カテゴリ: ├(ミチロウ♀18歳)( 212 )
7ヶ月だって
d0053201_22453050.jpg


みーちゃんが旅立って今日で7ヶ月。

早いなあ。

毎日、普通に暮らしているよ。

d0053201_22463938.jpg


ときどき愛おしくて恋しくて

逢いたいなあって思ったり

みーちゃんが私に与えてくれたことの

大きさや重さが嬉しくてありがたくて

泣くこともあるけど平気だからね。

d0053201_22455485.jpg


知ってると思うけど

ろくもえんも、よしもあきもゆいも

そしてあおも晴くんもみんな賑やかにしてくれてるから

毎日笑って幸せに過ごせてるからね♪




写真は去年の今日のみーちゃん。

いつ見てもやっぱり可愛い
[PR]
by GANBARUNEKO | 2017-01-18 22:50 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
みーちゃんの匂い
しおん毛』 の記事を書いた日の夜のこと。



昔トンボの画像を探して(そういうトンボがいるの)

ふいにみーちゃんの旅立った月のフォルダだと気づいて。

きっと良くなると信じていたから

しんどそうな姿も何枚かあって。



見たくないな・・・苦しくなるかな



なんて思いながら結局見たんだけど

苦しいどころか、本当にしんどそうに見える姿は

短い期間だけだったことに気づいて。

すっごい強いコだったな、すごいコだなって思ったら涙が出て。



その後、少しして、写真を見たことも忘れて

ネットで動画を観ていたら、ふんわりみーちゃんの匂い。

え?

と思っていたら、またふんわりとみーちゃんの匂い。



まだ生まれ変わってないの?それとも生まれ変わった合図?

それとも別な何かサイン?



ただ遊びに来た感じには思えなくて。


でも嬉しかったな、みーちゃんの匂い。

ありがとう。

私の宇宙一のカワイコちゃん♪

d0053201_15413459.jpg


画像は今日のあき。

私が側に座っていたせいか、気づくとここにいて私の顔を覗き込んでた。

慎重なあきは、慣れない場所にはとまらないから

慌てて写真を撮ったら、みーちゃんにフォーカス合ってたね笑

それもまた何だか面白いな。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-10-29 15:44 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
旅立ちのその時・・・8回目の土曜日
d0053201_918367.jpg

ゴールデンウィーク明けの建築現場のビニールシートにいた
数匹の目も開かない仔猫たち。
その中でも一番元気で生きようとしているコがみーちゃんだったそう。
みーちゃんを私の元へと連れてきてくれたYちゃん談です。


そんなみーちゃんが旅立ちの数時間前。
私のまだまだ生きていて欲しい、側にいて欲しいという
しおんやトムの時には感じなかった感情が芽生え
彼女を引き留めていました。

d0053201_920982.jpg


本当はよくなるはずなのに、みーちゃんが諦めているんじゃないか?
やりたかった仕事でバタバタしだした私を気遣い
早く逝こうとしているんじゃないのか?そんな風にも思えたのです。
だからYちゃんにメールしました。

「みーちゃん、危険な状態です。
ぐったり動かないし食べない飲まない。
いまは寝たきり。
それでも私は復活できる状態の気がするんだけど
みーちゃん自身が落ち込んでしまって
がんばれないように思っている気がして。
だからYから、みーちゃんがどんなに強いコか
快復してまた私と遊べるって伝えてやって欲しいの。
お願いします。」

って、みーちゃんの辛そうな写真を添えて。

Yちゃんは普通の人です。
私のようなアニマルコミュニケーターではないけれど
みーちゃんとは繋がっていると感じているのでお願いしました。

動くこともままならなくなっていたみーちゃんがふいに顔をあげ
そして私の方に手を伸ばし目を見つめました。

「そうだね、Yちゃんがお話しにきてくれてるんだよね、嬉しいね」

そんなことを話したと思います。
ほぼ同時にYちゃんからも「今、話しかけてる」ってレスがあって。
やっぱりちゃんとお話しているんだなって、そう確信できました。


みーちゃんがいつもと違った様子で具合が悪くなり始めた
3日ほど前にYちゃんに連絡しようかと考えていましたが
先延ばしになっていました。
信じたくは無かったし、認めたくなかったけど
Yちゃんに連絡した時点で
もう私も その時 なのだって気づいていたのだと思います。


しおんの時は抱き上げることが苦しいかもと思い
私のベッドに横たわらせたまま見送りましたが
みーちゃんは抱っこしてあげたい、そう思って抱き上げました。
そうしたら苦しそうな声を少し出したのです。
それまでそうしていたように私のベッドに戻そうかと思ったものの
一瞬であってもまた苦しみを与えるのが嫌で抱いていました。


Yちゃんがみーちゃんにコンタクトを取り始めた時に
身体の下になっていた右腕が小刻みに震えたりしていました。
小さな発作が起きていることはそれでわかっていたのですが
両足をピーンと伸ばして、そして痙攣発作が起きました。
ほんの数秒のことでした。
そしてそのまま旅立っていってしまったのです。

同時にYちゃんから「どう?」とメールが来ました。
最初にメールしてから約20分。
しおんとトムの時は時計を確認することまで
頭が回らなかったのだけれど
メールの履歴が、私たちの時間を刻んでいてくれました。


抱き上げほんの2,3秒で
首が頭を支えていられなくなっていて。
きっとその時には魂は抜けていたように感じて。
トムは1人で逝くことを選んだからわからないけれど
しおんの時もなんだかそんな風に感じていて。
実際に心臓が止まるより
少しだけ早く魂は肉体を抜けるんじゃないかなって。
見ていて、そんな風に感じていたのです。


みーちゃんを見送った日から8回目の土曜日。
書き記しておきたくても、なんとなく書けずにいたけれど
なんだか急に書いておきたくなった日が
みーちゃんを見送った日と同じ土曜日でした。
それがお盆入りした今日だなんて、なんだか不思議です。
つらつら思い出すままに書いただけなので
読みにくいかも知れないけど・・・いいやね。

d0053201_920564.jpg




まだまだいない気がしなくて
でもいないこともちゃんとわかっていて。
どっちの気持ちも大切にしながら
今日も賑やかな7ピと共に愉しく過ごします




※写真は最初の2枚は去年の今日のみーちゃん。
ご近所の猫さんが勝手に入ってきたことで見張りが日課になってた頃。
(その時の記事 ⇒ 守護神のお陰で危機一髪!

3枚目は去年の8月31日のもの。
弘前に来てからはお日様に当たる機会が増えて
みーちゃんを抱っこすると、みーちゃんの白い毛並みと
私の真っ黒な腕のコントラストで焼けてることに気づいて。
今年も母が玄関を開けているけど、まもってくれるみーちゃんがいないから
私がしっかりしなきゃね。
日焼けだって同じだね。みーちゃん、たくさんたくさんありがとね♪
ずっとずっとずーーーーーっと大好きだよ、私の宇宙一のカワイコちゃん♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-08-13 09:26 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(6)
今夜は一緒に
d0053201_20405768.jpg


今夜は完全にみーちゃんがいるのがわかる。

今までも何度も匂いで感じていたけれど
一番はっきりと、間違いなく
みーちゃんがいる!と感じる今夜の匂いは






ウンチくんの匂い






なんですけど(笑)
しかも智通によって
臭くない、独特の匂い。



昨夜の地震に
みーちゃんがいないことで
それまで以上に怖く感じたのもあって
今夜はずっと側にいてくれるんだね。

ありがとね♪
お世話になります(^◇^;)




あら、ウンチくんだって記事にしてたら
匂いを変えたみたい(≧∇≦)
みーちゃんのお腹やおでこの香りになった(笑)
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-07-17 20:42 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
飾って欲しい写真
d0053201_18255664.jpg
土曜日は、時間をやり過ごすために朝寝して。
目が覚め時計を見たらば
みーちゃんの様子がおかしくなり始めた時間ピッタリ。

そのまま、もう一度寝て目覚めた時間は
みーちゃんが旅立った瞬間だった。
d0053201_18274997.jpg
いちいち時間がわかっているのも
実は不思議な出来事があったから。
それはまた今度書いておこうと思います。
d0053201_18304343.jpg
土曜日のこの時間はやり過ごしたけど
気持ちはやり過ごさずに向き合ってきて
いろんなことが整理されて落ち着いてきて。

ふと今日、みーちゃんに繋がってみたら
すぐに今いる場所を見せてくれて。
淡いピンクやクリーム色の背の低いお花がたくさん咲いた原っぱで
仔猫みたいに元気に、ウサギのように飛び跳ねてる姿。

「ちっとも寂しくないし、元気だから心配しないでいいよ♪」

って嬉しそうだし、愉しそうで。
だけど一旦いくべきところにいかなくちゃならないって。
だから、もう少ししたらまたくるね、って。
d0053201_18334919.jpg
今日の朝までずっと立ってたよしのみーちゃんアンテナが
お昼前に無くなったのと何か関係があるのかな^^;

確かトムも旅立ってまもなくは、いつも忙しそうにしてた。
だからみーちゃんのことも長々引き止められないから
飾って欲しい写真はどれか教えて欲しいとお願いしたら
なんと日付を指定してきて、見ればわかるはず、と。
d0053201_18373627.jpg
見ると、その日はみーちゃんの写真がたくさん。
そして言ってた写真もすぐにわかった。

セキセイたちが来て、そして雛たちが生まれ
あおが戻って・・・みーちゃんの写真の数も減ってたけど
この日はたっくさんあって。

みーちゃんの嬉しそうなのばっかりだし
みーちゃんを見て嬉しそうな私との2ショットも。
d0053201_18254281.jpg
2ショット写真は載せられないけど
その日の写真を載せときます。

2015年6月13日のみーちゃん。
みーちゃんが飾って欲しいのは最後の1枚。
さっそく大きくしてもらわなきゃね、ありがとう、みーちゃん
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-26 18:42 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(4)
去年の今日はさくらんぼ
d0053201_18504689.jpg
可愛すぎる・・・
可愛い写真はいーっぱいあるのに
私がブログ更新サボってたからね、ごめんよ。
小出しに可愛いのん、載せてくからね♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-24 20:12 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
大好きな煮干しも食べたもんね♪
d0053201_18473115.jpg
みーちゃんのいない4日目の朝も5時前に目が覚めました。
また起こしに来てくれたのかな。

それでも今日は時折、グーッと後悔がやってきて
午前中に1本仕事を終えて、あとはガーデニングしたり
買い物(といってもスーパーだけど)行ったり。

やらなきゃならないことがてんこ盛りで
これはみーちゃんが旅立つ前からなんだけれど
あれもこれもやらなきゃと焦る気持ちで心が忙しなく
今日も結局は予定を消化できずじまい。

でも、まあいいね。
d0053201_18474994.jpg
画像、動画はみーちゃんが大好きな煮干しを頬張る様子です♪
旅立ちの10日前、6月8日のもの。

この頃までに食欲が少しずつ落ちてきていたものの
目新しいものは食べていたので
大好きな煮干しを久しぶりに買ってきて出したら
こんなに喜んで食べてました♪

だけど、この後でお口がガリガリいって
初めてひっかく仕草まで・・・

硬くて刺さったのかと思ったけど違うようで
色々調べると老猫さん特有のもののような?

でも、こんな風に美味しく食べれたことに感謝です。


[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-22 18:50 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(6)
長い一日とお見送りの時のみーちゃん
d0053201_20163035.jpg
昨夜は無事に身体を返せた安堵感か
苦しさを感じず、電気を消して眠れた。

でも朝、目が覚めたら、みーちゃんのいない現実が
ギューっと胸を締め付けて。

何もする気になれなかったけれど
ひとまずはトイレを洗って。
フードを掻く癖のあるみーちゃんだったから
白く爪あとの残っていて、洗いたくなくなったけど
えいやっていつもより丁寧に洗って。

最期にトイレが間に合わなかったから汚してしまった
ベッドカバーや布団カバーも洗って。

家の中を移動する度に、みーちゃんの居場所や様子を確認する癖に気づいて。
常にどんな時も、そうやってみーちゃんのことを気にかけていたんだね。
d0053201_20163088.jpg
それでも少し落ち着くと、みーちゃんの愛らしいたくさんの写真を眺めて
ほっこりしたり、その健気さにキュンとしたりもできていて。

まだ自分の心が整理できていないからか
時折すごく胸が苦しくなるけれど
少しずつ、少しずつ、いない暮らしに慣れていくんだろうな。
d0053201_20163062.jpg
昨日、身体を返す時には
しおんやトムに持たせたのと同じように
ハートが描かれたフウセンカズラの種を
手紙で包み、持たせた。

しおんにもトムにもフードとかおもちゃとか
持たせなかったように、みーちゃんにももたせなかった。
なんかね、燃えたのがくっついたり、匂いがついたりとか嫌で。

トムにそれまで使ったタオルハンカチを枕に入れてあげたのが
今でも悔やまれているくらいだから^^;

でもみーちゃんには、私が毛糸で作ったハートの首飾りを。
化繊じゃなくウールだから大丈夫かなって。
みーちゃん、すっごく気に入ってたし、おしゃれ好きだったから。

いただいたお花と、母からのメッセージ。
そして私はみーちゃんと遊んだ原っぱから野花を摘んで。

本当はシロツメクサで首飾りを作ってあげたくなったけど
もう終わりかけであまりいいのが無かったから
小さなブーケにして。

そして、私が育ててるマーガレットと
母が育ててるスノーポールかな?と
しおんの花として育ててるブルーデージーを飾って。
トムの花として育ててた小さなダリアは球根痛めちゃったのか
全然芽が出てこなくて、諦めてたんだけど
去年、一昨年に咲いたのをドライにして飾っていたのが目に入り
それを小さくまとめて手に持たせた。

あとは、みーちゃん用に育ててたキャットニップを
セキセイたちからってことにして7本。
ハルジオンと一緒に花束にしました。

火葬をしてくれた方は猫好きさんで、とてもよくしてくれて。
迎えにきてもらって、お店の車庫においた移動火葬車で・・・だったんだけど
トムの時も、しおんの時も、あの点火する音で
覚悟は決めていたはずなのに、腰砕けみたいになってしまってたから
身構えていたんだけど、ぜんぜん音がしなくて。
聞くとすごく静音設計なんだとか。

拍子抜けしてしまって、泣かないまま、隣接した待合室で
みーちゃんの身体が空に返るまで待っていました。

帰宅した部屋はありえないほど静かで
しおんやトム、そして父の時のことが思い出されて。
父なんて一緒に暮らしていないのになんで?って感じだけれど
なんで誰かが亡くなるとあんなにも恐ろしいほどの静寂が広がるのだろう。


なんだかまとまりがなくなってしまったけれど
今はまた少し安定しています。
明日の朝は、今日より少しでもみーちゃんがいないことを自覚して
目覚めることができたらいいのだけれど。
それにしても今日も長い一日だったな。



みーちゃんのお見送りの時の写真を↓に貼りますね。
そうそ、火葬に連れて行くときのベッドの話。
それも、みーちゃんの仕業?と思えたことがあったので
それもまた今度書きますね。


※写真は2016/06/05のもの

More
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-20 20:58 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(8)
ただいま。
d0053201_21365745.jpg
身体を返してきました。

しおん、トムをお願いした東京の移動火葬車の方も
とっても素敵な方でしたが、弘前にも素敵な移動火葬車の方がいて
本当に助けられました。これも猫たちが運んでくれたご縁なのかな。

私はすごく落ち着きました。
トム、そしてしおんを見送った時はスイッチを切り替えたように
彼らの姿を捜したり、つい言葉をかけたりってことがなかったのに
みーちゃんの場合は、それがあります。
おそらく彼女が家にいるからなんだって気がしますが
姿が見えないことには徐々に慣れていくと思うので
心配しないでくださいね♪

またゆっくりとあれこれ綴っていきますね。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-19 21:41 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(6)
18時になったら
d0053201_16254813.jpg
あともう少し、18時になったら
この可愛らしくて離したくない身体を空に返してきます。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-19 16:27 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(0)