<   2016年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
7本と1本
d0053201_21081728.jpg
毎日の暮らしの中で
みーちゃんの姿がないことが不思議で
どことなく違和感を感じながらも慣れてきて。

でも7ピたちそれぞれへのアンテナと共に
どうしても1ニャンへのアンテナは働いてしまう。

どんな場面でも。
常に変化をキャッチしようとしてる。

昨年11月末に晴がきて1本増えたアンテナ。
増えるのは即座に対応するけれど
減ったのは即座に対応できない不思議。


たぶん肉体を離れたからといって
一気に感度0にできるものじゃないんだろうな。

そう言えばあおはお迎えする前からアンテナに何か受信してたし
晴くんも、あおほどじゃないけど、お迎え前から何か受信してたなあ。


肉体を持って生きている方が
実は不思議なことなのかも知れない、なんてコトをふと思った。


写真は6月5日のもの。
みーちゃんに逢いたいなあ。
私の宇宙一のカワイコちゃん
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-30 21:13 |  └みーちゃんのいない日々 | Comments(0)
嬉しいね♪
昨日は父が他界して6回目の月命日でした。
みーちゃんを見送るまでは朝に晩に
父の写真を見ては、本当に死んじゃったんだよね?
って話しかけてましたが
みーちゃんをお見送りしてからは、それもなくなりました。

一昨日の夜は、え?まさかこんな行動から?
という自分のある行動から、みーちゃんがいないことが辛くなり泣きました。
それで数日泣いてなかった自分に気付かされ・・・。
こうやって繰り返してくんですよね。
d0053201_22274336.jpg
昨日またみーちゃんに愛らしいお花が届きました。
私のアニマルコミュニケーターとしてのお客様からです。
ハートの中に収められたお花たちに
素敵なメッセージも添えられていました。
みーちゃんすっごく喜んでくれているかと思います。

他の方たちからもメールを頂いて嬉しいです。
ありがとうございます!
今は仕事がバタバタしていて、すぐにお返事できずにいますが
時間ができたらゆっくりお返事させていただきますね♪
d0053201_22274389.jpg
こちらのアレンジもまだ元気でいてくれてます。
傷んだお花を昨日の朝に数本抜いただけ。

冬でも暖房いらずになるほど暑くなる私達の部屋も
あまり気温が高くなっていないから長持ちしてくれてるようです^^
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-28 08:53 |  └みーちゃんのいない日々 | Comments(2)
飾って欲しい写真
d0053201_18255664.jpg
土曜日は、時間をやり過ごすために朝寝して。
目が覚め時計を見たらば
みーちゃんの様子がおかしくなり始めた時間ピッタリ。

そのまま、もう一度寝て目覚めた時間は
みーちゃんが旅立った瞬間だった。
d0053201_18274997.jpg
いちいち時間がわかっているのも
実は不思議な出来事があったから。
それはまた今度書いておこうと思います。
d0053201_18304343.jpg
土曜日のこの時間はやり過ごしたけど
気持ちはやり過ごさずに向き合ってきて
いろんなことが整理されて落ち着いてきて。

ふと今日、みーちゃんに繋がってみたら
すぐに今いる場所を見せてくれて。
淡いピンクやクリーム色の背の低いお花がたくさん咲いた原っぱで
仔猫みたいに元気に、ウサギのように飛び跳ねてる姿。

「ちっとも寂しくないし、元気だから心配しないでいいよ♪」

って嬉しそうだし、愉しそうで。
だけど一旦いくべきところにいかなくちゃならないって。
だから、もう少ししたらまたくるね、って。
d0053201_18334919.jpg
今日の朝までずっと立ってたよしのみーちゃんアンテナが
お昼前に無くなったのと何か関係があるのかな^^;

確かトムも旅立ってまもなくは、いつも忙しそうにしてた。
だからみーちゃんのことも長々引き止められないから
飾って欲しい写真はどれか教えて欲しいとお願いしたら
なんと日付を指定してきて、見ればわかるはず、と。
d0053201_18373627.jpg
見ると、その日はみーちゃんの写真がたくさん。
そして言ってた写真もすぐにわかった。

セキセイたちが来て、そして雛たちが生まれ
あおが戻って・・・みーちゃんの写真の数も減ってたけど
この日はたっくさんあって。

みーちゃんの嬉しそうなのばっかりだし
みーちゃんを見て嬉しそうな私との2ショットも。
d0053201_18254281.jpg
2ショット写真は載せられないけど
その日の写真を載せときます。

2015年6月13日のみーちゃん。
みーちゃんが飾って欲しいのは最後の1枚。
さっそく大きくしてもらわなきゃね、ありがとう、みーちゃん
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-26 18:42 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(4)
ただの時間だけど、ただやり過ごしたい。
今日は目覚めたときから

先週の今はまだみーちゃんがいたな

なんてことを
ちょっと風邪気味でダルい身体も相まって
ぼーっと思っていました。

先週の今日、前日よりもグッタリしたみーちゃんを見て
動物病院に予約を入れようと決めた。
午前中はいっぱいで、15時の予約。
予約したものの、本当に病院に連れて行っていいのだろうか?
私のエゴじゃないだろうか?
移動中もそうだけど、あちこち触られ身体は持つだろうか?
そんな風に思っていて。

東京時代にお世話になっていた主治医のところにも
何年も行ってなかったみーちゃん。
たぶん避妊手術して以来、行ってないかも。

私自身も初めての病院に連れて行くのは嫌だったけれど
プロだもの、何かできるかも知れないと思って・・・
それだけみーちゃんにがんばって欲しい理由もあって。
またいずれ書けたらとは思うけど。

病院代を引き出しにATMにでかけ戻り
前日から時間をあけながら
シリンジで少しずつポカリを飲ませていたのだけど
カロリーエースも届いたので
その日からはじめようと初めての強制給餌に挑戦した。

でも、明らかにいらないっていうみーちゃん。
それがわかっていたのに
抵抗する力もなくなってたみーちゃんに給餌して。
完全なる私のエゴ。

ポカリなら数滴入ればペロペロごっくんするのに
カロリーエースはペロペロもほとんどしない。
嫌だったんだと思う。必要無かったんだと思う。

トム、しおんとお見送りして
彼らへは恐れからではなく、愛から最期の時間を過ごせた。
と思ってる。

常に身体は辛くても心は元気でいて欲しい

そう思って接してきたから。
でも、みーちゃんにはそんな風にはできなかった。

みーちゃんに対しては、末っコで甘えベタで
私以外に懐かないってこともあったりして
みーちゃんが私を気遣って色々諦めてるんじゃないか?
ってことへの恐れが私を支配してしまって・・・。


結局は病院の予約はキャンセル。
その前に旅立っていった。

その時のことも、覚えているうちに書いておきたいって思う。
トム、しおんと、そしてみーちゃんとをお見送りしてきて
やっぱりそれで良かったよね、って思うことも一緒に。
どこかの誰かの励ましになったり、役立ったりしたら
3ニャンとも喜ぶと思うから。


今日はみーちゃんが旅立った時間が過ぎるのを
ただなんとなく待ってる感じ。
ただの時間に過ぎないんだけど、1週間前の同じ時間を
ただやり過ごしたい気分。

今の私は泣いてもいないし苦しくもないけれど
ただなんとなく今という時間をやり過ごしたい。
きっと午後にはモゾモゾとやらなきゃならないことを
やりだすと思うけど。


今の私に必要なやり過ごす時間。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-25 09:39 |  └みーちゃんのいない日々 | Comments(2)
去年の今日はさくらんぼ
d0053201_18504689.jpg
可愛すぎる・・・
可愛い写真はいーっぱいあるのに
私がブログ更新サボってたからね、ごめんよ。
小出しに可愛いのん、載せてくからね♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-24 20:12 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
妖怪アンテナならぬ
d0053201_15562142.jpg
今朝はなんと4時前に目が覚めた。
日の出は4時頃だけど外は明るくて。
弘前に戻った最初の夏に、みーちゃんとふたり
東京時代は寝る時間になることもあった3時台に明るくなるとは!!
って驚いたっけ。

加工した写真はわかりづらいけど
私のほっぺを繕うろくと、おでこを繕うえんとよし。
ろくはよくやってくれるけど、みーちゃんが旅立つ日の朝から
特に念入りに頬をやってくれてる。
えんとよしはたまーにだけど、大抵はどちらも
「わたしがやるんだから!」と競うので
一緒にやったことないのに今日は仲良くやってくれて。

みーちゃんが旅立つ2日前かな。
いつもそんなことしないのに
じーっとセキセイたちのケージを見つめてたっけ。
きっと私のことをお願いしてたんだろうな。
みんなありがとうね。
d0053201_15562007.jpg
お昼に放鳥しようとして気づいたんだけど
よしの頭に妖怪アンテナ発見。

ピコンと立った羽に
ちょいと沈みかけてた私に笑みが戻る。
d0053201_15562020.jpg
換羽中だから抜けそうで抜けない羽なんだろうけれど
放鳥時にビュンビュン飛び回ってるのに抜けない。
それでもケージに戻った時にはアンテナは横になってた。
d0053201_15562017.jpg
だのに午後にはまた立ってるし。
d0053201_15562145.jpg
きっと妖怪アンテナじゃなくって
みーちゃんアンテナなのかも知れないなあ。
夕方の放鳥前には数本立ってたし。
d0053201_15562104.jpg
きっとベッドの上には
こんな風にみーちゃんがずっといたのかもね。
ちゃんと帰るべき場所に行って欲しいから
ずっといられるのはダメだけど
きっと今はまだしばらく居てくれるのだと思う。

だって、よしが気にして頭を掻いても掻いても
抜けないし、2本3本とアンテナが立ってたもん。
感度がいいんだろうね、よしのアンテナは笑


妖怪アンテナといえば、トムちんにもあったなあ。
懐かしい♪ ⇒ 今日の治療と食事~手作りごはんは別腹、と妖怪アンテナ

あ、よしの誕生日はトムちんの命日なんだよね。
いろいろな御縁が繋がっていってるのだろうなー。



※みーちゃんの写真は6月12日のもの。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-23 20:29 |  ├よし(喜)♀2歳 | Comments(4)
大好きな煮干しも食べたもんね♪
d0053201_18473115.jpg
みーちゃんのいない4日目の朝も5時前に目が覚めました。
また起こしに来てくれたのかな。

それでも今日は時折、グーッと後悔がやってきて
午前中に1本仕事を終えて、あとはガーデニングしたり
買い物(といってもスーパーだけど)行ったり。

やらなきゃならないことがてんこ盛りで
これはみーちゃんが旅立つ前からなんだけれど
あれもこれもやらなきゃと焦る気持ちで心が忙しなく
今日も結局は予定を消化できずじまい。

でも、まあいいね。
d0053201_18474994.jpg
画像、動画はみーちゃんが大好きな煮干しを頬張る様子です♪
旅立ちの10日前、6月8日のもの。

この頃までに食欲が少しずつ落ちてきていたものの
目新しいものは食べていたので
大好きな煮干しを久しぶりに買ってきて出したら
こんなに喜んで食べてました♪

だけど、この後でお口がガリガリいって
初めてひっかく仕草まで・・・

硬くて刺さったのかと思ったけど違うようで
色々調べると老猫さん特有のもののような?

でも、こんな風に美味しく食べれたことに感謝です。


[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-22 18:50 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(6)
3日目
d0053201_530554.jpg
昨日、みーちゃんのいない3日目の朝は1つ前の記事に書いたように
悲しくなかったから朝から駅のドトールへ。

弘前に帰省してた頃、電車に乗る前にコーヒーテイクアウトするのに
みーちゃんにはよくドトールの前のベンチで待っててもらってた。
バッグの中でじっと待っててくれて。
今考えても、よく待っててくれたなってほっこり。

ランチは食欲も出てお蕎麦をゆでた。
冷やしたぬきにしようとして
そう言えばつい最近も冷やしたぬきを食べたんだけど
何?ちょうだい!と寄ってきたみーちゃんに
天カスを食べる?って言ったら
それいらないーって言われたなあ
って思い出したけど悲しくなくて。

ざる蕎麦にする母用に海苔を切っていて
そういえば海苔を使う度にみーちゃんの分も
分けてもっていってたなって思いだしたけど
やっぱり悲しくなくて。

そりゃ逢いたいし、ドトールの帰りに寄ったスーパーで
みーちゃんのためにお肉やお魚を物色しようとして
そうだった、と気づいたけど、悲しくはなかった。

そして朝早く起きたから、ちょっとだけお昼寝・・・とウトウト。
目覚めたら、みーちゃんが目の前にいて
いつもそうしていたように頬を手のひらで包んで。
そんなビジョンがはっきり見えた。
夢じゃなくて、みーちゃんが来たんだって実感できた。

というのも、いつもみーちゃんが部屋に戻ってきたように
ドアがすーっと開いたから^^
みーちゃん全然あらわれないなって思っていた時に
まずは自分の心と向き合ってって言われた(みーちゃんに)。
私もそうは思っていたものの、なかなか難しかったけど
ふいに私の心のゆらぎが落ち着き出したら現れた♪

それでもまだまだ泣くことも恋しくなることもあるけれど
そんな時には

「にょんちゃーーーーーん!」

って呼んだらすっきりする。
なんでかな。

(最近はずっと「にょんちゃん」とか「にょにょちゃん」って
呼んでたことが多かったのです)

d0053201_5354714.jpg
お花は昨夜届いたもの。
嬉しくて涙が出そうで・・・だのに

「みーちゃん、みーちゃんに可愛いお花が届いたよぉー」

と2階に駆け上がりそうになりました。

最期の数日、みーちゃんには赤い色をイメージしてた。
地球にまだ繋がっていて欲しくて
第1チャクラの赤をイメージしてたのです。

そんな中で気づいたのだけれど、みーちゃんが持ってる小物類って
赤が多かったんだなあ、って。

だから、ひまわりと一緒に使われた赤い色が嬉しいし
私がみーちゃんにいいな、と思ってた紅花やヒペリカムも入ってたのが
送り主さんの純粋な想いがカタチになったんだろうなって思います。
d0053201_5372243.jpg
身体を返すときに一緒に持たせたブーケは
私のアニマルコミュニケーターとしてのお客様から届けられたものでした。

みーちゃんがいなければ、みーちゃんが暴力的になって
私が悩まなければアニマルコミュニケーションにも出逢ってなくて
今の私はいません。

だからみーちゃんは誇らしく思っているかなと思って
勲章のようにこのブーケを持たせたのです^^

愛らしいお花を送って下さった皆様、ありがとうございました!
不器用なみーちゃんですが、とってもとっても嬉しいと思います。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-22 05:43 |  └みーちゃんのいない日々 | Comments(4)
みーちゃん、おはよ!
d0053201_04572304.jpg


目が覚めて、そんな辛くないのに
いつも左足に感じてた重みがなく
トイレの音もしないし
カリカリ食べてる音も、水を飲む音もしない。

胸がギュっとなって逢いたくなって。

だけど時計が4時台だと気づいて
みーちゃんが起こしてくれたようで
なんだか嬉しくなった。

このところ、もう少しだけ〜って
二度寝、三度寝していたけれど
今朝は嬉しいから起きるよ!



写真は6/11の朝。
私の胸の上のみーちゃん。
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-21 04:57 |  └みーちゃんのいない日々 | Comments(4)
長い一日とお見送りの時のみーちゃん
d0053201_20163035.jpg
昨夜は無事に身体を返せた安堵感か
苦しさを感じず、電気を消して眠れた。

でも朝、目が覚めたら、みーちゃんのいない現実が
ギューっと胸を締め付けて。

何もする気になれなかったけれど
ひとまずはトイレを洗って。
フードを掻く癖のあるみーちゃんだったから
白く爪あとの残っていて、洗いたくなくなったけど
えいやっていつもより丁寧に洗って。

最期にトイレが間に合わなかったから汚してしまった
ベッドカバーや布団カバーも洗って。

家の中を移動する度に、みーちゃんの居場所や様子を確認する癖に気づいて。
常にどんな時も、そうやってみーちゃんのことを気にかけていたんだね。
d0053201_20163088.jpg
それでも少し落ち着くと、みーちゃんの愛らしいたくさんの写真を眺めて
ほっこりしたり、その健気さにキュンとしたりもできていて。

まだ自分の心が整理できていないからか
時折すごく胸が苦しくなるけれど
少しずつ、少しずつ、いない暮らしに慣れていくんだろうな。
d0053201_20163062.jpg
昨日、身体を返す時には
しおんやトムに持たせたのと同じように
ハートが描かれたフウセンカズラの種を
手紙で包み、持たせた。

しおんにもトムにもフードとかおもちゃとか
持たせなかったように、みーちゃんにももたせなかった。
なんかね、燃えたのがくっついたり、匂いがついたりとか嫌で。

トムにそれまで使ったタオルハンカチを枕に入れてあげたのが
今でも悔やまれているくらいだから^^;

でもみーちゃんには、私が毛糸で作ったハートの首飾りを。
化繊じゃなくウールだから大丈夫かなって。
みーちゃん、すっごく気に入ってたし、おしゃれ好きだったから。

いただいたお花と、母からのメッセージ。
そして私はみーちゃんと遊んだ原っぱから野花を摘んで。

本当はシロツメクサで首飾りを作ってあげたくなったけど
もう終わりかけであまりいいのが無かったから
小さなブーケにして。

そして、私が育ててるマーガレットと
母が育ててるスノーポールかな?と
しおんの花として育ててるブルーデージーを飾って。
トムの花として育ててた小さなダリアは球根痛めちゃったのか
全然芽が出てこなくて、諦めてたんだけど
去年、一昨年に咲いたのをドライにして飾っていたのが目に入り
それを小さくまとめて手に持たせた。

あとは、みーちゃん用に育ててたキャットニップを
セキセイたちからってことにして7本。
ハルジオンと一緒に花束にしました。

火葬をしてくれた方は猫好きさんで、とてもよくしてくれて。
迎えにきてもらって、お店の車庫においた移動火葬車で・・・だったんだけど
トムの時も、しおんの時も、あの点火する音で
覚悟は決めていたはずなのに、腰砕けみたいになってしまってたから
身構えていたんだけど、ぜんぜん音がしなくて。
聞くとすごく静音設計なんだとか。

拍子抜けしてしまって、泣かないまま、隣接した待合室で
みーちゃんの身体が空に返るまで待っていました。

帰宅した部屋はありえないほど静かで
しおんやトム、そして父の時のことが思い出されて。
父なんて一緒に暮らしていないのになんで?って感じだけれど
なんで誰かが亡くなるとあんなにも恐ろしいほどの静寂が広がるのだろう。


なんだかまとまりがなくなってしまったけれど
今はまた少し安定しています。
明日の朝は、今日より少しでもみーちゃんがいないことを自覚して
目覚めることができたらいいのだけれど。
それにしても今日も長い一日だったな。



みーちゃんのお見送りの時の写真を↓に貼りますね。
そうそ、火葬に連れて行くときのベッドの話。
それも、みーちゃんの仕業?と思えたことがあったので
それもまた今度書きますね。


※写真は2016/06/05のもの

More
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-06-20 20:58 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(8)