<   2008年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
今日の治療と食事~お豆腐食べてきれいな心で生きましょう
08年6月30日(月)

d0053201_23402322.jpg


Gaviちゃんチで今日はお豆腐の日だって知りました。
夏越豆腐の日ってことらしくて

6月30日の夏越の大祓の日に豆腐を食すと
知らずしらずにおかした半年分の罪穢を祓い清め
きれいな心で生きることが出来る

そうなのです。
ってことで、猫たちも一緒にお豆腐を食べました♪
でも祓い清めるのが必要なのは私だけだと思うけどね^^:

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-30 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(0)
今日の治療と食事~雨の日曜日としおんの黒いボツボツ
08年6月29日(日)

日中雨の日曜日。
のんびりお家で過ごしました。
d0053201_2316879.jpg

しおんは外に出たがったけれど
雨ってことを把握したら諦めました^^
d0053201_23161646.jpg

なのでってわけじゃあないけれど
今日は念入りにマッサージ。
d0053201_2318048.jpg
d0053201_2318657.jpg

足の指の間も開いてマッサージね♪
d0053201_15322518.jpg


d0053201_23241094.jpg

だらーりなしおん、胸が黒いのわかるかな?
いつもなら暑くなってくるこの時期
皮脂腺が出てきて黒くボツボツになって
それが毛に溶け込む感じで黄ばんできちゃう。
d0053201_23242496.jpg

でもってたぶんだけど、酸化しちゃって
痒くなって、舐めてハゲを作るんだけれど
なぜか今年は黄ばむまで行かず
写真のように黒いまんま。
これってオーブスや、黒いお水の効果かな?
痒くもなってないようで不思議。
ともかく、も少し暑くなったらお風呂だね~。
黒いお水のお風呂版も試したいしね。
こんな感じで、いつもとちょっと違うので
たぶん、今年は痒くなってハゲを作らず済むかもね^^

肥満細胞腫も、暑くなることで
(血流がよくなるため)痒くなりがちなんだけれど
今日のところ、こんな↓感じ。
d0053201_2330863.jpg

写真ではいまいちわからないけれど
ぺったりしていて、色も悪くないし
一部毛も生えてきているようです♪

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-29 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(2)
今日の治療と食事~1日3回
08年6月28日(土)


朝から、葉っぱに夢中なみーちゃん。
いつもこんな事しているから落っこちるのよね^^;

d0053201_21522260.jpg
って事でお外に繰り出しました。
イタリアンパセリの花が終わり実がつきました♪
d0053201_21532750.jpg
セージもキレイに咲いてます♪
d0053201_215478.jpg
でもって今日も3にゃんはお外を愉しんでます♪♪

d0053201_2283424.jpg
一旦お家へ戻り、梅を漬けました。
写真は梅酒ですが、作ってる間中
みーちゃんは興味津々でした^^

d0053201_21573698.jpg
午後イチでまたお外~っ。
d0053201_215927100.jpg
d0053201_21594630.jpg
d0053201_2159529.jpg


爆睡してたしおんは、寝ぼけ顔(動画参照)。
みんなが出た時に一緒に出ないと
あとになって"僕だけ出てない・・・"って言うので
呼ぶんですが、中に迎えに行くのではなくて
外からピンポンを押します(笑)

d0053201_2215715.jpg
ここからは夕方。
d0053201_22152899.jpg
d0053201_22155031.jpg
今日一番の衝撃はこの子。
この前、みーちゃんにシャーされたチビ猫さん。
去年の夏に仔猫な感じで現れたんだけれど
今日、生後1ヶ月くらいの仔猫2匹と一緒なのを見ちゃった。
ここに住んで、もう7年目なんだけれど初仔猫。
小さな体で、ママだなんて。
1にゃんはチビ猫さんそっくりで、私に興味津々。
もう1にゃんはサビ猫さん。こちらはとっても警戒心が
強くて、あっという間に隠れちゃいました。
d0053201_22211322.jpg
今日のお散歩は3回。
しおんだけは4回。
なぜなら夜、遊びに寄ってくれたreiさん
お見送りするのに駅まで行ったから。
たくさんマッサージしてもらえてよかったね^^

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-28 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(4)
今日の治療と食事~仲良くカリカリと1日3回
08年6月27日(金)

d0053201_2136565.jpg
仲良くカリカリ食べてます
が、この後みーちゃんが勝ちましたが^^;

d0053201_21405135.jpg
私の食べてるサーモン細巻に夢中で
セロハンテープさえも気にしないしおんです

d0053201_21414844.jpg
しおんのお尻枕は安心するようで
ぐっすり眠るトム子ちん^^

d0053201_21422370.jpg

日も↑の2にゃんはお外を愉しみました。
出なかったトムは、なんとびっくりな
下痢でもないのにウンチくん3回です\(◎o◎)/!
3回目の一部に粘液がひっついてたのは
気になるところだけれど、スッキリだね^^

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-27 17:16 | 【治療内容/治療費】 | Comments(0)
今日の治療と食事~つるぴか
08年6月26日(木)

d0053201_2136182.jpg

作りごはん、最近はしおん、トムは洗ったお茶碗みたいに
ペロリときれいにつるぴか状態で食べてくれることも増えて嬉しい限り^^
みーちゃんも、最初の頃は少しのお野菜でも
ペッペと上手に吐き出してたり、見向きもしなかったのに
今はお肉と一緒にお野菜も少しなら食べれるようになって
これもまた嬉しい限りで、続けてきて良かったと思えます☆

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-26 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(4)
今日の治療と食事~新しいカリカリと、19時頃の3にゃん
08年6月25日(水)

しいカリカリをネイチャーズバラエティにしてみた。
チキンの方が食べてくれそうだけれど
あえてラムにしてみた。
d0053201_21145615.jpg
普段の食事はチキンが多いからなんだけれど
ラムを食べないみーちゃんは大丈夫かと
少し心配だったけれど、食べてくれてひと安心。
d0053201_2115271.jpg
とは言え、カリカリって割と最初はどれでも食べるからなぁ。
続けて食べてくれるといいんだけれど。
しかし思いの外、粒が小さくてびっくり。

d0053201_2115642.jpg
真は19時頃の3にゃん。
日が長いのは、朝出してあげられなかった日にも
帰宅後に開放してあげることも出来て助かるな。
(もう薄暗くて、トムを写せません;;)

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-25 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(2)
今日の治療と食事~異食癖のその裏にあるもの
08年6月24日(火)

d0053201_1501786.jpg

とといちょっと書いたのですが
最近みーちゃんの寂しさがまたじわじわっと出てるなと
感じていたのですが、偶然に
「異食癖は母猫さんとの母乳不足感、母子密着不足感が
残っている場合が多い」
との記事に出会いました。
d0053201_1443211.jpg

異食癖については、早い段階で母親と離された場合に多いと
聞いたこともあったので、驚きはしませんでしたが
噂ではなく、本当だったのかーと納得できました。
これは猫に限らず人も同じようで、フォローしてあげたい問題です。

今でも時々ビニールをシャクシャクして食べたりしていましたが
猫草があるとしないし、昔のように口にするわけではなかったので
さほど気にしていませんでしたが、サインだったのかも知れません。
d0053201_14432199.jpg

小さな頃は、押入れを開け、さらに引き出しを開けて
ふわふわのモヘアウールのセーターを口いっぱいに頬張ったり
このブログを始めた頃までは、私の指を吸いに来ることが多かったのです。
でもアニマルコミュニケーションやフラワーエッセンスに出会い、
私も色々心がけることで、ほとんど無くなりましたが
ここ数日、また少し寂しさが出ているようなので
もう1歩前に進んで、みーちゃんが今よりもっと心から安らげる状態に
してあげたいなぁ、と感じています。

以前の記事でも、猫団子化計画とか言って目指せ猫団子!みたいに
おちゃらけて書いてきましたが、みーちゃんの心のケアの一環でした。
何より私が不在のときでも、昔のようにしおん、トムと一緒に
寄り添って眠ったりすることで、常に安心感が得られると思うから。
d0053201_14434471.jpg

みーちゃん自身も、なぜ寂しい気持ちになるのかわかってないと思うんです。
母猫と早く離れたから寂しくなった、悲しくなった、不安だなんて
理屈で考えないでしょうし、たとえ考えてもその気持ちはどうもならない。
そうなるとやっぱり今まで以上の愛情とフォローが必要だなあと。

3年かけてここまで来て、ずっと見てくださってる皆さんからは
みーちゃんの表情が変わったね、といってもらえます。
とってもとってもうれしい言葉です。
私もとても悩んだ時期もありましたが、何よりみーちゃんが穏やかで
毎日楽しくいられること、それが何よりなんです。

そして、あともうちょっと、本当にあとちょっとだって感じています。
そのちょっとがどれ位かかるかわからないけれど
もう一回気持ちを新たに試行錯誤してみようかな、と思っています。
d0053201_14402553.jpg

この写真のみーちゃんも、トムの真似をすれば私の気がひけるって
思ってやってるんだと思うんですよね、応えてあげないとって思います。

もちろん完全な状態なんて無いって思います。
これで良し、終わり!ってこともないと思います。
なんというか、あるところまで行けたら
そこから先は日々バランスを取りながら
維持していく、といったところでしょうか。
また地味ぃ~にやって行けたら、と思います。




↑この動画でもわかるように、随分いい感じになってます。
ま、このときはしおんがシャーしてますが
みーちゃんは、シャーされちゃった♪って気にも留めない感じですが^^
しおんは、ここから先には行くな、といつも言われているので
どこへも行けず、シャーしちゃったんだと思うし、可笑しいです。



↑そのしおん。極楽極楽~な動画です。

酸菌生成エキスについて追記しました。
コスモスに含まれる塩分と投与量について
気になったので問い合わせた結果です。
やはり、嗜好性の問題としての塩分添加のようなので
ご存知ない方は、ぜひ一読くだされば、と思います。

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-24 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(15)
今日の治療と食事~腸をキレイに♪
08年6月23日(月)

d0053201_0365426.jpg
ム子ちん、今日もせっせとカリカリ食べてます。
でも”お腹空いた”の催促で欲しがるのは手作りごはん。
すぐ出来ないから、カリカリ食べてて!というと
ちゃーんと食べてくれるので、助かります。
d0053201_0371760.jpg
そんなトムのウンチさん。
トイレに流すのですが、ポトリと落とすと
茶柱ならぬ・・・わかりますよね(笑)
写真撮って載せたかったけれどぐっと堪えました。
けれど載せないまでも、撮影しておけばよかった。
d0053201_0374264.jpg
で、続くはそのブツの匂い。
腸内環境が整うと、ほとんど無くなるのですね。
人間の場合はそうだってわかってたけれど
完全肉食の猫の場合は違うのかな?と思ってた。
でも3ニャンとも揃って乳酸菌生成エキスを飲んでるからか
前のように”出た!”とわかるような
プーンとただよう香りがなくなりました。
d0053201_0374717.jpg
腸内のガス、いわゆるオナラには
世間で問題になってる硫化水素も含まれていますから
それが腸内に滞るとどうなるか、想像がつくと思います。
腸に溜まったガスは、再び吸収されてしまい
血液にのって肝臓・腎臓などで無毒化されます。
ということは肝臓・腎臓にも負担を与えますから
キレイになってきてくれてると思うとうれしいです。

またこれらのニオイの成分は、交感神経を刺激して顆粒球を増加。
それにより活性酸素が発生し、腸粘膜を傷つけたりすることも。
また顆粒球が増加することにより、相対的にリンパ球が減少して
腸菅免疫力を抑制してさまざまな病気の原因となるそう。
漢方勉強会でも腸内環境はとても大切だと教わっています。
ヒトもネコもせっせせっせと腸をキレイにできたらいいなー。

参考:「良いオナラ」と「悪いオナラ」

今日の治療と食事
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-23 23:59 | 【治療内容/治療費】 | Comments(4)
【肥満細胞腫】 低気圧とヒスタミンの関係
夫婦げんかも古傷も頭痛も、梅雨の季節のせい? エキサイトニュース

気圧が低下すると、ヒスタミンが増えるそう。
気圧の問題は、前に記事にしたのだけれど(コチラコチラ)
肥満細胞から放出されるヒスタミン、肥満細胞腫にも
低気圧って影響してしまうのかな?
しおんの場合は、今のところ痒みが出るのは夏の暑い時だけ。
ヒスタミンはアレルギーとも関連しているので
アレルギーを持つ猫さんは、梅雨時はしんどいのかも。

詳しくは → こちらを「天気痛」
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-23 14:51 |  └肥満細胞腫 | Comments(0)
【肥満細胞腫】 肥満細胞腫とは?
以下、私が色々読んで勝手に解釈し、覚書として書き留めてるので
間違いも多々あるかと思います。
そのためこれらを鵜呑みにせず、ご自身で調べてみてくださいね。


お約束ですが、デブがなる病気ではありません^^
誰しもが持つ肥満細胞(またはマスト細胞)という名前の
細胞が腫瘍化してしまう病気です。
原因は特定できていないようですが、免疫力の低下や
元々アレルギーがあった場合にできやすいという説もあります。

猫の場合は比較的良好な場合も多いようですが
内臓に出来た場合、また転移などでたくさん出来た場合などは
命に関わってしまうようです。
また犬の場合は猫と違い命に関わる場合も多いようです。
反面犬に比べて猫は内臓に出やすいとの記述も。

出来やすい場所として猫の場合は
耳、頭、ついで体幹、四肢などに出来る例が多いようです。
ちなみにしおんは右腕に出来ました。

しおんの場合は、デキモノがあると気づいたのは2006年6月。
肥満細胞腫との確定診断を受けました。

見た目も色々あるらしいのですが
しおんの場合はデキモノ部分は毛が無くなり
若干隆起した程度の平たい肌色のものでした。

検査方法としては、針生検(ニードルバイオプシー)と言って
注射針を刺し細胞を採取し染色して顕微鏡で見ます。
しおんの場合は、その時点で高分化型でしょうとのこと。
その後採取した細胞を病理組織検査にも出し、同じ検査結果を頂きました。

分化程度により、グレードが分かれていて
高分化型は悪性との評価はありませんでした。
犬の場合はグレードによる評価が高いようですが
私の知る限り猫の場合は動物病院によって、違うような印象を受けました。
というよりも、猫の肥満細胞腫そのものの評価が違うようです。
同じ皮膚の似たような部位に出来たものでも
「大丈夫大丈夫♪」という雰囲気のところもあれば
「すぐに切除しましょう!」といった感じの違いです。

治療としては、まずはマージンを大きく取っての外科的切除が
第一に挙げられるようです。
しおんも切除を提案されましたが、思うところあって断りました。
病院によってはステロイドの投与で、デキモノが無くなると治った!
と評価するところもあるようですが
実際には治ったように見えるだけ、とウチの主治医は話していました。

この肥満細胞は免疫反応に深く関わっている細胞なので
内臓にあったり、たくさん出来てしまうことで
肥満細胞の持つ顆粒に含まれる生理活性物質
(ヒスタミン・セロトニン・ヘパリン・ロイコトリエン・プロスタグランジン・
タンパク分解酵素など)が放出されることにより
様々な問題(ダリエール症状、血液凝固障害、肺水腫、胃・十二指腸潰瘍など)
が起きます。ですが数が少ない場合は、そこまでの症状はないそうです。

特徴的なのが外的刺激を加えることで、脱顆粒し
蕁麻疹のように赤くかゆみが出て腫れたりします。
かゆいので猫さんは舐めたり掻いたりしてしまうので
気をつけなければなりません。
また疑わしいものを発見したときも、なるべく刺激を与えないようにして
診察してもらうべきだと思います。

しおんの場合も、このような状況はあります。
特に夏場、暑くなり血流がよくなるとかゆくなるようですが
一生懸命諭して、舐めるのを我慢してもらっています。
2008年6月現在、他に出来ることもなく、舐め壊すこともなく過ごせています。
(細胞診してませんが、肥満細胞腫モドキも同じく平穏な日々を送ってくれています)
また漢方を含む薬剤等での治療もしていません。
漢方は効果がありそうなのですが、投薬のストレスと秤にかけると
お散歩を愉しんでもらったり、生活にメリハリをつけることの方が良さそうなので
止めました。今はもっぱら免疫バランスを整えるよう努力するのみです^^♪

【参考】
児玉どうぶつ病院 肥満細胞腫
舞鶴動物医療センター 猫の肥満細胞腫
ペット 健康 犬や猫の肥満細胞腫ってなに? ~皮膚腫瘍として~  - goo ペット
[PR]
by Ganbaruneko | 2008-06-23 14:49 |  └肥満細胞腫 | Comments(2)