<   2010年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
しおんの17年を一挙に遡ってみると・・・
2010年8月31日(火)

ホメオパスさんに出す資料の作成を中断していて
事前に送って欲しいと言われてたことに気づき
このブログと小さい頃に書き留めてあったノートをめくった。

いやいや、思いのほかしおんには薬を摂らせてる~(涙

生まれてから今までの病気や大きな出来事を資料として出すために
分かる範囲で色々抜き出しまとめていた。
そしたら、なるべく少なめに、ダラダラ投薬を続けずに・・とやってきていたけど
それでも自分が認識していたよりも、薬を飲ませていたことがわかった。
特に抗生物質は多いなぁ、と感じた。

私が受けた予防接種のことを母に聞いたときも
母が認識していたよりも多く、しかもあまりに小さい時期に
たくさんの予防接種をしていたので、今の私と同じ反応だったのだけど
実際のことと認識の差が違うって怖いな~。

そうした意味でも、今回しおんの17年をまとめるのは
なかなか骨の折れる作業ではあったけれども
こうして自覚したできただけでも儲けもんだなって思えた。
そして次に生かしていけたら、とも思う。

ちなみにしおんは今日も早朝から長時間に渡り起し続けてくれました。
もちろん中休みしつつだけどね(笑)
小さくカプも、なんだかだんだんちょっと強めになり
前歯だけでも痛みを感じるほど強く噛めるのね、と言うことがわかりました。

途中、みーちゃんのお尻スリスリで起されたり
しおんがお腹空き過ぎたのか踏ん張りなのかゲボって起されたり。
やっぱり最初に起こされたら起きるべきなのよね。

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-31 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
言われたら即行動!
2010年8月30日(月)

d0053201_17521761.jpg
け方、しおんがトイレから出てきて
私の上を駆け抜けてタワーで爪とぎ。
なんだなんだ・・・やっぱり走れるんじゃん。

朝起きて、ウンチくんして走ったのだと知る。
それを片付けつつ

 「そういえばみーちゃん、ウンチくん出てなくなーい?
  ごはん食べてウンチくん出してね~」

d0053201_17522331.jpg
って言い終わると、トイレに入り踏ん張り出した(笑)
細いのが2本並列にくっついた短めのやつ。
最近ちょっとトッピングの海苔ばっかり食べてるから
出るものが形成されないのだと思う。
d0053201_17522654.jpg
本清をまた再開しようと思い
出してあるんだけど忘れちゃうのよね。
今日は入れたけど・・・^^ゞ

【おまけ】
会社から外を見たら、ハートみたいなモクモクな雲を発見♪
d0053201_17524177.jpg


今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-30 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
しおんの足の感じ・・・と猫のお友達
2010年8月29日(日)

d0053201_1965333.jpg
早朝にしおんに起され
ごはんを出してからベッドへ戻り二度寝。
d0053201_197276.jpg
お昼にお外に出たいとまた起されて
ようやくの起床。
d0053201_1971417.jpg
暑さはいくぶん和らいだのかな。
なんて思っていたのだけど
昨夜冷凍庫から出して
冷蔵庫で自然解凍した猫たちのごはんは
今朝も蒸し器で温めなおしてあったのに
昨夜炊いた自分のご飯(土鍋炊飯です)は
冷蔵庫へ入れることも忘れていた上に
今朝起きた時に温めなおすともしなかったので
あーぁ、な感じになっていました。

ご飯で知る残暑なのでした(涙
d0053201_1971945.jpg
さてしおんは自ら柵を潜って外に行ったから
足の調子はさほど悪くはなさそう。
でも金曜深夜に走り回った時みたいに
快復はしていないみたい。
まあ、焦らずゆっくり癒して行こう。


d0053201_1972467.jpg
方、スーパーに行く途中でこの前友達になった猫さんに出会った。
暑い日が続いていたし、高齢だと思われるので
見かけない間は少し心配をしていたんだけれど
急な坂道を小さく鳴きながら、えっちらおっちら上ってきてくれて。
d0053201_1972844.jpg
前は私に反応を示さなかった相方さんも
一緒に上ってきてくれたので

 「今日は来てくれたのね、ありがとう。よろしくね!」

って言うとスリーってしてくれた^▽^♪

 「あなた達はいつも一緒なの?仲良しなのね?」

って言うと、そうだよ!とばかりに
コツンコツンとおでこを合わせ、相方さんをペロペロ舐めて。
d0053201_1974420.jpg
夕方で日中の暑さも緩んだとはいえまだ暑いのに
ふたりべったり寄り添って寝そべってくれて。
カメラを持って出なかったことを後悔するくらいのラブラブっぷり。
恋人を紹介してくれたって感じで嬉しかったー!
d0053201_1975227.jpg
前のラブラブカップルのお外コちゃん&サビコ
めっきり姿を見せなくなったけれど
こうしてラブラブな2にゃんを見るのは気分が良いな~
暑さも忘れて、しばしラブラブ2ニャンと時を共にしました^^♪

そういえばサビコの最初の仔猫の仔サビちゃんは
2度ほど大きくなった姿を見せてくれました。
窓から覗き込んで、寝てるみーちゃんにウ~と唸ってたっけ。
全身をちゃんと見れてないけれど、美人さんになってました^^

お外の猫ちゃんたちも、お家の猫ちゃんたちも
出来れば長生きして色んな経験して欲しいけれど
ワクワクした楽しい毎日を送ってね。
d0053201_1975683.jpg


d0053201_17464558.jpgd0053201_17465488.jpg
d0053201_17465824.jpgd0053201_1747950.jpg
日付変わって26:15頃
おしっこをしたしおんが、得意のダッシュで
ベッドの上の私の上を駆け抜けてタワーで爪とぎ。
1往復半して、私に鳴いて教えた。
ここまで走れるから足の具合もいいみたい☆
d0053201_17471562.jpg
当時はその時の私なりに良かれと思ってした
脂肪腫除去手術だから後悔はしていないけれど
ここまで色々残っているとは思わなかった。
ケンカ後の耳の治癒の仕方を見ても
出すべきものがたくさんあると知ったし
改めてしおんにありがとうを伝えました。
d0053201_1747329.jpg


今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-29 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
今日のしおんの様子
2010年8月28日(土)

d0053201_18255343.jpg
朝は6時前から3時間くらい、しおんに起され続けた。
私はネットでドラマを観ていて寝たのは4時。
元気なしおんに起してもらうのは嬉しい。
でも起きないところがわたし(笑)
目が覚めても起き上がらず↓写真のようにウダウダ^^♪
d0053201_18261896.jpg
しおんに枕とられたーとか言いながらニヤニヤ。
d0053201_18296100.jpg
足はまた違和感があるようで
思ったとおり1回だけではダメみたい。
もう数年経った手術痕だしね。
手術したあたりを中心に舐めてるけど
昨日のようなしんどそうな様子は無いみたい。
(↑の写真の膝の辺りの毛がぺたりとしているのがわかるかな)

d0053201_1828283.jpgd0053201_18283279.jpg

d0053201_18283661.jpg
だけど↑写真のように右足だけずらして座っています。
寝そべる時も右足だけペロンと出てたりします。

d0053201_18284169.jpgd0053201_18285050.jpg


d0053201_1828676.jpg
みーちゃんはラックに登りたそうだったので
上のものを降ろしたら頑張って登ってた。
『優雅ちゃん』と呼んでいたトムのように、優雅に毛繕いをして満足げ(笑)
だけど座布団がない部分は苦手らしく踏まないようにしていました。
d0053201_18281013.jpgd0053201_1828141.jpg



d0053201_1828189.jpgd0053201_18282362.jpg
ちなみにレメディを粒であげる時は
こういう格好になってる時を狙って声をかけています。
寝坊助なのでこのまま目を開けるので唇をペロンして
粒を歯茎の辺りに落としています。
clickすると拡大するのでわかると思いますが小さい白い粒がレメディです。
みーちゃんもこれでOKな場合が多いですが他の猫さん達は嫌がりるかも^^ゞ

d0053201_18285852.jpgd0053201_1829237.jpg
お口の周りも汚れてきたので
ついでにすりこみ油でお手入れしました。
撫でてるふりして汚れになじませますが
途中で気づかれ逃げられました。
このあとでティッシュでふき取りますが
かなり汚れ落ちがいいです。
またこのオイルは舐めても平気だし
一般的なオイルのようにいつまでもべたべたしません。
・・・が、しおん曰く毛につけるとそれなりにべたべたするので苦手、とのこと(笑)
なるべく回数を減らしています。

d0053201_18285493.jpg
ホメオパスさんに診てもらうために
17年目にして初めてソフトキャリーを購入しました。
かなり迷って買ったのですが、しおんにはやっぱり窮屈なようです。

8月も終わりの方になって日が落ちるのも早くなったし、暗くなれば虫の声も。
まだまだ暑いけれど秋も近くて嬉しいな。どの季節も変わり目はワクワクしまーす。

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-28 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(7)
しおん、古い手術痕の好転反応(追記あり)
2010年8月27日(金)

d0053201_13191053.jpg
宅した時には玄関まで来て
そのまま外に出てレモングラスをガシガシしたしおん。

それから中に戻りごはんを食べるもなんだか変。
うん、なんだかどこか変。
d0053201_13192331.jpg
私がしおんの大好きなもずくを食べているのをみても
乗っていた人間ベッドの上から欲しいと視線を向けるだけで
自分から降りてこようとしない。
お腹いっぱいで食べたくない時はそんな視線も送らないし・・・
d0053201_13192951.jpg
カタカタと私の記憶の中しおんデータが巡っていく。
そして本当に欲しそうなのに降りないってことは
足が痛いのかも。と悟る。

いつの頃からか、時々後ろ足がふらついてる?
って思うことが何度かあった。
たぶん最初は年末におなかを壊して吐いてた辺りから。
でもこの時は下痢でおなかに力が入らなかったんだと思う。

その後はいつ頃からだったか覚えてないんだけど
もう17歳だし、腎機能低下と診断されてからは
太ももの筋肉も落ちたし、老化なのかなぁって思ってた。
ベッドの上り下りが微妙だなぁ、ってのも感じていたし
抱っこして外に行った時に抱きなおすと痛いのか
怒る時もあって、腰なの?足なの?どっちもなの?って思ってた。

だけど今日改めて観察してみると
ふらつきと思っていたものは、右足に違和感があることが原因のよう。

・・・って事は、好転反応がまだ続いてたんだ!
と合点が行く。

好転反応が目に見えてわかったのは、今年3月に浄化のために
一緒にレメディを飲んでいたときのこと。

なんだか右足の膝辺りを気にしているな~
と思ってたらあっという間にその部分がハゲだした。
そしてすぐに手術痕だとわかった。

右足の膝の辺りは、2005年6月に脂肪腫を除去するために
手術したところなのだけれど、翌日には完全にハゲて
そこにはくっきりと縫い痕が見えた。
舐めハゲではなくて脱毛だとはっきり分かるスピードでハゲた。
しかし今思えば、5年経ってもくっきり傷痕が残ってるのも不思議。

ところで、なぜ好転反応かと判断できるかと言うと
ホメオパシーをはじめると、治癒の過程で
過去に未解決だった部分の問題が出てくることがあるのです。
それが以前も載せた治癒の法則(ヘリングの法則)です。

 1.上から下へ(症状が手足など末端へ移行している場合)
   例)顔や首にあったアトピーが手足に移行している。

 2.中から外へ(体内の症状が体外の症状へ移行している場合)
   例)腎臓の機能が悪かったが、皮膚が痒くなった。

 3.心から体へ(心の症状が体の症状へ移行している場合)
   例)・分裂症で風邪もひかない人が風邪を引いた。
     ・頑なな心が解きほぐされリラックスし、皮膚に発疹が生じた。

 4.重要な器官からより重要でない器官へ
  (臓器等の重要器官の症状が、他の重要でない部分への症状へ移行している場合)
   例)肝臓の痛みはなくなったが、痰が出る。

 5.逆順序の法則(以前患っていた症状が戻ってきている場合)
   例)・過去に抗生物質で治療した膀胱炎が戻ってきた。
     ・子供のころ、打撲した際の痛みが戻ってきた。
 ※きちんとかかり切っていない場合は、症状が戻ってきます。

 キッズ・トラウマ第4版より


トムのときは私の希望的観測も入ってしまい読み違えたけれども
この手術痕はやっぱり過去の傷を癒すためとしか思えない。
(↑の5です)

d0053201_13193334.jpg
私が気づいた異変は、その違和感(痛みかも*)によって
気持ちもしんどくなってしまっていたことなのだと思う。

老化のせいなら、下半身を鍛えた方がいいって思って
走ったりジャンプしてみたらいいのかもねーって話した事があった。
人間も下半身から老化していくって言うしね。
(森光子さんや黒柳徹子さんはスクワットしているらしいしね)

で、とある日、外に出たときにあちこち小走りに走ったりして
私が話したことを覚えていて、鍛えているように思える事があった。
単なる好転反応だったのに、無理させちゃったのかも・・・と反省です。
しおんも今までと違う自分の足に悲しくもあっただろうし。
だからいつまでもすっきり全快しないことに
気持ちがしんどくなったのかも知れないね、ごめん。

ハゲた後に、いくつかその過去の傷に見合うレメディを摂らせた。
走った後に右ひざ辺りを気にして舐める仕草も見られていたので
気にはかけていたはずなのに、いつしかその後ハゲも治り・・・
そうこうしているうちにケンカして怪我してきたりしたので
微妙な感じに気づけずにいたようです。
d0053201_1319371.jpg
思い起こせば、つい最近もまたハゲてたことがあったし。
最初の時のような完全ハゲではなかったけれど
あれも体からのサインだったのだから
すぐに見合うレメディをあげたらよかったのだけども。
d0053201_13194038.jpg
と、今更言っても仕方ない。
新たな不調ではなく、好転反応だとわかっているし
何より私が自分のおかずに鮭を焼き始めると
痛い足をかばうようにそっと寝ころんでいたのに
起き出して来て(足に負担をかけないように手の力で起きる感じ)キッチンへ。
すでにみーちゃんは「まだかなぁ」って網を見ていて
その隣にスタンバってるし・・・ってそれ私の鮭!(笑)

最初からねだられることを知っていたので
ほとんど味の無い鮭はみんなで仲良く食べて。
食べ終わると、またそっと右足をかばうように寝転ぶしおん。

その後でレメディを摂ってもらいました。

4月のケンカの怪我の時のとかぶるものも多いですが。


 何があってもまずはコレ、ショックや恐怖に対して
 1番に選択すると言う怪我・ケンカのショックに対してのレメディ【Acon.】。

 怪我や出血、手術の前後、体のトラウマにもよいArn.のよりも
 深い組織、深い傷によい【Bell-p.】。

 そして傷口が開いてしまい、ホチキス留めをされた経験があるので
 注射や噛み傷など先の鋭いものでの傷に良い【Led.】を。

 上記で反応が見られたので、その後に
 神経に達する傷によい【Hyper.】摂らせました。

 (ポーテンシーは全て200C。手元にあったものが200Cだったので。)

 レメディ名は発音が違うのか、読み方が違うので共通している略で記載しましたが
 私は以下のように読んでいます。
 また何から作られたものかは()内に書いておきます。

 ・Acon. アコナイト(トリカブト)
 ・Bell-p. ベリスペレニス(ヒナギク)
 ・Hyper. ハイペリカム(西洋弟切草)



2010/08/28 AM1:30追記

もの凄い睡魔で寝てしまった私が25時過ぎた頃に目覚めると
そばにはしおんがいた。なんだか顔がとっても晴れやか。

クルクルと脳が機能しだし

 「あれ?足良くなった?レメディ効いた?」

と声をかけると、しっかり理解したらしく
タワーでバリバリと爪とぎをして
私の上をジャンプで飛び越えてベッドを降り
そしてまたベッドへ飛び乗ってきた。
d0053201_13194474.jpg
そのジャンプの描く弧の大きさに
わー♪やったね!と声をかける。
しおんも心底嬉しそう。

好転反応だとわかっていたけれど
本当にしんどそうだったからドキドキしていたし
睡魔に襲われつつも何度か目が覚めた時には
横向きに長くなって寝てるしおんのお腹が動いてないように感じて
慌てて飛び起き、傍へ行き撫でたのに全然反応がなくて
恐る恐る抱き上げたのに目を開けなくて。

破裂寸前の私の心臓を落ち着かせゆすってみたら
やっとショボショボの視線を私に向けてくれて。
本気でびびった。

本当に(@p----)何が起きたのかわからなかったけれど
レメディがヒットしたんだと思う、あの熟睡っぷりは。
仔猫時代はほんっと熟睡するコで抱き上げてゆすっても
寝ているコだったしね、快復させるために必要なんだったと思う。
(↑()内の謎の文字はしおんがやった)

その後も狭い部屋をあちこち走ったりするしおん。
しばらくその様子を眺めつつ、みーちゃん出てこないなぁ。
って思ってると登場。
機を待っていたのか、お目目キラキラで待ちぶせ。
d0053201_13194892.jpg
瞬時に尻尾を膨らませて、しおんを追う。
しおんもみーちゃんをあおって走る。
ってみーちゃん相手にこんなの初めて。
やっぱり全体の調子ってより足の調子が悪かったから
全体がどんより重かっただけだったのかも知れない。
だからこそ、この"僕、元気になったよ!"のアピールが凄いように思う。

好転反応。侮れないと思う。
不快さを言葉で話せないだけに余計に。
あまりに酷いときは何らか他の方法も試すべきだと思う。

そしてあの手術がどれだけ負担だったかがわかった。
傷口がパッッカンして、別な病院で縫合してもらったとき
部分麻酔が効く前にホチキス留されたことを思い出し
Led.を飲ませたんだけどそれが効果あったのかな、と思う。

動物に咬まれたときによいレメディなので
ケンカした当時に手元になくて摂らせてあげらなかったので
後で買ってすぐ摂らせるつもりだったのが忘れていたみたい。
買ってすぐ飲ませていたならば
しんどい思いをさせなくて済んだかも知れない。

だけど今まで見かけ上なんなく過ごしてきていたのに
こうして反応したことで、実は手術が未解決で残っていたことが
わかったのはありがたいと思う。

いずれにせよ、このしおんの反応が嬉しいのだ。
もう自己治癒力が働かなくなってしまっていて
レメディをいくらとっても、反応できない場合があるから。
何より、しおんの嬉しそうに走りまわった姿が嬉しい。
d0053201_13195588.jpg
それにしても反応の凄さには驚きました。
ホメオパシーをはじめてすぐの頃にトムがその凄さを見せてくれた
まだ実践しはじめてて間もない割りには
何度もその素晴らしさを体験させられているのだけど
今度もびっくりさせられたし、勉強させて頂きました!

とは言え1回ですっきり良くなるとは思っていないので
セルフケアを続けつつ、ホメオパスさんに相談しようと思っています。

※爪とぎしているみーちゃんは、しおんの興奮に煽られてしっぽが膨らんだところ。
 その次のみーちゃんは、ハイテンションなしおんを見てあっけにとられてるところ。
 最後のしおんは興奮が冷めたところ。
※クマちゃんのぬいぐるみ、私が無造作に置いたんだと思うけど片足あげて行儀が悪いところが
 トム子ちんみたいで笑えた~♪(クマちゃんをおんぶするトムちん)

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-27 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
リメイク♪
2010年8月26日(木)

d0053201_21101228.jpgd0053201_21101896.jpg
d0053201_21102427.jpgd0053201_21102930.jpg
宅してドアを開けても
いつもしおんを追い越して外に出てくるはずのみーちゃんが
玄関までお迎えには来たのに外に出てこない。
しばらくすると玄関を陣取るけれど
外に行きたいわけでもなさげで様子が変。

その後も私の後をついて歩く。
あっちへもこっちへも。
・・・って狭いから大した距離じゃないけど^^;

だけどごはんを食べたら落ち着いたので
もしやお腹空いてるサインだった?
今日の夜はお外よりごはんだった?
朝ごはん食べずにお外なコなのに?
ま、そんな日もあるかもね。
d0053201_2110359.jpg
しかしね今回のごはんは確かに
ニンニクが多すぎたよ。

猫ごはんとしてどうなの?ってくらいにね。
多いなーって分かっていたんだけど
残しても使える量じゃないし入れちゃったよ。
しおんさえも食べるに値しなかったらしく
留守中用にと置いてったのがそのまんま。
みーちゃんが食べれるわけないよね。

ぷーんとニンニクのよい香りが寂しげに漂ってさ・・・。

このまま何かトッピングして食べさせようかとも考えたけど
ニンニクも少量ではあるけれども
猫にとっては多すぎて害になるから嫌がってるのかも?
と考えてチキンと残ってた小豆入の炊いた玄米でリメイク(笑)
水増しして匂いを薄くする作戦ってわけです!

それに・・・材料の秋刀魚、お刺身用のを使ったのよ~
(安くなってたから買ったんだけどさ、お刺身用を加熱って迷うのよね)
食べないで終わるのはもったいないじゃない。

で、リメイクしたわけですが・・・結果はいかに?


















d0053201_21104035.jpg
量は1.5倍程度に増えたのでニンニクの香りは抑えられ
秋刀魚の香りが引き立ち、いい感じ~☆
d0053201_21104539.jpg
ってことで、みーちゃんは少量の海苔のトッピングで
しおんはそのまんまでも、もりもりっと食べてくれました。

はぁー、良かった!
昨日入れ忘れたホタテも入れられたしね♪
初の手作りごはんリメイク、この先も使えそう~^▽^v
d0053201_21105017.jpgd0053201_2111194.jpg
トムちんのお花たちもリメイク♪

【おまけ】
d0053201_1394560.jpg
昨日の深夜、寝転ぶしおんにペットボトル湯たんぽを。
横着してタオルにも包まず添えただけ~
本当はこんな風にしたら良いんだけどね。

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-26 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
ホメオパシーで行こう!
2010年8月25日(水)

d0053201_22595741.jpg
おんの治療には今までと同じくホメオパシーを選びました。
癲癇については、数年前からある程度の情報は集めていましたが
改めて今調べてみても、現代西洋医学では薬剤投与での予防しかないみたいなのです。

人間のように細かな検査が出来れば話は違うのでしょうが
しおんは2006年春に慢性腎不全と診断もされているし
体に負担になる検査・治療ならばしたくありません。
元々薬に対しても敏感に反応する猫なので、やはり体に優しいものを選びたい。
余計な苦しみを与えない方法を選びたいのです。

以前書いたかも知れませんが
とある県では100歳を超える人が500名いるそうですが
その内訳はと言うと、自分で話せるのが50人。
自分で動ける人にいたってはたった5人だったそう。
これでも長生きしたいって思いますか?

私は薬や機械に頼らなければ生きていけない状況なら
長生きなんてしたいと思わないし、させたくないです。
可能な限り自己治癒力だけで解決したいし、して欲しいんです。
もちろん病気や怪我で治療することは必要だと思います。
でも薬を止められない、機械を止められない、そんな風に
無理やり生かされるのはやっぱり嫌です。

何より薬が体に入りすぎて死ねない事態を招くのが嫌。
私の父方の祖父は胃がんでたくさん薬を入れたので
死後硬直することさえも許されませんでした。
祖母がぶらんぶらんした祖父の腕を取って
そのことを話してくれた光景が今でも忘れられません。
人間らしく、本来あるべき姿で旅立たせたかったのでしょうね。

本来は何もしなくても生きていける、それがベストですが
それでもホメオパシーを選んだのは、その効果はもちろんですが
体の中に何かを足していくのではなく、入ってしまった、入れてしまったけど
出せなくなっている不要なものを出せるからです。

ちなみに私は水銀のレメディで左の眉から始まり、頭皮、口の周りに
好転反応が出て凄いことになりました。
だけど"排出してるんだ~♪"ってわかったので、不安になることもなく続けることが出来ました。
実際にしおんもみーちゃんも水銀のレメディでハゲができました。
しおんは頭に、みーちゃんは耳に。私も最初は眉、頭皮だったので
水銀って頭に溜まるのー?と思ったのを覚えています。

たぶん一般の人なら好転反応だなんて嘘って思うかも知れません。
下手すればホメオパシーのせいだ!って思うかも知れません。
痒みも酷かったし、ほんと誰かのせいにしたくなるかも知れません。
レメディ飲む前は大丈夫だったもん!!と怒るかも知れません。
だけど出てきたものは自分で溜めちゃったものなんですね。
(子供の場合は親からのものでしょうが)

そんな状態でも私が平気だったわけは、漢方薬でも好転反応を経験しているし
サプリなどでも経験していて、何よりタバコを止めた後にもの凄い反応があったのです。

私は2005年までの10年間喫煙者だったのですが
臭いのが嫌、と言う今までは臭くなかったのん?って変な理由であっさり止めたんです。
そして半年ほど経過したころから、子供の頃からツヤツヤが自慢だった髪の毛から
どんどん艶が消え白髪が一気に増えていき
皮膚はあちこち(特に顔)痒くなり、両手の爪はぼっこぼこになり
それまで出たことのなかった主婦湿疹がたくさんでて大変な思いをしたんです。

一気にそんな状態になったので、恐ろしい病なのか・・・と心配しました。
ですが、これらの全てをキーワードに調べたところ【肺】にたどり着きました。
深~く納得しました。
(禁煙したからと言って私のように反応があるとも限らないです)

もちろん当時はサプリも漢方薬も解毒するようなものは何一つ摂っていませんでしたが
体は自然にタバコの害を排出するべくがんばってくれていたのです。
最後までおかしかった爪が正常に戻るまでに1年半ほどかかりましたが。

水銀の毒だしの時はセルフケアだったし、まだホメオパシーを勉強し出して浅かったので
ホメオパスにかかっていれば、もっと早く改善されたかも知れませんが
一番酷くなった口の周りの湿疹とでこぼこした状態が消えるまでは
4ヶ月ちょっとと長くかかりましたが、この禁煙後の出来事を経験していたので
のほのーんと毒だししていられたのです。
幸いなことにマスクをすれば隠せるところだけだったのもあるのですけれどね。

その後の肌はと言うと、好転反応が出ていたときにはボコボコになった肌を
ブラマヨ吉田みたい・・・と妹に言われたり、鱗状に皮膚がむけるのを知った母は
このまま龍になっちゃうんじゃなーい?なんて冗談で言われたりしていましたが
ふたりとも正直なところ"本当に大丈夫なの?"って思っていたでしょう。

でも結果としてキレイになりました。もちろんレメディ摂る前よりもね♪
一時は赤ちゃんの肌みたいに気持ちよくて、気づくと自分の頬を撫でていたことも(笑)
今はまだ出しきれていないのか、他の何かがあるのだと思うのですが
水銀のレメディを摂らなくても、表面は普通なのに当時と同じ痒みがふっと
出てきたりします。でもその痒みを感じると、ふふ、まだまだ出してやるーって
にんまりしちゃうのです^^

ちなみに禁煙後に肌が痒くなってから、お化粧をすると余計水分が奪われて
不快感を増すので止めました。
基礎化粧品のたぐいもやめ、今では化粧品類を一切使わなくなりました。
洗顔も朝は水だけ、夜は純石鹸だけです。
あの以前の顔を洗った後にすぐに化粧水をつけないと、つっぱる感じは一体なんだったの?
と思うくらいに変わりましたから、ほーんっと楽ちんです♪

こういった何度かの経験から排泄することの重要性を知っているので
しおんの場合も予防接種に始まり、全身麻酔や抗生物質、市販のフード類など
17年かけて蓄積してきたであろうものが、たんまり溜まっていると思うのです。

しおんには私の無知さから、去勢以外に不要な手術をしてしまったために
余計な麻酔、薬を入れてしまいました。
一般的には解毒され排泄される、と言うけれど実際は全部は出しきれないわけです。
でもその溜まった不要なもの、異物がしおんの体に良い影響を与えるはずはないわけですから
出来る限り、それも負担のないペースで出してあげたい、と思うのです。
(ウンチくんやおしっこを溜めとくことが出来ないのとおんなじ理屈ですよね)

今までホメオパスに頼らず、自分で勉強し実践していたのも
このブログをはじめた5年前にすでにホメオパシーを実践していた周りの人たちから聞く
担当ホメオパスさんの印象が私にとって納得行かない事が多かったので
ペースを大切にしたい、一気に出せば良い訳じゃないし、好転反応が酷いときには
即座に対応してくれないなら意味がないので、それなら自分で勉強しつつ
セルフケアでやってみようと思った訳です。
(当時のしかも特定のホメオパスさんの事なので、誤解のないようお願いします)

国内外の多くの著者が書いたホメオパシーについての本を読み漁ったり
セミナーやオープンカレッジなどにも参加してみたり
ホメオパスさんや実践者のブログを色々読んでみたりしても
やっぱり現時点では一番良いなぁ、って感じるんです。

何より猫たちや自分自身もその効果を目の当たりにしているので
否定のしようがないのですけどね。
もちろんベースは食事や生活環境が大切だと思います。
それだけで治療になるのならばそれが一番だと思うんです。
病気が見つかったからと言って、生活の質が大きく変化してしまうようなことは
無いに越したことがないと思うし。
私はそう思って今までやってきたので、現時点では手作りごはんの食材を見直す程度で
他に特に変えることもないので、ありがたいことです。

だけど大きな発作として症状が出てしまった以上、見逃すわけには行かないし
それ以前もこれって癲癇なの?大丈夫かな?って疑問に思っていた小さな症状も
いくつかあったわけです。
だからまた大きな発作を起こしたりしないようにと言うのはもちろんですが
生活の質を大きく変えずに済んで、効果も期待できる*のはホメオパシーしかないな!
と思って決めたわけです。
(*実際に自分チの犬さんのてんかんがホメオパシーで完治したと言うのを直で聞きましたし、人間の例でもいくつか体験談を聞きました)

ホメオパシーのレメディは小さな小さな砂糖粒なので、一般的な投薬のような
ストレスは(しおんの場合は)無いし、水に溶かして摂ってもらうことも可能なので
本当に楽ちんなのです。
私みたいに寝坊さんな上に、仕事もあり、ひとりで全てケアしないとならない場合だと
きっちり時間を決めて飲ませないとならない薬は無理なわけですし。

とは言え今まで溜めてきたものを解毒したりするための処方や
根本体質の改善のための処方、何よりホメオパスさんしか処方できないレメディも
たくさんあるので、今回はセルフケアではなく、プロのホメオパスさんに頼むことにしました。
私がホメオパシーの存在を知ってから5年余り、実践してから1年3ヶ月。
その1年3ヶ月の間はノンストップで勉強してきましたから、自分なりにではあるけれど
どんな具合にホメオパスさんと関わっていけばよいかも分かってきたので
プロにお願いすることにしたのです。

d0053201_230332.jpg
・・・とは言え西洋医学とさよならしたわけじゃありません。
何度も書いていますが、私はいいとこ取りしたいんです。

私が行くホメオパシーのセミナーでも、西洋医学の良いところは取り入れましょうと
いつもお話されています。そのほかにも体温を上げるためにハーブ蒸しを提案したり
食材のこと、食事の摂り方だったり、はたまた体を動かすことの大切さなど
本来は基本であるのにその重要性を忘れられているようなことも
くり返しお話してくださっています。
たぶんホメオパシー治療以外はやるな!これだけやってりゃ大丈夫!
なんていうセミナーならば間違いなく行かなくなりますね、私。

ってことで、主治医(現代西洋医学の獣医さんです)のところにも行って
経過を話して診察してもらい、色々と情報交換し、意見をもらうつもりです。
腎機能の検査(血液検査だけですが)も2008年4月以来していないので
血液検査によってホメオパシーの効果もわかるかも知れないので
しおんさえOKしてくれたらば、行ってくるつもりです。

とは言え病院であちこち触られたり抑えつけられての採血はイヤだー!!
って言うのは目に見えてるんですよね。
それに嫌がることは無理にはしなくないんです。
イヤと思う理由があるはずだから・・・。
(レメディも嫌って言うときは飲ませていません)
私としおんの間で今のようにはっきりとした意思疎通が取れてなかったら
多少我慢してもらっても検査するだろうけどね。
しぶしぶでもOKくれたらいいな。

ちなみにホメオパシーを処方してもらうためにはしおんは何もしなくてOKです。
そこへ行かずともいいくらいなんです。
ですが事前に今までの全てを書き出さなければなりません。
これがもー大変~っ。17年分ですから。

全てと言うのは病気や怪我だけじゃなくて
産まれてから今までの色々な出来事を書き出すのです。
わかるなら親猫の事(持病だけじゃなく性格とか癖など)や
その時々のハプニング的なことまでも。

覚えていなければ書き出すことも出来ないのですが
ちまちまとですが仔猫時代のことをノートに書いてあったり
ブログには小さな出来事も書いているので
よりしおんにぴったりくるレメディを選んでもらうためにも
細々書き出したくなるわけです。
しかも書いてると、書いてないことまで思い出したりしちゃって^^;

だけどこういった一見病気とは関係ないと思われることが
ホメオパシー治療ではとってもとっても重要なのがわかっているだけに
端折りどころが決められなーい!

現代人の多くは突然病気になったように感じるのでしょうが
実際はそのほとんどが日々の積み重ねの結果です。
ウィルス感染なども免疫力を保てなかった結果なわけです。
(もちろん遺伝・事故などもありますが)

心の奥底にしまいこんで忘れたはずだった辛かった出来事が
その心の痛みに気づいてもらうために
じわじわと時間をかけて肉体の痛みとして出てくることもたくさんあるのです。

良かれと思って、薬を使ったことが肉体のバランスを崩し
治ったように見せかけ、後々一見関係ないような病気となって
表に出てくることもあるのです。

だからこそ例えば主訴が癲癇として治療を開始したとしても
結果的に腎臓の治療になったり、他の微妙に気になってた部分も
改善されたりしちゃうんです。
ここが症状だけを診る現代医学の主流の対症療法とは違うのです。

症状は病気の存在を表現してくれているだけのこと。
だから症状だけを何とかしようとしても病気は治らなのですよね。
漢方も全体を診るので、そういった部分では凄く似ています。

さーて、しおんにどんなレメディが処方されるか
費用さえあれば今すぐにでもホメオパシーの学校に入りたい私としては
とっても愉しみだったりします^^

ところで・・・どうして長々こんな事を書いたかというと
新聞なんかでホメオパシーについて色々書かれているので
安易に私が選択しているのでは?妄信では?と思われ
心配される方がいるかも知れない・・・と思いから書いてみました。
でも否定的な人のブログやなんかも時々読んでます。
プラティカルはダメーって書いてるクラシカルの人のサイトなんかも見てます。
色々な局面からホメオパシーを知りたいから。
それに漢方やホメオパシーなど、叩かれつつも残ってきた医療です。
それらがなぜ叩かれてきたか、否定されて潰そうとされてきたか。
少し考えるとカラクリがちらついてきたりも・・・。

だけどホメオパシーに限らず、自分の理解を超えたことは全否定しちゃうってのは
なんだか好ましくないわねーって思います。
と言いつつ私も昔はそういうところが多々ありました。
今は色々な出来事を理屈じゃなく(←ここ重要)受け止めることが出来るように
なってきましたが。

ホメオパシーを知ってから実践するまで数年のブランクがあります。
このブログをはじめた当初から読んでくださっている方は知っていると思いますが
その間に西洋医学はもちろん、漢方をはじめとする東洋医学や他の代替療法や
自然療法などそれぞれ自分なりに勉強したからこそホメオパシーを受け入れられたのです。

加えて動物たちとテレパシーで話すことや、エネルギーを感じること
はたまたレイキなどヒーリングを勉強、実践してきたことで
それ以前より私の感性というか感覚がとてもクリアになってきていて
必要なコトやモノが"わかる"ようになっているんです。

私の場合は子供の頃から直感で物事や行き先を決めたりすることが多かったのだけど
今は少しずつその能力の扱い方を勉強していることもあって
よりクリアになってきているのだと思います。

そういうアレやコレ、一応わかった上での選択ですからご心配なきよう~♪

長文、読んでくださってありがとうございました!



・・・と、言っておいて2ニャンの今日のことも。記録だから、き・ろ・く♪

しおんが秋刀魚(40cm超の立派なのを奮発!)のお刺身を食べてたら
みーちゃんもやってきたので、差し出してみるもしらーんって興味なし。
その少し前にもホタテをお刺身で食べたしおんが少し残したので
みーちゃんが食べれるように焼いたホタテを入れてあげたら上手にお刺身のだけ残してた。
なのでほんの少し残したのに鰹節をかけるとペロリ。
こうしてまた少しずつ美味しさをわかってくれるといいんだけどな。

自分用の秋刀魚をお刺身にしつつ、先に食べてるしおんを見ながら
トムなら今頃もうとっくに食べちゃって

 「コレ大好き!おかわりちょうだい!早くちょうだい!まだあるんでしょ!」

って、大声でキッチンの私に言いにきただろうと思うと、可笑しくて可笑しくて。
そういう時はいつだって真剣な目をしてるんだもの(笑)

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-25 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(16)
今日のヒーリングはひと味違った☆
2010年8月24日(火)

d0053201_22424590.jpg
ーちゃんがウンチ前のハイテンションだったのか
家の中でしおんに斜め走り。
前みたいにホンキで咬んだりしていないけれど
発作以来、ちょっかい出すのが気になるけど
これは私の気にしすぎ、なんでもそこへ持って行きたがるビョウキだと思う(^_^;)
d0053201_2243118.jpg
だってしおんは発作前は暑いのに膝に乗ってきたりしてたなぁ
あれは前兆だったのかなぁ・・・なんて考えたりしたけど
よくよく考えてみるとみーちゃんの方がべったり膝の上にいたしね^^;
d0053201_2243765.jpg
でもどれもこれも私のビョウキと無視はせずに
気になることは留意はしておくけれど。

例えば・・・ここ数日はしおんが寝てる間に
ちょっと近くに短時間出かけるだけで
帰宅時には玄関で待ってたりする。
過去に時々はあったけれど、出かける前に行き先と
どれ位出かけるかを伝えていくので
ほとんどは寝て待っていたから。
でも何にもしていないときには甘えてこない。
今朝は寝てる私の腕の中に来て寝たりしていて
それは私を心配しているような気もするんだけど
発作が元で若干不安もあるだろうな、とは感じるのでね。
ちょっとそういう部分は気にかけてあげないとね。

ってことで、また光と色のヒーリングをした。

白い光はもちろん、キレイなピンク色の光が
しおんの胸から全身に放射状に広がったり
薄いグリーンの光が尻尾の方から螺旋状に頭に抜けたり
頭からジグザグに尻尾へと抜ける光だったりと
いつもとは違う感じだった。
薄い黄色や金色、青や水色などいつもより色が多かった。

そしてハートチャクラが気になったので
それに対応するローズクォーツのレメディも摂らせた。

ヒーリングとレメディで少しでもしおんのためになるといいのだけれど。

d0053201_22435892.jpg
それにしてもこの暑さのせいなのか
以前の上司から、私を介して引き取った猫さんが
先週旅立ったことと、別の猫さんが体調を崩したので
通院するとエイズであることがわかったとお知らせがあった。

そして別な友達からはモルモットが具合が悪くなり
お話して欲しいと連絡があったのだけれど
今朝旅立ったと連絡が。
全て暑さのせいではないけれども
体調の悪いコたちが無事にこの夏を乗り切れますように。

※写真のお花は先日トムちんが頂いたもの。最後の写真のは、届いた日に撮りました。右側のは私からトムちんへ♪

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-24 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(3)
嬉しい瞬間
2010年8月23日(月)

d0053201_12445321.jpg
おんがトイレから出てきて
ダダダーっと私が寝ているベッドの上を走り
そのままタワーにジャンプして爪とぎする音で目覚めた。
d0053201_12445886.jpg
この前の発作があってから
初めてだったので、にっこり嬉しくなる瞬間でした^^♪

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-23 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(4)
あっちからもこっちからもたくさんの支え♪
2010年8月22日(日)

d0053201_1243530.jpg
日に続き、今日も午前中から出かける予定だったので
早朝からお外に出したら、野良ちゃんと遭遇。
d0053201_1243121.jpg
この野良ちゃんには何度か遭遇していて
先月はみーちゃんがオラオラ~っとお隣まで追いかけたことも。
だから豚鼻さん(この猫さんにつけた愛称)を見たときはドッキリ。
しおんにもみーちゃんにも、お願い追いかけないでね!
とお願いしました。(本当は習性として追いかけたいだろうけど・・・)
d0053201_12431753.jpg
しおんは豚鼻さんを気にしつつも
距離を取ってくれました。
d0053201_12432246.jpg
・・・が、やっぱりみーちゃんは
隙あらば追いかけようモード全開でこの表情。
豚鼻さんも気になるのか、しばらく傍にいてこちらの様子を伺っていました。

こんな臨戦態勢バリバリな、おとこのコのようなみーちゃんですが
もみじ饅頭を食べて以来、パン類も食べるようになりました。
猫がパンを食べる必要ないのですが
食わず嫌いなところがあるので
美味しいと思うものがたくさん増えて
わくわくした気持ちになるようなコトが増えるのは
とっても良いなーって思っています♪

この豚鼻さんとみーちゃんがお隣さんで鼻面つき合わせてた日から
それまで日に何度も通ってきていた茶トラのまろちんが姿を消しました。
寝るときでさえもすぐ傍にいて、みーちゃんに甘えていたのに。
それだけじゃなく、お隣さんに通ってきていた猫さんたちも姿を消しました。
最初は豚鼻さんがお隣さんのお庭を縄張りにして居づらくなったのかと思っていましたが
お隣のおじさん(シロちゃんのおじさん)が体調を崩しているらしいので
お庭に言ってもごはんをもらえなくなったからなのかも知れません。


d0053201_12432823.jpg
て、早朝から猫たちのお外時間も済ませ、家事をこなし出かけた先は
大きな国立公園です。

公園の最寄駅に到着すると、こんな張り紙。
連れて行かれたコ達が、元気でいてくれると良いのですが。
d0053201_12433446.jpg
しおん、トムが小さい頃は、お散歩に連れて行っていた公園の池に
たくさんザリガニがいたので、近所の子供らと一緒に
採ったりしていたことを思い出しました^^

結構前から、ものすごーく自然の癒しを必要としていて
海や山など緑や水や土の豊かな場所に行きたくて仕方ありませんでした。
どう説明すればいいのか、ほんと餓えた状態でした。

とは言え、昨日も出かけたし、体調も微妙。
何より、しおんが発作を起こしたばかりだし留守中に何かあったら?
と、私の脳は不安材料をかき集め出しました。
d0053201_12433958.jpg
一緒に行くのが妹だったのもあり、ドタキャンしても許してくれるよね・・・
とは言え日にちは以前から決めていて、行き先は昨日急遽変更。
待ち合わせ時間も連絡してあるし、妹だから甘えすぎもイヤだし・・などなど。

頭の中、ぐーるぐる。

d0053201_12434456.jpg
でも直感としては、自然に癒されることを必要としてるし
癒しが必要な私よりも癒されてすっきりした私の方が
猫たちにもいいよねぇ・・・と言っている。

なので直感を信じられずに迷った時、最近使っている
トーテムアニマルカード
直感の後押ししてもらっているので引いてみることにしました。

【ツバメ】と出ました。
テーマは"家の守護"

以前、外出するべきか悩んだ日に
同じカードが出たときは、出かけず家にいることにした。
そのときは、このカードからそう受け取ったから。
メッセージを受け取るにも直感が大切なんですよね。

不思議なことに今回はそうは感じず

『あなたの家や家族は、病気や外敵からしっかりと守られています』

と言う一文にピンと来ました。

d0053201_12434943.jpg
そしてそれに続く

『過去に大きな傷や膿のような出来事があると、それを何度も頭の中で
再体験してしまうことがあります。しかしそれよりも、傷となったこと/ものを
抱え込んだままでいる必要はないことを思い出して下さい。
それらが自分から離れていくことを意図して下さい』

と書いてあるの読んでも、やっぱり直感を信じるべきね!と。

本当は奥底の方ではするべきことがわかっているのに
私のこういう思考が招く不安とで時々葛藤が起きたりします。

そんな時はこんな風にカードを引いたりもしますが
日常のあらゆる場面からもメッセージを受け取ったりします。

実は昨日は時々見ている週間占いの一行目が

『想像ほど厄介なものはないのではないでしょうか』

でした。
d0053201_12435417.jpg
今朝はコンビニで若いキラキラした好奇心いっぱいの
ミニチュアダックスに出会いメッセージをもらいました。

若いっていいなって思いから、歳をとっても素晴らしいのよね~
なんて思っていたときに、トムのサポートをする上で
"老いて行くこと"や"病気であること"
更にはその上でしんどい思いをするあろうで事を許そう、受け入れようと
思ったときに楽になったことを思い出しました。
d0053201_12435844.jpg
トムにはサビ猫トムちんとして経験することがある。
だからその全ての出来事を私も受け入れなきゃ。って
そう感じたときのことを思い出しました。

無駄な苦しみは与えないように気をつけてたいけど
生まれてくるとき、狭い産道を必死に出てきたように
必要な苦しみだってたくさんあるはず・・・と。
d0053201_1244498.jpg
帰宅して深夜みたドラマの中にも
今の私へのメッセージがいくつかありました。

こんな風にあらゆるところから応援が届き
そして写真のように緑がいっぱいの公園では
光や風など自然をめいっぱい感じてすっきりしました!

ほんとひとりじゃないんですよね^^♪
d0053201_1244997.jpg
この公園では4時間近くサイクリングし
帽子もかぶらず炎天下の中あちこち行きましたが
(もちろん水分補給や休憩しつつ・・・ね)
帰りにはふたりでショッピングまで愉しみました^^;
d0053201_12441472.jpg
ふたりで話していたんだけれど
ホメオパシーを(デトックス中心で)はじめてから
ほんと強くなったよねぇと話しました。

以前なら長時間夏の強い日差しにあたっただけでしんどかったのに
長時間サイクリングしたのに、ショッピングまで出来ちゃうなんてね♪
と。

ホメオパシーだけじゃなく、智通も飲んだりしているけれど
何より普段の食への意識や、生活そのものへの意識も変わったのが
何より効果が出ているのかなーって感じています。

ああ、生きるって素晴らしい☆

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2010-08-22 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(2)