<   2013年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
猫にアロマは危険
こんな記事を見つけ、まだまだ浸透してないんだな、と思ったのでシェアしますね。
とてもわかりやすい記事だったので、記事がなくなってもいいように、コピペさせてもらいますが
もしも問題があればお知らせください、削除します。
(ソース元:http://news.mynavi.jp/news/2013/11/29/186/index.html)

猫がいる家でアロマをたくと命にかかわる!? 獣医師が解説

仕事で疲れた時、読書をしている時、布団でリラックスしている時になど、アロマをたいて楽しむ人も多いでしょう。でも待ってください。ご自宅に猫ちゃんはいませんか? 今回は、猫がいる家でアロマをたいてはいけない理由を解説します。

■猫がいる家でアロマをたいてはいけないって本当ですか?

猫を飼っている方でアロマテラピーが好きな人は多いです。猫がいる部屋ではアロマを炊かない方がいいのか、ネットで検索すると様々な情報が出てきて混乱してしまうかもしれません。

結論を先に言ってしまうと、猫がいる部屋ではアロマをたかない方がいいです。アロマテラピーに使われる精油を舐めた猫が死亡した例や、毎日アロマを炊いた部屋で一緒に住んでいた猫が血液検査で肝臓の値が著しく高かった例が報告されています。なぜアロマテラピーが猫の体に合わないのか、順を追って説明していきましょう。

■アロマテラピーに使われる精油とはなにか

アロマテラピーに使用される精油またはエッセンシャルオイルとは、特定の植物から抽出して製造されたものです。植物から抽出された純度100%のもののみを精油と呼び、不純物が混ざっていてはいけません。1mlの精油を製造するのにその100から1,000倍の質量の植物が必要なため、種類によっては大変貴重で高価になります。100%天然植物由来の精油ですが、特殊な製造行程により極度に濃縮されているため人間でも誤って飲み込んでしまうと危険です。

■なぜ猫には精油が危険なのか

なぜ猫には精油が危険なのか。一番の理由は、猫の肝臓の機能が犬や人間の肝臓と少し違うからです。肝臓の重要な働きのひとつに、解毒があります。肝臓は体にとって有害な物質を無害な物質に変化させています。猫の肝臓には、重要な解毒機構のひとつであるグルクロン酸抱合がないことがわかっています。そのため本来グルクロン酸抱合で分解されるべき精油の一部の成分が、解毒できず、体に溜まって悪影響を与えているのです。同様に、グルクロン酸抱合の能力が弱いとされるフェレットでも、精油の毒性がでやすいことが分かっています。

■なぜ猫はグルクロン酸抱合ができないのか?

猫が人間や犬と一番異なる点は、完全肉食動物だということです。ネコ科の動物は肉を摂食しないと生きていけない完全肉食動物です。つまり、人間のベジタリアンの方のように野菜と穀物だけでは生きていけないのです。

犬も肉が大好きですが、肉を摂食しなくても生きていけるため雑食動物に分類されます。そして、フェレットも完全肉食動物です。完全肉食動物である猫とフェレットがグルクロン酸抱合の能力が低いのは偶然ではないでしょう。野生の完全肉食動物は植物をあまり摂取しないため、肉食に合った肝機能が残り、グルクロン酸抱合など不必要な能力は退化したのだと考えられます。

■精油には植物の有機化合物が何倍にも濃縮されている

また、ユリ科植物が猫にとって危険であることは有名ですが、他にもサトイモ科、ナス科など数多くの植物が猫に対して毒性があります。全ての植物が猫にとって危険ではありませんが、私たち人間や犬と比べると危険な植物が格段に多いと認識しておいた方がいいです。

猫の中には猫草、キャベツやレタスを好む猫もいます。猫が食べても大丈夫な植物であれば少量食べてももちろん問題ありません。しかし精油には植物の有機化合物が何倍にも濃縮されているため、少量でも中毒を起こしやすいのです。そして精油の毒性の怖い所は蓄積性がある点です。数年のアロマテラピーの影響が、ある日突然症状として現れる可能性があります。

■猫に安全なアロマはないのか?

ここまで精油の危険性について強く書きましたが、精油の中には比較的毒性の少ない精油もあります。また、精油の製造過程の副産物である芳香蒸留水(ハイドロゾル)であれば、猫に使用しても安全であるという意見もあります。

しかし、まだまだ精油を長期的に猫に使用した研究やデータが少なく、理論的に問題が無いと言われている精油でも今後猫に対する毒性が出てくる可能性があります。例えば、ユリ科植物が猫に致死的な腎不全を起こす原因が詳しくわかっていないように、まだまだ猫と植物毒性に関して科学的に解明できていないことが多いです。よって、現段階ではハイドロゾルのアロマをたくことも避けたほうが良いと言うことができます。

また、既にアロマテラピーが生活の一部になっている方もいます。どうしてもアロマが欠かせないという方は、猫がアロマを誤って舐めないように厳重に管理する、アロマの頻度を減らす、猫がいる部屋では炊かない、よく換気をするなど、猫が摂取する可能性を限りなくゼロに近づける必要があります。

精油の中にも特に毒性が強いものがあります。これらの種類の精油は避けましょう。また定期的に健康診断を受け、その際には家でアロマをたくことがあることを申告し、肝毒性などの副作用が出ていないかチェックしましょう。

■専門家ではない方が猫のアロマテラピーを実践するのは危険

アニマルアロマテラピーに関心がある飼い主さんから、愛猫のストレス軽減や、皮膚病に対してアロマテラピーを試してみたいと相談されることがあります。アロマテラピーで自分の症状が改善した経験がある飼い主さんが、「アロマの効能を猫ちゃんにも!」と思う気持ちは良くわかります。猫でもハイドロゾルを用いたアロマテラピーがあります。

しかし上記の理由から、専門家ではない方が猫のアロマテラピーを実践するのは非常に危険です。もし興味があるというのであれば、まずアニマルアロマテラピーに精通した獣医師に相談して下さい。猫のアロマテラピーのメリット、デメリットそして起こりうる副作用について認識しすることが大切です。

■最後に

今回の話は、人間用または犬用医薬品、漢方薬、サプリメントについても同様のことが言えます。人間や犬には安全に使えても、猫では強い副作用が出ることが、多くの薬で報告されています。

人間や犬とは肝臓の解毒機能が違うということをしっかり頭に置いておく必要があります。猫ちゃんのためにと思ってやったことが、皮肉にも猫の健康を害してしまうような悲しいことにならないように、何か猫に投与する時は飼い主さんだけで判断せず必ず獣医師に相談しましょう。

■著者プロフィール
山本宗伸
職業は獣医師。猫の病院「Syu Syu CAT Clinic」で副院長として診療にあたっています。医学的な部分はもちろん、それ以外の猫に関する疑問にもわかりやすくお答えします。猫にまつわる身近な謎を掘り下げる猫ブログ「nekopedia」も時々更新。
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-29 21:37 | 【猫に関するetc】 | Comments(0)
2ピの発情対策
昨日の記事に続き、覚書としてセキセイネタです。
昨日のタイトル"発情抑制"って言葉の抑制がしっくりこないので抜きました。
抑制だと薬とかなんとかで抑えてしまう感じがしてね。

んで。

そもそもセキセイインコは種の保存のためか
繁殖しやすいみたいなんだけど、野生と違ってストレスもない安心した環境下だと
過発情して年がら年中産卵したり、求愛行動とったりしがちらしい。
そうなると、必然的に体に負担がかかってくるわけで・・・

ろくの場合はまだ1歳になったばかりで、初めての発情期なのもあり
発情してますサインで蝋膜が茶色くなってるえんちゃんも生後5ヶ月。
発情期は初めてのこと。

なので、どの程度の感じなのか全然わかってないのだけれど
ろくに関してだけ言えば、一度落ち着いたのにまたって感じだし
あまり吐き戻ししてても体に負担なので、色々対策を考えてるのです。

調べていくつかできることがあって


●起きてる時間●

セキセイも猫と同じく発情には日照時間、光周期が関係しているってことで
人口の光にさらされないようにした方がいいらしい。

このことに関しては、ろくは最初から日が暮れる時間になると
自らケージにもどって眠たい顔に変わっていたので、そのまま寝かせてた。
日も短くなると、眠る時間も当然早くなり、今ではかなり長い時間寝かせてるんだけれど
私が立てる物音のせいもあってかあまり効果がないよう。
真っ暗にしてるつもりでも、微妙に光も漏れてるのかも知れないし。

11/28の夜からえんとケージを別々にして完全に真っ暗でしょ、って状態にしてる。
音に関しては光と関係ないので、むしろ↓にあるストレスになるんじゃないの?
とも思えるけれど、どうなんだろ。
今のところ、朝は元気いっぱいで起きてくるし寝不足なんかはないようだけど。


●環境ストレスを与える●

ケージの中や置き場所を変えることで落ち着かない、安心できないって状態にしたり
お外で日光浴したり、おでかけしたり、ってこともいいらしい。
けれどケージの中の配置なんかを変えたり、置き場所を変えても
ろくの場合はぜーんぜん関係ない。
お外も、私が傍にいるのがわかってると全然平気。
みーちゃんもまったくストレスになってない。


●シードを減らす、回数を変える●

シードを減らすのは、まだ1歳だしってこともあるのと
えんの場合は、まだ中雛だし、仮にすでにお腹に卵があったとしたら
ちょっと危険と思って減らすことは却下。

回数に関しては、今まで4~5回位に分けて1日分をあげてた。
最初は体重の10%+シードの殻の分や食べこぼしの分で
5g程度あげていたんだけど、どうも足りないみたいだったので
体重が増えなければいいと思って、多めにあげてた。
ほぼ一日放鳥なのもあって、運動量も多いし。

ってことで、昨日アドバイスもらった朝晩2回だけにするって作戦を
今朝から実行。と思ってたけど、急激に回数が減りすぎるのも負担かと思って
朝、昼、寝る前、の3回に。
昼から寝る前の間、ろくはお腹が空いて鳴いて、ごはんを探し歩いてたので
バナナをあげた。食べたけどバナナじゃなくてシードが欲しいと。
一方えんちゃんは落ち着いたもの。ろくの食いしん坊っぷり発揮って感じ。
でも悪くないみたい。お腹が空くことで吐き戻しする余裕がなかったみたいで
ゲロゲロしたのは朝ごはんの後だけだった。


●青菜を減らす●

セキセイにも今は猫でいうカリカリみたいなペレットがあって
シードだけでは栄養が摂れないと言われてるらしい。
でも私はシードがいいと思うので、シード&野草や野菜、フルーツ類をあげてる。
でも野生のセキセイは雨季に繁殖するらしく、つまりは青々と緑のある季節らしい。
ゆえに自然界では青菜は年中食べられるわけじゃない。
でも年がら年中あると、繁殖できるね♪ってことになり得る。
だから今の時期は食べられなくて当然なんだよねえ。
でも栄養のことがあるので、ドライハーブで対応して
諸々の青々とした2ピのための植物たちは隠そうと思う。

雨季ってことで雨音にも反応するって話もあって、除湿機等を使って云々って
ことも目にしたけど、そこまではねぇ・・・とも思う。
確かに水を注ぐ音には敏感だし、お茶碗にお水が入ってても
それは飲まないのに、お皿に注いだお水とかは飲みにくるから
本能的なものの気がするけれど、雨音は消せないしね^^;

とにかくできる限り自然に近い方法を取って対応していきたい。

猫の場合は避妊しちゃってて、考えも及ばなかったことだったけど
(みーちゃんは3歳で避妊したので、その間ちょっとはあったけど)
今回色々調べたり実践してみたりして気づいたのが、
↑にも少し書いたけれど、ろくの場合は私という存在が安心になってるらしくて
入ったことのない場所でも、私がいれば大丈夫、少し位なら離れてても大丈夫。
1月にみーちゃんと東京に行った時、ろくも連れてったんだけど
買ったばかりの移動用ケージなのに
タクシーでも寝台でも歌をうたってたりして全然平気。
妹の家に行っても、まったくいつもどおり。
妹の顔を最初に見た瞬間だけは、「だれ?」って一瞬だけ固まったけど。

なんだか体の大きな茶色いシマシマ君とよーく似てる。
だから環境ストレスってのが与えづらいのだ。
そもそもストレスを与えるなんて考えもしなかったからなー。
猫達とはまたあれこれ違って勉強させていただいております^^;
d0053201_1851458.jpg
写真はシードの入った瓶の前で待つろくちゃん。哀愁漂ってます。
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-29 18:52 | 【セキセイあれこれ】 | Comments(0)
ろくの発情対策
猫ブログなのだけれど
新たにブログ書くのもアレなので覚書として
ここに書いておこうと思います。

セキセイのオトコノコは発情期になると
求愛行動のひとつとして、お気に入りの何かに吐き戻しします。

ろくの場合は自分が映った鏡が最初。
でも発情し過ぎることを心配して鏡を見せないようにしだしたら
ガラスや止まり木、座椅子のパイプ部分などなど
対象が増えてしまった。
最近はサンラメラの前の床も。
これはたぶんサンラメラ前面のカバー?部分が
金属でピカピカしてるけど、そこにはできないから
床にしてるんだと思う。

先週あたりから、ろくの吐き戻しは随分落ち着いてたんだけれど
何かの拍子にえんちゃんに吐き戻したら、それをえんが受け入れてくれて。
そこからまた始まったって感じT^T

えんもここ最近、鼻のある蝋膜という部分が茶色くなってきて
発情してますよー、のサインが出てた。
だけど寒くなってきたし、このまま2羽とも収束して欲しかったんだけど
ろくのスイッチがまたONになって、それでえんの方も
私の洋服の袖口や胸元に頭を突っ込んでみたり
ケージに敷いてる紙をかじったり
やたらひっついてきて、甘えて噛んだり。
でもえんの方はまだ本格的でもないような気がするんだけど
ろくの方はやらなくなってたG行為をまたやるようになってて。

しかもケージの中の、主にろくが使ってるシード入れがお相手。
今日はケージに戻って、何度も止まり木にごはんを食べさせてたので
ケージの扉を閉めちゃったら、今度はその扉を相手にお尻ふりふり。

むーん、これは困ったな、と思って
今夜はえんとは別々のケージに寝かせた。
(いつも日が沈む頃に自らケージに戻ってくれるし、えんはその後につく状態)

他にも対策はあるんだけど、長くなりそうなのでひとまずここまで。
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-28 19:20 | 【セキセイあれこれ】 | Comments(0)
もよおすとき
ごはんを食べはじめると

トトトトトト・・・

とトイレに早歩き。

そして用を足して

出たと教えてくれて

またお茶碗へ。

時々見られる、この様子が

とても可愛いから得した気分^-^♪
d0053201_2124789.jpg

[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-27 21:25 | Comments(2)
喜ばせ上手♪ その2
d0053201_2105739.jpg
むふっ
d0053201_2103081.jpg
むふふっ
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-25 21:01 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(0)
今日の草
d0053201_16333045.jpg
えんちゃん、セクシーポーズ♪


・・・と思いきや、実は
目をぐさり。
しばらくこの体勢でした^^;
d0053201_16354516.jpg
こんな風に痛くないの?って行為は
えんちゃんだけじゃなく、他のセキセイさんもされるようです^^
d0053201_16375540.jpg
今日は夕方から雨になる、というので
早めに原っぱで1ニャン2ピの草を摘んできました。
d0053201_16373994.jpg
ろくは、自分たちのよりも
みーちゃんが食べてる方が気になるようで
日ごろはえんちゃんみたいに
みーちゃんにちょっかい出さないのに
食い気には負けるのか、躊躇せずやってきます笑
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-25 16:41 | Comments(0)
喜ばせ上手♪
今さっき、湯たんぽ設置しようと振り返ると
なんと!みーちゃんがお魚クッションの上に座ってるぅ~!!
d0053201_20594667.jpg
しかも両脇には迷彩毛布や羽毛ケットと
いつも使ってるものがあったのに
まったくもって使ってくれようとしなかったのに
一晩経ってから使ってくれるなんて

「このっ、喜ばせ上手がっ!」

と、ついつい口走ってしまいました♪
d0053201_20595153.jpg
そして写真撮影後、ごはんを食べ
またベッドに戻ったみーちゃんは
お魚クッションの上に寝そべってくれました♪
きゃーきゃー
d0053201_2141692.jpg

選び抜いた既製品を使ってくれるのも嬉しいけれど
こうして手作りしたものを使ってくれるのは
もっと嬉しい!
d0053201_2142975.jpg
・・・しかし、みーちゃんが気に入ってるはずの
ふわふわのプードルファーが裏面になってしまってたけどね^^;
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-24 21:05 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
ふわモコお魚クッション♪
みーちゃんお気に入りのプードルファーで
何か作ってあげようと思ったのが、辿ってみればすでに2ヶ月前

あれこれ考えてはみたんだけど
結局のところ、単なるクッションとなりました。
敷いてるのも4年前に同じプードルファーで作ったものだから
ちょっとわかりづらいかもだけどお魚の裏がプードルファー。
d0053201_1939895.jpg
元々ほとんど枕を使わないコなので
クッションといっても薄手の座布団みたいな仕上がり。
早速みーちゃんに差し出すと・・・・
お魚の下に潜ろうとしました。

ハイ、潜れるやつがいいそうです_| ̄|○

作る前から潜れるものがいいんだろうなーとは感じていたものの
ケット類は大量にあるし、残った生地なので小さいし・・・
と、使ってもらえないものを作ってしまったのでしたT~T

一緒に写真撮って、と、ろくやえんにお願いするも却下された
かわいそうなお魚さん。
こうなったら、寝そべるみーちゃんの下に滑り込ませようか^^;

ま、作った私的には可愛くできたと思うのでそれでよしとしましょう。
きっときっといつの日か使ってくれるハズ!












・・・だけど、この顔が見たかったな(ボソッ
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-23 19:47 | 【グッズ】 | Comments(0)
智通の摂らせ方(猫&セキセイインコ)
久々に智通の記事です。
毎日ではないけれど、未だに私もみーちゃんも摂ってます。
そして新入りセキセイズも摂ってます。
d0053201_17211751.jpg
セキセイたちは、お水に混ぜるだけでなんら問題なく摂ってくれます。
鳥は腸が短いのでごくわずかでもいいようだけれど
猫専用の乳酸菌などが売られているように
鳥専用の乳酸菌なども売られていたり
鳥の専門医の方が、腸内細菌叢の問題がどーのこーのと
書かれている記事もあったので、摂って損はないと思います。

と、ここにくる方はセキセイのことは必要じゃないですよね^^;

んで、猫の場合。
というか、我が家のみーちゃんの場合ですが
ここ数ヶ月は毎日ホメオパシーの腎臓用のレメディを中心に
みーちゃん専用のレメディを摂らせているために
お水の器には常にレメディが入っているので
なかなか智通をあげられません。

そんな中、ちょっとお腹を壊したことがあって
しかもくっさーーーいのが出たので
そのときはお水に智通を混ぜたのだけれど
やはり継続させたい、と思って
みーちゃんの大好きな煮干にしみこませてみました。

ふやけたカリカリなんかは食べないし
ウェットもそれほど好きじゃないコなので
湿った煮干はどうかな、と思ったのだけれど
煮干の口と鰓の部分に垂らしてしみ込ませたせいか
問題なく食べてくれました!

時間があれば、しみ込ませておいて乾いてからあげれば
問題ないのだと思います。
これを砕いてふりかけ程度にあげればばっちり♪
みーちゃんの場合は、しばらくこれで続けてみようと思います。

ちなみにそれ以前は、普通にお水やウェット、手作りごはんに
混ぜて摂ってもらっていたし、しおんはあのすっぱい原液でも
そのまんま舐めていました^^;

智通ってしばらく止めるとその効果が実感できます。

追記)混ぜ物一切だめなコは薄めた智通を手にとって
被毛につけるようにそっと撫でると毛繕いのときに口に入るかな。

※写真はラフランスの汁で頭がべたべたなろくです^^;
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-21 17:22 |  └智通 | Comments(0)
狂おしいほど愛おしい時間
d0053201_224226.jpg
2009年2月6日のお昼頃の写真。
ひとつ前の記事に追加したしおんの写真もそうだけれど
PCに溜まってた画像を外付HDDにコピーしてて
あれこれ見てたら出てきたもの。

トムが母猫で、みーちゃんが仔猫みたい。
こんな写真もあったんだな~。
d0053201_22113691.jpg
このしおんの写真も同じ日の同じ時間帯。
ここをずっと見ててくれた人には
懐かしいショットかも知れない^^

いろんな写真を眺めてて
ほんと素敵な時間を重ねてこれたんだなって
しみじみ感じる。

今もろくとえんちゃんが来てくれて可愛くて愛おしいけど
一緒に過ごした時間が長かったせいか
これ以上愛おしい時間ってあるんだろうかってほど
どの写真も1枚1枚が狂おしいほど愛おしい。

そんな時間を重ねてこれた私はとっても幸せものだ♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-11-20 22:14 | 【Ganbarunekoの気持ち】 | Comments(6)