人気ブログランキング |



しおんの気持ち ~ 2006年10月初旬編 ~
ACしてもらってからブログにアップするまで気づけば1ヶ月も経ってしまったので
状況も色々変わってしまいましたが、しおんのコミュニケートの結果をアップします。
今回はしおんの肥満細胞腫のことや精神面が気になっていたところ
ちょうどコミュニケータさんがAC再開していたので申し込みました。

補足説明として質問に付け加えたことは・・・

【お散歩は楽しい?満足していますか?電車にまた乗りたい?】
また肥満細胞腫が出来てから、好きな事をして免疫力をあげるために2,3日に1度夜に
抱っこしてのお散歩をしています。その一環で一度電車で15分ほどの大きな公園へと
連れて行ったのですが、しおんとしてはその日々のお散歩が楽しいのかまた電車に乗って
までの散歩はどうだったのかを知りたいです。

【トム、みーちゃんとは仲良く出来てる?問題はない?】
そして特にもめたりはしてないように思うのですが、みーちゃんがしおんを追うことが多くて
どうも私の代わりにしおんを怒ってるのか?とも思うのですがもしかして具合が悪いから
追いかけられたりしてるのかな?とも思えていて。その辺りの事を知りたいです。

【なぜ右腕を見せてくれないの?痛かったりするの?】
6月末に肥満細胞腫(癌)と診断され、そのデキモノがある右腕を見せたがりません。
今までは仰向けにされてもどこを見られても平気だったのが私がそのデキモノを
発見したあたりから急に嫌がるようになりました。なぜそんなに嫌なのかを知りたいです。
また、ちょうどトムの腎不全発覚から1年で、ずっとしおんに我慢をさせていたのが原因
なのかな?とも思ってるのですが、この辺りはしおん自身には分からないものでしょうか?


以下、コミュニケートしていただいた結果です。


--------------------

【お散歩は楽しい?満足していますか?電車にまた乗りたい?】
お散歩、楽しい!(緑や太陽の光に包まれている感じ)
夜のお散歩もすき。とても気持ちいい。いろんなニオイがする。
Ganbarunekoと一緒だからうれしい。
とっても満足。でもおやつがあればいいな。外でおやつが食べたい(昼間です)。
Ganbarunekoがぼくしか見てないのもうれしい。これはふたりには言わないけどね。
(Ganbarunekoを独り占めしたい?と聞きましたら)
そんなこと思わないよ。それは悪いことだから。
電車はびっくりした。
(また乗りたい?と聞きましたら)
うーん…(あまり乗りたくない様子)歩いてお散歩のほうがいいな。
(電車、怖かった?と聞きましたら)
Ganbarunekoと一緒だから怖くはなかったよ。
Ganbarunekoと一緒にいれば安全だから(強い信頼関係で結ばれている様子です)
Ganbarunekoはいつも守ってくれるんだ。


【トム、みーちゃんとは仲良く出来てる?問題はない?】
トムは最近よく怒るんだ
(どうして?)
わからない。
(と、言われましたが、原因は自分でわかってるみたいです。
デキモノができたからかな、と思ってるみたいです)
(トムのこと、好き?と聞きましたら)
もちろん好きだよ。でもちょっとピリピリしてるときがあって、その理由はわからないけれど
そういうときは近寄らないようにしてる。
(みーちゃんとは仲良くできてる?追いかけられるの?と聞きましたら)
うん、(追いかけられるのは)こわいよ。ぼくが悪いんだって。
Ganbarunekoがぼくをよく見るのはぼくが悪いからだって。
(デキモノが原因?)
さあ…そうだと思うけど。
(デキモノができたのはしおんくんのせいじゃないのにね、と言いましたら)
えっ、そうなの?
(そうだよ)
ぼくが悪いのかと思ってたよ。
(そんなことないよ。デキモノを作ろうと思ったわけじゃないでしょ?と言いましたら)

そりゃそうだけど。
(みーちゃんに追いかけられたらペシッとやっていいよ、と言いましたら)
ホント?怒られない?
(怒られないよ。ケガしない程度にね)
ケガなんてさせないよ。ぼくは紳士だからね。

【なぜ右腕を見せてくれないの?痛かったりするの?】
右腕は気にならない。

(痛みというより、かゆみのほうがあるみたいです)
なめちゃダメだってGanbarunekoが言う(だからじっとがまんしてる様子)
(そしてあまりオーバーにすると病院に連れて行かれるかも、という怖さがあるようでしたので
病院には行かないって言ってるよ、と伝えましたら)
ホント?!
それを聞いて安心した。
すごく怖かった。
もう病院に行きたくないなって思ってた。
(どうしてデキモノができたかわかる?と聞きましたら)
わからない。
(とは言われましたものの、しおんくんは考えすぎとかそういうふうなことを言われた
みたいです。 トムもみーちゃんもぼくのためを思って言ってくれてる。と言ってました)

トムやみーちゃんが暗い顔は似合わないって言うよ。
(トムちゃんがピリピリしてるのはしおんくんの暗さかも…という感じが伝わってきました)
(しおんくんが元気になったらみんなうれしいね、と言いましたら)
うん!
(うれしそうなイメージが伝わってきました)

Ganbarunekoに伝えたいことはある?と聞きましたら
ぼくGanbarunekoのこと大好きだからがんばるね。
(それはデキモノを治すという意味?)
うん。デキモノなんかに負けていられないよ。

ぼくがついてるからあまり泣かないで
Ganbarunekoが元気なのが一番だよ


--------------------




まずお散歩のこと。とっても満足していてくれて私も嬉しかった!
緑や太陽の光はまさしくいつもの公園のこと。いつも座るベンチはサンサンと降り注ぐ
感じではなくって木漏れ日って感じですし。夜のお散歩は昼のそれとは違って、しおんは
ずーっとお鼻をヒクヒクさせて匂いをいーーっぱいかいでいるのです。

おやつは笑いました~。でもこの日以来、公園行くときは必需品です。
そして独り占めが悪いことだって思うなんて、しおんらしいなぁって。
そのせいなのか、トムが私をバスタブに誘導してすべ~すべ~していると
必ずと言っていいほど、お風呂場の前でしおんが鳴きます。
独り占めしちゃいけないんだよ。って言ってるのかも。
でも独り占めしたい気持ちは悪いことじゃないよって3ニャンともに話しました。
自分が独り占めしたいし、自分だけを見ててくれたら嬉しいなって思うように
みんなもそう思ってることがわかれば譲り合う気持ちや、私が誰かとふたりっきりで居るとき
にも理解してもらえるかなって思ったので。

電車はあんまり乗りたくなかったとは~電車の方が反応良かったけど
あれはびっくりの連続だったってことなんだね~(笑)
電車がOKなら、もっと見せたいところはいっぱいあるんだけどね、残念。
しおんが一緒に居れば安全って言ったのは、普段のお散歩で私が言ってることなんです。
散歩をしだした最初のころ、車やバイク、酔っ払ってテンション上がった女性が近くを通ると
そのたんびにギュってしがみついて、時には震えたりしてたんだけれども
ギュってされるとちょっと爪が痛いのもあったし、ストレス解消で免疫アップの予定が
逆効果になっちゃいけないって思ったので、怖がらなくていいこと。私と一緒なんだから
安心していてほしい事。何があっても必ず守ること。でもどうしても怖くてならないときは
ギュってしてかまわないことを話しました。過去に書いたのだけど、しおんはその途端に
脱力して両手を放してぶらーんとさせて抱っこしてましたから。
今ではリラックスしすぎてるのか上半身はフリーな日も多々あり、右手で上半身を
支えないとちょっと重かったりします^^

トムがピリピリしているときに「そういうときは近寄らないようにしてる。 」ってのが
まさしくその通りでこれまた可笑しかった。だってしおんってば話しかけてみたらば
なんだか機嫌が悪くって何を言っても機嫌が直らない女性を相手にしているように
遠ざかり「またはじまったか」って困った顔をしてたんだもの。

みーちゃんに関しては、やっぱり私に協力してた(つもり)なんでしょうね。
私が一日一回はしおんのことをひっくり返したりして他にデキモノが出来ていないかなどを
じっくり見てたから、私に手を焼かせてるって思ってのことだと思いました。
紳士だからね、って言葉には笑っちゃいましたが、これも私が言ったことかなと。
デキモノの診断をしてもらうときに、病院でものすごく声を荒げて嫌がったんです。
でも待合室で待ってた方もびっくりされていたように、そこまで怒っても私を本気で
咬んだり引っ掻いたりしなかったし、自分より体の小さいみーちゃんに勝てるはずなのに
決して手をあげたりしないことも、みーちゃんに聞こえるように普段から
「本当に強い子は絶対に自分より弱いものに手をあげたりしないんだもんね!」って
褒めていたので。でも嫌なときははっきり嫌ってできるように、ペシってしていいよ、と
思ってたし言ってたのだけど、改めて私がコミュニケータさんにお願いしたことです。
これもまたこの日から、みーちゃんがしおんを追いかけることはグンと減りました。

デキモノが出来たのが自分のせいだと思っていたのにはびっくりしたし、慌てました。
コミュニケータさんがしっかりとフォローしてくれて、このときばかりは今までで一番
この方に頼んでいて良かったって思いました。

で、右腕のこと。
本猫は気にならなかったんですね。舐めたり気にする様子も無かったので。
痒いというのは、後日コミュニケータさんにも確認しましたがデキモノではなく他の部分。
この少し前にトムと同時にカユカユが始まってたから。そして病院。これもコミュニケータさん
からセッションの前に確認があり、肥満細胞腫に対してのこれからの治療法など
私の方針を聞かれました(手術する場合はそういった説得なんかもあるので)。
私自身は切除ということは除外していたので、肥満細胞腫で病院へ行くことは無いと
伝えてありましたが、こんなに嫌だったんですね。針生検された時に本当にびっくりするほど
嫌がったので、多分そうだろうと思ったけれど。

分りづらいかもしれませんが、しおんに対してトムとみーちゃんが考えすぎだから
デキモノが出来るんだよって言ったそうです。後にアップするトムとのコミュニケート結果でも
分ったのですが、トムは私の考えていることをとてもよく理解できているそうなので
このデキモノが出来たのは、私がトムの腎不全を一番に気にかけてかまってきたことで
しおんに寂しい思いをさせてしまったことで、肥満細胞腫を招いてしまったのでは?という
考え(病気はストレスが伴ったことで罹る)という私の気持ちがトムに伝わったことで
トムがそんな風にしおんに言ったのかと思い、これもコミュニケータさんに確認したのですが
あくまでトムの考えだとのことでした。確かにトムらしい考え方だな、って思いました。
これは確認していませんが、みーちゃんもどっちかと言うと私が悪いわけじゃないも~んと
サバサバっとしているし。
そして何より、本当にしおんは元気の無い顔していました。
お散歩のときは生き生きした表情を見せてくれるんですが、家に居るときは前みたいな
元気はありませんでした。でもこのACの後からどんどん明るさを取り戻して
今朝もももタワーにジャンプしバリバリ爪をとぎ、また走り去ってお風呂場行ってバスタブに
入ったかと思うと洗濯機の上にジャンプしたり、私の上を走って行ったり、トムと追いかけっこ
したり、本当に心が元気になったとともに体も元気になりました。
そして比例するようにトムのピリピリも感じられなくなりました。
もちろん今朝のようにしおんが元気よく振舞ったときは必ず、しおんが元気で明るく居てくれて
私は本当に嬉しいし、それを見ていると私まで元気が出てくる事を伝えています。

「あまり泣かないで」というのは、ブログにも書いたのですが私自身が
このセッションの少し前に体調を崩して、家で泣いたり、気分転換でしおんを公園に連れて
行ったときも泣いちゃったりしたからなんです。でもちゃんといつも泣いた顔を見せたときは
なんで泣いたか説明しています。このときも今は泣いたけどしおんが居てくれるから大丈夫♪
ってお話しました。だからこうして言ってくれたんだって思います。
こんな事いわれたら嬉しくって泣いちゃうのにね。

実はこのACの後、とってもビビる出来事があったんです。
それは
「うん。デキモノなんかに負けていられないよ。」
この言葉に秘められていて、真実は分らないままなのですが
今まで舐めることもせず沈静化していた肥満細胞腫、ACの翌日見てみると
出血していて、舐め壊したというより噛み千切ったの?って状態になってたんです。
これまたしっかり見せてくれなかったんだけれど、もしかしてデキモノを取ってしまえばいい
って勘違いしてるの?と勘違いしているのって思い慌てました。
肥満細胞腫は刺激をすることで活性化して悪さをするものなので、焦りました。

で考えた結果、しおんとデキモノは無視しよう作戦をしてやっつけようと約束しました。
先に書いた結果でも、しおん自身はデキモノは気になっていなかったんです。
それは活性化していない状態という事もあるのでしょうが、しおんにしたら私が毎日毎日
状態を確認することの方が気になっていただろうなって思ったんです。
私にしたらしおんが舐めたりしていないか、大きくなったりしていないかを確認するつもりで
見ていたんですが、馬鹿げてると思われるかも知れませんが
「ヒトを殺すのは死ではなく、無関心だ!」
という言葉を思い出したんです。
肥満細胞腫はかまうことで活性化します。私の方針では切除はしません。
健康補助食品やサプリ類、そして何よりもしおんの楽しい事を増やすことで免疫バランスを
整えることが一番の治療法だと思っています。それらを踏まえて考え直すと
いちいち確認する必要もなかったんですよね。猫たちはヒトと違って病気と言う意識はなく
ごく自然に普通に受け入れています。トムやみーちゃんが考えすぎるからデキモノが
出来るのよ、って言ったのも私が動揺したり、病院へ行ったり、毎日体中チェックしたりと
言うことが鳴ければ言わなかった事かも知れません。
なので、しおんと二人っきりになった時に、デキモノはかまってあげると付け上がってくるから
無視しちゃおう!ずーっと無視してたら寂しくなって、ここに居たらすっげー寂しいから
やっぱり出て行こう!って出て行っちゃうと思うんだよね~ってお話しました。
そしたらしおんは舐める事を止めてくれました。

とは言え最初はどうなってるか気になることもありました。
でも私が気にしていることはきっとしおんに伝わるので、気にしないようにしているうちに
まったくもって忘れてる日も多くなりました。で、今日。しおんに、そろそろ寂しくなって出て行く
準備をしているかも知れないから、見てみようね。って見て見ました。
とっても小さくなっていて、毛で覆われていました。デキモノ自体から毛が生えてきてる
訳ではなさそうでしたが、以前は遠目でもその一部分が変だってわかりましたが
今日見た時点では、どこに出来てるかもわからないほどでした♪
そしてまたしおんには、もう少しだからまた無視作戦続行!と約束しました。
私もしおんのことが大好きだから、デキモノなんかに負けていられないもの♪♪

(11/9 多少レイアウトの変更しました。内容は変わっていません)
by Ganbaruneko | 2006-11-07 11:05 | 【アニマルコミュニケーション】
<< 今日の治療と食事~3ニャンの今日 今日の治療と食事~まだまだがん... >>