人気ブログランキング |



しおんの気持ち ~ 2008年12月下旬編 ~
かなり時間が経ってしまいましたが
昨年秋のトムに続き、昨年末にはしおんともお話してもらいました。


まずは質問と補足説明から・・・

【おしっこを教えてくれるのに、すぐしなかったり、時々お布団にしちゃうのはなぜ?】
 以前ストルバイトからの膀胱炎になって以来、尿pHチェックするために
 おしっこする時には教えて!と話してから
 ちゃんと教えてくれるようになり(と思う)、
 教えてくれた後はトイレまで一緒に行くようにしています。
 ですが、教えてくれた時点から本当におしっこするまで
 5分くらいかかることもありますし、1ヶ月ほど前にはトイレの中に
 1度しゃがんだのにおしっこせずに出てきて
 しばらく経ってから本当におしっこするって事もあります。
 しゃがむのに出さない時は、本当にする時とは少し違う体勢なので
 本人も完全にする気がないとは思うのですが
 なぜそういう事をするのか知りたいです。
 また去年もお話してもらった(晩秋のあたり)後で
 布団でおしっこをしたことがあったのですが
 今年もまた寒くなってきてから数回ありました。
 もしかしたら季節に関係しているのかな?と思えるところもあったので
 聞いていただければ嬉しいです。


【口を開けっ放しの時が目立つけどどうして?】
 以前歯石除去をしてから、口を開けてることがあります。
 加えてここ最近は寝て起きたときなど呼吸が苦しそう?と思えることもあったりして
 しおん自身がどう感じているのか、回避できるのかが知りたいです。


【最近はなにが楽しいかな?】
 抱っこでのお散歩は、なぜか突然怒り出したり日常しないような行動があって
 ちょっと怖くなり、最近はしていないのですが、代わりに玄関前のスペースで
 トムやみーちゃんも一緒にお外を愉しんでいます。
 時々は脱走しちゃったりしてますが、遠くへ行かないし
 すぐ出てきてくれるので叱ったりはしていないのですが
 抱っこでのお散歩をしていないので不満もあるのかな?とも
 考えてみたりしています。
 その反面、家の中でダッシュして遊んでたり楽しそうかな?
 とも感じるのですが、トムが以前のようにしおんに優しくなかったりするので
 総合してこういった質問にしてしまいましたが、理解していただけるでしょうか^^;


以下、コミュニケートしていただいた結果です。
【】内は質問内容、()内はコミュニケータさんの言葉、それ以外がしおんの言葉です。


--------------------

【おしっこを教えてくれるのに、すぐしなかったり、時々お布団にしちゃうのはなぜ?】

ぼく、おしっこしたいなって思うとすぐにGanbarunekoに言うことにしてるの。
でもいざトイレに行くとあれ?出ない?って思うことがあるんだ。
老化現象じゃないよ!
(あわてて強く否定してました)
ただぼくの勘違いなだけ。
Ganbaruneko、それで気を悪くしたの?
(と聞かれましたので、そんなことないよ、と言いましたら)
そう。
(ホッとしていました)

(お布団におしっこする明確な理由は教えてくれませんでしたが、イメージとして
秋は冷える。
そしてはっとしたときにもれちゃう。
というものが伝わってきました。)

ぼくね、粗相はしちゃいけないことってわかってるんだ。
(すごく反省してます)

(しかし、過去には悲しいことがあったときに粗相したこともあったようです。
自分を見てほしいという気持ちで。
でもそういう粗相はやったあと、すごく後悔するからもうやらない、というイメージでした)

粗相しても大好きって言って欲しい。
ぼく、ほんとにしちゃいけないってわかってるから。
(と言っていました)


【口を開けっ放しの時が目立つけどどうして?】

苦しくないけど。
(けれど鼻がつまっているような、鼻の通りが悪いような感じがしました。
気管支がよわいというか…)
(口をあけっぱなしにしているという自覚は本人にあまりないようでした)


【最近はなにが楽しいかな?】

おやつ。
(白っぽいお肉みたいなイメージが伝わってきました)
(お散歩について聞いてみると)
抱っこのお散歩も好きだったけど、今の(玄関前のお散歩)ほうが好き。
脱走もGanbarunekoに見られてるので、とても楽しい。
脱走してもぼくすぐ帰るんだ。
えらいでしょ。
(得意げです)
抱っこのお散歩をしないことに不満はないよ。
(むしろ本人もあまりしたいとは思っていないようでした)

トムは最近なんだか急にイライラする時があって、
ぼくもそっとしていたりするんだけど
でもたまにけんかしちゃうんだ。
でもぼくたち、仲が悪くなったわけじゃないよ。
(けど悲しい気持ちです)
今までずっと一緒にやってきていた。
これからも一緒にやっていけるよ。
(トムちゃんとしおんくんは今、大きなことを乗り越えないといけない時期のようでした。
その乗り越えないといけないものについて聞いてみましたが、返事はありませんでした)

玄関前のスペースに食べられる草とかあったらもっといいな。
黄色いちょうちょとかも好き。

最後に、Ganbarunekoさまにしてほしいことなどを聞いてみました。
ゆっくりなでてほしい。
(猫さんにアロマはどうかな、と思うんですが、
ゆっくりしたテンポの音楽をかけていいにおいがして、そういうゆっくりした空間の中で
なでてほしい、というイメージでした)
しーくん、今日も一日ありがとう、えらかったね、ってその時にいってほしいんだ。
楽しく遊ぶのはひとりでもできるけど、なでてもらうのはできないから。

(しおんくんにまだ何か言ってないこととかあるんじゃない?と聞いてみましたら)
うーん…
ぼくたまに思うんだけど
ぼくってとても役にたってるかなって。
存在する価値とか。
トムは考え過ぎって笑うけど
ぼくはぼくが生きてきたものを残したいとか思うんだよね。
(それはGanbaruneko様に、だね?と聞くと)
うん。
(そこで、しおんくんに、Ganbarunekoさまにはしおんくんと暮らしてきたすべてが
 心にきざまれてると思うし、それこそが生きてきた証みたいなものじゃないかな、というと)
寒いとさびしくなるね。
(Ganbarunekoさまにぎゅっとしてもらって愛してるってたくさん言ってもらおうね)
ウン。
(しおんくんは繊細なところがあるようで、たとえば、野良さんが寒そうにしているのを
 見るだけでかわいそうだな、と思ってしまうようでした。自分は暖かいところで暮らせるから
 幸せだ、とは思えないような…。でもそれはお話するときに少しだけ悲しい気持ちで
 いたからかもしれません。)
ぼく、ぼくのままでいいんだね?
(うん、そうだよ、というと)
何もしなくていいの?
生きてるだけでいいの?
(そうだよ、といいました。しかし解決策として、少しお仕事を増やしてあげると
 いいかもしれません。もっと役に立ちたい、役に立ってない、と思っていたようで、
 それで少し悲しい気持ちでいたようでした)


しおんくんとのお話は以上になります。
Ganbarunekoさまには気がかりなことがあったのですか?
しおんくんはその役に立ちたいとも思っていたようでした。
もしも悩み事などございましたら、相談する口調で話しかけてあげたら喜ぶかもしれません。
そのときは最後に「そうだね、そうすれば解決するね」などと解決したこともお伝えください。
話が伝わってなくてもいいのです。
肝心なのは、悩みをひとりで抱えないことだと思いますので。。。
「トムのことが一番で、ぼくのことはどうでもいいのかなって思うときがある。
だっていつもトムのことを思ってるんだ。ぼくだってがんばってる」
と言っていましたが、もちろん、みんな大切だよ、と伝えました。
しおんくんはGanbarunekoさまのことが大好きなんだね、というと
「うん(ゴロゴロ喉をならすイメージです)」
独り占めしたい?ときくと
「ううん、みんな家族だから」
と言っていました。



--------------------




トムの時もそうだったけれど、回数を重ねる毎に
しっかり彼らの気持ちを理解できているんだ、と感じています。
ですから「わあ、こんなことを思ってたんだ!」と言った感動のような
ものは減りました、ただただ納得って感じです。

まずはしおんのおしっこ状況ですが、今は呼ばれてから1度しゃがみこんでしない、と言うことは
見られなくなりました。母に話したら「歳を取るとそういう感覚あるのよ!」なんて言ってたので
この寒くなりつつある季節だったので、コミュニケータさんが感じたように「冷えを感じる季節」なのかな?
と思えました。ちなみに「はっとしてもれちゃう」は確実に違うな、と思います。
と言うのもしっかり砂を掘って(実際には布団だけど)それからしゃがんで、と段取りは出来てるので^^ゞ
しかし老化現象じゃない、と強く否定してたのは私の考えを感じ取ってたんでしょう。
もはやトムだけじゃなく、しおんからみても私はサトラレのようです。

鼻の通りが悪いのかも?と言うのは私も感じていたのですが
口を開けっ放しがしおん自身に自覚がないって事だったので
この後すぐお話をしてレイキをまめにするようにしてからは良くなりました。
気管支のことも凄く気になったので、酷くなる気配があるのであれば
早めに対応したかったので、後日コミュニケータさんに検査等必要か聞いたところ
こちらもレイキで対応できる程度だとのことだったのでそうしています。
そのせいか、季節に応じて状態が変わるのかはよくわかりませんが
乾燥する冬になって、お話してもらった時点より良くなってるように思えるので
レイキが効果をあげてくれているのかな、と感じています。

玄関前のお外時間を愉しんでくれていて嬉しいです。
また脱走してるところを私が見てるのを愉しんでるのもやっぱり~でした。
ほんとしおんらしいと言うか。(参照1参照2)
脱走していても、ちゃんと私の気持ちを考えて行動していることを
私自身が理解し嬉しく思っていることもちゃんと伝わってたんですね。
実はつい数日前に、今度は開け放ってあった窓から逃走したんですが
名前を呼んだらすぐ戻ってきてくれました。
「ひとりでお散歩(脱走)してきていい?」
って聞かれて、私が
「いいよ、行っておいで!」
と答えないのはお互い承知、だからちょびっと脱走しちゃうんでしょうね(笑)

トムとの関係はどういう事かはわからなかったけれど
放っておきました。お互い力を合わせて解決できると信じているからね♪って伝えて。
少しトムがイラっとしてる時はまだありますが
お蔭様で今はほとんど元通りになりつつあります。

>Ganbarunekoさまには気がかりなことがあったのですか?
これですが、もうしおんとの関係そのものでした。
気がかり、と言う言い方はおかしいかもしれませんが
しおんが良く鳴くようになっていて、このときはまだサカリが来てて
例年よりも激しい、なんて気づいてなかったんです。
それで寝不足が続くことで日増しに私自身もストレスになり
しおんを理解してなだめてあげることが出来なくなっていました。
それは自覚していたので、しおんの気持ちがしょんぼりしてたことも
わかっていました。ただ先日も書いたように歯車がズレると悪循環になってしまっていて。

だからお話してもらった後に、たくさんしおんとお話して解決できました。
役に立ててないんじゃないか?そう思う時はいつも決まって
悪循環の中のときだと思います。
しおんはサカリ、私は睡眠と生理的なことでしたから
お互いの理解が必要とされたんですよね。
でもどこか私ばかりが阻害されている気分にもなってたのも事実ですから反省です。
加えてしおんの繊細さは本当に素晴らしい長所なのだけれど
行き過ぎると心が沈みこむ原因にもなります。
だからこそ臨機応変に考え方を変えられるようにお話しました。
私も平常心でいられない時もあるし、もしも私の機嫌が悪かったり
しおんを悲しい気持ちにさせちゃうことがあったとしても
そんな時でもいつでもしおんを愛しているし
逆にしおんがイライラしてうるさくしている時でも、いつでも私を愛してくれてることは
ちゃんとわかってることを伝えました。

撫でてありがとうって言って欲しい、これも悪循環がないときは
いつもしてた事でしたから、お互いお話できてまた復活しています。
香りはなかったけれど、小さなライトとかキャンドルだけにして
よく撫でていたのですが、こんなに心地よく必要としてたんですね。
遊ぶのはひとりで出来るけど、撫でてもらえない、ほんとその通りです。
こうした時間は私の安らぎにもなるので、今まで以上にたっぷり時間を取りたいと思っています。

話の中で出てきた黄色いちょうちょにはびっくりしました。
今まで1度だけ一緒に見たことがあるだけの黄色いちょうちょ。
あのちょうちょはやっぱり特別な存在だったのかもしれません。
by Ganbaruneko | 2009-03-17 18:17 | 【アニマルコミュニケーション】
<< 今日の治療と食事~小豆がやってきた! 今日の治療と食事~『ただいま』... >>