カテゴリ:【猫と旅する/帰省2010春】( 19 )
うまうま
d0053201_2084816.jpg

[PR]
by Ganbaruneko | 2013-02-17 20:10 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(0)
猫たちとの帰省~帰路編
いつの話~?ってな程に時間が経ってしまいましたが
最後、帰路編をば。

みーちゃんの変化はこの帰路編が一番わかりやすいです♪

出発から今までは下記をご覧くださいませ~。
http://ganbaru.exblog.jp/i30

帰路編スタート♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-11-03 23:34 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(6)
猫と旅する~Happybirthday妹よ
また期間が開いてしまいましたが、猫たちとの帰省の続きです♪



d0053201_2131862.jpgd0053201_21303722.jpg
このコたちには今日もお留守番してもらい
午後からは父の実家に行きました。
d0053201_2149790.jpg
祖母に会うのも、伯父たちに会うのも、いつ以来か分からないほど久しぶり。
でも変わらぬこの家の匂いが、安心感を与えてくれました。

この日は妹の誕生日。
父に忘れないでねー、と伝えてあったのですが
自分ひとりで祝うのは恥ずかしいらしく、大事に~!

叔母がこんな大きなケーキまで用意してくれたりして
妹にとっては、忘れられない誕生日となったようです^^
d0053201_21492399.jpg
妹と祖母。
祖母は93だっけな、4だっけな?
とにかく、90オーバーとは思えないほどしっかりしていました。
本人は痩せた痩せたと気にしていたけれど大丈夫ですから♪
d0053201_21342022.jpg
散々食べて飲んで後は、雨も上がったことなので付近の探索に。

父の実家はりんご農家なので、すぐ裏にもどこかんチの畑があります。
って父の実家のものかも知れませんが(汗
d0053201_21344621.jpg
子供の頃は、受粉のお手伝いに来たこともあります。
d0053201_2135884.jpg
リポ○タンDの空き瓶と思われるものに、ピンクに色づけされた花粉が入っていて
それを耳かきの後ろのふわふわで、ひとつひとつのお花につけていくのです。
d0053201_21352569.jpg
当時、叔父と亡くなった祖父は、ピストル型の受粉機を持っていて
それでお花に受粉していて、羨ましかった思い出があります。
d0053201_21354084.jpg
と言っても、子供だった私がちゃんと受粉するはずもなく。
d0053201_21355593.jpg
・・・で。

何をしていたかと言うと、あたり一面に咲いたタンポポに
そのピンクの花粉をつけてまわり、黄色一面からピンク一面へと変えていました(笑)
d0053201_21361684.jpg
懐かしい善き思い出です♪
d0053201_21363334.jpg
岩木山はここからも見えています。
高いビルが無いから、どこからでも山が見えて、なんだか良いです。
十分大人になった今だから思うんだろうけどね^^ゞ
d0053201_21364883.jpg
まだ寂しいお庭にひときわ目立つピンク色。
d0053201_2137432.jpg
こんな機械もありました!
d0053201_2137199.jpg
ウチの地元では ネコ と呼ばれるコレ。
案外、物を載せて運ぶのが難しいです。
d0053201_21373330.jpg
剪定の時期だったのか、たくさんのリンゴの枝がありました。
周りの畑にもたくさん積んでありました。
d0053201_21375354.jpg
これを切って、薪にするのでしょうね。
以前読んだ小説に、りんごの薪は甘い香りがすると書いてあったけれど本当かな。
d0053201_2138832.jpg
これまた大人になったからこそ、興味が湧くのでしょうね^^;
d0053201_21382158.jpg
そうそう、弘前の桜が素晴らしいのは、このリンゴ栽培の技術を応用しているからだそう。
リンゴも桜も同じバラ科ですもんね♪


酔っ払った父は置き去りにして、また帰省した際には必ず来ると約束を交わし
(いい年しておば達からお小遣いをもらい)実家へと戻りました。
d0053201_21384629.jpg
母と夜桜に行く予定だったので18時過ぎには帰宅したのですが
d0053201_2139188.jpg
しおんも、みーちゃんも出かけた時と同じ場所で寝てました、猫っぽーい(笑)

ところでしおんに違いがあるのがわかりますか?
d0053201_2139177.jpg
答えは耳!(引き伸ばしたらボケボケだけど)
17歳直前に始めて外でケンカして咬まれた耳の傷に出来たでっかい瘡蓋がなくなっていました。
d0053201_21394895.jpg
瘡蓋は近くに落ちてたので、拾って撮影(笑)

ホメオパシー効果で、出し切るまで続いて大げさになった瘡蓋。
そうとは思っていても、このまま取れなかったら?なんて考えもよぎったりしたので
ポロリと取れたら、キレイさっぱり良くなってたのを見て安心しました^^

そして夜桜へと~♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-06-03 21:43 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(8)
猫と旅する~4日目
日が開いてしまいましたが、4月末の帰省の続きです。

d0053201_2332114.jpg
最初から戸惑うことなく、帰省を愉しむしおんですが
お外でもこんな感じで、いつものお外時間と変わらず。
d0053201_233285.jpg
ハーネス&リードは外しました。
どうやら信頼されてない感じがするらしい。
d0053201_2333446.jpg
子供の頃を思い出す、なつかしい草がたくさん生えていて
中でも懐かしく感じるイネ科の草をパクパク食べてました。
猫草持っていくか悩んだんだけど、持ってこなくて正解でした♪
d0053201_2334176.jpg
ぺんぺん草も咲き始めは、見慣れたのとはちょっと違って新鮮。
d0053201_233474.jpg
この一角は建物がないので、お日様をひとりじめ~!
d0053201_233566.jpg
みーちゃんは、2階の和室の出窓を陣取り、お日様ひとりじめ~♪
慣れない場所でも快適な場所を探すのは上手なんだね。

More
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-25 23:06 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(2)
猫と旅する~トム子ちんの遺骨も持って♪
猫達の他にたくさん荷物が積める2段式のカートで移動したのにも関わらず
大きなバッグで行ったのは、カート上段しか取り外してキャリーに出来ないので
何かの時にしおんを入れられるよう、にと言う考えだったことは以前書いたのだけれど
他にももう1つ理由があった。
d0053201_241821.jpg
さて、これがバッグの中身。
ウェットティッシュや、タオル、ポーチ、お財布、デジカメ、携帯、私のお茶、おにぎり、おやつ、
猫達のお水、猫達のお水を入れるタッパやウェットフード、などなど。
そして写真左のリボンがついたもの。

タイトルからもわかるかと思うが、トム子ちんの遺骨。
割れちゃうと嫌だから、少しだけ悩んだけど、せっかくの土に返せるチャンス。
バッグに入れて実家に持って行きました。

お家に置いておくのはすっきりしないし、かといって埋める場所もない。
海へ散骨も考えたけれど、散骨するために骨を粉々にされるのもためらわれ
何より海とトム子ちんってかけ離れてる気がして^^ゞ
ともかく土に返したくって、この数ヶ月気になってた。
d0053201_26775.jpg
母がお庭に穴を掘ってくれた。
実家で暮らしてた、しおんより1個上のヒメの体を返した場所だそう。

母が石をふたつ並べてくれた。その辺りには麝香草が植えられています♪
とってもよい香り。これからどんどん生えて香ってくることでしょう。

1993年8月にサビ猫トムちんと一緒に暮らしはじめて
2005年5月に病気がわかり
2009年8月にサビ猫トムちんをお見送りし
2010年5月こうして土に返すことができました。

なんと表現したら良いのか適切な言葉が見つからないのだけれど
ようやくトム子ちんとの暮らしを終え、全部最後までしっかり送り出せた!よし!
っていうのかな。そんなスッキリした気持ちになれました♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-19 02:05 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(14)
猫と旅する~出発から3日目、弘前城さくらまつりへGO!
弘前は時間の流れがゆっくりなのか、寝る時間も早いし
場所が変われど早起きなしおんに起され早寝早起きの健康的な理想の生活。
d0053201_22451096.jpg
みーちゃんも網戸越しにいつもとは違う朝の香りを堪能しています♪
d0053201_2249778.jpg
一方しおんは早々に階下に行き、まだ8時半前なのに寝ています。
5時前から起きてるんだから、確かに寝てもいい時間だよね(笑)
d0053201_22491878.jpg
そして今日の耳の状態はこんな。
d0053201_2362658.jpg
10時頃にはこんなことになってました。
またふたりでグーグーグー..zzZZ
d0053201_23103988.jpgd0053201_23105560.jpg
d0053201_2320061.jpg
お昼にはお外に出ました。
↑のお花ですが左は前回帰省した時に持ち帰るつもりで買った十月桜。
春と秋の2回花を咲かせます。
右は白加賀と言う梅で、母が大切に育てています。
d0053201_23343933.jpg
d0053201_23355279.jpgd0053201_23361316.jpg
d0053201_2337263.jpgd0053201_23373819.jpg
d0053201_23393019.jpgd0053201_23394040.jpg
母の育てている植物たち↑と原っぱの植物たち↓
d0053201_23594050.jpg
d0053201_23595678.jpgd0053201_00795.jpg
空の面積が広いから青さがまぶしくて、たまらんです♪

さてさて2階のみーちゃんは・・・
d0053201_05749.jpg
d0053201_052774.jpgd0053201_053912.jpg
私の顔を見ると嬉しくてコロンコロン~っ
もうほとんどいつものみーちゃんです♪
d0053201_075897.jpg
しおんにごはんを食べさせて、また2階に行って見ると
d0053201_09910.jpg
隣の部屋まで偵察に行っていた様です。
でもすぐに戻ってきて、一旦隠れてみたり。
自分の家じゃないって事はちゃんと把握できてるのね^^
d0053201_010535.jpg
午後からはさくらまつりが行われている弘前公園へと出かけました。
桜は開花したばかりでしたが、急な帰省だったため母の休みである今日にしました。
d0053201_0121969.jpg
しおんも連れて行こうとカーとに乗せると、野良ちゃん発見。
d0053201_0153144.jpg
ここ最近よく姿を見せるのだとか。汚れてはいたけど毛の長いかわいい猫さん。
この時しおんと遭遇したせいか、翌日から姿を見せなくなりました。申し訳ない気持ちだったのですが、どこからか見ていたのか私たちがいなくなった日からまた姿を見せるようになったらしいです^^;
d0053201_02601.jpgd0053201_0261185.jpg
弘前公園までは結構歩きますが、ゆっくり歩いて向かいました。
↑は弘前のメインストリート的な通りに流れる土淵川の木。
のんびりこんな風に寄り道しながら歩くのは楽しいです。
d0053201_0295924.jpg
ちなみにここで、しおんがウンチくんをしたのでお片づけしたのでした^^;
珍しく軟らかウンチ君。匂いもしてたし移動の疲れが出たのかもね。
d0053201_0315245.jpg
ようやく追手門付近まで到着。
ここまで45分くらいかかったかな~。
d0053201_0332430.jpg
東京にいるときから、今年の変な天気の影響で
滞在中に満開は無理だと知っていましたが、ご覧の通り咲いてませ~ん。
d0053201_0363784.jpg
いつもはこの外堀が一番最初に咲くので、公園内は更に硬い蕾でした。
d0053201_0375214.jpg
ご覧の通り。膨らみ始めといったところでしょうか。
そうそう来年は弘前城 築城400年だそうです。
ここで満開の桜を紹介できないのが残念なのですが、機会があればぜひ観て欲しいです。
絶対に損はさせません^^♪私も来年は満開の時期に帰省したいですね♪♪
d0053201_0431185.jpg
でも色づき始めたこの時期ならではの雰囲気も楽しかったです♪
d0053201_0461147.jpg
そんな蕾の状態だからか、園内にはこんな大きな写真もありました。
d0053201_0462170.jpg
写真にはこんな文章が添えられてありました。
ギャグなのかマジなのか・・・わかりづらい(汗
d0053201_0503375.jpg
この風景に満開の桜を想像してみたら、どんなに素晴らしいか想像できると思います。
d0053201_0512553.jpg
また古木が多く、こんなに大きな松もたくさん生えています♪
d0053201_053456.jpg
この17歳の古猫も素敵です。
って実は弘前公園は犬猫を連れて入るのは禁止になっていました。
そのためメイン会場?には行かず(行けず)ほんの外っ側だけで帰ってきました。
d0053201_0573752.jpg
でも素敵な風景はたくさんあります。
これはしおんと岩木山!しおんの頭に岩木さんが顔を出してます(笑)
d0053201_057494.jpg
右手に写ってるのも桜。これが咲くと本当に素晴らしいです!ってしつこいかな。
d0053201_111144.jpgd0053201_112153.jpg
足元にはこんな可愛いお花も咲いていました。
d0053201_182472.jpg
d0053201_183837.jpgd0053201_184554.jpg
d0053201_1153214.jpgd0053201_1154265.jpg
d0053201_1155889.jpgd0053201_116757.jpg
d0053201_116233.jpg
しおんも大きな木に囲まれてエネルギーチャージできたかな。
d0053201_119318.jpg
この道も満開だとそりゃ~ってもういいね^^;
d0053201_1292919.jpgd0053201_1294077.jpg
d0053201_1305449.jpg
最後は樹齢300年以上の大銀杏にご挨拶しに行きました。
5年前に行った時は柵がなくて、触ることが出来たのだけれど
根を守るためか、柵で囲われていて残念ながら触ることができませんでした。
d0053201_1311268.jpgd0053201_1312489.jpg
d0053201_1314522.jpg
とっても大きいのでカメラにおさめるのも大変なのですが、大きさが伝わったでしょうか?
人と一緒に写っている写真が一番わかりやすいかな。
d0053201_1553312.jpg
(西の郭から)公園を出て坂を上ると、また岩木山に出会います♪
岩木山を背に帰り道ものんびり歩きながら帰りました。
d0053201_1554053.jpg
日陰に入ると寒く感じるほどに気温も下がってきたので、しおんは暖を取るため抱っこです♪
d0053201_1554713.jpg
d0053201_156133.jpg
坂を登りきったところには、観光案内には必ず載っている藤田記念庭園があります。
入ったことは無いのですが、機会があれば入ってみたいです。
住んでるときは興味が無かったのに、離れてみると興味が湧いて・・・不思議です。
d0053201_156862.jpg
向かい側には市民会館があるのですが、その辺りの桜です。
ご覧の通り咲いてませんが、濃いピンクがキレイでした。
d0053201_154484.jpg
夜の女三人お喋りタイムのためにあさか餅を買って帰りました。
このあさか餅、地元のスーパーだとよく売っていたので特別なものとは思っていなかったけれど
東京では見かけないしどうやら地元での定番お菓子みたい。
(弘前市民が選んだお菓子ランキングもありました♪上位はやっぱり食べた事あるなー)
そしてお店はこの三笠屋さんが一番有名みたい。
こんな店あったっけ?なんて言ってた私ですが包装紙を見て思い出しました^^;
同じ包装紙を使い続けることって、こんな風に思い出となっていいものですね。
d0053201_1545793.jpg
さて・・・アクビ写真はお店に入ったまま、長話を始めた母を待つしおんです。
内容は知らないけど長話をしたおかげで、桜餅2個おまけしてもらったそう(笑)
d0053201_156149.jpg
地元の食べ物で食べたかったのがコレ。
玉子豆腐として売ってるけど、茶碗蒸しな食べ物。
タケノコや鶏肉、カマボコなんかが入ってて、美味しいの~
子供の頃から好きだったのでたっぷり食べてきました。
ちなみに好きなのも子供の頃に食べてたのも写真左のやつ。
右側は並んで売ってたので買って食べてみたけど、やっぱり左にはかなわない。
子供の頃の好みって、根強いんだろうね、きっと。
今は楽天でも買えるみたいなんだけど、やっぱり帰って食べるのが美味しい気がするな。
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-18 22:54 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(4)
猫たちとの帰省~みーちゃんがおしっこしてくれない(写真追加あり)
また日が開いてしまいましたが、猫連れ帰省の続きです・・・

d0053201_19413130.jpg
翌朝のしおんです。
外に出たいと言ってますが、いつもとは事情が違うのでハーネス&リード無しじゃダメ!
と制されているところです。

昨晩は私の布団に潜りながらもちゃんと眠れなかったであろうみーちゃんは
朝から2階の静かな部屋へ連れて行くことにしました。
この時点でごはんも食べていないし、トイレにも行っていません。
ごはんはともかく、トイレ(しっこ)は急性腎不全を招き、とっても危険です。
それを知っているからこそ、どんどん焦る私。
昨日のAcon.は効果が無いようです・・・困りました。

持って行ったホメオパシーのレメディを広げ、考えました。
私がどんどん追い詰められてるのを感じ取ってか、母が私に言いました。

「ホメオパシーを使いこなせるようによさを伝えるように
  身を持ってそうなってるんじゃないの?」

ニュアンスは違ってるかも知れないけど、こんな風なこと。
私は常日頃、自分にとって困難だと感じる出来事が起きたときにはいつも
何を教えよう、何を伝えよう、何に気づかせようとしてるのだろう?と考えます。
でも、この時ばかりはそんな風にも考えられない位になっていたんですね。
この母の一言で冷静になれました。
みーちゃんが意識してそうしている、と言う事じゃなくて見えない力がそう仕向けてると
言うのでしょうか。そんな風に受け止めることが出来たんです。

そして【Op.】(オピウム)と言うケシから作られたレメディを手にみーちゃんの元へ。
このレメディは最初に飲ませたレメディと同じく恐怖のレメディ。
恐怖のあまり、感覚が麻痺してしまったと言うような場合のレメディで
麻酔の毒だしにも使われるものです。

そのレメディをお口に入れた途端に、それまで固まっていたみーちゃんの体の力が抜け
少しですがほぐれていくのがわかりました。
そして、今までは隅へ隅へ、隠れられる方へ移動するのみだったのが
車中で使ったトイレ代わりのトレイについた、しおんのしっこの匂いを嗅ぎだしました。

急性の場合、驚くほどの即効性があるのはトムのこわばりの時で身を持って知っていましたが
この時のみーちゃんの”ほぐれて行く様子”を見て驚き、これは大丈夫かも!と思えました。
ひと言アドバイスくれた母に感謝です。

d0053201_16262230.jpg
とは言え、まだしっこが出ていません。
でもそんな不安を抱えたまま午前から叔父と従兄弟とでかけました。
以前このブログにも登場したかずおが旅立った海へと。

その海に彼がいる訳じゃないんだけど、かずおの父である叔父や弟である従兄弟
そしてかずおとは同じ歳なのもあり、本当にべったり仲良しだった妹と一緒に
日本海へ行きたかっただけなんだけどね^^;

↑の写真は道中見える岩木山。まだ雪がたくさんありました。
いつも使うとは違うルートを通ってくれたから、表情が違って見えました♪
d0053201_16295429.jpg
やっぱり日本海は力強くて好きです。
空は曇っていたけれど、弘前市内は午後から雨だとの予報だったので
こちらはすでに雨かと思ったけれど大丈夫でした。
同行したバロンが飛ばされるんじゃないかと思うほどの強風だったけど。
d0053201_16324448.jpgd0053201_16325833.jpg
バロンは叔父んチの犬。とっても可愛いです!(clickで大きくなります)
d0053201_1641537.jpg


d0053201_1639927.jpgd0053201_16392110.jpg
帰りは近くの魚屋さんに寄りました。
驚くほどの安さでしたが、何も買わず。
無意識のうちに”東京まで持って帰れない”と思っていたようです(>_<)
しおんにもたっぷり食べさせてあげられたのになぁ~

その後は観光者向けの施設でランチしました。
めかぶがたっぷりのった津軽そばがとっても美味しかった♪
酢の物だとたくさん食べられないめかぶの新しい食べ方をメモメモ“φ(б_б*)゛
d0053201_1653321.jpgd0053201_16534560.jpg
d0053201_16535591.jpgd0053201_165459.jpg
食べ終わった時には雨が降ってきました。
そんな雨の中、従兄弟が【わさお】のいるところに連れてってくれました!
雨が降ってきたのでハウスの中に入ってしまいましたが
テレビで見た通りのモコモコっぷりで可愛かったです。

その後、叔父の家に寄ってバロンと遊び、従兄弟の入れたお茶を飲み・・・
買い物に出ていた叔母が晩御飯を食べて行くかと思って、と
たくさん袋を提げて戻ってきたのですが、私の頭の中はみーちゃんで一杯。
申し出を断った事で寂しそうな叔母に見送られ、従兄弟に送ってもらって帰宅しました。

15分ほどの道のりですが、尿毒症になってたら?とかイヤな考えも浮かんできます。
そんな気持ちを払拭するためにも
『みーちゃんがごはんも食べておしっこもしてくれました!ありがとうございます!』
とアファメーション。

みーちゃんは、変わらず2階の部屋の隅にいました。トイレを覗くも砂は固まっておらず。

もう1度【Op.】をひと粒飲ませました。
朝飲ませてから6時間後でした。その4時間後にまた同じレメディを飲ませました。

そしてみーちゃんの前に大好きな鰹節を置いてみました。
レメディを飲ませる前までは、鰹節も空気も同じであるかのように興味を示さ無かったのに
鼻をヒクヒクさせました。でも食べません。なので小さなかけらを鼻の頭にくっつけてみました。

それをペロリと舐めたみーちゃん。

途端に目の前の鰹節も食べだしました!まるで食べる事を思い出したかのよう。
恐怖が強すぎると、お腹が空いた事はもちろん、排泄したいということも忘れてしまうんだ!
と知りました。食べてくれた後は早かったです。
おしっこもしたし、部屋までは入ってこなかったけれど、自ら1階まで下りてきたり。
いつもの好奇心いっぱいのみーちゃんのお出ましです。

ほんと、なんで今までこのレメディが浮かばなかったのか、不思議なほどでした。

ちなみに恐怖のレメディの代表的なものには3段階あるんです。

 1. 心や体で知覚できる恐怖 ⇒【Acon.】
 2. 恐怖が凄すぎて幻覚、幻聴、妄想が生じる ⇒【Stram.】
 3. 恐怖が限界を超え、全てを忘れ何も無かったように振舞う(無感情、無感覚) ⇒【Op.】

こんな風に3段階に分れています。
もしかしたら、みーちゃんは1.の【Acon.】の高ポーテンシーをリピートしたり
2.の【Stram.】(ストロモニューム、朝鮮朝顔のレメディです)のリピートでも良かったのかも
知れません。でも私の手元にあったのはOp.の200C.。
去年の夏にトムの出したいけど出せないウンチ君のために買ってあったレメディでした。

西洋医学のお薬とは違って、ホメオパシーの面白さでもあります。
トムの出せないウンチ君には効果が無かったけれど、しおんの麻酔の毒だしにも働いてくれたし
今回のみーちゃんの恐怖へは、本当に良く働いてくれました♪

後になって調べてみると、この【Op.】は『感情的・身体的ショックの後に引き篭もる』とありますから、猫への恐怖には良いのかも知れません。また【Op.】の便秘の症状は、無感覚による便秘で10日も出なくても平気といった状態です。こちらはもしかしたら便秘の原因として麻酔が挙げられるのかも知れませんね。

こうして私の緊張もみーちゃんのしっこが出たと共に、やっと解けた感じでした。
d0053201_19451812.jpg
15:30くらいのみーちゃん。
Op.200Cの2回目をリピートしたところ・・かな。
まだキャリーに篭ってますが、ガチガチは解けていました。このお手手の様子で伝わるかな。
d0053201_19463033.jpg
一方しおんは妹と居間でこんな状態でお昼寝したり、手がかかりません。
移動中もそうでしたが、ふたりは本当に良く寝ます(笑)
d0053201_19491551.jpg
数年前に載せた写真を見てもそうだけど、この性格は子供の頃からね(笑)
d0053201_19473610.jpg
ちなみに耳の状態。まだ匂うし、午前中留守にしていた間に引っ掻いて血が出たみたい。
だけどレメディ入れてなかったら、逆に静かにもっと目立たず治った(ように見えた)んだと思う。
自己治癒力がめいっぱい発揮されると、こんなにも排泄されるんだなーと勉強になりました。
d0053201_19504228.jpg
こちらは家の前の原っぱ?に咲いたハコベ。
とっても生命力の強い可愛いお花です♪
d0053201_19504637.jpg
みーちゃんのお話で話が前後してしまいましたが
海から戻った後にハーネス&リードをつけてお外時間を愉しみました。
d0053201_19505050.jpg
でも最初はハーネス&リードがイヤで動きません。
無い時はどこ行くの?道知ってるの?って位にとっとと歩いてたのに。
それでもしばらくすると歩き出してくれました♪
d0053201_23521260.jpgd0053201_23522652.jpg
d0053201_23523620.jpg
(5/18↑の3枚追加です)
d0053201_19534649.jpg
こちらは夜。
私達がお喋りしている間、湯たんぽに寄り添い寝るしおん。
ってか床暖ついてるんですけどね、やっぱり北国ですから寒いです。
d0053201_1955423.jpg
今夜はみーちゃんが安心できるように2階で寝ることにしました。
寝るとわかるとしおんはちゃんと2階に移動します。
みーちゃんもレメディのおかげで、あちこち探索できるまでになりました。
d0053201_19554815.jpg
運動音痴のみーちゃんのはずなのに、狭い我が家とは違って楽しいらしくて
そんな高いところにもジャンプできたんだ?って場所にも上ってました。
とにかく動き回ってくれるようになって良かったです♪
d0053201_19543711.jpg
しおんも階段を走って上り下りしてみたり、変わらず早朝から起きていたし
遊び疲れたのか早々に就寝です。
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-15 19:46 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(6)
猫たちとの帰省~初日の夜(若干内容を修正しました)
d0053201_19172648.jpg
日が暮れる前に無事に到着。

何はともあれ、みーちゃんを解放してあげたかったけども
知らん家の匂いのせいか、また新たな人間(母)が登場したせいか更に緊張した様子。

しばらく居間にキャリーごと目隠しして置いて、落ち着くのを待ったのだけれど
そこは日ごろ住み慣れた家でも、お客さんが帰るまでお風呂場に篭ることの多いみーちゃんだけに
数時間やそこらで落ち着くはずもなく。
構えば構うほど良くないので、ひとまず居間の隣の部屋に移動させた。

しおんは・・と言えば、変わらずマイペース。
あっという間に2階に移動していて、いつも来ると私たちが寝ていた部屋にいました。
実家とは言え、私が上京してから建てた家なので、私の部屋は無いのですが
しおんは覚えていたんでしょうね。その部屋でまるで「ここだよね!僕覚えてるよ!」とでも
言ったかのように、私の顔を見上げ大きな声で鳴きました。

みーちゃんが我が家に来る前、トムはいつもその部屋でお留守番でした。
当時のトムはみーちゃんほどじゃないけど、人見知りだったのでしおんのように平気で
あちこち行ったりしませんでした。
でもしおんと仲良しだったので一緒だという安心感はあったんだと思います。
当時の私は帰省すると、友達にも会いに出かけることが多く、留守にする時間も多かったのですが
母曰く、私が出かけるとしおんはトムのところへ行き、帰ってきたと思うと階段を下りてきてたそう。

猫は家につく、ならぬ、しおんはGanbarunekoにつく、ですね(笑)

d0053201_1922313.jpg
そんな事を思い出しつつ、ゆっくり落ち着く間もなく、しおん、みーちゃんを置いて外出。
と言うのも、両親は離婚しているのですが、到着した日は父が泊まる先(叔母宅)で
夕ご飯を用意しているというので、行かなければならなかったのです。
おまけに、今回帰省できたというのも、父が結婚式に出席するために車で帰省するというので
猫達共々、一緒に乗せてきてもらったのです。
ちなみに父からみると甥である、私の従兄弟の結婚式なんだけど
私達姉妹は、その従兄弟の姉の結婚式の時に断ったので呼ばれてないんだけど^^ゞ

と、事情は長くなりましたが、その夕食会は結婚祝いも兼ねていたので行かない訳には行かず
母の事も、実家のことも覚えているしおんはともかく、みーちゃんを残して行くのは辛かったですが
結局は時間をかけるしかなかったので、出かけました。

d0053201_192242100.jpg
そうそ、みーちゃんには到着して早々にAcon.というレメディを飲ませています。
この前も書いたのだけれど、ショックや恐怖に対して1番に選択されるレメディです。
本当はより精神に働きかける200Cと言うポーテンシーが良かったのですが
手持ちが無かったので30Cを飲ませたのですが・・・微妙。

なんやかやで遅くなり(と言っても叔母宅に着いたのは21時頃)、25時頃帰宅。
その日は、母と妹と3人並んで寝ました。
みーちゃんは・・・と言えば、私の布団に潜り込んでいたのですが、私が少し動く度にガブリ!
穴が開くほどの本気咬みじゃないけど、翌朝、咬まれた足はあちこち痣になっていました。

だけど、みーちゃんの恐怖に比べたらどってことありません。

d0053201_19225644.jpg
しおんは、並べて敷いた布団のあちこちで寝てたみたい。
私のところも何度か来てたんだけれど、その度にみーちゃんがうなるので落ち着かず
お布団に入っても安心できなかったようでした。
機転を利かせて妹にくっついて寝たりしてたようですけどね^^

そんなこんなの初日でした。

※1枚目は到着1時間ほど前のみーちゃん。いつもと違って顔がこわばってるでしょう?
※2枚目以降は叔母宅のモモタロウ♂。みーちゃんと間違えたあなた!まだまだですな(笑)
 モモタロウ1枚目は、たっぷり遊んでもらった後で、疲れた・・・と姿を眩まそうとしたので
 「その前に写真を撮らせて!」とお願いしたら、急に姿勢を正して目線をくれました♪
 周りで見ていた親戚もその態度にびっくりしていました。
 しっかり目を見てくれるので、コミュニケーション能力の高いコなんだと思います。

(若干内容を修正しました)
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-12 19:24 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(8)
猫たちとの帰省~車内編(行き)
d0053201_17363953.jpg
出発は10時前でした。
キャリーに入ったみーちゃんは、後部座席の妹と私の間。
しおんは最初は膝の上にいたのですが、そのうちのびのび寝られない事に気づき
妹のところへ行ったり、足元に行ったり。

キャリーに入れないと、危険なのが運転の邪魔になること。
しおんも仔猫の頃は放っておくと危ない存在でした。
でも、もう17歳。前の座席にも興味は持っていたけれど、そっと制すると
2度と興味さえも示さずいてくれました。
d0053201_17291074.jpg
しおんは私とよく似ていて、眠りたいときに眠れないとイラつきます。
だから途中のSAで、後部座席の後ろ部分(トランクの上に当る部分)に
介護用シーツを敷き詰め、後部座席にも介護用シーツを敷き、その上に綿シーツを敷きました。
(シーツちゃんと敷けや!って言う突っ込みは無しでお願いします;;)

そしたら気に入ったらしく、ずっとそこで過ごしていました^^

そして重要なトイレに関してですが、したくなったら教えて、と言ってあったのですが
外出に慣れてるしおんはちゃーんと教えてくれました。

ただ狭い車内+私の大きな荷物もあったり、みーちゃんの入ったキャリーが大きくて(全て言い訳)
せっかく持参したトイレに砂を入れることもせず、結局間に合いませんでした(汗
d0053201_17291517.jpg

ですが、ここがしおんの賢いところ!(ほんとか?)

なんだかそわそわしだし、出発してまもなく寝ていた妹の足元に移動すると
妹の顔を見上げて鳴きます。(私の足元じゃないところがステキ!)

すると後部座席の中央の盛り上がった部分(なんていうんだ?)にお尻をむけました。
尻尾を立てていたし、鳴いて訴えはじめた時から、もしや?とは思っていたのだけれど
あれやこれや考えたる間に、出しちゃってました。

有難いのかどうなのか、腎機能が低下していないみーちゃんと比べると
おしっこの匂いはかなり少ないので、車内に充満して大変って事はありませんでした。
それにフロアマットは洗えますしね・・・って洗うのは父なんだけど;;

ちなみに私が猫臭になれてるだけであって、日ごろ猫と生活していない人間にとっては
多少なりとも匂うらしくて、それごまかすために、途中のSAでなんとかって言う
結構な値段のするミカンみたいなのを父が買ってました(汗・汗)

↑の写真は皮を剥いて香りを充満させている妹です。すんませんっ。
d0053201_17291957.jpg
でも2回目は間に合ったんですよー。
ってか、1回目の後にすぐにペットシーツで吸収してもらうべく、ペットシーツを敷きました。
トレイも私の足元から妹の足元に移動ておき、ペットシーツも敷いておいてもらったんです。

やっぱりまたもよおしてきたしおんは、妹の足元に移動してきたので
慌ててトレイをお尻の下に差し込んでもらいました。

すぐに事態が飲み込めたのか、単に邪魔だったからか、大きな体を上手にトレイに納めてくれたので
ペットシーツをトレイに差し込んでもらい、ふたたびフロアマットを汚さずに済みました^^ゞ

って、結局のところ私は指示をしただけで、全部妹がやってくれたんですけどね。
d0053201_17292387.jpg
そんな妹の協力もあり、しおんは写真のようにのんびーり寝て過ごせました。

SAでも、怖がりみーちゃんはキャリーに入ったまま車内でお留守番でしたが
(少しだけ窓を開けたら?と気が回らない私に父がアドバイスくれました、感謝♪)
しおんはSAに駐車するたびに、どうするの?出るの?って状態だったので
携帯番号付首輪に加え、ハーネス&リードをつけて一緒に外へ出ました。

トイレに行くときは、妹がしおんを見ていてくれたので、本当に助かりました。
いくらリードをつけてても、日ごろから面識がない父などには心配で任せられないですしね^^;

ちなみに↑で赤に黒の水玉は枕です。枕好きなしおんのために、クッション持参したかったのですが
なんせ荷物が多いので断念しました。だけど枕があると落ち着きそう、と思ったので急遽、持参した
薄手のウールのストール(ってかマフラー?)を折りたたんで、バンダナで包みました。

写真では使ってないですが、半分位は使ってくれていました。嵩張らないのでお奨めです!
人間やっぱり困るとアイディアが浮かんでくるんでしょうかね^^
d0053201_17292718.jpg
岩手山も見えてきて、あともう少し~!
d0053201_17293159.jpg
みーちゃんは・・・と言うと、キャリーの端っこにいたまんまで、ちょっとの刺激でシャーシャー。
かなり怖かったと思います。しおんとは真逆ですな。

見慣れたはずの妹の顔が見えるのさえも刺激になるらしかったので、妹側には上着をかけて
見えないようにしました。(キャリーは上部は全部メッシュ。側面も一部メッシュです)

そんな状態だったので落ち着いて眠れるはずもなく・・・それでも時折お外を見たりしていましたし
手を入れて撫でてあげると、少しは安心した様子でした。と言っても少し、ですけどね。

予想通りごはんもお水もいらないって。もちろんトイレも1回も無し。
ちなみにしおんは、タッパに入れたごはんをモリモリ。お水もガブガブで問題なし。ほんと楽ちん。

みーちゃんに関しても、長距離移動が初だったので車酔いしたりしないかも心配しましたが
そういう事もなく、興奮で過呼吸になることもなく助かりました。
d0053201_1729359.jpg
夕日が差し込んできました~
車の揺れにも対応できるようになってぐっすり眠ってくれてます。

ってか、進行方向向けば揺れないし、もう少し奥で寝ればいいのにね(笑)

しかしながら、仔猫時代と変わらぬマイペースっぷりで助かりました^-^♪
d0053201_17293940.jpg
岩木山も見えてきて、もうすぐ到着です♪

私自身、何度も車で帰省していますが、今回ほど早いと感じたことはありません。
もちろん、移動時間に大差は無いんでしょうけどね、不思議です。
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-12 18:38 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(0)
猫たちとの帰省~車までの移動編
準備編(1)でも書いたのですが、車での帰省と言っても
諸事情あって、電車に乗って某所で待ち合わせでした。

過去に車で帰省した時は、いつもドアtoドアだったので心配なかったのですが
今回は車に持ち込みたい荷物も多数あったので、それをどうするかに頭を使いました。

・・・が、レンタルしたカートが予想以上に活躍!
d0053201_16262817.jpg

写真は帰宅時のものですが、サイドに取り外し可能なバッグが2つついてあって
それに車内で使う砂や、ペットシーツを入れたり、底についてるネットに
車内で使うトイレ代わりのトレイを積んだり出来たことで、とっても楽ちんでした。

人間が使うポケットも大きめだったので、私のお財布や携帯なんかも納まりそうでしたが
何かの時にしおんを入れられるキャリー代わりになる大き目のバッグも持参したかったので
それに色々とまた収納して、ベビーカーでよく見かけるように、ハンドル部分にS字フックを
取り付け、バッグをかけました。

カートそのものが軽いので、移動は本当に楽ちんでした。

・・・が。

普段カートで移動なんてしたことが無いので、最寄駅以外はエレベーターや
エスカレーターの場所がわかりません。
でも待ち合わせ時間に遅れたくないので、早めに出ましたが・・・

More
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-05-12 16:22 | 【猫と旅する/帰省2010春】 | Comments(2)