<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
今年一年ありがとうございました!
d0053201_1754560.jpg


d0053201_1754637.jpg

たくさん書きたいことはあったけど
なんだかうまくまとめられず断念。

今年もお世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-31 17:02 | Comments(6)
弘前は雪がいっぱい
d0053201_1913414.jpg


d0053201_1913589.jpg

積雪40cmで写真の通り吹雪いて
すごーい雪国な弘前に無事到着しました。

冬物だったり雪国対応ブーツだったりと
かさばる荷物が多くて
宅急便も間に合わなかったから
スーツケースにしたらコロコロは無理で
雪藪をズルズル引きずったりしました。

住んでないから笑えるけど
戻ってきたら笑えなくなるのかしら^^;

d0053201_1913630.jpg

みーちゃんは新幹線はいつも通りばっちり。
今夜は実家に泊まるのだけど
実家にも慣れて二階をサクッと探検後
自分から居間に降りて来て
お水も飲んだりしてくつろいでます。

d0053201_1913689.jpg

[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-23 18:54 | Comments(4)
はやて中〜
今年は昨日で仕事納め。
今日からみーちゃんも一緒に弘前です。
週末乗り降り自由なパスが出ているからか新幹線はいっぱいなので膝の上です。

d0053201_1525440.jpg


d0053201_1525585.jpg

まだ仙台にも着いてないけど
晴れてるとこもあれば
山には霧みたいなのがかかっていたり。
弘前は今朝40cmも積もったらしく
風も強いそうで吹雪いてないかドキドキ。

d0053201_15257100.jpg
ともかくみーちゃんが冷えないようにしまーす!
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-23 15:18 | Comments(0)
みーちゃんのケンカ傷にもホメオパシーで♪
昨日の朝もいつものように外に出たみーちゃん。
短い時間で何度も出たり入ったり。
これもいつものこと。

何度目かに出て行ったときに
変な声だした?と思えたんだけれど
音楽かけててよくわからず
少し耳を澄ましてみてたけど、それっきり。

しばらくして戻ってきたら尻尾がプンプン。
いつも外に出て興奮すると少し膨らむんだけど
いつも以上?

そのあと何気に頭を撫でたら手が濡れた。

なんで濡れてるのー?
と手を見たら血!

耳が切れてる。

ひゃー!!


頭を振ったらしく床にも点々と。

慌てて体全部チェック。

どうやら耳だけのようでホッとした。
カレンデュラのチンキで消毒して
一応腐った肉の膿から作られたPyrog.(パイロジェン)という
ホメオパシーのレメディを摂らせて終わり。

興奮しているから体はケモノくさくって。
野生なのねぇ、としみじみ。

しかしお転婆もほどほどにしておくれよ。
(↑何度書いたことかしら)
d0053201_23175953.jpg




【Pyrog.】

このレメディは原物質からわかるように腐敗がテーマ。
敗血症のように細菌が血液の中で増殖して高熱が出たりしたときや
犬や蛇にかまれたときに傷口が膿んで熱が出たときなどに使うレメディで
ホメオパシー版、抗生物質とも言われています。

みーちゃんの傷は内側にもちょうど猫の口の幅くらいで傷があるので
念のために摂らせました。しおんがケンカして怪我したときもあげましたが
しおんみたいに酷い怪我じゃないしショックも受けてなかったので
Acon.もあげなかったけど^^;

しおんの時のレメディは↓の記事を見てね。
『しおんのケンカ傷へのホメオパシーでのレメディ選択』
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-21 10:53 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(6)
歯石をボリっ
毛繕いするみーちゃんのお口が
なんだか最近やや匂ってきていたので
お膝に乗った時にアーンしてもらった。

ら。

右奥にでーっかい歯石。
歯茎を覆い尽くす程にでかいの。

ま、この大きさも初めてじゃないし
大きい方が簡単に取れるってことで

爪でボリっ

左はさほどじゃなかったけどボリっ。

右の歯巨大だったし写真の収めてupしたかったけど
みーちゃんの小さいお口には
私の指が太すぎて取り損ねちゃった。
d0053201_2394554.jpg
この時、みーちゃんに話した事は

「獣医さん行ったら注射されて麻酔されて大変だよー
それよりぜーんぜんマシじゃん!」

納得してくれたようでおとなしくやらせてくれました♪
しおんもトムもそうだったけど
みーちゃんまでもがどんどん協力的になってくれて
本当に助かります♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-17 23:25 | Comments(0)
やはり勘違いしちゃったみーちゃん
昨日の今日で朝もなかなか起きれなかった私。
それでもみーちゃんをお外に出す時間は取って仕事に出かけました。
たぶん、そそっかしいみーちゃんのことだから
私がまた帰ってこないんじゃないかと心配しないように
ちゃーんと今日は仕事で早く帰ってくるから、と説明してから。

が、朝もお外どうぞ!行っておいで♪
と言っても、なかなか出ていかなかったり
出ても甘えた声ですぐ戻ってきたり
少しだけ進んで振り返って
部屋の中の私の様子を見ていたほどだったように
帰った途端に甘え攻撃。


心配したじゃない、また帰ってこないかと思った。
またひとりなのかと思った。


的な・・・。

みーちゃんってしおんやトムと違って話を聞けないコ。
やっぱり仕事に出る前に話したことは聞いていなかったわけで。

時間を取ってベタベタベタ。
らぶらぶらぶらぶ。

時折、仕事で疲れて帰ったのに
やたら女房に甘えられて相手している亭主になったような
そんな気分になったりしつつ笑

弘前で寝込んでいたせいで出来なかったことが
たくさんあるし、今日中にやらなきゃいけないこともあるのに
帰宅してごはん食べたら21時。

申し訳ない、ごめんねー、協力してと宥めたら
ようやくいつもはほとんど乗らないのに乗ってた膝を諦め
傍にひとりで寝そべってくれたはいいけど
ガン見。ずっとずっとじとーっと私のコトを見てる。
しかも喉をゴロゴロ盛大に鳴らして。
目が合うとまた膝に戻ってくるのであわせないフリしたりして^^;
d0053201_1645429.jpg
結果的にやらなきゃいけないことはできた!
みーちゃん、いつもいつもありがとうね。
週末はべったりべったりしようね。
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-14 23:54 | Comments(0)
みーちゃん、4泊5日のお留守番
d0053201_1625555.jpg
10日の皆既月食は見れましたか?
私は弘前で見たのですが、とーってもキレイで感動でした!
(写真は月食とは無関係の昨日の佐野SAの風景)

という訳で、また弘前に帰っていたのですが
今回は経済的事情と年末も帰るために旅程が短かったので
みーちゃんにはお留守番してもらいました。

夜行バスで帰ったので、3晩ひとり寝のみーちゃん。
みーちゃん専門のキャットシッター(妹)がいるとは言え
日課のお散歩もお預けになるので心苦しいったらありゃしない。

・・・っていう帰省だったのに、寝込んでしまい
到底バス移動できる状態ではなく、3泊の予定が4泊になってしまった。
d0053201_16251353.jpg
で、ようやく昨夜みーちゃんの元へと戻ってきたわけですが

甘える甘える甘える~!!
そりゃそうだー。

寂しかったんだもんねー。
私も寂しかったよー。
逢いたかったよー。
やっぱりふたり一緒がいいよねー。
離れ離れは安心できないよねー。

と、私一人でうるさいったらありゃしない。
ギューっと抱きしめたら逃げられたけど
写真みたいにべったりです。
d0053201_16252262.jpg
何年も前、結婚式か何かで実家に帰ったときに
帰った途端に「しおんに会いたい、しおんがいない!」って言う私に
「もう帰ったら?」と答えた母。
ほんとね、離れ離れは落ち着かないっ。

今回もかなり悩んで決断したんだけれど
やっぱりやっぱりやーーーっぱりすぐそばにいないと落ち着かないっ。
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-14 16:39 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
終末期の人工栄養補給、中止可能に…学会指針案
終末期の人工栄養補給、中止可能に…学会指針案

2011年12月5日(月)01:29

 高齢者の終末期における胃ろうなどの人工的水分・栄養補給は、延命が期待できても、本人の生き方や価値観に沿わない場合は控えたり、中止したりできるとする医療・介護従事者向けの指針案が4日、東京大学(東京・文京区)で開かれた日本老年医学会のシンポジウムで発表された。

 近年、口で食べられない高齢者に胃に管で栄養を送る胃ろうが普及し、認知症末期の寝たきり患者でも何年も生きられる例が増えた反面、そのような延命が必ずしも本人のためになっていないとの声が介護現場を中心に増えている。

 そこで、同学会内の作業部会(代表・甲斐一郎東大教授)が試案を作成した。広く意見を募って修正し、来年夏までには同学会の指針としてまとめるという。

ソース元:http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20111204-567-OYT1T00848.html


ようやく生かしておくだけがすべてではないこと
死ぬということへの考えが変わってきたのかな。
だけど変な話だなって思う。「中止可能に・・・」って。
病院に入ったきり、出ることもできず、最期の時を自分のお家で
安心できる場所で過ごすこともできない人が多すぎる。
自宅で旅立つには問題がある、にしても・・・悲しいことだと思う。

動物の場合は、自分の生き方、死に方を伝えられない。
サポートする側が最期の時期を把握しながら
そのことを自体を受け入れることは難しいかもしれない。

だけど人と違って安心できる場所で過ごすことは難しくない。
だからこそサポートする側が、心を合わせ
そのコの気持ちをちゃーんとちゃんと聞いてあげて
望むことを叶え、そこから多くの教えを感じ取って欲しい。

産まれたからには誰しも死ぬ。
だからどう生きるか、がとても大切だし
死がすべての終わりでもない。
ただただ永遠に続く絆の強さを実感させられるだけ。
と私はそう感じています。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2011-12-05 16:04 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(4)
猫の箸置
d0053201_23114657.jpg

昨夜、美味しそうな柿と共に
この箸置きが届いた。

猫友さんからではなかったので
はじめはどうして3つ?
と思ったんだけど私にだから3にゃんなんだねo(^▽^)o
d0053201_23114861.jpg
で、並べてみてびっくり。

暖色ふたつが女のコたちで
寒色が男のコで…なんてみてたら
偶然なのか意図したのか
ウチの猫たちの特徴にそっくり。
d0053201_23114999.jpg
ゴロンと寝転んだシマシマなコは…

d0053201_23115053.jpg
お魚抱えて嬉しそうなシッポの短いコは…

d0053201_23115122.jpg
シッポが長くてお転婆ポーズなのは…

ね。そっくりでしょ?

ブログの存在は教えているのだけれど
時々見てくれているかな。大切にしますね。
どうもありがとうございました!
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-03 21:04 | Comments(0)
雨宿りにもぴったりな場所 animal
もう12月も2日目が終わりそうです。
昨日から東京はグンと冷え、昨日は雨まで降ったりしていました。

そんな雨降りの昨日、時々出会う野良ちゃんに会いました。
いつものルートとは別に、彼の行くあとを話しかけながらついていきました。

雨だし冷えてるし、大丈夫なのかなとも考えたけれど
夏より太ってきてるしキレイだし、どこか良い場所を見つけたのでしょう。

この時は、ついてくる私を気にしながら歩いてました。
たぶん猫もうざければ、人間もうざいと思ったことでしょう。
参照:『ややうんざり気味な野良ちゃん

私がついてくるから塀の上にジャンプしちゃおうか
でも一定の距離を保ってるせいか
走って逃げようとも思わないらしくて可愛かった。

そんな野良ちゃんの様子が可愛らしく少し距離を縮めたら
d0053201_17424835.jpg
こんな風に垣根の隙間に入り込みました。

角度を変えるとこんな感じ。
d0053201_1744341.jpg

d0053201_17441310.jpg
この隙間がまたなんとも言えずぴったりな空間。
彼専用の雨宿り(小雨限定)場所みたい。

怪しい人(私ね;;)がもっと近づいてきたら
竹垣を抜けてお庭へと行こうとしていたけれど
本来行きたい場所ではないらしく
少しここで待てばいなくなってくれると予測してか
こうして写真を撮らせてくれました♪
d0053201_17471746.jpg
これからすごーく寒くなるけれど
野良ちゃんたちもいろいろ工夫して強く生きています。
私もサンラメラの前に張り付いてないで
もう少し知恵をだし、工夫しながら寒い冬を乗り切ろうと思いました♪


そういえばこの野良ちゃん、しっかりωがついてるけれど
お顔は小さ目だわ~。
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-02 17:51 | Comments(0)