タグ:ホメオパシー ( 113 ) タグの人気記事
晴くんの筆羽出血
d0053201_1074519.jpg
27日でお迎えから2ヶ月を迎えるジャンボセキセイの晴くん。
この写真は19日のものなんだけど

ほんとうはユニコーンだったの??

なんて言って愉しんでました。
その半面、筆毛が折れてるのよねえ?
とも思っていたのです。

猫ブログなので解説しておくと
換毛と同じように鳥にも換羽の時期があります。
でも猫毛と違うのは、鳥さんの新しい羽はストロー状のものに包まれて生えてくるの。
それが筆毛と呼ばれるもの(正羽とか筆羽とも言うみたい)。
で、ストロー状のもの、鞘が取れると1枚の羽として成立する。

晴はお迎え時にすでにトゲトゲしてたんだけど
そこから更に抜けて生えてきてて
ユニコーンの角のように1本だけ変な方を向いてるのが
見えたり見えなくなったりしてて気になってた。
d0053201_22202335.jpg
ユニコーンになってたのが18日。
でもそれも一時的で夕方には見えなくなってて。
d0053201_22221999.jpg
んで、3日後の21日。
ふと気づくと赤くなってる!血が出てる!!

筆毛は新しく生えかけのものなので
栄養供給を行うために血管が発達しているのです。
なので折れたり切れたり傷つくと重度の出血が生じるのです。

そしてこの筆毛は硬い鞘に包まれている(ストロー状のね)ので
周りの組織の収縮による止血機構が働かず
血が止まりにくい傾向にあるのです。

(参考書籍 ⇒ コンパニオンバードの病気百科
d0053201_09520742.jpg
そのことを『筆羽出血』と呼ぶそうです。
読み方は『ひつうしゅっけつ』だそう。

で、血が止まっていればそのままでもいいらしいけど
折れた鞘がくっついてるから、そこに新しい羽が生えてくるまで時間がかかるそう。
d0053201_22202224.jpg
(↑上の写真からは処置後のもの)

晴のは血が止まってるのかわからないし
ひとまず見てみるも、他のトゲトゲ(筆毛)がいっぱいで
どこが折れてるのかわからない。
私が探すことで血も他の羽に滲むし・・・。
d0053201_22202202.jpg
なので水で濡らしたティッシュでちょっと羽を撫でつけ
折れた羽を探しました。

出血が止まらない場合は、その折れた鞘を毛抜きなどで抜くといいのだそう。
晴の折れた鞘からは出血しているのかどうかもわからなかったけど
念の為に抜きました。
d0053201_22202342.jpg
1回目は途中でちぎれちゃったので
2回抜くことになってしまって申し訳なかったー。

晴の場合は頭の小さい羽だったので出血もひどくなかったと思うけど
風切羽など翼の大きな羽とかが折れると
鞘も太いから、きっともっと出血しちゃうんだろうな、と。
d0053201_22202203.jpg
身体が小さいだけに
大したことない出血に見えて命取りになりかねないのでね。

抜いた後はホメオパシーのレメディで対応。
粒のレメディ(出血と言えばArn.)を砕いて出したら
最後の写真のようにボリボリ食べてくれてました♪

なぜかろくがぼくも食べる!と食べていましたが
一般の薬と違って他のコが食べても影響がないのも
ホメオパシーのいいところだな♪

持ってて良かった、知ってて良かった笑
[PR]
by GANBARUNEKO | 2016-01-23 10:47 |  ├はれ(晴)♂4歳 | Comments(4)
深夜の出そうで出ないウンチくん騒動
他にも書き留めておきたいことはあるのだけれど
直近の

ウンチが出そうで出ない騒動

のことを。

土曜日のこと。
日付が変わり日曜日になって30分ほど経ったのかな。
みーちゃんがトイレでウンチくんを1粒コロンとしました。

元々コロコロウンチくんが多いコなので
お腹にある量より少なかったし、そのうちまた出るかな、と思っていました。

少しして、やっぱりトイレでウンチングポーズ。
出た、ってな顔して砂かきしようとしているけど不思議顔してるみーちゃん。

そうなんです、出てないんです。

トイレに何度か行き、出ず
私のベッドの布団の上で踏ん張り、出ず。

見ると*から出掛かっているのに、あと一息なのに
そのまま中に戻ってしまっている様子。
みーちゃんの様子から、あと一息、の前に出た気でいる感じで
↑に書いたように、不思議顔になってるみたいでした。

すでに45分近くそんなことをしていたのと
こんな状態はみーちゃんにとっては初めてで
急性症状だろうし、何よりこのままだと体力消耗しちゃうと思って
ホメオパシーで対応。

みーちゃんの様子にあわせレメディを探したものの
一番良さそうなものを切らしてる。
仕方がないので、まあまあ良さそうなのを投与するも
10分ほどしても出ない。

必要なモノは手元にあるはず、と無いはずのレメディを探すとあった!
3粒しかないから買わなきゃと思ってたのが無いと思い込んでた模様^^;

そのレメディを投与すると3分も経たないうちにスルッと出てくれました♪
すでに1時間近く経っていたので、出たくないと言い張っていたウンチくんも諦めたか
とも思ったけれど、やっぱり急性症状にはホメオパシーは即効性があるんだ!
と再認識できた感じです♪
そして、やっぱりそのとき必要なモノは手元にあるんだね~^^♪

んで、レメディですが、最初にSil.200C、そしてNux-v.200Cをあげました。
急性症状なのでヒットしたと思います。
これが慢性的なものであれば、違ったレメディ、アプローチが必要だと思われます。

今回は最初にトイレにいった時、初めて聞くうなり声をあげていたのと
*まで出てきてると気づく前に、お腹マッサージが必要かと抱き上げたときに
痛がっていたりしたので、ほんとホメオパシーを知ってて良かった、と思いました。

深夜1時過ぎ、騒動は収束し、みーちゃんも私もぐっすりと眠りました^^♪
[PR]
by Ganbaruneko | 2013-10-22 09:50 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(2)
人間で言うところのストレス太りじゃありませんように
d0053201_1312080.jpg
最近になって時々みーちゃんが水をがぶ飲みして
ゲボボってすることが何度かある。

水をがぶ飲み、ゲボ、で止まるので違うと思うけど
しおんは水をがぶ飲み、ゲボ、水をがぶ飲み、ゲボ・・・とループしてた。
水を飲み事で緩和されるので、胃に熱がたまってるとか
そんなんなんだと思うけど。

ぽっちゃりしちゃった、と書いたようにしおんがいなくなってから
食欲も増えてる。
増えてるのがいいか、と言えば実はそうでもないわけで
もしかしたら食べることでリラックスさせようとしてるってことも考えられる。

人間で言うストレス太り。
食べると副交感神経が働くので結果としてリラックスできるから。

みーちゃんのぽっちゃりがそうだとは感じてないけれど
しおんがいなくなって、私も仕事が忙しくなって
今までとは違うので、独り占めできる喜びはあれど
留守番時間も長くなり、しかもひとりぼっちとなると
寂しさもあると思うので今まで以上に気を付けてあげなきゃ、と思いました。

ひとまずしおんががぶ飲みしてゲボした時にあげてたレメディで
リンから作られたPhos.30Cをあげてきた。
ちょっとレメディの全体像としては違う気がするんだけど
ひとまず摂らせた。

んで再度この記事を書くためにもう一度Phos.について調べてて
がぶ飲みゲボは煮干しを贅沢に振る舞っているからかもしれない気もしてきた。
というのもPhos.というレメディの特徴には「塩の摂りすぎの害」ってのもあるから。
塩を使ってない煮干しではあるんだけれど
かたくちいわしは海で獲れる魚だしね。
これはちょっと危険でしょ、なのでもちろん煮干しも減らします。

だけどこんな風にレメディから原因を探れそうってのも
ホメオパシーの魅力だなって思うのです♪

ちなみに↓で簡単なホメオパシーのレメディの特徴などが見られます♪
興味のある方はぜひ。
http://www.homoeopathy.ac/materiamedica.php


※写真は2月5日のみーちゃん♪
[PR]
by GANBARUNEKO | 2012-02-09 13:16 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(0)
みーちゃんのケンカ傷にもホメオパシーで♪
昨日の朝もいつものように外に出たみーちゃん。
短い時間で何度も出たり入ったり。
これもいつものこと。

何度目かに出て行ったときに
変な声だした?と思えたんだけれど
音楽かけててよくわからず
少し耳を澄ましてみてたけど、それっきり。

しばらくして戻ってきたら尻尾がプンプン。
いつも外に出て興奮すると少し膨らむんだけど
いつも以上?

そのあと何気に頭を撫でたら手が濡れた。

なんで濡れてるのー?
と手を見たら血!

耳が切れてる。

ひゃー!!


頭を振ったらしく床にも点々と。

慌てて体全部チェック。

どうやら耳だけのようでホッとした。
カレンデュラのチンキで消毒して
一応腐った肉の膿から作られたPyrog.(パイロジェン)という
ホメオパシーのレメディを摂らせて終わり。

興奮しているから体はケモノくさくって。
野生なのねぇ、としみじみ。

しかしお転婆もほどほどにしておくれよ。
(↑何度書いたことかしら)
d0053201_23175953.jpg




【Pyrog.】

このレメディは原物質からわかるように腐敗がテーマ。
敗血症のように細菌が血液の中で増殖して高熱が出たりしたときや
犬や蛇にかまれたときに傷口が膿んで熱が出たときなどに使うレメディで
ホメオパシー版、抗生物質とも言われています。

みーちゃんの傷は内側にもちょうど猫の口の幅くらいで傷があるので
念のために摂らせました。しおんがケンカして怪我したときもあげましたが
しおんみたいに酷い怪我じゃないしショックも受けてなかったので
Acon.もあげなかったけど^^;

しおんの時のレメディは↓の記事を見てね。
『しおんのケンカ傷へのホメオパシーでのレメディ選択』
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-12-21 10:53 |  ├(ミチロウ♀18歳) | Comments(6)
心の病は怖い病(追記あり)
2011年3月21日(月) 春分の日

3連休の最終日は雨となった東京です。
まだまだ色々あるし、情報が飛び交い混乱を招いたりもしていますが
こんな時こそ冷静に自分の中からのメッセージを受け取り
行動していきたいと思っています。

そんな雨の中、緊急開催されたホメオパシーセミナーへと出かけてきました。
実際に被災され罪悪感の中、京都へ非難されている方の生の声を聞けたり
援助の来ない、忘れ去られてしまっている土地の家族を思い
無力さを感じている方の心情を聞けたり、いつも以上に考えさせられるセミナーでした。

そしてこうした災害時や放射能への対策レメディも頂くことができました。
PTSDは半年後が怖いそうで、ホメオパシーに興味があったり
恐怖や不安でどうにもなれない方がいたら、ぜひ摂って欲しいと思いました。

ホメオパシーのレメディは原物質は一切含まない砂糖玉です。
ある物質の持つ波動だけが入っていて、それが自己治癒力を動かします。
"あなたは今すっごく怖いんだよー。わかってるー?怖がっていいんだよー"
って教えてくれます。
恐怖の余り、その感情を閉じ込めてしまうことが1番怖いことなんです。
昨日のセミナーでは無感情・無感動になってしまうPTSDの方がガンより怖いと
仰っていましたが、同感です。

もしもホメオパシーはちょっと・・・と言う方はフラワーエッセンスでもいいですし
聞いてくれる人に話を聞いてもらってもいいですし
誰もいなければ、紙に気持ちを書き出すだけでも違うと思います。

ひとりひとりが自分をしっかり愛してあげれば、みんな救われます。
それぞれのペースで乗り切りましょう♪
(震災対応のレメディ、無料配布しています)

・・・ところで、私のせいでダウンしてしまったしおんですが、昨日は
体調崩してから定番となった禁断のモンプチクリーミースープの他に
カルカンのウェット(3缶セットのやつ)、ホタテのお刺身、そして納豆まで食べました♪
おとといは豚バラや豚ハラミの焼き鳥(鳥じゃないけど)も少し食べたし
昨日と今日では大差なくても、検査通院した1日とは比べようがないほど
快復してくれています!
d0053201_16175962.jpg
土曜日にまた輸液を買いに病院にでかけたのですが
しおんの様子を話すと、また驚いていました^^♪
だけどこっちも驚かされました。
今月1日には大きなお腹をした妊婦さんだった看護士さんが
あっという間に出産したらしく、すでに復帰していたのですから。
驚きです!

ちなみにしおんも心の病からの発病です。
あっと言う間に屍のような状態にさせてしまいました。
心の病、恐ろしいと実感しています。
だけど愛と時間をかけて解きほぐしていけば、また元に戻ることもわかりました。
最初の話に戻りますが、心のケア、忘れないでくださいね!!


03/22追記
↑のリンクからも紹介している、災害時のレメディと放射能のためのレメディ
急遽発売されることとなったようです。
無料配布していても販売店へ貰いに行けない方もぜひどうぞ!
http://www.homoeopathy.co.jp/20110322_info.html
ご自分はもちろん動物家族にもぜひ!


d0053201_1224946.jpg
(気圧配置図は『気象人』様より拝借)

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-03-21 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
今回の地震へのホメオパシーでの対応(追記あり)
11日当日、私も日頃から持ち歩いている恐怖へのNo.レメディのアコナイトを
すぐさま摂り、自宅へ戻ってすぐに猫たちへも摂らせました。

植物なら1株あれば世界中の人にレメディが行き渡るホメオパシー
改めて感謝です。

もしも手元にあれば、ご自身も一緒に暮らすご家族、そしてもちろん動物たちにも
摂らせてあげてください。
私でわかる範囲であれば相談に乗りますのでご遠慮なく仰ってください。
但し皆さんとシェアしたいので、この記事のコメント欄でお願いしますね!

また日本ホメオパシー医学協会では、今回の地震に適したレメディ2種

 ○恐怖や不安、打撲ケガにあう必須のレメディー
 ○放射線の問題にあうレメディー


をコンビネーションしたものを無料配布しています。
詳しくはコチラ↓からどうぞ♪
http://www.jphma.org/gienkatsudo/20110311_miyagi.html


03/22追記
上記で紹介したコンビネーションレメディ2種が急遽発売となったようです。
http://www.homoeopathy.co.jp/20110322_info.html
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-03-16 14:45 | Comments(0)
主治医の言葉(追記あり→血尿再び)
2011年3月8日(火)

日は私の都合で仕事を休んで、随分としおんと一緒に寝た。
グニャグニャの人形みたいだったしおんも
私の腕の中にも潜り混んで元気なときと同じように眠ってくれていて
睡眠不足(しおんとは別件なのでご心配なく)だったのも手伝い
ずっと一緒に寝ていたくなって休んだ。

昨日で2本目の輸液(500mlのヴィーンF注)が無くなったので
夕方、私一人で病院へ行ってきた。

主治医が対応してくれたので、1日に通院した時から今までの様子を
大まかに伝え、今日は鼻も濡れてるしウンチしにトイレに行ったり
ごはんも食べてくれるし、などなど話した。
すると

 「・・・復活するんですねぇ。」

これが主治医の本音。

日ごろの様子や動物の性格などわからない側としては
連れてこられた時の様子、検査結果などから病状を予測することしか
出来ないのは当然なのだと思う。
今まで敢えて書かなかったことだけど、1日に検査した時には

 「何の治療もしなければ2,3日持つかどうか・・・」

と言われました。
余命宣告とか人間家族が気落ちするような事を言わない主治医だけれど
あまりに酷い状態と、私の楽観視した態度につい言ってしまった言葉だと思う。
だから今日の思わず出た本音も納得できる。

たぶん1日のしおんの様子や検査結果など知った上で
しおんは大丈夫!快復できる、って信じれるような人は私以外にいないと思う。
なので敢えて検査結果も主治医の見解もはっきり書かずにいました。

じゃないと悲しいエネルギーがどどーんと押し寄せて
私まで揺らぎそうだったから^^;

今日のしおんもまだまだだけれど、すこんと軽かった体も
生きてる重さに戻り、今日もまたお尻を洗ったのだけれど
止めろーとバタバタする元気も出てきたし
何よりいつもの体勢ー丸くなったり腕枕したり-で眠れるようになりました。

おしっこもトイレに行かないけど、寝たままじゃなくって
適当な場所にしゃがんでしたりするようになり
体が楽になってきていることも伺えます。
何よりおしっこで濡れた足を舐めたり、毛繕いも復活しつつあります♪

ゆっくりゆっくり、しおんのペースで乗り切れるよう
サポートできたらと思っています。
朝ごはんも出さず寝てるってのは自分でもどうかと思いますが(汗

そうそう、主治医には膀胱炎の事もホメオパシーで対応したことも伝えました。
尿比重が低いコは細菌感染しやすい事も教えてくれたので
膀胱炎が続くようなら抗生剤のことも考えてはいたけれども
レメディだけで改善されているように思えることも伝えました。

また最初の2本の輸液は低くなっていたK(カリウム)を補うために
輸液にK添加していたのだけれど、多すぎると危険なものなので
今日買った2本の輸液には添加しないことにしました。

といった感じで、しおんはいい感じです♪
このブログを見てたくさんのエールを送ってくださったことはもちろんですが
定期健診やワクチンも行かずともこんな風に私としおんの関係を信頼して
肝心な部分をしっかりサポートしてくれる主治医や
相談会以外でも細やかにアドバイスくださる担当ホメオパスさんのおかげで
ここまで復活できたと思っています。
また精神的に私をサポートしてくれる人たちにも感謝感謝です♪
本当にHappyな気持ちでいっぱいです、ありがとうございます!


【追記】
夜遅くなり、またほーんの少しの血餅と共に血尿あり。
そこから頻尿。なぜか頻尿になるとトイレに行ってしようとしたりする。
一進一退って感じ。まるで春が来るための三寒四温みたい。
あ、"四温"って"しおん"って読むなぁ。


d0053201_1825089.jpg
(気圧配置図は『気象人』様より拝借)

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-03-08 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(7)
寒い雪の日だけど、お尻だけシャワー
2011年3月7日(月)

d0053201_1824295.jpg
曜、日曜と春の陽気だったのに
今日は冷たい雨から雪へと変わった。

そんな寒い朝だったし、しおんの体力を考えると凄く迷ったけれど
朝に温かいお湯でお尻だけシャワーした。
もちろん部屋はしっかり温めて、濡れた毛もドライヤーで乾かして。
あ、石鹸とかなしでお湯で流しただけです。

朝はごはんも舐める程度でほとんど食べくれなかったので
心配ではあったものの、留守の間はサンラメラのほかにエアコンもONして
暖かな部屋にいたせいか帰宅時も悪化も見られなかった。

昨日妹に持ってきてもらった膀胱炎のレメディが効いたのか
膀胱炎による頻尿・血尿も今日は見られず
初めて買った退院サポートも食べてくれました!

とは言えまだおしっこはその場でしちゃうし
留守中は自分でお水飲みに行ったり、ごはんを食べたりもしてくれないので
脱水してしまうため、輸液は継続。
良くなったり、戻ったりしつつも快復してくれているので
もう少しがんばってもらおう♪

だけど昨夜は私が葉書を出しに行って戻ると
トイレには行かずとも自分が寝てる場所におしっこするのがイヤだったらしく
他の場所におしっこして、また寝場所(布団を畳んだ上)に移動しているところで
予想外に早く戻ってきた私を見て『ハッ』としていた(笑)

実はトイレに行こうと思えば行けるんじゃないか、と思う(^_^;)
だけどいいや、もうとことん好きなだけ甘えてくれー!


d0053201_18162793.jpg
(気圧配置図は『気象人』様より拝借)

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-03-07 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
ホメオパシー健康相談3回目
2011年2月26日(土)

(しばらくコメントへのお返事が出来ないことをお許しください)

d0053201_1765449.jpg
天気の良い今朝もしおんはお外に出ました。
写真じゃわかりづらいと思いますが、よたよたでやっと進んでる感じです。
d0053201_1782456.jpg
だけど朝日を浴びるのは健康にも良いと思うので止めません。
今までと違って即座に自分自身で危険回避できないので
そのサポートを強化しているだけです。
あとは体が冷えてしまわないように注意して。

いつものエリアのパトロールはできないけれど
ある程度歩きまわっています。
d0053201_1783759.jpg
そんなしおんにかかりきりなので
みーちゃんは自由にあちこち移動していたのですが
しおんと中に戻り、呼んでも戻ってきません。
いつもならすぐ戻ってくるのに・・・と心配しかけたそのとき!

なんと窓の外の塀の上から戻ってきました。
いつの間にこんな高い塀に登れるようになったのか・・・やっぱり野良のコです^^ゞ
d0053201_1784947.jpg
昨日気温が20℃まであがったせいか
ご近所の赤い梅もきれいに咲いていました。

しおんの状態としては、微妙なラインです。
それでもお外に行く意思表示はしてくれるし、少しずつ良くなってると思います。

今日はホメオパシーの健康相談もしました。
こんな体調なのでスカイプでの相談会です。
ホメオパスさんと色々話しているうちに、やはり今回のてんかんの大発作も含め
精神的な要素が大きいなーと実感しました。
相談会では謎のマシーンQX-SCIOを使うのですが、それによっても

 『変化への抵抗』
 『アイデンティティの葛藤』
 『服従』


などと言うキーワードが出てきました。
(QX-SCIOと特性についてはコチラ)

実際今年に入ってから、私自身も急激な変化についていけず
猫達のこともおろそかなままだったので、すごく納得できます。

トム中心だった時も「ぼくって役に立ってるのかな・・・」と言うようなしおんですから
今回の件で寒さなど外的要因に加え精神的な部分でどどーんときてしまい
体調を崩してしまうのは当然予測できそうなものだったのですが・・・反省しきりです。

それにトムがいない状態で猫達だけの何日ものお留守番と言うのも初めてでした。
トムがいればしおんも寂しさは随分違ったのでしょうが、申し訳ないことをしました。
とは言え私自身もどうにもなら無い状態だったので、これから巻き返しです。

もちろんたくさん謝り、感謝の気持ちも愛してる気持ちも伝えました。
私が帰ってきた14日の朝はいつものようにたくさんチュしてくれたり
抱っこをせがんだり、しおんなりに必死だったのにいっぱいいっぱいで
受け止めてあげられなかったことなどなど。

今後はいっぱいいっぱいな時でも、猫達のことを思いやる余裕をしっかり持たないとです;;

今回処方されたレメディは肉体的症状へのアプローチはもちろんですが
精神的にアプローチするものもありました。
そのレメディはしおんの事となると冷静さを失ってしまう私も一緒に摂るように!
とのことでした^^;
d0053201_179584.jpg
夕方になりお布団に2回おねしょしているのに気づきました。
しおんも寝ていて気づいてなかったようです。

起きてるときはトイレにも行きますが
もともと端っこにするのでお尻がはみ出てしまい、しっこはお外に出てしまいます。
だけど出ないのが一番困るから、出てくれたことに感謝感謝です!

夜中になり3回目のおねしょをしちゃったときは
小さな情けない声で鳴いて起きて私のところへ来た。
「また出ちゃったの、ごめんなさい」
ってことのようで健気です。
もちろん抱きしめて「大丈夫だよ、出たんだからいいよ♪」って伝えました。
本来我が家で1番のキレイ好きだしね。
早く元気になって思うようにできるといいね。


d0053201_155155100.jpg
(気圧配置図は『気象人』様より拝借)

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-02-26 23:59 | 【今日という一日】 | Comments(0)
しおん3回目のてんかん大発作(たぶん)
2011年2月23日(水)

おんの快復へたくさんの温かいコメントをありがとうございます♪
お蔭様で今日は動く時間も増えたようです。

日曜日から私も少し頭痛がしたりして体調が微妙だったのと
しおんのことが心配で昨日は仕事も早めに切り上げ帰宅したのですが
下半身のふらつきが酷くて、オールフローリングの我が家では
滑ってしまうしどうしたものかと考えたり
そんなことまで考えないといけないほど弱ってしまったのかな
などと気持ちが落ち込み気味でした。

そして今日は自分自身の体調もあり、午前中はお休みしたのですが
仕事へ行く準備をし始めた11時半頃、私のベッドで寝ていたしおんが
床に転げ落ちました。9月以来のてんかん(たぶん)の大発作です。

狭いスペースに落ちたので、そっと引きずるように広い場所に移動させ
大丈夫だからね、と声をかけつつ大発作時用に作っておいた
ホメオパシーのレメディを水で薄め、肉球や耳、鼻に塗りました。

発作はぎゅっと手足が縮むもので、今日も30~1分程度だったとおもいます。
発作がおさまった後も8,9月の時と同様にしばらく放心状態でした。

今日の発作で今回のしおんの不調について色々納得できました。
色々考えていてそうかなー?と思っていたのですが
私が不在中、もしくは帰ってきていたけど気づかない間に大発作を起したのだと思います。
過去2回はすぐにホメオパシーで対応していたのができていなかったために
後遺症の用に残ってしまったのだろうと想像します。

今日の発作後にいくつかレメディを摂ってもらったことで
急に昨日までより動くようになったのですから。
神経症状もなく、私も安心しきっていたのも甘かったですが
何より4晩もお留守番させて寂しい思いをさせてしまったのが
1番良くなかったと反省しています。

ホメオパスさんからも、しおんのてんかんの理由は
精神的なものが大きいと言われていましたし
寂しくなると顔を埋めて寝るしおんが
帰宅後はずっとそうやって寝ていましたから。

まだまだ足元フラフラでおぼつかない、ほんとヨレヨレ爺ちゃんってな
感じですが、それでもひとりでトイレにも行くしベッドにも登れます。
まだしばらく走ったりは出来ないかと思いますが
きっとまた嬉しいお尻で走ってくれると思います。
私自身も急激な変化の原因がわかりホッとしています。
我がことのように心配してくださって本当にありがとうございます!


d0053201_21204628.jpg
写真は
「ブログ見てる人たちがみんなしおんのこと応援してくれてるから写真撮らせてね」
といったら視線をくれました^^♪
ひとりでお風呂場までお水を飲みに行って帰ってきた20:40のしおんです。


d0053201_22453123.jpg
(気圧配置図は『気象人』様より拝借)
【追記】昨日22日、ニュージーランド南島のクライストチャーチで
マグニチュード6.3の直下型地震が発生。
ニュージーランド政府は23日午前に死者75人、行方不明300人と発表した。

どうか行方不明者が少しでも早く救出されますように。

今日のごはんとか
[PR]
by Ganbaruneko | 2011-02-23 21:21 | 【今日という一日】 | Comments(4)