カテゴリ: ├FLUTD( 1 )
ストラバイト-尿のpHについて
今回しおんがストラバイトになって、尿のpHを意識するようになったので
ちょっとまとめておきたいと思う。

pH(ペーハー、ピーエッチ)とは水溶性の性質を現すもので
酸性・中性・アルカリ性と3つで現しますが、それらを更に細かく数値で表したものがpHです。
(2008/12追記 現在はピーエイチ、ピーエッチと発音されるのが主だそうです)

pHは0から14までの数値で表現し、pH7が中性、それより小さな値が酸性
大きな値がアルカリ性となります。

今回しおんがなったストラバイトはアルカリ性に傾いたために出来たものです。
通常猫の尿のpHは6.4±0.2位であればいいようです。
とは言え、調べて見ると若干の差はあるようのでやはり主治医の指示に従ってくださいね。

続いて、pHの値を調べることで結晶ですが私が調べたところでは以下の4つがありました。
これらに罹らないために、日ごろから尿のチェックは重要なのではないかなって実感しました。
とは言えまめにチェックするのは大変なので、普段は月1回とかでも特に結晶がでやすい
時期には集中してチェックするようにすれば良いのかも知れません。
ですが、体質によっては癖になりやすいといわれているので、そういった場合は大変なんて
言ってられないのでまめにチェックをしてくださいね。
結晶が無くなればよいって話ではなく、膀胱炎になったり、腎不全になったり
他の病気にもつながったり、もしかしたら他の病気な場合もあるので
ぜひ気をつけてあげてください。(経験して実感中^_^;)


中性からアルカリ性に傾くと出やすくなる
  リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)結晶
   猫の尿石症の原因になる結晶の中で最も多い結晶で薬で溶けます。

中性から酸性に傾くと出やすくなる
  シュウ酸カルシウム結晶
   ストルバイトと違い、薬で溶かせないので結石になってしまうと外科手術が必要。
  
アルカリ性に傾くと出やすくなる
  尿酸アンモニウム結晶

酸性に傾くと出やすくなる
  尿酸結晶

こうしてみると、どこへ傾いてもダメじゃーん!ってイラっときますが頑張りましょう♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2005-10-31 23:25 |  ├FLUTD | Comments(4)