人気ブログランキング |



晴くんの筆羽出血
d0053201_1074519.jpg
27日でお迎えから2ヶ月を迎えるジャンボセキセイの晴くん。
この写真は19日のものなんだけど

ほんとうはユニコーンだったの??

なんて言って愉しんでました。
その半面、筆毛が折れてるのよねえ?
とも思っていたのです。

猫ブログなので解説しておくと
換毛と同じように鳥にも換羽の時期があります。
でも猫毛と違うのは、鳥さんの新しい羽はストロー状のものに包まれて生えてくるの。
それが筆毛と呼ばれるもの(正羽とか筆羽とも言うみたい)。
で、ストロー状のもの、鞘が取れると1枚の羽として成立する。

晴はお迎え時にすでにトゲトゲしてたんだけど
そこから更に抜けて生えてきてて
ユニコーンの角のように1本だけ変な方を向いてるのが
見えたり見えなくなったりしてて気になってた。
d0053201_22202335.jpg
ユニコーンになってたのが18日。
でもそれも一時的で夕方には見えなくなってて。
d0053201_22221999.jpg
んで、3日後の21日。
ふと気づくと赤くなってる!血が出てる!!

筆毛は新しく生えかけのものなので
栄養供給を行うために血管が発達しているのです。
なので折れたり切れたり傷つくと重度の出血が生じるのです。

そしてこの筆毛は硬い鞘に包まれている(ストロー状のね)ので
周りの組織の収縮による止血機構が働かず
血が止まりにくい傾向にあるのです。

(参考書籍 ⇒ コンパニオンバードの病気百科
d0053201_09520742.jpg
そのことを『筆羽出血』と呼ぶそうです。
読み方は『ひつうしゅっけつ』だそう。

で、血が止まっていればそのままでもいいらしいけど
折れた鞘がくっついてるから、そこに新しい羽が生えてくるまで時間がかかるそう。
d0053201_22202224.jpg
(↑上の写真からは処置後のもの)

晴のは血が止まってるのかわからないし
ひとまず見てみるも、他のトゲトゲ(筆毛)がいっぱいで
どこが折れてるのかわからない。
私が探すことで血も他の羽に滲むし・・・。
d0053201_22202202.jpg
なので水で濡らしたティッシュでちょっと羽を撫でつけ
折れた羽を探しました。

出血が止まらない場合は、その折れた鞘を毛抜きなどで抜くといいのだそう。
晴の折れた鞘からは出血しているのかどうかもわからなかったけど
念の為に抜きました。
d0053201_22202342.jpg
1回目は途中でちぎれちゃったので
2回抜くことになってしまって申し訳なかったー。

晴の場合は頭の小さい羽だったので出血もひどくなかったと思うけど
風切羽など翼の大きな羽とかが折れると
鞘も太いから、きっともっと出血しちゃうんだろうな、と。
d0053201_22202203.jpg
身体が小さいだけに
大したことない出血に見えて命取りになりかねないのでね。

抜いた後はホメオパシーのレメディで対応。
粒のレメディ(出血と言えばArn.)を砕いて出したら
最後の写真のようにボリボリ食べてくれてました♪

なぜかろくがぼくも食べる!と食べていましたが
一般の薬と違って他のコが食べても影響がないのも
ホメオパシーのいいところだな♪

持ってて良かった、知ってて良かった笑
by GANBARUNEKO | 2016-01-23 10:47 |  ├はれ(晴)♂6歳
<< 隣の芝生は青い?みーちゃん編 半生カツオ♪ と 猫みたいなろ... >>