時間が
生まれて、事情や環境はどうであれかけがえのない時間だし
大切な時間になる事は変わりないもの。

これからもゆっくりのんびり、がんばりますねー♪
ホメオパシーもあれからどんどんはまってて、しおんのゲボにも
飲ませたりしています、ほんとにメルさんには感謝感謝です♪
でもってもみじちゃん、メルモちゃん、ケセラちゃんにも感謝感謝♪♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 03:23
☆はなさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
なのにこんなにレスが遅くなってごめんなさい。
そして優しい言葉をありがとうございます。
人間と暮らす動物たちも、長生きになった反面、人と同じ病気も
増えてしまい、いいのか悪いのか、と言った感じですが
彼らが病気になることには大きなメッセージがあるような気がしています。
私たち人間が自らのことを大切にすれば、彼らの病気も治まってくるんじゃないかなーって
漠然と思ったりしています。

6ニャンとは大所帯ですね。逆クシャミはその中の誰かですか?
長引いちゃってる猫さんもいるようですが、ウチの場合は垂れてこないまでも
多少鼻水が出た時とか、粉末(ふりかけとか)を吸い込んだ時に
なっていたみたいで、今はすっかりなくなりました。
こうしてコメント頂いて、そういえばあった!と思い出したほどです^^
早くよくなるといいですね♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 03:44
☆露里さん、お返事が遅くなってごめんなさい。
そしてどうもありがとう♪
これからもゆっくりのんびりがんばります。
露里さんも花ちゃんとゆっくりのんびりーっと♪
一緒にがんばりましょうね。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 03:57
☆calintmiさん、大変な時なのにお返事が遅くなってごめんなさい。
ラディちゃん、今はどんな様子ですか?アドバイスなどおこがましいのですが、我が家の場合は今は智通に助けられたと思ってます。
抗生剤飲んでも下痢にはなりませんか?下痢になると体力を使うので・・。ならずとも腸内環境が悪化してしまうことはご存知だと思います。トムは腎不全からくる慢性的な軟便だったのですが、この1年使ってみて、もし使ってなかったらもっと衰弱していただろうなって思っているほどです。お口の中の環境も整えてくれると思いますし。ただクエン酸が入ってるので、かなーり薄めないと口内炎に沁みますが。もちろんアイフローラとの併用もOKですし、もし興味があれば。
腎臓の数値はどうですか?トムも尿毒症になった時に口内炎になり
壊死させてしまいましたが、それ以来なっていないです。後はやっぱり温めでしょうか。もうだいぶ暑いと思える日もあるので様子をみつつ、ラディちゃんが嫌がらない程度に温めてあげるのもひとつかと思います。calintmiさんのたっぷりの愛情とサポートでラディちゃんが上向きますように♪応援しています。もし何かお急ぎの時は遠慮なくメールくださいね。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:02
☆Gaviちゃん、いつもありがとー!
私もGaviちゃんに会えて色々教えてもらってるよ、感謝です♪
快を知らないと不快がわからない、って本に書いてあったんだけど
気ぜわしくしてると案外気づかないし、不安にかられてばかりでも
わからないのよね。ゆっくりゆるゆるっとこれからものんびーりっと
がんばろうねー!
梅雨があけたら、またキャンプ三昧かな?愉しみだねー♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:05
☆ちょこのお姉ちゃんさん、お返事が遅くなってごめんなさい。
そしてお祝いの言葉をどうもありがとー
梅雨、今のところはずっと続けてる毎日の保温がいいみたいで
辛い状態にはなってないみたいです♪
んでもって、ウチの猫たちはなぜか雨の日だから寝てばかりって
ことが無くって・・・。
ちょこちゃんはしっかり寝ているのね~。
いつもは後をついてまわるちょこちゃんだけに
梅雨時期はちょっぴり退屈しちゃいませんか?(笑)
あ、でも北海道は梅雨がないのでしたっけね。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:10
☆小熊太郎さん、あははー、実は小熊太郎さんチ、未だに区別が
つかないコもいます^^;
ウチは名前がややこしいから、余計にわかりにくいかも(笑)

ほんっと不思議なご縁なんですよね。
猫たちが病気になって教えてくれること、本当に膨大です。
本当は病気になる前から色々と教えてくれてたんでしょうけど
アンテナが小さかったみたいで(汗

>私も愛する事と今この瞬間の大切さを教えてもらいました。
>振り返ればアッと言う間だけど、今をゆっくり大切に生きましょ!
ほんと、人間同士だと学びづらいであろう「愛することとは?」って
テーマを教えてくれますよね。
私もチビちゃんに感謝です♪♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:15
☆ママchan、おはよー。溜めに溜めちゃったコメントにレスしてたら
おはよう♪な時間になってしまいました^^;
私もね、写真探しててこのトムちんの顔をみて、これだけ具合が
悪かったんだーって思い出しました。
クロロンちゃんも夏に体調崩したんだね。
でも静脈点滴で上向いてくれてほんと良かった!
ママchanのことを耕介くんたちも支えてくれたからこそなんだね♪
去年の夏のトムの場合はエアコンで冷えたのが良くなかったみたい。
かなり控えめにしたつもりだったけれど、ダメだったから
今年はエアコン無しでがんばります。
変わりにちょっと高めの扇風機を買いました。

クロロンちゃんもトムちんも、他のにゃん達も今年の夏を
乗り切るべくがんばろーね♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:18
☆tieta4uさん、どうもありがとうございます!
毛艶もいいって言ってもらえて嬉しいです。
やっぱりフードを止めてから変わったようで、食べ物の大切さをも
教えてくれました♪

>愛の力ってすごいですよね
>話しかけ、なでてあげるだけで、ずいぶん違うって読んだことがあります。
>自然の回復力には心も大切なんだなぁと実感しました。
本当にそれは実感しています。
愛の反対は無関心と言うように、心をかけてもらえることが
いかに命に響いてくるか、心が萎むことが、いかに体が萎むかをも
目の当たりにしました。愛ってありふれた言葉過ぎてしまっているけれど
これからのこんな世の中だからこそ見直したいって感じています。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:25
☆まめぞうさん、そうなんです、当時は、入院したっきり出てこれないかも・・・
と言った状態でしたから。今も主治医には説明できない快復だと思っています。
まめちゃんも5歳になるんですねー。
ほんっと大切なコだけに、何かあっても一番ベストな状態で
サポートしてあげたい、って思いますよね。
思えば、まめちゃんに出会ったのも、智通のおかげ。
あのまめちゃんのコスモスを飲む姿に歓喜したのを覚えています♪
智通をはじめて1年になりますが、そのおかげでかなり助けられてますが
今では輪もかなり広がりました!
お互い大切なコたちとの楽しい暮らしを続けられるように
のんびりゆったりと構えてがんばりましょうね♪
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-14 04:33
☆kaezzzさん、そうですね、ほんっと経験ですね。
そして年の功?(笑)
きっと私が20代の時に同じ病気だったら、こんな風には
出来なかっただろうなって感じます。
猫たちのこと以外で、苦しんだり悩んだり泣いたりしたからこその
今だと実感しています。
>そんな小さな事を喜べる時が一番幸せですよね。
本当にそうですね♪王子君が一緒に寝てくれるようになったと
喜んでる様子を読んでニンマリしちゃったり。
でもその気持ちがわかるだけに、こちらまで嬉しくなります♪
今も気温が上がったことを感じさせる3ニャンの寝姿に
自然と笑顔になっちゃってます♪さて写真撮らなくちゃ(笑)
Commented by 猫の世話人 at 2009-06-15 22:25 x
Ganbaruneko さん、お返事ありがとう。

色々アドバイスありがとうございます。

残念ながら、あれからウチの雄猫は亡くなってしまいました。
FIPのキャリアだったのですが、発症してしまったみたいで、腹水が溜まり、あっと言う間の事でした。

口内炎の痛みを無くす為、全抜歯手術をしたのですが、それが却って身体に負担をかけてしまったみたいで‥‥まず腎臓が悪くなり、心臓も。勿論手術前に色々検査をして、何とか耐えれるだろうと言うことで踏み切ったのですが‥‥数年間口の痛みに耐え続けていた為、徐々に免疫も落ちていたのだと思います。

お口の痛み自体は完全になくなったみたいで、最期の数ヶ月、のんびり暮らせた事がせめてもの慰めです。でも、寂しいよ~
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-15 23:09
☆nmpさん、ぎゃー、ごめんなさい。他のお返事も順番が変だったのに
また・・申し訳ないですm(__)m
愛は確かにた~っぷりありますが、ここで書いた教えてもらった愛って
ちょっと違うんです。うまく言えないけれど生まれてから今まで色々な形で
方々から学んできたまとめ、と言うかなんというか。
この教えを受けてからは、すっごく生きやすくなりました^^
これからもこの教えを胸に猫たちじゃなく、私自身の人生の中で
フル活用していこうって思ってます。
Commented by Ganbaruneko at 2009-06-15 23:15
☆猫の世話人さん、お辛いときにお返事ありがとうございます。
FIP・・・そうだったんですね、これから、と思っての手術だったでしょうから
悔しいし、何よりとっても寂しいですね。
でもきっとその数ヶ月の間、穏やかにお口もすっきりと過ごせたことが
本当になにより素敵な時間だったのではないでしょうか。
とっても濃密なギュギュっと幸せを詰め込んだ日々。
ぽっかり胸に開いた寂しさは埋まらないかも知れませんが
お話することで、気持ちが少しでも楽になるのなら
色々お話聞かせてくださいね。
Commented by calintmi at 2009-06-17 13:38
今朝初めて自分で輸液やりました!少量ですが何とか出来ました。
ラディも多少動きましたが主人と3人で必死に頑張りました。
ところでH4Oというお水ご存知ですか?
私は今日注文しました。
慢性腎不全の猫を救った水とのことです。

先日猫の世話人さんにコメントいただいたので
すみませんがこの場をかりてコメントさせてください。
Commented by calintmi at 2009-06-17 13:54
猫の世話人さんへ
先日は私に励ましのコメントありがとうございました。
みんなが応援してくれていると思ったら本当にうれしかったです。
のんのんちゃんの具合はいかがですか?
そして雄猫ちゃんが亡くなったとのことで本当に悲しい時だと
思います。どうぞお力を落さずにご自愛ください。

Commented by Ganbaruneko at 2009-06-19 12:28
☆calintmiさん、自宅で輸液開始されたんですね。
ドキドキだったでしょうね、ウチの病院は退院後は即自宅輸液だったので
自分が注射されるのも見れない私がトムに針をさせるのかと心配で
会社で震えつつ皮下輸液の動画を見た覚えがあります。
自宅ですることによって通院のストレスが減った分、元気になってくれると
嬉しいですね♪

H4Oは知っていますよ~。ですが私はピンと来なかったので
別の還元水を使っています。
ご存知かと思いますがH4Oは水素が抜けやすいとのことなので
お気をつけくださいねー。

>先日猫の世話人さんにコメントいただいたので
>すみませんがこの場をかりてコメントさせてください。
もう全然OKです、どんどんどーぞ♪こうして交流が深まるのは
嬉しいですし♪
<< 今日の治療と食事~ブログも4年 今日の治療と食事~安保先生の免... >>